箱根
箱根観光
都心から日帰りもできる温泉リゾート

1泊2日で箱根を満喫♪温泉とグルメを楽しめる観光モデルコース

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:47都道府県

2022年8月6日更新

214,648view

お気に入り

写真:旅田サトシ

関東を代表する温泉地・箱根。宿泊する宿は決まっているけど、大涌谷や芦ノ湖、箱根湯本など、いろんな観光スポットがあって、どこに行こうかまよっちゃう・・・。そんな初めて箱根に訪れる方でも十分楽しめる、筆者考案の観光モデルコースをご紹介します。

この記事の目次表示

箱根ってどんな町?

  • 写真:旅田サトシ箱根湯本駅近くを流れる早川

箱根は神奈川県の西部、静岡県との県境に位置する温泉街。東京をはじめとした関東圏からアクセスしやすいこともあり、週末には多くの観光客でにぎわっています。主に箱根観光の玄関口・箱根湯本をはじめ、100年以上の歴史を誇るホテルがある「宮ノ下(みやのした)」には、温泉旅館や飲食店、さらにお土産屋が集まっています。

  • 写真:旅田サトシ芦ノ湖

また自然を楽しめるスポットが集まっており、白い噴煙が上がる「大涌谷(おおわくだに)」や、約3000年前に火山の爆発によって誕生したカルデラ湖「芦ノ湖(あしのこ)」、さらにススキ草原がある「仙石原(せんごくはら)」など、レジャーも満喫できます。

  • 写真:旅田サトシ箱根フリーパス

箱根を散策する際、お得なフリー乗車券を購入するのもおすすめ!「箱根フリーパス」は、小田急線の往復乗車券と箱根登山鉄道、箱根登山バス、箱根ロープウェイなど、8つの交通機関が乗り降り自由で、箱根のエリア内にある約70の観光施設からの優待、または割引の特典を受けられます。

【箱根フリーパスの情報】
<電話番号>
044-299-8200(小田急お客さまセンター・9:00~19:00/無休)
<料金>
【2日間】(新宿駅)おとな5,700円、こども1,500円(小田原駅)おとな4,600円、こども1,000円
【3日間】(新宿駅)おとな6,100円、こども1,750円(小田原駅)おとな5,000円、こども1,250円
※上記の料金には、小田急ロマンスカーの特急料金は含まれていません。
<発売箇所>
小田急線各駅、小田急トラベルの店舗、箱根登山鉄道の主な駅、箱根登山バス案内所など
※詳細は公式HPでご確認ください。

【1日目】箱根屈指の景勝地「大涌谷」を散策しよう!

9:30 箱根湯本駅到着

  • 写真:旅田サトシ小田急ロマンスカー

箱根の旅の始まりは、観光の玄関口・箱根湯本(はこねゆもと)駅から!新宿駅からはロマンスカー「はこね号」または、「スーパーはこね号」で約1時間30分で到着します。東京駅からはJR東海道線で小田原(おだわら)駅で下車した後、箱根登山鉄道に乗り換え。最短で約1時間15分でアクセスできます。さらに横浜駅からも約1時間で行くことができます。

  • 写真:旅田サトシ箱根キャリーサービス

箱根湯本駅に到着した後は、駅構内にある「キャリーサービス」に立ち寄りましょう。手荷物を預けて手ぶらで箱根観光を楽しむことができ、宿泊する宿への配送も可能。また宿をチェックアウトする際には、箱根湯本駅まで手荷物を届けることもできます。ただし、荷物の配送や受取の時間は決まっているので、注意しながら観光を楽しみましょう。

【箱根キャリーサービスの情報】
<電話番号>
0460-86-4140(小田急お客さまセンター・9:00~19:00/無休)
<配送料金(片道)>
通常サイズ:800円(税込)、大型サイズ1,000円(税込)、トランクサイズ1,500円(税込)
<時間>
【駅から宿への受付】8:30~12:30、15:00以降各宿泊施設で受け渡し
【宿から駅への受付】各宿泊施設10:00まで、受取りは13:30~19:00
<場所>
箱根湯本駅構内
※詳細は公式HPでご確認ください。

9:35 登山電車に乗って「強羅駅」へ

  • 写真:旅田サトシ箱根登山鉄道

荷物を預けたところで最初の目的地・大涌谷(おおわくだに)を目指しましょう!箱根登山鉄道に乗って約40分、標高差445メートルの山々を登って、終着駅「強羅(ごうら)駅」に到着します。

箱根登山鉄道
箱根 / 乗り物
住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本地図で見る
Web:http://www.hakone-tozan.co.jp/

10:15 ケーブルカーで「早雲山駅」へ

  • 写真:旅田サトシ箱根ケーブルカー

強羅駅で下車した後、隣接する箱根登山ケーブルカーに乗り換え。標高差約209メートルの斜面を約10分かけて、早雲山(そううんざん)駅を目指します。ケーブルカーは日中14~23分間隔で運行します。

箱根登山ケーブルカー
箱根 / 乗り物
住所:強羅駅:神奈川県足柄下郡箱根町強羅地図で見る
電話:0465-32-6823(箱根登山鉄道鉄道部)
Web:http://www.hakone-tozan.co.jp/

10:35 箱根ロープウェイに乗って「大涌谷」へ

  • 写真:旅田サトシ箱根ロープウェイ

早雲山駅に到着した後は、箱根ロープウェイに乗って大涌谷へ。約1分間隔で運行しています。

  • 写真:旅田サトシ

大涌谷駅に到着する手前、一気に視界が開け、ダイナミックな景色が広がります。白い煙が絶えず上がっている箱根の山々を眺めながら、約8分間の空中散歩を楽しめますよ。

箱根ロープウェイ
箱根 / 乗り物 / 絶景 / 紅葉 / ロープウェイ
住所:神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300 早雲山駅地図で見る
Web:http://www.hakoneropeway.co.jp/

