浜松・浜名湖
浜松・浜名湖観光
浜名湖うなぎや浜松餃子のご当地グルメも

【静岡】古い駅舎をリノベーション!世界で一つのスローライフが始まる駅「都田」徹底ガイド!

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:26都道府県

2018年12月7日更新

483view

お気に入り

写真:あやか

静岡県掛川市の掛川駅から湖西市の新所原駅までを繋ぐローカル線「天浜線」。この天浜線の沿線にあるのが「都田駅」です。もともと木造で、殺風景の無人駅だった都田ですが、2015年5月、待合室と一体化した北欧風のカフェにリノベーションされました。今回はそんな生まれ変わった都田駅の魅力をたっぷりとご紹介します。

この記事の目次表示

自然豊かな都田地区

静岡県浜松市の北部に位置するのが、都田(みやこだ)地区です。都田は、果物栽培の盛んな地区でぶどうや梨、みかんなどが収穫されています。特にこれらの果物の花が咲く春は、甘い香りと美しい風景を天浜線の車窓から楽しむことができます。

  • 写真:あやか都田駅からの長閑な風景

北欧の世界を感じられる「都田駅」とは?

木造で殺風景の無人駅だった天浜線「都田駅」は2015年5月、待合室と一体化したMIYAKODA駅cafeにリノベーションされ、古い駅舎の魅力をそのままに新たに生まれ変わりました。

  • 写真:あやか都田駅の看板

リノベーションした駅とコラボレーションをしたのは、フィンランドのファブリックブランド「マリメッコ」。ワークショップで作成された200枚以上のファブリックパネルや、北欧の生地を使用したハンドメイド作品が飾られるなど、通常の駅舎のイメージを超えたアートな空間となっており、日本にいながら北欧の世界を感じることができます。

  • 写真:あやか駅入口のファブリックパネル

2015年には、日本デザイン振興会が主催するグッドデザイン賞を受賞しました。


「MIYAKODA駅cafe」誕生の背景とコンセプト

地域住民の思いから誕生したカフェ

「地域住民が集まれる場所が欲しい」という声を受け待合室と一体化した駅カフェとして2015年5月、リニューアルオープンをしました。

  • 写真:あやか待合室 木製のシャンデリア

その言葉通り、地域住民に開かれた場所として、コンサートや様々な作品の展示会などが定期的に行われています。

また、都田の自然を自転車で楽しむサイクリストの集合場所としても知られており、有料ではありますが、シャワー施設も併設しています。都田駅は、駅舎やカフェの概念を超え、地域住民の憩いの場はもちろんのこと、観光地としても注目を浴びています。

コンセプトは「スローライフ」

駅カフェの看板に「世界で一つのスローライフが始まる駅」と書かれていますが、これは、北欧流スローライフをコンセプトにしているから。

  • 写真:あやか駅カフェ入口 世界で一つのスローライフが始まる駅「都田」

北欧の様々なデザインとコラボレーションをしているから、「スローライフ」なのではと思った人も多いのではないでしょうか。実はそれ以外にも大きなポイントがあるのです。

その答えは電力です。

フィンランドを始めとする北欧諸国では、グリーン電力(風力、太陽光などの自然エネルギーにより発電された電力)という再生可能エネルギーを積極的に採用しています。そして実はこの駅カフェでも、CO2の排出をゼロにする取り組みとしてグリーン電力を採用しています。

この取り組みは、2015年に、環境省が毎年発表している、カーボンオフセット大賞優秀賞を受賞しました。電力までこだわるという徹底ぶりに驚くばかりですね。

「MIYAKODA駅cafe」のおすすめポイント4選!

駅カフェの誕生の背景やコンセプトがよく分かったところで、今度はとっても可愛らしい駅カフェのおすすめポイントを紹介します。これを読めばますます行きたくなってしまうこと間違いなしです!

【その1】お洒落な店内

駅カフェのおすすめポイント1つ目は、お洒落な店内であるということ。

沢山のファブリックパネルがありとあらゆるところに飾られています。

  • 写真:あやかファブリックパネルが多数飾られた店内の様子

そして、テーブルも可愛らしいマリメッコ仕様なのです。

  • 写真:あやかマリメッコのテーブル

また、木製の家具やヴィンテージの小物、自転車など、マリメッコ以外のインテリアにも力を入れており、訪れた人々がホッとするような空間となっています。

  • 写真:あやか木製の家具やスローライフに関する本、都田地区のパンフレットが並んでいる!
  • 写真:あやかちょっとしたところにもマリメッコが!

【その2】シンプルだけど、こだわったメニュー

駅カフェのおすすめポイント2つ目は、シンプルだけど、こだわったメニュー

ランチやディナーの営業はしておらずメニューも少なめですが、一つ一つにこだわりをもっています。コーヒーはサイフォン式(気圧の変化を利用して湯を移動させコーヒーを抽出する器具を使った抽出法)、クッキーは天竜区にある「森の中の菓子工房ミココリエ」のものを、そして暑い日にとても有難い炭酸飲料などがあります。

取材日はとても暑かったこともあり、ピンクグレープフルーツの炭酸を注文。このようにマリメッコのプレートで運んでくれます。

  • 写真:あやかピンクグレープフルーツジュース(税込450円)/マリメッコで提供されます

見た目もとても可愛らしいですね!

次のページを読む

浜松・浜名湖の旅行予約はこちら

浜松・浜名湖のパッケージツアーを探す

(浜名湖・舘山寺・弁天島)

(浜松)

浜松・浜名湖のホテルを探す

浜松・浜名湖の航空券を探す

浜松・浜名湖の現地アクティビティを探す

浜松・浜名湖のレンタカーを探す

浜松・浜名湖の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年11月5日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

【2019】静岡のおすすめ観光スポット29選!ご当地グルメの有名店も!

富士山のお膝元・静岡県。富士山の絶景スポットはもちろん、伊豆や修善寺、熱海と温泉地も多く人気の観光地です。静岡旅行で訪れたい定番観光スポットと、ご当地グルメの富...

全国のおすすめ花畑85選!一面に絶景が広がる花の名所ガイド

チューリップにバラ、ひまわりに菜の花など、季節ごとにカラフルな花畑が広がる、全国のおすすめの花の名所をご紹介!カメラ片手に、全国の花の絶景を見に出かけませんか?


静岡県は絶景の宝庫だった!感動に出会えるスポット15選

静岡県といえば富士山、そして温泉が人気ですが、絶景スポットを巡る旅もぜひ旅行プランに入れたくなるほど、絶景に恵まれているんです。雄大な富士山を望む絶景はもちろん...

静岡県浜松市都田町にある北欧タウン【ドロフィーズキャンパス】徹底ガイド!

長閑な風景を堪能できる町、静岡県浜松市都田町。都田では、町おこしの一環として地元に根ざした株式会社都田建設が長年にわたって築き上げた北欧タウンがあります。その名...


浜名湖で泳ぐ!遊ぶ!新居弁天海水浴場・海湖館【静岡】

静岡県の浜名湖は、湖ですが泳げることをご存知ですか?いくつかの海水浴場がありますが、その中でもこの記事では、湖西市にある新居弁天海水浴場と、隣接する体験施設で食...

この記事を書いたトラベルライター

旅する歴女
学生時代は日本史を専攻。ごく普通の会社員勤務を経て、現在は「博物館や歴史に関わるお仕事」をしながら、カメラ片手に大好きな旅を続けています。

韓国や北欧の文化・歴史に興味あり。韓国語をマイペースに勉強中です。

【旅の主なキーワード】
博物館、美術館、水族館、歴史、城、アート、カフェ、海、島、温泉、絶景、自然など

【訪問エリア】
海外:韓国、フィンランド、スウェーデン、グアム
国内:26/47

取材依頼もお待ちしております!

【福岡】インスタ映え抜群!糸島のおすすめ観光スポット6選

福岡県の最西部に位置する糸島市。福岡市の中心部から車で約40分という距離にありながら、玄界灘に面した糸島半島は、美しい海岸線と豊かな自然が広がっています。そんな...

1日で満喫できる!尾道・しまなみ海道【生口島】のおすすめ観光プラン

しまなみ海道は、広島県尾道市と愛媛県今治市を繋ぐ全長約60キロメートルに及ぶ西瀬戸自動車道の愛称です。瀬戸内海にある6つの島を9本の橋で結び、美しい景観やグルメ...


金沢に行ったら絶対飲みたい!食べたい!買いたい!おすすめ10選

2015年、東京~金沢間の北陸新幹線が開通して以来、ますますアクセスが便利となり、観光地として人気を集めている石川県金沢市。兼六園や金沢21世紀美術館など金沢市...

鎌倉女子旅で行きたいおすすめの観光スポット&グルメ7選

神奈川県の三浦半島西側の付け根に位置する鎌倉市。神社仏閣などの多くの歴史的遺産があり、海、山などの豊かな自然環境に恵まれた鎌倉は、神奈川県の定番の観光地として国...


【グアム】フォトジェニックな旅で行くならここで決まり!おすすめスポット7選

日本から約3時間半で行けてしまう、リゾート地グアム。週末やGW、夏休み、卒業旅行などで初めての海外旅行先として選ぶ方も多いのではないでしょうか?そんな日本から近...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?