茨城
茨城観光
史跡や自然景勝地が豊富な、国内一のメロン生産地

【茨城】わらが珍しい!天狗納豆・本店レビュー&ランチもできる周辺の納豆スポット4選

取材・写真・文:

茨城在住
訪問エリア:45都道府県

2020年2月4日更新

2,297view

お気に入り

写真:Yaguruma

納豆のお土産として自信を持っておすすめしたい「天狗納豆」(笹沼五郎商店・発)。この記事では「天狗納豆」本店の様子、商品説明、味をレビューしています。そのほか本店周辺にある、納豆にまつわるスポットも合わせてご紹介します。

この記事の目次表示

天狗納豆(笹沼五郎商店)とは

水戸駅近くに本店を置く老舗の納豆屋

天狗納豆とは、茨城県にある納豆専門店です。水戸駅から徒歩約10分の場所に本店があります。創業明治22年という驚きの老舗です。ちなみに明治22年は水戸線開通、水戸駅開業の年でもあります。

  • 写真:Yaguruma創業明治22年の老舗納豆屋

社名は株式会社笹沼五郎商店で、天狗納豆とは商標名を指します。初代・笹沼清左衛門が古文書の記述に注目したことから、商品開発が始まったそうです。

天狗納豆の名前は、天狗党に由来しているとされています。天狗党とは、江戸末期に水戸藩で結成された尊王攘夷派のグループです。

わらっと納豆が人気

天狗納豆の目玉商品は「わらっと納豆」です。納豆が、わらに包まれて販売されている商品のことです。

  • 写真:Yagurumaわらに包まれた「わらっと納豆」

高熱蒸気で殺菌されたわらからは、どこか懐かしい香りがただよいます。納豆にもわらの香りが移り、臭みを消してくれています。

後から詳しく紹介しますが、見た目にもインパクトがあるので、お土産におすすめです。また、パック詰めの納豆に比べてグラム数が多いので、たくさん食べる方には嬉しいサイズです。

本店の様子

水戸駅北口を出て右にまがり、ほぼ直進すると到着します。道順は分かりやすいです。緑の天狗納豆の看板が見えてきたらその建物の1階が売店です。店内はこぢんまりしています。

  • 写真:Yaguruma緑の看板が目印
  • 写真:Yaguruma本店外観の様子

店内は大まかに2つのコーナーに分かれています。1つは要冷蔵の納豆コーナー、もう1つは冷蔵不要の乾燥品コーナーです。乾燥品には納豆ふりかけ、納豆煎餅、納豆スナックなどがあります。

  • 写真:Yagurumaスタッフルームの横に要冷蔵品コーナー
  • 写真:Yaguruma窓際に乾燥品コーナー

納豆の種類はとにかくたくさんあります。

  • 写真:Yaguruma種類が豊富

わらに包まれた「わらっと納豆」、カップやパックに入った納豆、茨城県産大豆のみを使用したこだわり納豆、黒大豆を使用した大黒納豆、など選びきれないほどです。

  • 写真:Yagurumaわらが見える

また、加工食品にも注目したいところです。特に「そぼろ納豆」(650円/300g)はおすすめです。そぼろ納豆とは茨城県の郷土料理で、納豆と切り干し大根を混ぜ合わせたうえ、発酵させたというヘルシーな食品です。

  • 写真:Yaguruma茨城県の郷土料理「そぼろ納豆」

販売商品と味の紹介

わらっと納豆

2020年2月時点では、4種類の「わらっと納豆」があります。すべて1束70gと大容量です。赤い紙にくるまれた商品は、3束もしくは5束セットです。見た目のインパクトが大きいので、お土産におすすめです。ただ結構かさばりますので、買いすぎにはご注意を!

  • 写真:Yaguruma(左)5束セット970円(右)3束セット760円

1束の商品もあります。筆者はこちらを買いました。

  • 写真:Yaguruma(左)1束240円(右)国産大豆・1束300円

白いパッケージのものは国産大豆使用のものです。わらを開けるとぎゅっと詰まった納豆が出てきて、いい香りがします。歯ごたえがしっかりしていて、おかずにもぴったりです。

  • 写真:Yaguruma「わらっと納豆」の中身

カップ・パック入納豆

天狗納豆で最もオーソドックスな商品は、天狗の絵が大きく描かれた黄色いカップ入の納豆です。大豆は国産ですので安心して頂けます。

  • 写真:Yaguruma迷ったらまずはこれ(2カップ260円)

こちらはほどよい歯ごたえが感じられる納豆です。カップなので、調味料をそのままカップに入れて混ぜることができ、後処理がラクです。

  • 写真:Yaguruma天狗の絵が可愛い
  • 写真:Yaguruma歯ごたえを楽しめる

黒いパッケージは、黒豆納豆です。水戸黄門様へ献上されたと記録されている黒大豆で作られています。

  • 写真:Yaguruma黒豆納豆パッケージ

こちらの黒豆納豆は、伝統製法を再現しているそうです。粒は大粒、皮がしっかりしていて、粘り気は少ないです。ちょっとクセがある納豆が好きな方におすすめです。

  • 写真:Yaguruma大粒で皮の食感が楽しめる

ほし納豆

ほし納豆とは、納豆を塩漬けにして乾燥させた保存食です。乾燥させているので、粘りはなくパラパラしています。

  • 写真:Yagurumaほし納豆パッケージ(650円/240g)