10:45 箱根温泉の源泉のひとつ「大涌谷(おおわくだに)」へ

  • 写真:旅田サトシ大涌谷

ロープウェイを下車し、駅を出ると雄大な火山の風景が見えます。約3000年前、箱根火山が水蒸気爆発したことで誕生したスポットで、各所から白煙が立ち上ります。駅から出てすぐのところにある展望台や、延命地蔵尊(えんめいじぞうそん)の近くの高台から眺められます。

なお、火山活動中で火山ガスが発生しているので、自然研究路には入らないように気をつけましょう。

  • 写真:旅田サトシ延命地蔵尊

景色を撮影した後は、研究路の近くにある「延命地蔵尊」へ。大涌谷の噴火を鎮め、この地に住む人々を救済するため、弘法大師(こうほうだいし)・空海(くうかい)が刻んだといわれているお地蔵様が祀られており、長寿や子宝にご利益があります。あわせて、祠の近くにある「浄め(きよめ)地蔵」にも参拝しましょう。

大涌谷
箱根 / 観光名所 / ドライブスポット / パワースポット / ツーリング
住所:箱根町仙石原1251地図で見る
電話:0460-84-9605(大涌谷くろたまご館)
Web:http://www.owakudani.com/

「大涌谷くろたまご館」で名物・黒たまごを食べよう!

  • 写真:旅田サトシ大涌谷くろたまご館

大涌谷の自然を満喫した後は、近くにあるお店でグルメやショッピングを楽しみましょう。「大涌谷くろたまご館」には、カフェやお土産を取り扱うショップのほか、箱根の火山や温泉の仕組みを学べる「箱根ジオミュージアム」が入っています。

  • 写真:旅田サトシ黒たまご(5個入り・税込500円)

大涌谷に来たら、ぜひ食べたいのが名物の「黒たまご」。温泉の鉄分が殻の気孔に付着し、硫化水素と化学反応を起こして黒くなります。1個食べると、7年寿命が延びるといわれているので、ぜひ試してみて。

  • 写真:旅田サトシ大涌谷温泉たまごサブレ(14枚入り・税込700円~)

また「くろたまSHOP」では、大涌谷限定のお土産を買えます。黒たまごをイメージした「たまごサブレ」をはじめ、アーモンドやホワイトチョコレートが入った「黒チョコ」(12個入り・税込500円)、「たまご饅頭」(9個入り・税込720円~)などを取り揃えています。

  • 写真:旅田サトシ

またコスメアイテムも販売しており、「黒たまごせっけん」(1個・税込570円)や、春限定の「桜たまごせっけん」(税込410円)、さらに顔パックなど、黒たまごをモチーフにしたアイテムが手に入ります。

  • 写真:旅田サトシ箱根ジオミュージアム

あわせて立ち寄りたいのが、「箱根ジオミュージアム」。箱根の火山や大涌谷の歴史を学べるほか、温泉が湧き出る仕組みを学べます。定期的にテーマを変えたイベントも行われているので、ぜひ知識を深めましょう。

箱根ジオミュージアム
箱根 / 博物館 / 穴場観光スポット
住所:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1251 大涌谷くろたまご館1階地図で見る
電話:0460-83-8140
Web:http://www.hakone-geomuseum.jp/
大涌谷くろたまご館
箱根 / おみやげ屋
住所:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原地図で見る
電話:0460-84-9605
Web:http://www.owakudani.com/

「くろたまご館」の別館「ゆ~らんど」で絶品アイスを味わおう!

  • 写真:旅田サトシゆ~らんど

甘いスイーツや軽食を取りたい方におすすめのお店が、自然研究路の近くにある「ゆ~らんど」。玉こんにゃくやいかかんぼこ、焼きおにぎりといった軽食のほか、アイスクリームやはこどらソフトなど、スイーツも販売しています。

  • 写真:旅田サトシたまごソフトクリーム(税込400円)

人気の一品は、たまごソフトクリーム。生卵をたっぷり使ったソフトクリームで、まろやかなやさしい味わいです。

ゆ~らんど
箱根 / ソフトクリーム / 食べ歩き
住所:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1251−2地図で見る
電話:0460-84-8356
Web:http://www.owakudani.com/

【1日目】縁結び祈願ができて、おしゃれなお店も集まる「芦ノ湖」周辺を散策しよう!

11:45 箱根ロープウェイに乗って桃源台駅へ

  • 写真:旅田サトシ

大涌谷を散策した後は、再びロープウェイに乗って、芦ノ湖(あしのこ)の湖畔にある「桃源台(とうげんだい)駅」を目指しましょう。途中の姥子(うばこ)駅を経由して、約16分で到着します。

桃源台駅・桃源台港
箱根 / 港 / 駅
住所:神奈川県足柄下郡箱根町元箱根164地図で見る
電話:0460-84-8439
Web:http://www.hakoneropeway.co.jp/station/tohgendai.h...

