ドイツ
ドイツ観光
ロマンティック街道には古城や中世の街並

【ドイツ】フランクフルト名物アップルワイン電車で楽しむ市内観光♪

取材・写真・文:

福岡在住

2018年9月18日更新

2,608view

お気に入り

写真:Asako!

フランクフルトの名物のアップルワインが、路面電車の中で楽しめるってご存知ですか??“アップワイン電車”こと“Ebbelwei-Express”に乗って、フランクフルトの地酒アップルワインを片手に市内を1周してみませんか?

この記事の目次表示

アップルワインとは

フランクフルトの地酒

ドイツといえばビールですが、フランクフルトでは「アップルワイン」というフランクフルト発祥の林檎のお酒が、ビールと同じくらいよく飲まれています。フランクフルトではほとんどの飲食店で提供されており、観光客だけでなく地元の方たちにも親しまれています。

アップルワイン電車とは

Ebbelwei-Express(エッベルヴァイ・エクスプレス)

アップルワイン電車、正式名称Ebbelwei-Expressは、週末または祝日限定で、フランクフルト市内を1周する観光路面電車です。“Ebbelwei(エッベルヴァイ)”とは、フランクフルトの属するヘッセン州の方言で“りんご”を意味しています。カラフルなかわいらしい外観で市内を走る姿が、街の人の目を引きます。

  • 写真:Asako!
  • 写真:Asako!
【料金】
大人:8ユーロ(約1,050円) 子供:3.5ユーロ(約500円) ※子供料金は14歳まで適用
チケットは乗車時に車内スタッフから購入可能。
【運行時間】
土曜・日曜・祝日の13:30~19:45まで30分~1時間に1本の頻度で運行
※事前予約で貸切運行も可能。
詳しくは公式サイトにてご確認ください。

車内の雰囲気も素敵

かわいい!と思うのはポップな外観だけではありません!車内は通常の路面電車とはまったく異なり、派手さはないもののレトロでどこか懐かしい仕様になっています。車内ではドイツらしい音楽が流れ、アップルワインと市内観光を楽しむための特別な空間です。各車両に担当の乗務員がおり、着席後に席まで来てくれるので、その際にチケットを乗務員から購入します。

  • 写真:Asako!
  • 写真:Asako!

これがお楽しみ!車内サービス

車内ではアップルワインとスナックのサービスがあります。車内で提供されるアップルワインには、ノーマルタイプ(プア/Pur)と炭酸水割(ゲスプリッツァー/Gespritzter)があり、そのほかにアップルジュースやお水の提供もありますので、お酒が苦手な方もご安心を!座席のテーブルに栓抜きが常備されているのもこの列車ならでは。さらに飲み足りない方は、追加で注文することも可能です!※別途追加料金(3€/約400円)

  • 写真:Asako!

フランクフルトのほとんどのスポットを運行

アップルワイン電車は、フランクフルト動物園(Zoo)を始発/終着地として市内をぐるっと運行しています。1周の所要時間はおよそ1時間程度で、市内東側にある動物園→大聖堂→中央駅→メッセ(見本市会場)エリア→ザクセンハウゼンエリア→南駅→動物園と市内のほとんどの要所を運行しています。

  • 写真:Asako!旧ヨーロッパ中央銀行前にある€(ユーロ)のモニュメント
  • 写真:Asako!フランクフルト中央駅前
  • 写真:Asako!フランクフルト・メッセ(見本市会場)エリア
  • 写真:Asako!マイン川沿いの絶景スポットを横断

どこからでも乗降車OK!

乗車は運行ルート内の23ヵ所の停留所であれば、どこからでも乗車可能です。アップルワイン電車専用の停留所が設置してあるわけではなく、通常の路面電車乗り場から気軽に乗車できます。また、途中降車は出来ますが、一度降車すると再乗車はできませんのでご注意ください。

  • 写真:Asako!

