アイスランド
アイスランド観光
火と氷の国で雄大な自然を満喫したい

アイスランドは絶景の宝庫!自然がくれる感動体験へ-オーロラ編★

取材・写真・文:

沖縄在住
訪問エリア:25ヶ国

2018年9月7日更新

666view

お気に入り

誰でも一生に一度は見てみたいものの代表格といえば、やっぱりオーロラ!オーロラが見られる国はいくつもあり、カナダやフィンランド、ノルウェーと比べるとアイスランドは少しマイナーな場所ですが、実はオーロラ観測にとってもおすすめ!オーロラリピーターの筆者が、今回はアイスランドにフォーカスをして、オーロラをご紹介します。オーロラを綺麗に撮影するにはいくつかポイントがありますので、注意事項と合わせてこちらの記事を参考にしてくださいね。地球ってすごい!と神秘的な感動の景色が待っていますよ♡

オーロラについて知ろう!

  • 写真:いずみん

オーロラは太陽と地球からの贈りもの

オーロラは地球の極地で観測することができる発光現象ですが、実のところまだまだ発生メカニズムとしてはわかっていないことも多いのです。

一般的には、太陽が活発に活動することにより、地球に届くプラズマ粒子が、大気中の様々な原子や分子とぶつかり、衝突した際に原子や分子が発光することでオーロラの現象が起こるとされています。

オーロラの名前の由来

オーロラは神話に出てくるアウロラ(Aurora)という女神から名付けられていますが、その名付け親はガリレオ・ガリレイという説もあります。オーロラは神話の女神様なんですね。

オーロラは学名ではNorthern lights(ノーザンライツ)と呼ばれていますが、実はニュージーランドや南極などの南半球でも見ることができます。その場合にはSouthern Lights(サザンライツ)と呼ばれています。

オーロラが見られる場所は?

通常、オーロラは緯度60~70度、高度は100km以上の遥か上空で発生します。地球の磁極をぐるっと囲むように、ドーナツの形をした、オーロラが発生しやすい場所をオーロラベルトと呼びます。

このオーロラベルトの真下が観測しやすい場所で、アラスカのフェアバンクス、カナダのイエローナイフやホワイトホース、北欧諸国が該当しますが、今回紹介するアイスランドはなんと国全体がオーロラベルトの中に入っています!要は、アイスランド国内にいれば、わざわざ田舎や限定された場所に行かなくても、どこからでも見られるということになります。

合わせてカナダのイエローナイフのオーロラもチェック!
【カナダ】イエローナイフのオーロラビレッジへ大迫力のオーロラに会いに行こう

アイスランドはオーロラ大国!

アイスランドをおすすめする最大の理由は、寒くない!

オーロラベルト直下の国々はオーロラシーズンの冬の夜は-20~-40℃の非常に寒い地域ばかりですので、ダウンコートの重ね着や、専用の防寒具のレンタルなど覚悟することを勧めます。カナダのイエローナイフでは何時間も真冬の外で待機する時にははまつ毛や鼻の中が凍りますし、マスカラをするとまつ毛が折れてしまうことがあるため、メイクはおすすめできません。

しかし、国の名前からは意外なことに、アイスランドでのオーロラ観測は真冬でも他の地域と比べるとそれほど寒くはなく、秋シーズンは最低気温1℃ほど、冬でも-2~-3℃くらいです。そのため、実はそんなに寒くないアイスランドでは冬のオーロラ観測がとってもしやすいのです!

  • 写真:いずみん

アイスランドの中でもオーロラ観測に人気の地域

ブルーラグーン

世界最大の天然温泉として有名になったブルーラグーンでもオーロラ観測ができます。温泉に浸かりながらオーロラを見られるなんて最高の贅沢ですよね!

ブルーラグーン
アイスランド / 温泉
住所:Nordurljosavegur 9, 240 Grindavík,Iceland地図で見る
電話:420-8800
Web:http://www.bluelagoon.com/

レイキャビク

アイスランドの首都です。国全体がオーロラベルト下にあるため、街にいてもオーロラを見ることができます。ただし、弱いオーロラですと街の明かりで見えずらいので、がっつり撮影するのであれば郊外に出た方が良いでしょう。運が良ければ街とオーロラを一緒に撮ることもできます。