12:30 箱根海賊船に乗って元箱根港へ

  • 写真:旅田サトシ箱根海賊船

桃源台駅に到着した後は、芦ノ湖を遊覧する「箱根海賊船(はこねかいぞくせん)」に乗って、元箱根港(もとはこねこう)を目指しましょう。18世紀に建造された船をイメージしており、約30分間の船旅を楽しめます。

  • 写真:旅田サトシ

2階の一般客室をはじめ、追加料金を支払うことで、特別船室を利用することも可能。船室は広めでセレブ気分を楽しめるほか、デッキからは雄大な芦ノ湖を見ることができます。

  • 写真:旅田サトシ

また天気が良ければ、富士山を眺められるのも魅力のひとつ。短い時間ながらも、心地よい風を感じながら、雄大な景色とクルージングを楽しめます。

箱根海賊船
箱根 / クルーズ / 絶景
住所:神奈川県足柄下郡箱根町箱根161(箱根町港)地図で見る
電話:0460-83-7722
Web:http://www.hakone-kankosen.co.jp/
元箱根港
箱根 / 港
住所:足柄下郡箱根町元箱根6-40地図で見る
電話:0460-83-6022
Web:http://www.hakone-kankosen.co.jp/port/motohakone.h...
芦ノ湖
箱根 / 自然・景勝地 / 絶景 / 紅葉 / ハイキング / ツーリング / 湖
住所:神奈川県足柄下郡箱根町元箱根地図で見る

13:15 芦ノ湖が見えるベーカリーレストランでランチを食べよう!

  • 写真:旅田サトシBakery&Table 箱根

元箱根港に到着した後は、ランチを食べましょう。今回筆者が訪れたのは、芦ノ湖湖畔にある「ベーカリー&テーブル箱根」。1階はベーカリー、2階はパンやスイーツを提供するカフェ、3階はレストランが入っており、週末には観光客を中心に行列ができるほど、人気を集めています。

  • 写真:旅田サトシ

1階のベーカリーは、特徴の異なる小麦粉を使い分けたパンを提供。ごぼうをはじめとした地元の根菜類とベーコンが入った「箱ね」(1個・税込238円)や、カステラのような上品な甘さと食感が味わえる「カステラ食パン」(1個・税込345円)など、40~50種類のパンを取り揃えています。

  • 写真:旅田サトシ

購入したパンはテイクアウトはもちろん、2階のカフェ足湯付きのテラスでイートインすることが可能。芦ノ湖の美しい風景を眺めながら味わえます。

  • 写真:旅田サトシ

また3階のレストランでは、パンとの相性の良い洋食やハンバーガーを提供。テラス席は全面ガラス張りで、観光船が行き交う芦ノ湖を一望できます。

  • 写真:旅田サトシ特製ビーフシチューセット(税込3,168円)

レストランでのおすすめは「特製ビーフシチューセット」で、ビーフシチューとオリジナルのパンとサラダ、ヨーグルトがセットになったもの。ビーフシチューは牛肉が柔らかく、シチューの濃厚な味わいはパンとの相性も抜群です。この他にも、グリュイエールチーズとミートソースで仕上げた「ラザニアバーガー・プレート」(税込3,168円)もおすすめです。

ベーカリーアンドテーブル箱根
箱根 / パン・サンドイッチ / カフェ・喫茶店 / 足湯・手湯 / モーニング・朝ごはん / パン屋
住所:神奈川県足柄下郡箱根町元箱根字御殿9-1地図で見る
電話:0460-85-1530
Web:http://www.bthjapan.com/hakone.php

14:15 箱根を代表するパワースポット「箱根神社」を参拝しよう!

  • 写真:旅田サトシ箱根神社

芦ノ湖沿いを10分ほど歩いたところにある「箱根神社」。森の中にあるパワースポットで、奈良時代に創建されました。箱根山に鎮まるニニギノミコト、コノハナサクヤヒメノミコト、ヒコホホデミノミコトの3神様と箱根大神(はこねおおみかみ)が御祭神として祀られており、交通安全や心願成就、開運厄除にご利益があります。

  • 写真:旅田サトシ九頭龍神社 新宮

箱根神社にはいくつか開運スポットがあります。御社殿の近くにある「九頭龍神社 新宮(くずりゅうじんじゃ しんぐう)」は、芦ノ湖湖畔にある神社で縁結びにご利益のある「九頭龍神社 本宮」の分社。縁結びにご利益があるといわれているほか、誓願府(せんがんふ・500円)を龍神水(りゅうじんすい)に浮かべると、願いが叶うといわれています。

  • 写真:旅田サトシ平和の鳥居

また神社の境内から道路を挟んだところにある「平和の鳥居」に立ち寄るのもおすすめ。撮影スポットとして人気を集めており、芦ノ湖を背景に写真を撮れます。

箱根神社
箱根 / 観光名所 / ドライブスポット / 神社 / パワースポット / 縁結びスポット / インスタ映え
住所:神奈川県足柄下郡箱根町元箱根80-1地図で見る
電話:0460-83-7123
Web:http://hakonejinja.or.jp/

15:00 箱根初のバスクチーズケーキ専門店でひと息つこう!

  • 写真:旅田サトシ箱根チーズテラス

観光の合間にお腹を満たしたい方におすすめのお店が、芦ノ湖沿いにある「箱根チーズテラス」。2019年7月にオープンしたお店で、バスク風チーズケーキのほか、チーズをトッピングしたチーズタピオカミルクティー(税込648円)など、チーズスイーツを味わえます。

  • 写真:旅田サトシバスクチーズケーキ(プレーン、1個・税込399円)

おすすめの「バスクチーズケーキ」は、地元・南箱根の新鮮な牛乳とオリジナルブレンドのクリームを使った一品。甘さはしつこくなく、濃厚な味わいと滑らかな食感が魅力です。プレーンや抹茶(税込432円)、いちご(税込432円)のほか、季節限定としてキャラメル(税込486円)の4種類があります。

箱根チーズテラス
箱根 / スイーツ / ソフトクリーム / インスタ映え
住所:神奈川県足柄下郡箱根町元箱根54地図で見る
電話:0460-83-9007
Web:https://hakone-cheese-terrace.com/

【1日目・2日目】箱根の人気温泉旅館で贅沢な時間を過ごそう!