おわりに

もともとフランクルトは、名所や観光スポットが広範囲に点在しているわけではありませんが、すべてを見ようとすると比較的時間と移動がかかります。「フランクフルトに来たけど何をしたらいいかわからない…!」という方や、「とりあえず市内を1周してみたい!」という方は、是非このアップルワイン電車に乗って、市内を1周してみてはいかがでしょうか?

  • 写真:Asako!

※記事内のユーロから円への換算は1ユーロ=約130円で計算しています

ドイツの旅行予約はこちら

ドイツのパッケージツアーを探す

ドイツのホテルを探す

ドイツの航空券を探す

ドイツの現地アクティビティを探す

ドイツのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年9月17日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【ドイツ】定番だけ厳選したベルリンのおすすめ観光地11選+みどころ

ドイツの首都ベルリン。実際に3年間住んだ経験を元に、旅行者におすすめなベルリンの定番観光地を11件厳選し、 各地のみどころと共に紹介します!


【ドイツ】『進撃の巨人』のモデルの街、ネルトリンゲンを巡る旅

ミュンヘンから、電車で2時間ほど北上したところにある都市「ネルトリンゲン」。隕石が落下した跡にできたこの街は、日本でおなじみの漫画『進撃の巨人』のモデルとなった...

【ドイツ】ベルリン通になろう!市内バス、電車おすすめ路線一覧

ドイツ国内随一の市内交通網を誇るベルリンには、東京ほどではないものの、公共交通機関がそこら中に張り巡らされています。数が多すぎて、旅行に行きたいけど何に乗ってど...

格安列車FlixTrain(フリックストレイン)でドイツをお得に列車旅しよう!

ヨーロッパの格安バスで人気のFlixBusが、2018年より始めた新事業FlixTrain(フリックストレイン)。限られた都市間の運行ですが、上手に使えばかなり...

北から南までドイツを縦断!夜行寝台列車Alpen-Sylt-Nachtexpress⭐︎

2020年7月に運行を開始したAlpen-Sylt-Nachtexpressは、北海に浮かぶドイツ最北端の島ズィルト島から南ドイツのミュンヘン、さらにオーストリ...

この記事を書いたトラベルライター

“きゅん”っと来るものが旅の原動力+*
福岡県出身。なんとなくでドイツ語を始め、初めての海外渡航でドイツへ行ってヨーロッパに感動!就職と同時に上京し、数年後に1年間ドイツ勤務。なんとなくから始まってどこか切っても切れない縁があるドイツが大好きです。基本的には列車旅行がメインです。きゅん!とした気持ちをきっかけに旅してます♪

意外と知らない?ドイツ・フランクフルトで味わうべき名物5選!

日本からの直行便もあり、ドイツだけでなくヨーロッパ各国への玄関口ともいえる都市フランクフルト。フランクフルトに滞在する人も、移動の拠点とする人も、乗り継ぎで利用...


独特な雰囲気がたまらない!北ドイツの世界遺産の町リューベック

北ドイツを中心としたハンザ同盟都市の中心として400年以上歴史を支えてきた商業都市リューベック。赤レンガ造りの建物が街に独特な雰囲気を醸し出す旧市街は、ユネスコ...


【ポーランド】週末が狙い目!?美しい世界遺産ワルシャワの街歩き

ポーランドの首都ワルシャワは、日本からの直行便もあるアクセスしやすいヨーロッパ都市のひとつ。そんなワルシャワの街歩きと、観光するなら週末がちょっとお得なポイント...

ラプンツェルの世界へ♪ドイツの古城ホテル「ホテルブルク トレンデルブルク」

ドイツ・メルヘン街道沿いにある小さな町トレンデルブルクには、あの人気グリム童話でディズニー映画にもなっている『塔の上のラプンツェル』のモデルとなった古城がありま...

スペイン最古の列車“ソーリェル鉄道”でマヨルカ島の世界遺産の大自然を走る

マヨルカ島を走る、スペイン最古の木造列車といわれる''「ソーリェル鉄道(Ferrocarril de Sóller)」''。世界遺産のトラムンタナ山脈の風を感じ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

アプリ「Pokke」でドイツの音声ガイドを聴く

ドイツの観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?