味はチーズかな?と思うくらいチーズに似ています。納豆の風味はかすかにする程度で、そのままでも美味しく頂けます。

  • 写真:Yagurumaチーズの味にそっくり。見た目はパラパラのお豆。

筆者はご飯にかけたり、おにぎりの具にして食べています。熱湯をかけて柔らかくもどして食べる方法もあります。

公式ホームページ内ではオンラインショッピングも出来るようになっていますので、気になる方はご利用下さい。

  • 写真:Yaguruma店内に飾られていた「天狗納豆」の歴史

ここまで天狗納豆・本店の様子と商品のご紹介をしてきました!以下より本店周辺にある納豆スポットをご紹介していきます。

水戸天狗納豆・株式会社笹沼五郎商店本店
茨城 / 納豆 / 納豆専門店
住所:水戸市三の丸3-4-30地図で見る
電話:029-225-2121
Web:http://www.tengunatto.jp/store/index.html

【周辺納豆スポット1】納豆なんでも展示館

  • 写真:Yaguruma本店2階にある納豆博物館

天狗納豆・本店の2階にある博物館です。1階売店のスタッフさんに声をかければご案内して下さいます。入場無料です。

小さめの会議室に、パネル展示や実物展示がされています。天狗納豆の歴史はもちろん、納豆そのものの起源についても詳しい資料があります。

  • 写真:Yagurumaパネル展示
  • 写真:Yaguruma実物展示

実物展示では、納豆づくりに必要な道具が紹介されています。映像コーナーでは、天狗納豆の製造~販売までの様子を知ることが出来て、安心感が芽生えます。

  • 写真:Yaguruma映像は分かりやすいため視聴おすすめ

全国の納豆マップなど、楽しい展示を見学することができます。所要時間はざっと見れば15分程度です。

【周辺納豆スポット2】納豆料理の店「てんまさ」

  • 写真:Yaguruma地下1階にある納豆料理の店「てんまさ」

天狗納豆・本店から徒歩約5分の場所(地下1階)に、ランチで納豆料理を提供しているお食事処があります。

  • 写真:Yagurumaメニュー表がとにかく納豆!

メニュー表が納豆だらけです。単品メニューもありましたが、筆者は「納豆御膳(1,500円)」を注文しました。

  • 写真:Yaguruma納豆御膳(1,500円)

メインで納豆オムレツが頂けます。ピリッと辛めの味付けで、卵にくるまれた納豆がトロトロです。揚げ物は、納豆大葉揚げです。大葉と大葉の間に納豆がぎっしり詰まっています。

  • 写真:Yagurumaふわふわ卵のなかには納豆!

納豆汁、シラス納豆、いか納豆などほとんどすべてのメニューに納豆が使われていました。

  • 写真:Yaguruma納豆汁
  • 写真:Yagurumaシラス納豆・梅干し入り

納豆好きさんは心ゆくまで楽しむことができる内容となっています。夜は居酒屋なので、ランチ時もお店の雰囲気は居酒屋です。

  • 写真:Yaguruma店内は居酒屋の雰囲気
※近くに同じ店名の居酒屋がありますので、ご注意下さい。ランチで納豆料理を頂けるのは、地下1階にあるてんまさです。
納豆料理の店・てんまさ
茨城 / 和食 / ご当地グルメ・名物料理 / 納豆
住所:茨城県水戸市宮町2-2-31 三友ビル B1F地図で見る
電話:050-5869-7537
Web:https://tabelog.com/ibaraki/A0801/A080101/8000668/...

【周辺納豆スポット3】水戸黄門神社

納豆に直接は関係ありませんが、近辺にある観光スポットでおすすめなのが「水戸黄門神社」です。水戸駅と天狗納豆本店の間にある、小さな神社です。水戸黄門こと徳川光圀生誕の地として知られています。

この水戸黄門様こと徳川光圀は、健康志向だったことで有名です。特に「医食同源」の考え方を実生活に取り入れていたのだとか。その証に、特に発酵食品を好まれたという逸話が残っています。特に黒豆納豆を日本で初めて食べたのは水戸黄門様、とする説もあります。

  • 写真:Yaguruma水戸黄門神社の目印
  • 写真:Yaguruma敷地は小さめ水戸黄門神社

こちらの神社は水戸市指定文化財となっており「義公祠堂(ぎこうしどう)」とも呼ばれています。石碑が建っていて解説が刻まれていたりと、歴史を感じるスポットです。

  • 写真:Yaguruma義公祠堂とも

また余談ですが、水戸駅前には約2.6キロメートルの「水戸学の道(Mitogaku Road)」と呼ばれる道があります。徒歩約2時間の道のりですが、さらに歴史を感じたい方はぜひ参考にして下さい。

