アイスランド
アイスランド観光
火と氷の国で雄大な自然を満喫したい

アイスランドの首都レイキャビクのゲイフレンドリーカフェ「Babalu」

取材・写真・文:

イスラエル在住
訪問エリア:15ヶ国

2019年8月8日更新

114view

お気に入り

写真:がぅちゃん@イスラエル

アイスランドの首都レイキャビクにあるゲイフレンドリーカフェ「Babalu(ババル)」を紹介します。アイスランドは物価が高いことで有名ですが、今回紹介する「Babalu」は割と良心的な値段で利用することができます。

この記事の目次表示

アイスランドのおすすめツアー
【ANAマイルが貯まる!】**。レイキャビーク&パリ。**  ANAで行くおしゃれな2ヶ国周遊!! 【空港-市内送迎バスチケット付き】 ホテルは市内スタンダードクラスにご宿泊 7日間
161,800円~470,800円
【同日着/乗り継ぎラクラクSAS】◇日本語オーディオガイド付き!地球の鼓動を感じるゴールデン・サークル観光◇迫力満点!アイスランドの大自然を見に行こう*レイキャビック5日間 〈空港⇔市内のバスチケット付〉
164,800円~260,800円
【同日着/乗り継ぎラクラクSAS】◇日本語オーディオガイド付き!地球の鼓動を感じるゴールデン・サークル観光&神秘の光オーロラハント◇*レイキャビック6日間 〈空港⇔市内のバスチケット付〉
170,800円~263,800円

アイスランドと、首都のレイキャビクについて

  • 写真:がぅちゃん@イスラエルアイスランドの独特な風景。

アイスランドは北大西洋にあるヨーロッパの国で、日本のように海に囲まれた島国です。公用語はアイスランド語で、人口は約35万人と少ないですが、世界最高レベルの治安の良さを保っている国でもあります。独特な自然環境に囲まれており、世界中の観光客がその光景を見に訪れます。

  • 写真:がぅちゃん@イスラエル首都レイキャビクの通りから見える観光名所「ハットルグリムス教会」

そんなアイスランドの南西に位置している都市が、首都レイキャビクです。国民の約1/3である約12万人が住んでいると言われています。 デンマークのコペンハーゲンやアメリカのシアトルと姉妹都市です。

レイキャビク
アイスランド / 町・ストリート
住所:Reykjavík,Island地図で見る
Web:http://reykjavik.is/

アイスランドはゲイフレンドリーな国

  • 写真:がぅちゃん@イスラエル「Babalu」の近くにあるゲイバーの「Kiki」。レインボーはLGBTコミュニティーの象徴でもある。

アイスランドでは2010年に同性婚が合法となっており、 世界でも有数のゲイフレンドリーな国としても知られています。 ゲイフレンドリー(LGBTフレンドリー)とは、性的マイノリティの権利を擁護・推進するスタンスを意味する言葉です。

この記事でも取りあげている「ゲイフレンドリーカフェ」とはゲイバーではなく、ゲイでない人も同じように楽しめるカフェのことを指します。近年、欧米の先進国の都市にはこういった施設が増えてきています。

レイキャビクのゲイフレンドリーカフェ「Babalu」の概要

  • 写真:がぅちゃん@イスラエル

「Babalu」はレイキャビクの中心部にあるカフェです。性的マイノリティに当てはまらない地元の客にも愛されているようです。ゲイの観光客には特に人気です。

ゲイフレンドリーカフェ「Babalu」の様子

1階

  • 写真:がぅちゃん@イスラエル
  • 写真:がぅちゃん@イスラエル

店内は温かみのある雰囲気に溢れています。最先端というよりは、ホームメイドといった印象です。

レジ付近の装飾

  • 写真:がぅちゃん@イスラエル
  • 写真:がぅちゃん@イスラエル
  • 写真:がぅちゃん@イスラエル
  • 写真:がぅちゃん@イスラエル

英語で注文スペースが示されている看板があったり、 コカコーラの看板が壁に飾られていたり、レジのチップ入れにはマリオが描かれているなど、ユニバーサルで今時なヨーロッパのカフェといった雰囲気です。

