茨城
茨城観光
史跡や自然景勝地が豊富な、国内一のメロン生産地

超穴場!茨城県フラワーパーク・イルミネーションの7つの楽しみ方

取材・写真・文:

茨城在住
訪問エリア:44都道府県

2019年12月2日更新

461view

お気に入り

写真:菊地早秋

茨城県フラワーパークで毎年冬に開催されるイルミネーションの雰囲気とレストランをご紹介。これまでイルミネーションに興味がなかったという方でも「ナチュラルで美しい!」と感じられるような、上品な光の演出が特徴です。人が少なくゆったりマイペースに見学できる、まさに穴場なスポットでの7つの楽しみ方を紹介します。

この記事の目次表示

フラワーパークはどんな場所?

花と緑の公園

茨城県フラワーパークとは、約30ヘクタールもある広大な公園です。敷地内にはたくさんの花園があり、バラ、ボタン、シャガ、紫陽花、やまゆり、ダリア、フクジュソウなどが数千~数万株も植えられています。

  • 写真:菊地早秋30ヘクタールもある自然公園

また、ロマンチックな鐘のオブジェが備えられていることから、別名「恋人の聖地」とも呼ばれているのだとか。家族連れはもちろん、カップルでの散策も楽しめる空間となっています。

  • 写真:菊地早秋恋人の聖地とも呼ばれている

所要時間は過ごし方によりますが、1時間半~3時間程度あれば十分楽しめます。

イルミネーションアワードに入選した技術を持つ

フラワーパークでは、毎年冬11月~1月にかけてイルミネーションを行っています。2019年のスケジュールは公式ホームページをご覧下さい。

フラワーパークは全国的に知名度こそ高くないものの、そのイルミネーションの専門性と技術性の高い光の演出が評価されています。

  • 写真:菊地早秋イルミネーションの専門性と技術力が評価されている

実際、2019年11月には「第七回イルミネーションアワード」(一般社団法人夜景観光コンベンション・ビューロー主催)にて、プロフェッショナルパフォーマンス部門第9位を獲得しています。こちらは、全国に存在する約5,542名もの夜景鑑定士に対するアンケート調査によってランキングを決定しているようです。

  • 写真:菊地早秋全国の約5,542名の夜景鑑定士がランキング付け

それではさっそく以下より、イルミネーションシーズンの敷地内での楽しみ方を7つに分けて、ご紹介していきます!

【1】屋外イルミネーションを散策

園内入ってすぐに、光のカーペットが現れます。上品な色使いで、園内が優しい光に包まれています。

  • 写真:菊地早秋光のカーペット

場所によっては大人っぽい演出を見ることもできます。オーロラをイメージしたというイルミネーションは幻想的です。水の流れを感じる場所もあります。

  • 写真:菊地早秋オーロラがイメージされている
  • 写真:菊地早秋水を思わせる演出

光のトンネルはぜひ通ってみたいポイントです。

  • 写真:菊地早秋光のトンネル

【2】屋内イルミネーションを見学

普段は展示温室として利用されている場所でも、イルミネーションが行われています。茨城のモチーフである筑波山を模したデザインなどが見られます。

  • 写真:菊地早秋屋内イルミ

屋外での散策が寒くなってきた頃に、入ってみるといいかもしれません。お洒落な椅子の用意もあります。

  • 写真:菊地早秋こちらでは写真撮影も

【3】催し物に参加する

屋内イルミネーションと同じ場所で、時間帯によってはコンサートを無料で聴くことができます。筆者が訪問した際は、ケーナなどの伝統楽器を使った生演奏が行われていました。

  • 写真:菊地早秋伝統楽器を使用した生演奏

補足ですが、こちらは不定期で行っているもので、毎回見られるものではないようです。催し物が気になる方は、事前にお問合せして確認しておくと安心です。

【4】フォトスポットで写真撮影

訪問記念をばっちり撮影されたい方は、フラワーパークの看板がセットされたフォトスポットがありますので、そちらがおすすめです。

  • 写真:菊地早秋訪問記念にぴったり

フラワーパークのシンボルである鐘も華やかでおすすめです。鐘は実際につけるようになっていますので、鳴らしてみて下さい。

  • 写真:菊地早秋フラワーパークの目玉

次のページを読む

茨城の旅行予約はこちら

茨城のパッケージツアーを探す

茨城のホテルを探す

茨城の航空券を探す

茨城の現地アクティビティを探す

茨城のレンタカーを探す

茨城の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年11月30日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【2020】11月の国内おすすめ旅行先28選!秋を満喫できる観光地特集

11月は各地で紅葉が見頃のピークを迎え、夜のライトアップが楽しめるほか、イルミネーションイベントも全国で始まる時期。11月の連休や週末におすすめの国内旅行先をご...