  • 写真:Yaguruma水戸駅前の看板
  • 写真:Yaguruma徒歩約2時間かかるそう

【周辺納豆スポット4】天狗納豆・水戸駅ビルエクセル店

  • 写真:Yaguruma水戸駅ビルエクセル店の様子

本店でもっとお土産買っておくんだった!興味があるけど本店まで足を伸ばすことができない!という方向けに、水戸駅内にある天狗納豆の支店をご紹介します。

店舗は水戸駅ビルエクセル(excel)内にあります。小さなスペースで営業されていますが、ラインナップは本店とほぼ変わりません。

水戸天狗納豆・水戸駅ビルエクセル店
茨城 / 納豆 / 納豆専門店
住所:茨城県水戸市宮町1-7-31地図で見る
電話:029-231-3954
Web:https://www.excel-mito.com/shop/index.jsp?bf=1&fmt...

この記事を書いたトラベルライターから一言

  • 写真:Yaguruma

突然ですが、チーズって美味しいですよね。ときどき無性にピザが食べたくなったりします。筆者含めそんなチーズ好きさんには、ほし納豆が本当におすすめです!味がそっくりでびっくりしますよ。ご飯にかけてよし、サラダにしてもよし、いろいろな使い方ができます。最近はおにぎりの具にしています。夫に最初は変な顔をされながら味わってもらったところ、美味しい!と好評です。(菊地早秋)

次のページを読む

茨城の旅行予約はこちら


茨城のパッケージツアー(新幹線・飛行機付宿泊プラン)を探す

茨城のホテルを探す

茨城の航空券を探す

茨城の現地アクティビティを探す

茨城のレンタカーを探す

茨城の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


1月の国内おすすめ旅行先33選!お正月旅行にもぴったりな観光地特集

寒さ厳しい1月は、雪や氷の絶景が全国各地で見られるシーズン。冬の夜に映えるイルミネーションイベントもまだまだ楽しめます。1月のお正月旅行や週末旅行におすすめの国...


【関東】7月のおすすめ花畑18選!7月に見頃を迎える花の名所ガイド

7月は、あじさい、ラベンダー、ひまわりなどの花々が見頃を迎える季節。盛夏の空に映える花畑の光景を見に出かけませんか。7月に見頃を迎える関東の花の名所をご紹介しま...

日本のおすすめパワースポット24選!全国の最強パワースポット特集

日本の総氏神のように信仰される天照大御神をお祀りする伊勢神宮や、”願いが叶うパワースポット”として有名な来宮神社、全体が最強パワースポットと言われる皇居など、日...

全国の人気ご当地グルメ47選!お取り寄せもできる都道府県別の名物グルメ特集

旅行の楽しみの一つ「ご当地グルメ」。この記事では全国47都道府県ごとに、人気の名物グルメを厳選してご紹介します。いずれのご当地グルメもお取り寄せもできますよ。

9月の国内おすすめ旅行先19選!連休に行きたい観光地特集

ようやく暑さもおさまる9月。彼岸花やコスモスなどの秋の花が咲き、早いところでは紅葉も見頃を迎えます。9月の連休にもおすすめの国内旅行先をご紹介します。

この記事を書いたトラベルライター

大自然に魅せられて

【静岡】本当は広めたくない!柿田川湧水公園の神聖な見どころ5選

富士山に降った雨や雪が数十年の旅を経て、地上に現れる。それが静岡県清水町にある、柿田川湧水公園内の湧き水の正体です。こんこんと湧き出る、透明度の高い洗練された水...


【島根】1日で全部回れる!松江市のおすすめ観光スポット15選&ざっくりタイムスケジュール

島根県松江市街地のおすすめ観光スポットをご紹介します。宍道湖(しんじこ)を中心に栄えている町の魅力がたっぷり!朝から夜まで丸一日かけて、充実の松江観光を楽しんで...


人気の焼き芋が買える店を巡ろう!茨城県の焼き芋専門店・販売店13選

茨城県はサツマイモの生産地として有名です。最近では焼き芋を取扱うお店も増えました。地元住民、観光客どちらからも大人気です。この記事では茨城県内にある焼き芋専門店...

【茨城】100円でサツマイモ詰め放題!蔵出し焼き芋かいつか・かすみがうら本店工場直売所の魅力に迫る

まるでスイートポテトのような、クリーミー感とジューシー感。こんな焼き芋があったんだ!と、一口食べれば誰もが感じる焼き芋を販売しているお店、それが「かいつか」です...

【北千住】気分で使い分け!下町銭湯4軒を元住民が徹底解説!

下町情緒溢れる足立区北千住駅。駅前を離れ、町を歩くとアットホームな銭湯に数多く出会うことができます。この記事では、北千住駅西口エリア元住民の筆者が、西口にある銭...

トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります