函館
函館観光
洋館や教会が建ち並ぶハイカラな港町

函館の名所!明治・大正時代が息づく華麗な洋館「旧函館区公会堂」

取材・写真・文:

トラベルライター

2018年3月2日更新

2,145view

お気に入り

旅行雑誌を見たり函館旅行について検索すると、必ず出てくるのが異国情緒漂う教会群・旧領事館や史跡が立ち並ぶ元町・西部エリア。その中でひときわ目を引くのが「旧函館区公会堂」です。国の重要文化財に指定されており、多くの観光客が訪れる場所です。函館旅行をするなら是非見ておきたい旧函館区公会堂と楽しみ方をご紹介致します。

この記事の目次表示

旧函館区公会堂とは?

函館の開港後、外国人等も居留するなど最初に栄えた場所がこの元町・西部地区です。街の行政機能も当初はこの地区にあり、区民の集会所と商業会議所の機能を併せ持つ「町会所」が置かれていました。

函館は、ささいな火の不始末が強い浜風に煽られ、すぐに大火となってしまう地形です。明治40(1907)年の大火では西部市街地のほとんどが焼失し、この「町会所」も類焼してしまいました。

それを受け、大火の直後に「公会堂建設協議会」が区民有志により結成され、寄付を募ったのですが全く足りずに計画は難航を極めました。

しかし当時の豪商初代相馬哲平氏が、自身の自宅や店舗が焼失していたにもかかわらず5万円(当時の1万円は今の価値に換算すると2億円に相当すると考えられるため、現在では10億円相当)もの資金を提供したことにより、建築費総額約5万8,000円(現在では約11億6,000万円相当)という巨額工事にやっと着手することができ、明治43(1910)年に完成しました。

  • 写真:トラベルライター初代 相馬哲平氏の写真
  • 写真:トラベルライター初代 相馬哲平氏の略歴

紆余曲折を経ながら完成した旧函館区公会堂は、左右対称のコロニアルスタイルにブルーグレーとイエローの外観が特徴的な壮麗で美しい建物として街を見下ろす場所に佇み、函館市民や旅行者を迎えております。

  • 写真:トラベルライター

素晴らしい建設意匠や技法が評価され、昭和49(1974)年に本館が国指定重要文化財に指定され、昭和55(1980)年には附属棟が国の重要文化財として指定されました。

  • 写真:トラベルライター

建設当初は、町会所・商業会議所事務所・ホテルという3つの機能を持たせる予定で、玄関も3カ所ありますが、ホテルとしては営業することはなく、明治44(1911)年、皇太子殿下(後の大正天皇)の行啓の際に2階の貴賓室が宿泊所として使用されたのと、大正11(1922)年には摂政宮殿下(のちの昭和天皇)が行啓の際の休憩所として使用されたのみとなっており、調度品等はほぼ新品の状態で展示されています。

旧函館区公会堂へ行くには?

市電 (函館駅前電停→函館どっく前行き)「末広町電停」を下車。電車通りから坂を見上げると、函館山の麓にブルーグレーとイエローの外観の建物、旧函館区公会堂が見えます。

  • 写真:トラベルライター

函館の代表的な18の坂の1つである、基坂(もといざか)を上っていくと元町公園があり、その上に建っています。

それでは、旧函館区公会堂内へ入ってみましょう!

華麗な旧函館区公会堂で、明治・大正時代に浸る

旧函館区公会堂の主要なお部屋のご案内

最初は、玄関を入ってすぐ向かいにあるお部屋で、パネルなどを見て歴史を学んでみることをおすすめします。

  • 写真:トラベルライター

向かいの部屋は、建設目的の1つである「商業会議所」の応接室。このほか事務室などもありました。

  • 写真:トラベルライター

2階には、御座所や大広間などの貴賓室があり、前述した通り明治44(1911)年には皇太子殿下(のちの大正天皇)に行啓の際にご宿泊され、大正11(1922)年には摂政宮殿下(のちの昭和天皇)が行啓の際にも使用されています。

  • 写真:トラベルライター御座所の様子

大広間はなんと130坪もあり、広さと華やかさに圧倒されます。

  • 写真:トラベルライター大広間の様子

この大広間にはバルコニーがあり、出てみることができます。

  • 写真:トラベルライターバルコニーの様子

バルコニーに出ると、函館の街を一望できます。ちょうど夕暮れ時だったので、だんだんと明かりが灯り始め、街の表情が変わっていく様子は、しばし時間を忘れて見ていたくなります。

  • 写真:トラベルライターバルコニーから見える景色

ここにも注目!意匠・技法が素晴らしい!