冬の国内旅行におすすめの観光地36選!冬ならではの旅行を楽しもう

雪の季節にしか見られない絶景や冬空に映えるライトアップなど、寒い冬だからこそ楽しめる観光スポットが国内にはたくさんあります!冬の国内旅行におすすめの観光地を厳選...

【2020】12月の国内おすすめ旅行先28選!冬・年末の旅行にぴったりな観光地特集

12月はイルミネーションに雪景色など、全国各地で冬ならではの絶景に出会えるシーズン。雪見温泉も格別な時期です。12月の週末や年末旅行におすすめの国内旅行先をご紹...

関東のデートスポット35選!カップルのお出かけにおすすめ

展望や食事が楽しめる東京スカイツリーや、ライトアップもロマンチックな横浜赤レンガ倉庫、「天空のペンギン」が人気のサンシャイン水族館など、カップルで行きたいデート...

日帰りで楽しむ!関東近郊の女子旅おすすめスポット30選

イギリスのお城を移築した「ロックハート城」や、『ラピュタ』の世界を思わせる「猿島」、ムーミンバレーパークも人気の「メッツァビレッジ」など、東京から日帰りできる、...

この記事を書いたトラベルライター

大自然に魅せられて
ライターの菊地早秋(きくちさき)と申します。1990年生まれ。広い海に囲まれた故郷で育ち、いくつになっても自然を求めて三千里。これまで国内44県、海外はアジア中心に12か国を訪れました。沢山の写真を盛り込んだ作品をお届けします。

【よくある執筆ネタ】
・湧き水/ネイチャースポット
・食文化/地域で頑張る飲食店
・茨城県

【tripnote外の活動】
・H29.07- 足立区浴場組合フリペ「銭湯といえば足立」連載
・H31.03 「人と地球を守るオルタナフード株式会社NoblesseOblige」コラム提供
・R01.06 森林インストラクター「森のシンガーソングライター山田証」歌詞提供
・R02.01- Website「古民家移住の教科書」開設・更新

【Awards】
・H30.10 環境保全茨城県民会議主催「いばらき自然環境フォトコンテスト」部門賞
・H31.01 羽田空港主催「私の旅する日本語2018」大塚製薬賞
・R01.08 tripnote主催「トラベルライターアワード2019年上半期」審査員特別賞
https://linktr.ee/skikuchee

【静岡】本当は広めたくない!柿田川湧水公園の神聖な見どころ5選

富士山に降った雨や雪が数十年の旅を経て、地上に現れる。それが静岡県清水町にある、柿田川湧水公園内の湧き水の正体です。こんこんと湧き出る、透明度の高い洗練された水...


【島根】1日で全部回れる!松江市のおすすめ観光スポット15選&ざっくりタイムスケジュール

島根県松江市街地のおすすめ観光スポットをご紹介します。宍道湖(しんじこ)を中心に栄えている町の魅力がたっぷり!朝から夜まで丸一日かけて、充実の松江観光を楽しんで...


タオルがいっぱい!今治タオル本店でお気に入りの一枚を見つけよう!

皆さんは今治タオルを使ったことはありますか?「今治タオル」とは、愛媛県今治市に集まっている、様々なタオル会社で作られたタオルの「総称ブランド」のこと。今治市は1...

【茨城】100円でサツマイモ詰め放題!蔵出し焼き芋かいつか・かすみがうら本店工場直売所の魅力に迫る

まるでスイートポテトのような、クリーミー感とジューシー感。こんな焼き芋があったんだ!と一口食べれば、誰もが感じる焼き芋を販売しているお店、それが「かいつか」です...

【茨城】陶芸の町!笠間市でおすすめの観光スポット6選

茨城県中部に位置する笠間市。陶芸や陶器の町として知られています。自然に囲まれた環境のなか、思う存分に芸術と触れ合うことができるエリアです。観光には欠かせない食も...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?