15:30 箱根登山バスに乗って本日の宿へ

  • 写真:旅田サトシ箱根登山バス

芦ノ湖を満喫したところで、路線バスに乗って本日宿泊する宿へ移動しましょう。元箱根港バス停から箱根登山バスに乗って、約15分で最寄りの「ユネッサン前」バス停で下車。そこから6分ほど歩くと、今回紹介する宿泊先へと到着します。

16:00 悠々とした時間を過ごせる温泉宿「箱根小涌園 天悠」にチェックイン

  • 写真:旅田サトシ箱根小涌園 天悠

今回筆者が宿泊したのは、「箱根小涌園 天悠(はこねこわきえん てんゆう)」。2017年に開業した温泉旅館で、大自然と一体となる開放感と「視・聴・嗅・味・触」の五感が喜ぶ温泉や食事、癒しを体験できます。

  • 写真:旅田サトシエントランス・ロビー

チェックインの手続きをするのは、エントランス・ロビー。渓谷の眺望を楽しむことができるほか、フロントカウンターの後ろには亀の甲羅をイメージしたレリーフアートが刻まれています。

  • 写真:旅田サトシ

チェックインの手続きをしたところでウェルカムドリンクを飲んでひと息つきましょう。地元のブランド茶・足柄茶(あしがらちゃ)をはじめ、花粉症や疲れに効果のある「エルダーマスカットティー」など、体に優しいお茶を楽しめます。

  • 写真:旅田サトシ

客室は、標準客室と最上階客室、特別客室の3タイプ。畳敷きの開放感のあるお部屋で、美しい箱根の山々を眺めながらゆっくりと過ごせます。また全客室に温泉露天風呂も完備!密を避けて温泉に入りたい方におすすめですよ♪

  • 写真:旅田サトシ浮雲の湯

お部屋でひと息ついたところで自慢の温泉に入りましょう!6階にある「浮雲(うきぐも)の湯」では、箱根の外輪山の絶景を眺めながら露天風呂に入れます。また5階にある「車沢(くるまさわ)の湯では、露天風呂からこの地で古くから親しまれている「呉坊(ごぼう)の滝」を眺めることができます。

  • 写真:旅田サトシ渓谷庭園内にある滝

温泉に入ったら、夕食の時間まで旅館内にある渓谷庭園を散策するのもおすすめ。草木や滝、川のせせらぎとライトアップした幻想的な風景を眺められるほか、高台には箱根神社の御祭神・箱根大神が祀られている「箱根温泉神社」があるので、そちらを参拝することもできます。箱根の自然とふれ合いながら、散策を楽しんでみては。

18:00 和と洋の要素を自由に組み合わせた夕食を堪能しよう!

  • 写真:旅田サトシ前菜と御造り

庭園を散策したところで夕食を食べましょう。5階にある食事処「ダイニングはこね」で食べることができ、箱根七福神めぐりをテーマに七福神にまつわる食材を使った季節の創作料理を味わえます。このうち前菜では、鴨とフォアグラのテリーヌや水蛸の焼霜など10種類が並びますが、マグロやカンパチの御造りといった魚介類はもちろん、汲み湯葉、粟麩といった山の幸なども堪能できます。

  • 写真:旅田サトシ国産牛のロースステーキ

主菜の肉料理では、国産牛のロースステーキを提供。柔らかな食感と肉汁のジューシーな旨みを、柚子胡椒の風味とともにいただきます。また魚料理では、天悠オリジナルの料理を提供。鰆(さわら)や静岡県産の鯵を使ったつみれをトッピングした、蕗味噌(ふきみそ)のブイヤベースが楽しめます。季節の食材を味わいながら、七福神巡りを楽しんでみては。

21:00 「庵スパ箱根」で旅の疲れを癒そう!

  • 写真:旅田サトシ

夕食を楽しんで、お部屋でひと休みした後は、エステまたはマッサージで旅の疲れを癒しましょう。1階にある「庵スパ箱根」では、アロマテラピー(50分・税込15,500円~)や、肌の引き締め・エイジング効果を体感できる「禅=ZEN= フェイシャル」(50分・税込18,000円)など、和をテーマにした施術を受けられます。

  • 写真:旅田サトシ

施術を受けた後は、ラウンジで抹茶と和菓子が提供されます。ゆったりと寛ぎながら、有意義なひと時を過ごせます。

翌朝7:00 地元の食材をふんだんに使った朝食を食べよう!

  • 写真:旅田サトシ

2日目、朝風呂を満喫した後に、朝食を食べましょう。通常はオムレツやフレンチトーストといった、神奈川産の有精卵を使った料理を含むビュッフェを提供していますが、新型コロナウイルスの影響で、2021年3月現在は和定食を用意。小田原産の鯵の干物やかまぼこ、静岡産の黒はんぺんなどが味わえます。

箱根小涌園 天悠
箱根 / 温泉旅館 / ホテル
住所:神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1297地図で見る
電話:0460-82-5111
Web:https://www.ten-yu.com/

【2日目】箱根の個性的な美術館を巡ろう!

8:50 箱根登山バスに乗って彫刻の森美術館へ

  • 写真:旅田サトシ観光施設めぐりバス

朝食を食べて少し休んだところで、旅館をチェックアウト。箱根登山バスの「観光施設めぐりバス」に乗って、最初の目的地・彫刻の森美術館を目指しましょう。1時間に2本運行しており、彫刻の森をはじめ、仙石原(せんごくはら)にある星の王子さまミュージアムや、ラリック美術館といったスポットをまわれます。

9:00 自然を生かしたアートスポット「彫刻の森美術館」

  • 写真:旅田サトシ彫刻の森美術館

最初にご紹介するのは「彫刻の森美術館」。自然豊かな約7万平方メートルの広大な敷地に、近・現代で活躍した欧米や日本人アーティストの作品が約120点展示されています。

