ドイツ
ドイツ観光
ロマンティック街道には古城や中世の街並

【ドイツ】鉄道ファン必見☆!フランクフルトで蒸気機関車に乗ろう!

取材・写真・文:

福岡在住

2019年11月18日更新

318view

お気に入り

写真:Asako!

フランクフルトのマイン川沿いで、レトロな蒸気機関車に乗れる事をご存知ですか?限られた週末だけ運行している蒸気機関車に乗って、一味違うマイン川沿いの景色を楽しんでみませんか?

この記事の目次表示

フランクフルトを走る蒸気機関車とは

フランクフルト歴史鉄道/Historische Eisenbahn Frankfurt

  • 写真:Asako!

フランクフルト歴史鉄道(独:Historische Eisenbahn Frankfurt)とは、フランクフルトにある保存鉄道です。運営する協会は1978年に創設され、蒸気機関車等の歴史的価値のある鉄道を、動態として保存することを目的としています。1979年以降、週末を中心に運行を行っています。

基本的なルートは"Hafenbahn"と呼ばれ、観光地としても有名な"Eisener Steig(鉄の橋)"から、欧州中央銀行のあるOsthafen間を折り返し運行しています。

様々な特別運行

  • 写真:Asako!参考:2019年特別運行スケジュール一覧

また手軽に楽しめるHafenbahn(マイン川沿いの運行)だけでなく、様々な特別運行も不定期に行われています。その多くは、フランクフルトから日帰りで行ける近郊都市でケルン、リューデスハイム、リンブルクなどへ向かう便。

例えば、クリスマスシーズンには、各地のクリスマスマーケット訪問を目的とした、いわゆる1day Trip運行も開催され、普通の高速列車にはない、レトロな雰囲気での旅を味わえます。(※特別運行の発着地は「フランクフルト南駅(Frankfurt Süd)」です。詳細は公式HPにてご確認ください。)

さっそく乗ってみよう!

乗り場

  • 写真:Asako!
  • 写真:Asako!
  • 写真:Asako!

今回ご紹介するのは、Hafenbahn(マイン川沿いの運行)です。乗り場はフランクフルトの観光名所のひとつでもある、"鉄の橋/Eisener Steg"のすぐ近く。市内中心地から徒歩10分ほどです。停留所は、市街地から鉄の橋に向かって右手にあります。普段は列車が走る場所ではないエリアなので、歴史鉄道が発着する際は、たくさんの人が集まり、その姿を写真におさめています。

鉄の橋
ドイツ / 建造物
住所:Mainkai, 60311 Frankfurt am Main, ドイツ地図で見る

乗車料金・スケジュール

  • 写真:Asako!
  • 写真:Asako!

列車の乗車料金は、往復7€(約840円)所要時間はおよそ1時間程度となっています。筆者が訪れた際は、正午から16時までの間、1時間に1本の割合で運行されていました。

チケットは公式HPでの事前予約も可能ですが、当日乗り場にて乗務員から購入することも可能です。他都市への日帰り運行便は目的地によって料金・スケジュールが異なるので、詳細は公式HPのスケジュールをご確認ください。

レトロな車内

  • 写真:Asako!
  • 写真:Asako!

歴史鉄道だけあり、車内はどこか懐かしさを感じるレトロな雰囲気。数両編成の車両ではありますが、全車両6席のコンパートメントタイプとなっており、コンパートメント内にはドイツ各地の写真が飾られています。

  • 写真:Asako!
  • 写真:Asako!
  • 写真:Asako!
  • 写真:Asako!

ただし、全席自由席(早い者勝ち)なので、マイン川沿いの景色を楽しみたい方は、早めに行って窓側席を確保することをおすすめします!

小さな食堂車

  • 写真:Asako!
  • 写真:Asako!
  • 写真:Asako!

車内には小さな食堂車も連結しています。ここでは、ソーセージやスープなどの軽食から、スナック類やケーキの販売があります。もちろんビールやシャンパン、ジュースなどのお飲み物も販売されています。お土産品としてポストカードの販売もしており、筆者が乗車した際は、車内販売として翌年のカレンダーの販売も行われていました。

お子様連れも安心

  • 写真:Asako!

