岐阜
岐阜観光
宿場町や白川郷など、昔ながらの風景を今に残すエリア

岡本太郎も認める天才が作った不思議空間。岐阜県・養老天命反転地とは?

取材・写真・文:

訪問エリア:42都道府県

2016年8月5日更新

980view

お気に入り

写真:やまざき にんふぇあ

突然ですが、荒川修作という芸術家をご存知でしょうか? 岡本太郎にかわいがられ、1982年には紫綬褒章も受賞するほどの実力の持ち主であると同時に、三島由紀夫からもらった本を三島本人の眼の前で投げ捨て大喧嘩になるなど、一風変わった人物でもありました。そんな彼が1995年、アメリカの詩人であるマドリン・ギンズと共同制作したのが岐阜県・養老駅の近くにある養老天命反転地です。今回は、不死を追い求めつつも2010年に亡くなった荒川修作の構想が現実になった不思議空間“養老天命反転地”を紹介します。

この記事の目次表示

迷路のような壁の広がる養老天命反転地記念館

  • 写真:やまざき にんふぇあ

養老天命反転地への入口となるチケット売り場を抜けると、すぐ近くに養老天命反転地記念館があります。トイレや、養老天命反転地を紹介する映像が流れるテレビ、施設の構想図がおかれており、探索の拠点になる場所です。

ですがこの養老天命反転地、記念館からして普通ではありません。内部は色鮮やかな迷路のようになっており、反転した壁が天井にまであります。まずはここで映像やパンフレットを確認し、養老天命反転地を探索するための準備を整えましょう。

荒川修作とマドリン・ギンズは現代の絶望的な状況を希望に変える必要があると考えていました。そのためには「人は死ぬ」という絶対的な天命を反転することによって、消極的な生き方を改める必要があるといいます。平衡感覚を揺さぶり子どもの状態に戻し、身体感覚を再構築、変革することにより、古い意識も変革することができる、というのがこの施設を作った彼らのねらいなのです。

何とも難しい話ですが、聞くより実践する方が分かりやすいかもしれません。さっそく先へ進んでみましょう。

水を求めて登れ!“昆虫山脈”

  • 写真:やまざき にんふぇあ

オフィスのすぐ外には、小さな岩山が立ちはだかっています。その頂上には水くみ用のポンプがあります。まずは昆虫のように、水を求めて頂上まで登っていきましょう。

ちなみにこの養老天命反転地、荒川修作がこの施設を作った目的の都合上、足場が不安定な場所が多いです。チケット売り場で運動靴、ヘルメット、救急箱を貸し出しており、開館直後には骨折者も出ました。ちなみに怪我人の人数を聞いた荒川修作は「案外少ないな」とコメントしたといわれています。

昆虫山脈で危険を感じた人は、大人しく一度引き返してヘルメットと運動靴を借りましょう。

家具が散乱している“極限で似るものの家”

  • 写真:やまざき にんふぇあ

昆虫山脈を抜けると、岐阜県の形をした屋根を持つ極限で似るものの家が待ち構えています。中は迷路になっており、通路のあちらこちらにはソファや冷蔵庫、ガスコンロ、電話やスタンドライトのおかれた机などが、壁にめりこみつつ散乱しています。さらに天井を見ると、そこにも同じような家具が貼りついています。

荒川修作とマドリン・ギンズは、「自分の家とのはっきりとした類似を見つけようとすること」「ここが双子の家だと思うこと」「自分がここに住んでいる、あるいは隣の家がこれだと思うこと」を体験者に提案しています。

いざ、“楕円形のフィールド”へ

  • 写真:やまざき にんふぇあ

極限で似るものの家を抜けると、すり鉢状になった広大な土地が広がっています。木々の隙間からは奇怪な建物の一部が顔を出しています。

人であるよりは肉体であることを求められる“白昼の混乱地帯”、何かを決めるために、あるいは以前決めたよりも繊細、そして大胆になるための“もののあわれ変容器”、地図上の約束を忘れる必要がある“地霊”など、奇妙なスポットが満載です。

さて、滑らないように気をつけながらすり鉢状の地面を降りていきましょう。フィールドの中央には何があるのでしょうか。

異星人のようにさまよえ!楕円形のフィールド中央にある“宿命の家”

  • 写真:やまざき にんふぇあ

楕円形のフィールド中央には宿命の家があります。非常に壁の低い迷路で、地面はところどころガラス張りになっており、様々な家具が埋まっています。ここはまるで異星人のようにさまようと良いそうです。

どう見るか、どう楽しむかは人それぞれ

荒川修作とマドリン・ギンズという2人の天才の考えを理解し、実践しようとするのも良いですが、ここは県営の養老公園の一部でもあります。あまり難しく考えすぎず、普通の公園のように散歩したり、アスレチックのように登ってみたり、好きに楽しむのも良いでしょう。

もしかしたらその過程で、ふと彼らの言葉の意味に気づくこともあるかもしれませんね。

養老天命反転地
岐阜 / 公園・動植物園 / 観光名所
住所:岐阜県養老郡養老町高林1298-2 養老公園内地図で見る
電話:0584-32-0501(養老公園事務所)
Web:http://www.yoro-park.com/facility-map/hantenchi/

岐阜の旅行予約はこちら

岐阜のパッケージツアーを探す

岐阜のホテルを探す

岐阜の航空券を探す

岐阜の現地アクティビティを探す

岐阜のレンタカーを探す

岐阜の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2016年8月4日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


全国のおすすめ絶景47選!感動の景色に出会える観光スポット特集

透き通った海や湖、一面のお花畑に山奥の秘境にある景勝地など、写真に収めたくなる絶景が全国にはたくさんあります。全国各地の絶景が見られる観光スポットをご紹介します...


夏でも涼しい国内の観光スポット27選!真夏の旅行・お出かけにおすすめ

夏休みやお盆休みなど、旅行・お出かけの機会も増える夏。爽やかな高原やいつでも気温が低い鍾乳洞、高所の雲海スポットなど、暑さから逃れたいときにもぴったりな、夏でも...

【東海】JR東海「青空フリーパス」の買い方・使い方&使って行きたい観光地を紹介

「青空フリーパス」はJR東海が販売しているお得な切符です。6つの県にまたがって使用可能で、かなりオトクな価格であることから、東海圏を観光する際にはオススメです。

2019春の旅行に!3月・4月・5月の国内おすすめ旅行先・観光地45選

春(3月・4月・5月)におすすめの国内旅行先を月ごとにご紹介!春休みの家族旅行や、カップルでのお出かけにぴったりな旅先を全国から厳選しました。週末の1泊旅行でも...

金沢から車で約1時間!実は近い?足を延ばして行きたい観光名所3選

北陸の真ん中に位置する石川県。新幹線も開通し、金沢に行かれる方は多いと思いますが、金沢からさらに車で約1時間走ると、実はこんなところまで行くことができるんです。...

この記事を書いたトラベルライター

一人旅好きのブロガー
国内で一人旅ばかりしているブロガーです。メジャーではないけどマニアックすぎない、「もっと評価されるべき」スポットを中心に紹介します。個人ブログやツイッターで今までに訪れた場所について書いたり、ここではない某所でもトラベルライターとして活動したりしているので、ぜひ参考にして頂ければと思います。
http://85irimusume.doorblog.jp/

寿司に神社に恐竜まで!福井駅周辺の面白スポット4選

東尋坊や永平寺などの観光地が有名な福井県。日本総合研究所が2016年に発表した情報によると、日本で1番幸福度が高い県とされています。そんな意外な実力を隠し持つ福...


3億年かけて作られた神秘の洞窟、山口県・秋芳洞

山口県美称市に広がる日本最大級のカルスト台地、秋吉台。元はサンゴ礁だった石灰岩が、3億年以上もの時をかけて堆積してできた奇跡の風景です。さらに秋吉台の下には、大...

鯉が泳ぐ城下町。「山陰の小京都」島根県・津和野を歩く

「山陰の小京都」の異名を誇る島根県・津和野。津和野藩亀井氏の治めていた城下町であり、鯉の群れが泳ぐ水路、1,000の鳥居を持つ稲荷神社、畳敷きの教会、西周や森鴎...

麺好き必見!岩手県で食べたい麺料理&名店3選

全国にご当地麺があふれかえる麺好き国家、日本。南はソーキそばから北は札幌ラーメンまで県ごとに個性的な麺類がありますが、岩手県も多くの個性的な麺類を輩出しています...

温泉・グルメ・景勝地!盛りだくさんの和歌山県【白浜温泉】をめぐる

白い砂浜と青い海、新鮮な海産物、そして温泉を兼ね備えたリゾート地、和歌山県の白浜。エリア内には動物園と水族館と遊園地がセットになったアドベンチャーワールドまであ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?