当時、最もモダンと言われた公会堂には、建物内外に様々な建築意匠や技術が駆使されています。

  • 写真:トラベルライター彫刻が見事な扉上の飾り
  • 写真:トラベルライター彫刻が施された階段の手すり

なお、扉の上の飾り彫刻や寄木張りの床などの意匠は、建設費用のほとんどを工面した初代相馬哲平氏の邸宅である旧相馬邸でも同様の技術が使用されており、費用だけでなく意匠についても多くの貢献があったことが伺えます。 旧相馬邸についての詳細はこちらをご覧ください。

  • 写真:トラベルライター絨毯と同じ高さになるように作られた、寄木張りの床
  • 写真:トラベルライター部屋の天井の様子

廊下の天井や調度品にも工夫とこだわりが感じられます。

  • 写真:トラベルライター飾りが見事な廊下の天井
  • 写真:トラベルライター選び抜かれた調度品の数々

意匠を凝らした館内同様、外観にも様々な意匠が施され、明治モダンの華やかさが感じされます。

  • 写真:トラベルライターバルコニーの柱や窓も洗練されています
  • 写真:トラベルライター壁や出窓にも意匠が凝らされています

大人気!鹿鳴館を彷彿とさせる大広間やバルコニー等で、気分は紳士・淑女!

旧函館区公会堂の1階、玄関を入って左に進むとショップの向かいに「ハイカラ衣裳館」があります。ここは衣裳のレンタル(衣裳1着/1,000円、20分間)と衣装に合わせたヘアメイク(ヘアメイク料金/1,000円、1回:約5分間)のサービスを提供してくれます。

豪華にドレスアップして明治・大正の面影を残す旧函館区公会堂内を闊歩し、廊下やバルコニーに立って旅の思い出を作ってみませんか?
※写真撮影サービスはなく、ご自身のカメラやビデオカメラでの撮影となりますのでご持参くださいね!

衣装の種類やサイズ、ヘアメイク、料金、営業時間などの詳細はこちらでご確認ください。

ちなみに、ショップの隣には当時の装いの展示もあります。

  • 写真:トラベルライター

女性の衣装は、明治20年代の上流階級貴婦人の復元衣装だそうです。函館の女性で最初に洋装をしたのは、願乗寺川開削で多大な貢献をした、願乗寺(現 本願寺函館別院)の僧侶・堀川乗経の長女で、日本地震学の父とも呼ばれたジョン・ミルン氏と結婚し英国へ渡ったトネ・ミルン(旧姓 堀川トネ)だったそうです。

現在、男性の礼装といえば、昼はモーニングコートで夜はタキシードが多いと思いますが、明治時代には法令によって、夜に行われる公式会合や観劇等の礼服として燕尾服(夜間の正装)が定められていたそうです。この燕尾服は、18世紀のフランス宮廷服が起源とされています。

  • 写真:トラベルライター

前述の当時の装い展示のすぐ横には、実際使用されていた二人乗り用の赤馬車が置いてあります。こちらは札幌農学校(現 北海道大学)の校長・橋口文蔵博士がこよなく愛用し、アメリカ留学帰国時に日本に持ち帰ったものだそうです。

明治・大正の佇まい満点のお部屋です。

  • 写真:トラベルライター

現在の北海道大学や札幌農学校にご興味がある方は、"Be Ambitious"スピリッツが受け継がれる北海道大学の見どころ・完全ガイド!化石からノーベル賞まで! 北海道大学総合博物館の充実過ぎる展示品をご覧ください。

ハイカラ衣装館
函館 / 体験・アクティビティ
住所:北海道函館市元町11-13 旧函館区公会堂内地図で見る
電話:0138-22-1001
Web:https://hakodate-kokaido.jp/2021/04/20/dress/