2階の様子

  • 写真:がぅちゃん@イスラエル
  • 写真:がぅちゃん@イスラエル

2階も1階に似た空間ですが、よりこじんまりとした空間となっています。外のバルコニーに出ることもできます。

水などはセルフ

  • 写真:がぅちゃん@イスラエル
  • 写真:がぅちゃん@イスラエル

食器、水、塩胡椒、ケチャップやタバスコなどはセルフサービスとなっており、各自が利用できるようになっています。

LGBT関連の展示

  • 写真:がぅちゃん@イスラエル
  • 写真:がぅちゃん@イスラエル

同性カップルを描写した絵画やレインボーフラッグなど、LGBT関連のアイテムやアート作品も展示されています。

ゲイフレンドリーカフェ「Babalu」のメニュー

  • 写真:がぅちゃん@イスラエル
  • 写真:がぅちゃん@イスラエル

メニューはとてもシンプルで、アメリカやヨーロッパにもありそうなカフェメニューといった印象。裏表で、英語とアイスランド語で説明されています。

チャイラテ

  • 写真:がぅちゃん@イスラエル
  • 写真:がぅちゃん@イスラエル

今回はチャイラテを注文しました。ヨーロッパのカフェではチャイラテは定番メニューですが、他のどの国のカフェとも遜色のない、美味しい一杯でした。

  • 680アイスランドクローナ/612円

ゲイフレンドリーカフェ「Babalu」のポイント

  • 写真:がぅちゃん@イスラエル

アイスランドは物価が高いことで有名ですが、「Babalu」は割と良心的な値段だと思います。食べ物の値段などを見ても、 筆者の住んでいるイスラエルよりは安かった印象です。

ただしアルコールの値段は跳ね上がっている印象だったので、 お酒が好きな人は料金には気をつけた方がいいような気がします。

※記事内のアイスランド通貨「アイスランドクローナ」から日本円への換算は、1アイスランドクローナ=0.9円で計算しています。

カフェ・ババル
アイスランド / カフェ・喫茶店
住所:Skólavörðustígur 22, 101 Reykjavík, アイスランド地図で見る
Web:https://babalu.is/

アイスランド旅行を自分好みにアレンジしよう!

オンライン旅行会社「旅工房」ならばアイスランドのツアーのアレンジも承ります(相談無料)。

  • 泊数を変えずに価格を抑える
  • 複数のホテルに宿泊する
  • 2ヶ国以上周遊する、など

旅工房でアイスランドのすべてのツアーをみる>>

アイスランドの旅行予約はこちら

アイスランドのパッケージツアーを探す

アイスランドのホテルを探す

アイスランドの航空券を探す

アイスランドの現地アクティビティを探す

アイスランドのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年8月6日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

テルアビブ在住のゲイライター
イスラエル・テルアビブ在住のネイティブ京都人。京都市立芸術大学卒業後、米国人の同性パートナーとベルリンに移住し、ライターとして活動を開始。旅メディア・世界新聞の編集長を経て現在に至る。
https://gauchan.xyz/profile/

【東京】日本最大級の変態イベント「デパートメントH」の詳細と参加方法

東京・鶯谷にある「東京キネマ倶楽部」で毎月開催される日本屈指のアングライベント「デパートメントH」。「変態の夜会」「デパH」「デパチ」とも呼ばれるその詳細につい...


【ドイツ】定番だけ厳選したベルリンのおすすめ観光地11選+みどころ

ドイツの首都ベルリン。実際に3年間住んだ経験を元に、旅行者におすすめなベルリンの定番観光地を11件厳選し、 各地のみどころと共に紹介します!

【ドイツ】今やハンブルグの観光名物!伝説の風俗街「レーパーバーン」

ドイツ・ハンブルクのザンクトパウリ地区に存在する巨大歓楽街レーパーバーン(Reeperbahn)は、今やB級スポットとして大人気の観光地。「飾り窓」や「ビートル...

「イスラエル料理」の徹底解説と定番メニュー43品

イスラエルで実際に住んで得た知見を元に、イスラエル料理の定義(具体的に何がイスラエル料理と呼べるのか?)などの説明に加え、現地の定番料理を43品厳選して紹介しま...

【イタリア】ベネチアに現存する世界最古のカフェ「フローリアン」

イタリア・ベネチアのサンマルコ広場にある名所「カフェ・フローリアン」は、「世界最古のカフェ」「カフェラテの発祥地」としても有名です。お店や料理はどうなっているの...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?