  • 写真:旅田サトシ

注目は野外に展示されている彫刻作品。フランス出身の画家、ニキ・ド・サン・ファールの『ミス・ブラック・パワー』という女性像や、イギリスの彫刻家、アントニー・ゴームリーの『密着』など、SNS映えしそうな作品を鑑賞できます。

  • 写真:旅田サトシ幸せをよぶシンフォニー彫刻

また高さ18メートルの『幸せをよぶシンフォニー彫刻』にも注目!塔の内部には、色とりどりの模様やステンドグラスがはめ込まれており、幻想的な作品を楽しめます。また塔の頂上からは、箱根の山々を眺められるので、ぜひ登ってみましょう。

  • 写真:旅田サトシ温泉足湯

さらに敷地内には、近くに湧く二の平(にのたいら)温泉を引いた足湯も楽しめます。足湯に入りながら、アートを鑑賞でき、散策でひと息つきたい方におすすめです。

  • 写真:旅田サトシピカソ館

2019年7月には「ピカソ館」がリニューアル。20世紀を代表するスペインの芸術家、パブロ・ピカソの作品を展示する日本初の私立美術館で、皿や絵画、彫刻など、様々な作品を鑑賞できます。

箱根彫刻の森美術館
箱根 / 観光名所 / インスタ映え / 美術館 / 遊び場 / 足湯・手湯
住所:神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1121地図で見る
電話:0460-82-1161
Web:http://www.hakone-oam.or.jp/

10:50 森の中の木漏れ日と印象派アートを鑑賞できる「ポーラ美術館」

  • 写真:旅田サトシポーラ美術館

彫刻の森美術館を鑑賞した後は、再びバスに乗って次の目的地へ。約20分で箱根の森の中にある「ポーラ美術館」に到着します。ガラスを多用した開放感あふれる美術館で、絵画や焼き物、彫刻など、約1万点の作品が収蔵されています。

  • 写真:旅田サトシ

館内には、クロード・モネの『睡蓮(すいれん)』をはじめ、ポール・セザンヌの『プロヴァンスの風景』など、19世紀フランスの印象派やエコール・ド・パリの作品が展示されています。

  • 写真:旅田サトシ

また化粧品メーカー・ポーラにちなんで、化粧道具も展示。19世紀後半に作られた化粧セットや、19世紀~20世紀に活躍したフランス出身のガラス工芸家、ルネ・ラリックの香水瓶も鑑賞できます。

  • 写真:旅田サトシ

アートとあわせて楽しみたいのが、美術館にある遊歩道の散策。春から秋にかけて、ブナやヒメシャラ、ヤマボウシといった植物を見ることができるほか、彫刻作品も展示しており、大自然とともに芸術鑑賞を楽しめます。

ポーラ美術館
箱根 / 女子旅 / 美術館 / インスタ映え
住所:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285地図で見る
電話:(0460)- 84 -2111
Web:http://www.polamuseum.or.jp/

12:25 ガラスに彩られた庭園に注目!「箱根ガラスの森美術館」

  • 写真:旅田サトシ箱根ガラスの森美術館

ポーラ美術館を見学した後は、再びバスに乗って「箱根ガラスの森美術館」を目指しましょう。約5分で到着します。ヨーロッパ貴族に愛されたヴェネチアン・グラスや、現代ガラスの名品を展示しています。最初に出迎えるのは、ガラスで彩られた庭園。箱根の山並みを背景に展示されたクリスタルグラスのオブジェやガラス作品を、季節の花々とともに鑑賞できます。

また正面には、高さ約9メートル、長さ10メートルの「光の回廊」が見えます。美しく溢れる光のシャワーを浴びながら、ガラスのアート作品を鑑賞できます。

  • 写真:旅田サトシヴェネチアン・グラス美術館

光の回廊をくぐると、「ヴェネチアン・グラス美術館」に到着。16世紀~19世紀の中世ヨーロッパ貴族を熱狂させた、ヴェネチアン・グラスが展示されています。また館内にはガラスの噴水のほか、レオナルド・ダ・ヴィンチの絵画、『最後の晩餐』の天井画も見ることができます。

  • 写真:旅田サトシ現代ガラス美術館

「現代ガラス美術館」では、19世紀後半以降に制作されたガラス作品を展示。彩り豊かで写真映えそうな作品を鑑賞できます。また隣接する体験工房「ヴェトロ」では、キーホルダーやペンダントなど、オリジナルのガラスアクセサリーを作れるので、ぜひ体験してみては。

  • 写真:旅田サトシクリスタルガラスのツリー(税込4,070円~)

あわせて立ち寄りたいのが、ミュージアムショップ。ヴェネチアをはじめとした、世界各国から直輸入されたガラス製品やアクセサリーなどを取り揃えています。ガラスのツリーをはじめ、お皿やコップ、ブローチなど、お気に入りのアイテムを探してみましょう。

庭園を見渡せるレストランでイタリアンを堪能しよう!

  • 写真:旅田サトシカフェ♪リストランテ ラ・カンツォーネ

美術館巡りを楽しんだところで、美術館内にあるレストランでランチを食べましょう。「カフェ♪リストランテ ラ・カンツォーネ」では、季節の食材を使ったパスタや生ハムを使ったサンドイッチ、デザートなどを味わえるほか、カンツォーネや楽器を使った生演奏を鑑賞することができます。

  • 写真:旅田サトシズワイ蟹のクリームソース(ラビオリ・税込1,650円)

おすすめの一品は、ズワイ蟹とクリームソースをトッピングしたラビオリ。蟹の旨みとラビオリの食感、クリームソースの濃厚な組み合わせが楽しめます。紅茶やコーヒーと一緒に味わってみては。

箱根ガラスの森美術館
箱根 / 紅葉 / 観光名所 / 美術館 / ガラス体験 / インスタ映え / バラ園
住所:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原940-48地図で見る
電話:0460-86-3111
Web:https://www.hakone-garasunomori.jp/

【2日目】箱根の玄関口・箱根湯本を散策しよう!