カメラ好きにはたまらない!明治・大正時代に活躍した写真器材や調度品

1階「ハイカラ衣裳館」の隣の部屋には、小林写真館の写場で実際に使用されていた貴重な器材類が展示してあります。

  • 写真:トラベルライター

初代小林健蔵氏は、神戸元町で写真技術と英語を学んだ後、函館に渡って写真館を開業した人物です。明治40(1907)年の大火で店舗は焼失してしまいましたが、再建して旧函館区公会堂、石川啄木等の写真を残しています。

  • 写真:トラベルライター

この3枚の写真のうち、上に飾られている写真の建物は、築100年以上経った今も現存しており、平成元(1989)年に函館市から「歴史的景観形成指定建築物」に指定されています。

また一度は廃業していましたが、現在は「写楽館 (谷杉写真館)」の姉妹店として、完全予約制の「旧小林寫真館」として再開しています。お店の詳細は公式サイトをご覧ください。

どこを見てもキラッキラ!華やかさが充満のメモリアルショップも注目!

1階のショップは、ティーカップや腕時計、扇子、スカーフなど、乙女心をくすぐられる商品が盛りだくさんです。またクラシックカーやクラシックウィングのミニチュアなど、ファン垂涎の商品も並んでいました。

  • 写真:トラベルライター

旧函館区公会堂はライトアップも見どころの1つ!

太陽の光を浴びて輝く旧函館区公会堂も美しいのですが、夜はライトアップされ、日中とは違った雰囲気となります。お時間のある方は、是非、夜も歩いてみてくださいね!

  • 写真:トラベルライター

おわりに

いかがでしたでしょうか?函館の観光地といえば元町・西部地区。その代表的な建物である旧函館区公会堂は、函館の歴史と多くの人の支えがあったことを教えてくれる建物として、見ごたえ充分の施設です。そして、小さなお子さんから着られるレンタルドレスもあり、大人から子どもまで楽しめる場所でもあります。

周辺には教会群や旧領事館など、桜の春、バラやアジサイの夏、紅葉の秋、雪がきらめく冬、四季折々に見ごたえのある建物が集まる場所にありますので、是非立ち寄ってみてくださいね。

旧函館区公会堂
函館 / 建造物 / 観光名所 / デート / 一人旅 / 歴史的建造物
住所:北海道函館市元町11−13地図で見る
電話:0138-22-1001
Web:https://hakodate-kokaido.jp/

次のページを読む

函館の旅行予約はこちら


函館のパッケージツアー(新幹線・飛行機付宿泊プラン)を探す

函館のホテルを探す

函館の航空券を探す

函館の現地アクティビティを探す

函館のレンタカーを探す

函館の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【2024】北海道の人気観光スポットTOP56!旅行好きが行っている観光地ランキング

小樽運河に大通公園、函館山展望台など北海道の観光スポットを、トリップノートの9万2千人を超える旅行好きのトラベラー会員(2024年1月現在)が実際に行っている順...


【北海道】夏のおすすめ観光スポット32選!夏の絶景に出会える観光地特集

夏の人気観光地・北海道。知床五湖や釧路湿原、洞爺湖など雄大な絶景を見られる観光スポットから、ラベンダーやひまわりなどお花畑スポットまで、夏の絶景に出会える北海道...

1月の国内おすすめ旅行先33選!お正月旅行にもぴったりな観光地特集

寒さ厳しい1月は、雪や氷の絶景が全国各地で見られるシーズン。冬の夜に映えるイルミネーションイベントもまだまだ楽しめます。1月のお正月旅行や週末旅行におすすめの国...

函館・子供と行きたい観光スポット22選!子連れ旅行におすすめ

シースルーの床の上に立ってドキドキを味わえる五稜郭タワーや、ブロックでも遊べる金森赤レンガ倉庫、展望台の日時計が楽しい函館山ロープウェイなど、函館への子連れ旅行...

【2023】12月の国内おすすめ旅行先25選!冬・年末の旅行にぴったりな観光地特集

12月はイルミネーションに雪景色など、全国各地で冬ならではの絶景に出会えるシーズン。雪見温泉も格別な時期です。12月の週末や年末旅行におすすめの国内旅行先をご紹...

トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります