広島市
広島市観光
路面電車が走る中国地方最大の都市

広島市の定番・観光スポットならココ!15選

2018年9月7日更新

769view

お気に入り

1996年12月に世界遺産に登録された原爆ドームをはじめ、平和について考える機会を与えてくれる広島市。この記事では、広島市を観光する際に訪れたい定番のスポットと、広島風お好み焼きなど広島グルメの有名店をあわせてご紹介しています。

この記事の目次表示

【1】平和記念公園

広島平和記念資料館をはじめ世界平和を願う施設が集まる

元安川と本川に挟まれたとても広い三角地帯にあり、世界の恒久平和を願ってつくられた公園です。

園内には原爆ドームをはじめとする施設や、魂のために建てられた原爆死没者慰霊碑などのモニュメントと、世界平和を願うスポットが点在し、公園内を回るだけなら30分~1時間、広島平和記念資料館の見学を含めると3時間程かかります。

平和記念公園
広島市 / 公園・動植物園 / 観光名所
住所:広島県広島市中区中島町1
電話:082-504-2390
Web:http://www.hiroshima-navi.or.jp/sightseeing/shizen...

【2】お好み村

広島で好み焼きを食べるならココに来れば間違いない!

広島市の繁華街「新天地」にあり、建物の2階から4階にかけて24軒のお好み焼き屋さんが集まっている、まるでお好み焼きのテーマパーク。目の前で焼かれるお好み焼きの音を鉄板カウンターで聞いて、お好み村でしか体験できない臨場感を楽しみたい。

お好み村
広島市 / 和食
住所:広島県広島市中区新天地5-13 新天地プラザビル2~4階
電話:082-241-2210
Web:http://www.okonomimura.jp/

【3】縮景園

池の周りを歩きながら景色を楽しもう

広島藩の初代藩主・浅野長晟(あさのながあきら)が、元和6年(1620年)に別邸の庭園として築成。作庭者は茶人として知られる家老の上田宗箇です。

中国の「西湖」を模してつくられたと言われており、濯纓池(たくえいち)の周りに山や橋、茶室などを配した回遊式庭園です。入口付近には「泉水亭」があり、お抹茶のセットやぜんざい、おにぎりなどがいただけます。

縮景園
広島市 / 公園・動植物園
住所:広島県広島市中区上幟町2-11
電話:082-221-3620
Web:http://shukkeien.jp/

【4】おりづるタワー

  • おりづるタワーからの眺望

最上階は平和記念公園を見渡す展望スポット

2016年9月に原爆ドームの隣にオープンした展望スポット。13階にある展望台「ひろしまの丘」はスギやヒノキなどでできており、平和記念公園をはじめとした広島市内の街並みや、天気が良ければ宮島の弥山(みせん)を眺められます。

そのほか折り鶴の作成や投函ができるスポットや物産館、カフェを併設。

おりづるタワー
広島市 / 展望・景観 / お土産 / 観光名所
住所:広島県広島市中区大手町1丁目2番1号
電話:082-569-6203
Web:http://www.orizurutower.jp/

【5】広島城

天守閣からは広島市随一の眺望を楽しめます

名古屋城、岡山城とならぶ”日本三大平城”のひとつ。安土桃山時代に広島を治めた戦国大名の毛利輝元によって築城され、別名「鯉城(りじょう)」と呼ばれています。

昭和6年に天守閣が国宝に指定されるも原爆で全壊。その後復元を繰り返し、現在の美しい姿となりました。

天守閣内は歴史博物館となっており、最上階からは広島市内の街並みを眺めることができます。また夜にはライトアップが行われ、幻想的な姿で楽しませてくれます。

広島城
広島市 / 建造物 / 観光名所
住所:広島県広島市中区基町2-1
電話:082-221-7512
Web:http://www.rijo-castle.jp/RIJO_HP/contents/01_home...

【6】原爆ドーム

原爆投下の悲惨さを伝え、恒久平和を訴える広島の象徴

核兵器による惨状をそのままの形で伝える世界で唯一の建造物であることや、核兵器廃絶と恒久平和の大切さを訴える、他に例をみない平和記念碑であることより、1996年12月に世界遺産に登録されました。

「二度と同じような悲劇が起こらないように」との戒めや願いをこめ「負の世界遺産」と呼ばれています。

原爆ドーム
広島市 / 観光名所
住所:広島県広島市中区大手町1−10
電話:082-242-7831
Web:http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/dome/index.htm...

【7】Mazda Zoom-Zoom スタジアム広島

広島東洋カープのホームスタジアム

広島駅から歩いて10分ほどの場所にある、広島東洋カープのホームスタジアム。迫力満点の「砂かぶり席」や、寝ころんで観戦できる「寝ソベリア」などユニークな観覧席が話題で、試合前には練習風景を見ることもできます。試合がない日やオフシーズンでも、土日を中心に球場内のコンコースを開放しています。

Mazda Zoom-Zoom スタジアム広島
広島市 / アウトドア・スポーツ
住所:広島県広島市南区南蟹屋2丁目3−1
電話:082-568-2777
Web:http://www.mazdastadium.jp/

【8】広島平和記念資料館

核兵器の脅威と平和の尊さを学ぶためにぜひ訪れたい

平和記念公園内にある、広島に投下された原爆に関する資料を展示する資料館。廃墟と化した市街の模型や写真、8時15分を指して止まった時計、黒ずんで残る人影の石、白壁に残る油を含んだ黒い雨の後など、生々しい歴史の証拠が展示されています。

原爆の仕組みや熱線、爆風、放射線による被害状況も解説されており、核兵器の脅威と平和の尊さを学べます。

広島平和記念資料館
広島市 / 博物館・美術館 / 観光名所
住所:広島市中区中島町1-2
電話:082-241-4004
Web:http://www.pcf.city.hiroshima.jp/

【9】中華そば くにまつ

女性も多く訪れる”汁なし担担麺”の人気店

近年注目を集める広島グルメ”汁なし担担麺”の人気店。辛さはZEROから4倍までの5段階で選ぶことができるほか、激辛汁なし担々麺のKUNIMAXもありバリエーションが充実しています。おすすめは2辛とのこと。山椒の辛さとまろやかな味噌ごまタレが絡み女性にも人気です。お昼時は行列を覚悟して訪れてくださいね。

中華そば くにまつ
広島市 / 中華料理
住所:広島県広島市中区八丁堀8−10
電話:082-222-5022

【10】平和の灯

地球上から核兵器がなくなる日まで燃え続ける灯

平和の池の北端にある、昭和39年(1964年)8月1日に点火された「平和の灯」。水を求めてやまなかった犠牲者を慰めるとともに、地球上からの核兵器の廃絶と世界恒久平和を求め点火されました。灯の台座は、核廃絶を願って両手首をあわせ、手のひらを空に向かって広げるような形をイメージしたもの。

平和の灯
広島市 / 観光名所
住所:広島県広島市中区中島町1

次のページを読む

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年6月20日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

あなたが旅するキッカケと、あなたの旅のコンシェルジュに。
旅行好きなメンバー数名で、この tripnote[トリップノート] を運営しています。日帰りのお出かけから、長期の海外旅行まで、もっとたくさんの人たちに旅をしてほしい!そんな想いから、少しでもみなさんに役に立つ旅情報を発信していきたいと思っています。
https://tripnote.jp

6月・7月・8月の夏旅におすすめの国内旅先23選!夏休みの旅行先にも

夏(6月・7月・8月)の時期ならではの見どころが揃ったおすすめの国内旅行先を、月ごとにご紹介します!夏休みやお盆休みなどの家族旅行や、カップルでのお出かけにもぴ...

シンガポール旅行の人気お土産「アーユルベーダ石鹸」徹底ガイド

シンガポールのお土産として、女性に大人気なアーユルベーダ石鹸(せっけん)。アーユルヴェーダというインドの伝統医学をもとに作られている100%植物性の石鹸で、お肌...


秋の旅行に!9月・10月・11月の秋旅におすすめな国内旅先16選

9月、10月、11月の秋の時期におすすめの国内旅行先を、月ごとにご紹介します!家族で、カップルでのお出かけが楽しい秋。紅葉はもちろん、この時期ならではの美しい景...

女性に喜ばれる!女子向けにおすすめのシンガポールお土産7選

シンガポールで女性ウケするお土産選びに悩んだら必見!バラまき土産としても便利なアーユルヴェーダ石鹸やリップなどの手頃なコスメ系から、上質な紅茶にスイーツまで、女...


間違いない!サンフランシスコのおすすめお土産12選

旅行の楽しみのひとつで、悩みの種でもある「お土産」。旅行中にお土産を探す時間があまりない方や「もう明日帰国!!」という方でも迷わず購入できる、サンフランシスコの...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?