14:00 バスに乗って箱根湯本へ

  • 写真:旅田サトシ箱根登山バス

仙石原で美術館巡りを楽しんだところで、箱根の旅は終盤へ。箱根登山バスに乗って、箱根観光の玄関口・箱根湯本へ戻りましょう!箱根ガラスの森美術館の最寄りのバス停、「俵石(ひょうせき)・箱根ガラスの森前」からバスに乗って約20分、箱根湯本駅に到着します。

14:20 箱根湯本駅前商店街で絶品スイーツを食べ歩こう!

しぼりたてのモンブランを味わえる「百々茶 MOMOCHA」

  • 写真:旅田サトシ百々茶 MOMOCHA

箱根湯本駅から歩いてすぐのところにある「まんじゅう屋 菜の花」。そのお店の2階にあるのが、「百々茶 MOMOCHA(モモチャ)」です。神奈川の足柄(あしがら)紅茶や足柄金太郎(あしがらきんたろう)牛乳など、地元の食材を使ったタピオカドリンクモンブランを取り扱っています。

  • 写真:旅田サトシしぼりたてモンブラン(税込650円)

人気の「しぼりたてモンブラン」は、足柄産の栗を使ったペーストをその場で絞ってトッピング。ペーストの下には、生クリームと自家製のメレンゲが入っており、栗の上品な甘さと濃厚な味わいを存分に楽しめます。ミニコーヒーと一緒に試してみて。

  • 写真:旅田サトシマロンミルク(税込550円)

またタピオカドリンクも充実しており、沖縄・波照間島(はてるまじま)の黒糖と地元の足柄紅茶(あしがらこうちゃ)を使った「黒糖タイガーミルクティー」(税込550円)や、足柄産のマロンペーストを使った「マロンミルク」など、5種類を提供。もちもちとしたタピオカと、黒糖またはマロンの組み合わせは絶品です。

百々茶 MOMOCHA
箱根 / カフェ・喫茶店
住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本705 まんじゅう屋 菜の花2階地図で見る
電話:0460-85-7737(まんじゅう屋 菜の花)

箱根を代表する老舗和菓子店がプロデュースしたカフェ「茶のちもと」

  • 写真:旅田サトシ茶のちもと

箱根を代表する老舗和菓子店「ちもと」に併設する和カフェ「茶のちもと」。定番の湯もちをはじめとした和菓子のほか、かき氷おしることいった季節限定のお菓子を味わえます。

  • 写真:旅田サトシお花見日和(税込950円)

やはり人気は定番の、白玉粉を練り上げた餅に羊羹が入った「湯もち」や、鈴の形をした「八里」(お茶のセット・各税込800円)といった創作和菓子。このほかにも、寒天と羊羹に煎茶のシロップをかけたものとお花見団子がセットになったスイーツ「お花見日和」など、季節のスイーツも味わえます。抹茶または煎茶と一緒に味わってみましょう。

茶のちもと
箱根 / カフェ・喫茶店 / 抹茶 / かき氷 / インスタ映え
住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本690地図で見る
電話:(0460)85-5632
Web:http://chanochimoto.com/

箱根ゆかりの偉人のイラストに注目!ティラミススイーツ専門店「箱根てゑらみす」

  • 写真:旅田サトシ箱根てゑらみす

箱根湯本駅前商店街にある「箱根てゑらみす(テラミス)」。2020年6月にオープンしたばかりのティラミススイーツ専門店で、ティラミスやソフトクリームを販売しています。

提供する「ティラミス」には、箱根の麓にある「そうけい珈琲」で焙煎されたコーヒー豆を丁寧に抽出したエスプレッソと北海道産のマスカルポーネを使っていて、「プレーン」(税込420円)や抹茶(税込450円)、イチゴ(税込450円)、ブランデー(税込500円)の4種類。滑らかな食感も魅力です。

  • 写真:旅田サトシ

ボトルには、1万円札でおなじみの福沢諭吉(ふくざわゆきち)をはじめ、「近代日本経済の父」と呼ばれている渋沢栄一(しぶさわえいいち)、三井財閥を支えた益田孝(ますだたかし)といった箱根にゆかりのある著名人が描かれています。

またパッケージのデザインは、光を放つランタンをイメージしており、見た目が写真映えしそうで、TwitterやInstagramといったSNSへのシェアにおすすめですよ♪

  • 写真:旅田サトシティラミスソフト(税込500円)

ソフトクリームのメニューも充実しており、ほんのりマスカルポーネのきいた「ミルクマスカルポーネソフト」(税込400円)やエスプレッソソフト(税込400円)のほか、ココア風味でまるでティラミスそのもののような「ティラミスソフト」も提供。散策でひと息つきたい方は、ぜひ味わってみましょう。

箱根てゑらみす
箱根 / スイーツ / インスタ映え / ソフトクリーム / 食べ歩き
住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本706-1地図で見る
電話:0460-85-5893
Web:https://www.hakone-teramisu.com/

16:00 旅の締めくくりに箱根湯本駅周辺でお土産を買おう!