レイキャビク
アイスランド / 町・ストリート
住所:Reykjavík,Island地図で見る
Web:http://reykjavik.is/

クヴェラゲルジ

レイキャビクから30kmほど離れた場所です。雲が切れやすいという地形が影響し、オーロラ観測として絶好のポイントとして知られている地域です。

クヴェラゲルジ
アイスランド / 町・ストリート
住所:Hveragerdi,Iceland地図で見る

キルキュフェトル山

アイスランドを代表する山で、アイスランドの写真や絵ハガキなどでよく使われる絶景の山です。山と滝とオーロラを1枚におさめることができるため、オーロラ撮影のカメラマンに人気の場所となっています。アイスランドの西部に位置します。

  • カメラマンに人気の観測地:キルキュフェトル山
キルキュフェトル山
アイスランド / 自然・景勝地
住所:Kirkjufell,Iceland地図で見る

まだまだたくさん

いくつかオーロラ観測地を挙げましたが、アイスランドでは国中どこにいてもオーロラ観測ができますのでご安心を!

次のページを読む

アイスランドの旅行予約はこちら

アイスランドのホテルを探す

アイスランドの航空券を探す

アイスランドのパッケージツアーを探す

アイスランドの現地アクティビティを探す

アイスランドのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年3月16日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

オーロラを見るならアイスランドが超おすすめな理由と鑑賞のコツ!

自然が織りなす感動的な光のショー、オーロラ。一生に一度は自分の目で見てみたいですよね。オーロラは、北極・南極の周りに広がるオーロラ帯と呼ばれるエリアで見ることが...

☆アイスランド☆ここでしかみられない!アイスランドの大自然を満喫できる滝5選

ブルーラグーンという温泉施設が観光スポットとして有名なアイスランドですが、壮大な大自然の絶景を楽しむことができる国です。山・海・氷河など見所はたくさんありますが...


アイスランドに来たら絶対はずせない!おすすめアクティビティー5選

「火と氷の国」と呼ばれるアイスランドは、溶岩の大地や、美しい滝、ヨーロッパ最大の氷河など、珍しい自然に囲まれた魅力たっぷりの国です。季節によってもおすすめの楽し...

【アイスランド】ゴールデンサークルのおすすめスポット5選

アイスランドといえば、自然の豊かさが有名ですが、その中でも特に珍しい観光スポットが集まっているエリアを、通称「ゴールデンサークル」と呼びます。ゴールデンサークル...


アイスランドならではの絶景「ヨークルスアゥルロゥン」を見逃すな!

自然の宝庫といわれるほど、美しく壮大な自然を誇るアイスランド。そんなアイスランドを訪れたのなら、絶対に外せないのが「ヨークルスアゥルロゥン」の絶景です!とはいえ...

この記事を書いたトラベルライター

オーロラハンターに憧れる会社員トラベラー
学生時代から現在に至るまで、アジア、ヨーロッパ、オセアニア、北アメリカと、絶景求めて世界をまるっと、幅広く旅する転勤族会社員トラベラー。
特に北欧がお気に入りで、海外渡航歴は20か国以上。
自然、絶景、夜景、建築が好きなオーロラリピーター。
海外記事を中心に、読んで頂く皆さんに、非日常なわくわくした世界をお届けできたらと思います!

2018年の締めくくりはノルウェー、スウェーデン、フィンランドでオーロラを追います!
https://izmtrip.com/

4泊5日♪これが王道?!シンガポール女子旅モデルスケジュール!

人気の海外旅行先であるシンガポール。初めてシンガポールへ行かれる女性の方へ、平日仕事終わりに出発する4泊5日のシンガポール女子旅モデルコースをご紹介します!穴場...

【保存版】女子旅や女性へのお土産に!モロッコのときめくお土産10選!

日本人旅行客からの人気が高まってきているモロッコ!そんなモロッコの雑貨はまさに「可愛いの宝庫」なんです!実際にモロッコに行ったら何を買うのがおすすめ?女子旅や、...


乗り継ぎ利用だけでも必要!カナダ入国にはeTAの取得を!

アメリカへ旅行する際にはESTAの取得が必要だと認識されている方は多くなってきているかと思います。皆さん、同様に、お隣の国カナダでも入国時に電子渡航認証「eTA...

【NY】ブロードウェイミュージカルをお得に!Today Tixを使おう

タイムズスクエアと言えば、思いつくのはブロードウェイでの本場のミュージカルですよね!ニューヨークを訪れたことのある人は、ミュージカル鑑賞をしたことのある人が多い...


世界一美しい湖畔の街オーストリア・ハルシュタットで深呼吸しよう!

世界で最も美しい湖畔の街とうたわれているハルシュタット。オーストリアにある小さな小さな街ですが、歴史もあり、世界文化遺産にも登録されています。次の旅先として、豊...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?