専用車両でベビーカーの預かりもああるので、小さなお子様連れにも安心。前述のように車内はコンパートメントとなっており、周りを気にせず家族で楽しめるのもひとつのポイントです。

この記事をかいたトラベルライターから一言

  • 写真:Asako!

フランクフルトのマイン川沿いは観光スポットの一つで、川沿いを歩いていると、「なんでこんなところに線路があるんだろう?」というような場所に線路が通っています。それほど、"列車が通りそうではないような場所"をこの歴史鉄道は運行します!不定期運航ではありますが、所要時間1時間程度で手軽にレトロな蒸気機関車体験を楽しめる、フランクフルトの一押しアクティビティです!☆(Asako! )

※1EUR=120円で換算しています。

ドイツの旅行予約はこちら

ドイツのパッケージツアーを探す

ドイツのホテルを探す

ドイツの航空券を探す

ドイツの現地アクティビティを探す

ドイツのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年11月14日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【ドイツ】定番だけ厳選したベルリンのおすすめ観光地11選+みどころ

ドイツの首都ベルリン。実際に3年間住んだ経験を元に、旅行者におすすめなベルリンの定番観光地を11件厳選し、 各地のみどころと共に紹介します!


【ドイツ】『進撃の巨人』のモデルの街、ネルトリンゲンを巡る旅

ミュンヘンから、電車で2時間ほど北上したところにある都市「ネルトリンゲン」。隕石が落下した跡にできたこの街は、日本でおなじみの漫画『進撃の巨人』のモデルとなった...

【ドイツ】ベルリン通になろう!市内バス、電車おすすめ路線一覧

ドイツ国内随一の市内交通網を誇るベルリンには、東京ほどではないものの、公共交通機関がそこら中に張り巡らされています。数が多すぎて、旅行に行きたいけど何に乗ってど...

【ドイツ】フランクフルト名物アップルワイン電車で楽しむ市内観光♪

フランクフルトの名物のアップルワインが、路面電車の中で楽しめるってご存知ですか??“アップワイン電車”こと“Ebbelwei-Express”に乗って、フランク...

【ミュンヘン】駐在者の目線でリポート!クリスマスの“日常”風景7選

クリスマスの本場ヨーロッパの中でも、とりわけこの時季に活気づくのがドイツ。各地で「クリスマスマルクト(マーケット)」が開催され、街中が華やかなクリスマスデコレー...

この記事を書いたトラベルライター

“きゅん”っと来るものが旅の原動力+*
福岡県出身。なんとなくでドイツ語を始め、初めての海外渡航でドイツへ行ってヨーロッパに感動!就職と同時に上京し、数年後に1年間ドイツ勤務。なんとなくから始まってどこか切っても切れない縁があるドイツが大好きです。基本的には列車旅行がメインです。きゅん!とした気持ちをきっかけに旅してます♪

意外と知らない?ドイツ・フランクフルトで味わうべき名物5選!

日本からの直行便もあり、ドイツだけでなくヨーロッパ各国への玄関口ともいえる都市フランクフルト。フランクフルトに滞在する人も、移動の拠点とする人も、乗り継ぎで利用...


独特な雰囲気がたまらない!北ドイツの世界遺産の町リューベック

北ドイツを中心としたハンザ同盟都市の中心として400年以上歴史を支えてきた商業都市リューベック。赤レンガ造りの建物が街に独特な雰囲気を醸し出す旧市街は、ユネスコ...


【ポーランド】週末が狙い目!?美しい世界遺産ワルシャワの街歩き

ポーランドの首都ワルシャワは、日本からの直行便もあるアクセスしやすいヨーロッパ都市のひとつ。そんなワルシャワの街歩きと、観光するなら週末がちょっとお得なポイント...

ラプンツェルの世界へ♪ドイツの古城ホテル「ホテルブルク トレンデルブルク」

ドイツ・メルヘン街道沿いにある小さな町トレンデルブルクには、あの人気グリム童話でディズニー映画にもなっている『塔の上のラプンツェル』のモデルとなった古城がありま...

スペイン最古の列車“ソーリェル鉄道”でマヨルカ島の世界遺産の大自然を走る

マヨルカ島を走る、スペイン最古の木造列車といわれる''「ソーリェル鉄道(Ferrocarril de Sóller)」''。世界遺産のトラムンタナ山脈の風を感じ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

アプリ「Pokke」でドイツの音声ガイドを聴く

ドイツの観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?