九頭竜神社にちなんだスイーツが買える「箱根縁結び 福久や九頭龍餅」

  • 写真:旅田サトシ箱根縁結び 福久や 九頭竜餅

箱根の旅もいよいよ締めくくりへ。観光の思い出にお土産を買いましょう。箱根湯本駅から5分ほど歩いたところにある「箱根縁結び 福久や(ふくや) 九頭龍餅(くずりゅうもち)」。素材にこだわった和菓子や洋菓子を取り扱っています。また店内には、イートインスペースや足湯もあり、散策でひと息つきたい方にもおすすめです。

  • 写真:旅田サトシ九頭竜餅(1個・税込140円~)

おすすめのお菓子「九頭龍餅」は、芦ノ湖畔にある「九頭龍神社」の伝説にちなんだお菓子。ひよくもちを使った生地につぶあんが入っており、しっとり感ある生地とあんこの上品な甘さの組み合わせが楽しめます。

  • 写真:旅田サトシ焼きモンブラン(1個・税込330円~)

また渋皮栗を使った「焼きモンブラン」もおすすめ。「パート・フィロ」と呼ばれるフランス製の薄皮の生地を使っており、パリパリとした食感と栗の濃厚な風味を堪能できます。

箱根縁結び 福久や 九頭龍餅
箱根 / 足湯・手湯 / スイーツ
住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本729地図で見る
電話:0460-85-8818

銘菓「湯もち」に注目!箱根を代表する老舗和菓子店「ちもと」

  • 写真:旅田サトシちもと 駅前通り店

昭和25年(1950年)に創業した老舗和菓子店「ちもと」。素材本来の力だけで作った創作和菓子を販売しており、地元の方はもちろん、観光客にも人気を集めています。

  • 写真:旅田サトシ湯もち(1個・税込248円~)

おすすめは「湯もち」。餅の中に細かく刻んだ羊羹が入っており、もっちりとした食感の中に、柚子のほのかな香りと羊羹の上品な甘さを感じられます。この他にも、鈴の形をした「八里」(1房3個入り・税込290円)や、「わらび餅」(6個・税込1,740円~)なども販売しています。

ちもと 駅前通り店
箱根 / 和菓子 / 和菓子店
住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本690地図で見る
電話:0460-85-5632
Web:https://yumochi.com/

思わず病みつきになるラスクの人気店「グランリヴィエール箱根」

  • 写真:旅田サトシグランリヴィエール箱根

仙石原に本店を構えるラスクのお店「グランリヴィエール箱根」。小麦粉を独自にブレンドした専用のパンを使ったラスクを販売しており、観光客を中心に人気を集めています。

  • 写真:旅田サトシ箱根ラスク(1袋×8枚入り 税込510円)

人気の「箱根ラスク」は、定番のプレーンをはじめ、メープルアールグレイキャラメル・アマンド(8枚入り・税込560円)など、10種類以上。サクサクとした心地よい食感と多彩なフレーバーが魅力です。

  • 写真:旅田サトシはちみつチーズタルト(1個・税込250円)

また湯本店限定の「はちみつチーズタルト」もおすすめ。サックリとしたのタルト生地の中には、はちみつを加えたトロトロのチーズが入っていて、口の中でチーズとはちみつの豊かな味わいが広がります。

グランリヴィエール箱根 湯本店
箱根 / スイーツ
住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本704地図で見る
電話:0120-396-852
Web:https://www.hakonerusk.com/

箱根にちなんだかわいい雑貨が買える「季節の雑貨 折折」

  • 写真:旅田サトシ季節の雑貨 折折

箱根湯本駅前商店街から少し歩いたところにある「季節の雑貨 折折(おりおり)」。布製品や生活雑貨、アクセサリーなど、箱根をモチーフにしたアイテムを豊富に取り揃えています。

  • 写真:旅田サトシ

店内では、芦ノ湖や大涌谷から見える富士山をモチーフにした巾着袋(小・税込330円~)や、温泉まんじゅうを描いたブックカバー(税込1,450円)、オリジナルキャラクター「箱ねこ」の絵柄を描いた「竹しおり」(1枚・各330円)など、かわいいアイテムが手に入ります。

季節の雑貨 折折
箱根 / 雑貨
住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本694地図で見る
電話:0460-85-5798
Web:https://hakoneoriori.stores.jp/

気軽に「揚げかまぼこ」が味わえるかまぼこのお店「籠清」

  • 写真:旅田サトシ籠清 箱根湯本みつき店

箱根に隣接する城下町で、かまぼこの町としても有名な小田原(おだわら)。その中でかまぼこをはじめとした練り製品を取り扱っているお店が「籠清(かごせい)」です。創業200年以上の歴史を誇る老舗で、かまぼこを販売しているほか、テイクアウトで「揚げかまぼこ」や魚のすり身を使ったコロッケも味わえます。

  • 写真:旅田サトシいわし棒(1個・税込280円)

テイクアウトグルメでは、いわしのすり身で作った「いわし棒」やトウモロコシを使った「もろこし棒」(税込250円)、「籠てまり えび」(1個・税込280円)など、5種類以上の揚げかまぼこを提供。ビールとの相性も抜群ですよ♪

  • 写真:旅田サトシ

またお土産にピッタリなかまぼこ揚げ物焼き物なども取り揃えています。小鰤(こぶり)の小田原揚げ(5枚入り・税込594円)や、小田原漁港でとれた鰤を使った「ブリの煮つけ」(1枚・税込594円)、「小あじの南蛮漬け」(税込594円)など、地元の魚介類を使ったグルメをお家で堪能できるので、ぜひ試してみては。

籠清 箱根湯本みつき店
箱根 / その他グルメ / 食べ歩き
住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本702地図で見る
電話:0460-83-8411
Web:http://www.kagosei.co.jp/

焼き立ての洋風まんじゅうが味わえる「菊川商店」

  • 写真:旅田サトシ菊川商店

箱根湯本駅前商店街沿いにある「菊川商店(きくがわしょうてん)」。温泉まんじゅうをはじめ、漬物や箱根寄木細工(はこねよせぎざいく)を使った雑貨などを販売しています。

  • 写真:旅田サトシカステラ焼 箱根まんじゅう(1個・税込70円~)

注目の一品は「カステラ焼き 箱根まんじゅう」。カステラ生地に白あんを入れて焼き上げており、しっとりとした生地とほどよい甘さがたまりません。できたてはもちろん、10個入り(税込1,080円~)からも販売しているので、ぜひお土産に買ってみては。

菊川商店
箱根 / 和菓子 / 食べ歩き / インスタ映え / 和菓子店
住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本706 菊川商店地図で見る
電話:0460-85-5036
Web:http://www.hakoneyumoto.com/shopping/1

17:00 箱根湯本駅からそれぞれの目的地へ

  • 写真:旅田サトシ

お土産を買ったところで箱根湯本駅に戻って、それぞれの帰路へ。ここで箱根の旅は締めくくりを迎えます。

この記事を書いたトラベルライターからひと言

  • 写真:旅田サトシ大涌谷から見える富士山

約9年ぶりに箱根を隅々まで散策しましたが、温泉はもちろん、自然やグルメなど、初めて訪れる方でも十分観光を楽しめると思いました。特に注目したいのは、富士山が見えるスポット。大涌谷をはじめ、箱根ロープウェイや芦ノ湖から天気が良ければ、雪化粧した富士山を眺められます。ぜひ箱根で富士山の絶景と温泉、グルメを楽しんでみてくださいね。(サトホーク)

次のページを読む

箱根の旅行予約はこちら


箱根のパッケージツアー(新幹線・飛行機付宿泊プラン)を探す

箱根のホテルを探す

箱根の航空券を探す

(羽田空港)

箱根の現地アクティビティを探す

箱根のレンタカーを探す

箱根の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【2024】温泉街が有名な人気温泉地TOP18!旅行者が行っている温泉街・温泉地ランキング

有馬温泉や下呂温泉、草津温泉など、全国各地にある散策が楽しい温泉街が有名な温泉地を、トリップノートの9万2千人を超える旅行好きトラベラー会員(2024年1月現在...


日本のおすすめパワースポット24選!全国の最強パワースポット特集

日本の総氏神のように信仰される天照大御神をお祀りする伊勢神宮や、”願いが叶うパワースポット”として有名な来宮神社、全体が最強パワースポットと言われる皇居など、日...

【神奈川】自然に癒される!景色のいいおすすめカフェ15選

標高約700mにある絶景カフェ「茶寮 石尊」や、芦ノ湖のほとりにある「ベーカリーアンドテーブル箱根」、七里ヶ浜を望む「パシフィック・ドライブイン」など、自然の風...

9月の国内おすすめ旅行先19選!連休に行きたい観光地特集

ようやく暑さもおさまる9月。彼岸花やコスモスなどの秋の花が咲き、早いところでは紅葉も見頃を迎えます。9月の連休にもおすすめの国内旅行先をご紹介します。

【2023年版】全国の人気神社・お寺TOP52!旅行好きが訪れた寺社ランキング

2023年の1年間にトリップノートのトラベラー会員が登録した「行ったスポット」のデータを元に、トラベラーのみなさんが実際に訪れた国内の寺社ランキング【2023年...

この記事を書いたトラベルライター

日本の魅力を発信する旅男(タビオ)!
<★実績★>
☆トラベルライターアワード 2020年・年間☆
「国内記事部門 アクセストップ賞」受賞
☆トラベルライターアワード 2018年・年間☆
「国内記事部門 SNSシェアトップ賞」受賞
☆トラベルライターアワード 2017年上半期☆
「編集部特別賞」受賞

「サトホーク」から「旅田サトシ」に改名しました。

旅とグルメが大好きなフリーライターです。2013年から旅行会社で約2年間販売業務をした後、広告会社で大手旅行会社の旅行商品パンフレットを中心とした約7か月間の編集職の経験を経て、現在は旅行やグルメの記事を中心に執筆活動を行っています。

日本国内を中心に有名な観光スポットから穴場スポットまで、月に1回、日帰りを含めて旅行に出かけており、四季の風景や観光施設、グルメまでおすすめポイントと散策の楽しみ方等をご紹介しています。
多くの皆さまに行ってみたいと感じていただける記事を執筆したいと考えています。
また取材依頼も待っています。Facebookまたはinstagramからメッセージを送っていただけると幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。
https://310cchi-sanpo.hatenablog.com/

東京のブルックリン!蔵前で行きたい散策スポット・お店20選

東京を代表する下町・浅草の近くにある蔵前。駅近くには隅田川が流れていて、カフェや雑貨店など、倉庫をリノベーションしたおしゃれな建物がある点がニューヨーク・ブルッ...


【岡山】おすそ分けしたい!倉敷美観地区で買えるお土産のお店10選

風情のある白壁の街並み・倉敷美観地区周辺の観光やグルメを楽しんだ後は、お土産を買うだけ!でも、スイーツや雑貨など、いろんなお店が集まっていてどこで買おうか迷っち...


箱根の玄関口・箱根湯本を散策しよう!おすすめスポット・お店15選

新宿駅から小田急線の特急ロマンスカーで、東京駅からJRと箱根登山鉄道に乗って約1時間30分のところにある「箱根湯本」。大涌谷や芦ノ湖、仙石原といった箱根で人気の...

【長野】善光寺参りとあわせて行きたい!おすすめのお店10選

長野県を代表する古刹(こさつ)・善光寺。全国から年間約600万人の参拝者が訪れていますが、善光寺周辺には絶品グルメを味わえるお店やおしゃれなカフェ、さらにお土産...

【京都】清水寺周辺で観光&グルメを満喫♪おすすめスポット20選

京都を代表する観光スポットのひとつ「清水寺」。清水の舞台からの絶景をはじめ、周辺には歴史ある社寺やSNS映えしそうなグルメが味わえるお店まで見どころが満載!今回...

トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります