インド
インド
活気ある国で数々の遺跡やインド文化を体感

壮麗豪華な名建築とスラムの共存するカオス都市~ムンバイを歩く~

2018年7月12日更新

69view

お気に入り

インドのムンバイは、イギリス植民地時代の壮麗豪華な建築物が今も遺る魅力的な街です。一方で、スラムに生きる人々の力強さや優しさも、垣間見ることのできる都市です。今回は、多くの人々が交錯するムンバイをご紹介します。

この記事の目次表示

イギリス植民地時代の長かったムンバイの歴史

インドの最大都市ムンバイは、首都のデリーに並ぶ歴史のある街です。古くは紀元前にまで遡り、数々の王朝が歴史を重ねてきました。1534年にポルトガルが城塞を築くと、1661年に王女がイギリスのチャールズ2世と結婚し、ムンバイは持参金としてイギリスへ委譲されます。その後、ムンバイはイギリスの植民地で最大の商業都市として飛躍し、1947年の独立後も発展を続けます。

統治時代の優美な建築物

ムンバイを植民地としていたとき、イギリスは建築物や鉄道の敷設を積極的に行いました。その時代の建築物は今でも遺り、世界遺産となっている建築物もあります。

チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス(世界遺産)

  • チャトラパティ シヴァ―ジーターミナス駅

ムンバイの中心に位置する鉄道駅です。非常に大きなターミナル駅で、1888年のイギリス統治時代に建てられました。

  • チャトラパティ シヴァ―ジーターミナス駅

外観は鉄道駅と思えない壮麗なゴシック建築で、インドの伝統建築の要素も見られ、世界遺産に指定されるのも納得の豪奢な建物です。

  • チャトラパティ シヴァ―ジーターミナス駅
チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス
インド / 駅・空港・ターミナル
住所:chhatrapati shivaji terminus

Municipal Corporation of Grater(公共施設)

その向かいにも美しい英国建築物があります。

  • Brihanmunbai Municipal Corporation Building

こちらは公共施設ですが、インド色の強い趣のある建物です。

Municipal Corporation of Grater
インド / 建造物
住所:5, Mahapalika Marg, Fort, Dhobi Talao, Chhatrapati Shivaji Terminus Area, Fort, Mumbai, Maharashtra 400001 インド

インド門

チャトラパティ駅から30分ほど南へ行くとインド門があります。アラビア海に面した記念建造物です。元々は漁村の桟橋でしたが、イギリス統治時代に改装され、イギリス人総督や著名人の上陸地として使われました。

  • Gateway of India

インド門に向かって歩いていると、途中から人々が列をなして同じ方向へ歩いていくのですぐわかります。

こちらは、何をするでもなく門の周りに人々が集まり、座って会話をしたり、セルフィーを撮ったりと思い思いにのんびり過ごす地元の人を目にすることができます。

日本人がウロウロしていると、「一緒にセルフィー撮って!」と人が集まってきますよ!

インド門(ムンバイ)
インド / 建造物
住所:gatewey of india mumbai

タージマハルホテル

インド門を背にして西を望むと、タージマハルホテルが見えます。1903年、全てにおいてインド人の手で築かれたこちらのホテルは、現在に至るまでインドを代表するホテルです。

  • Taj Mahal Palace Hotel
  • Taj Mahal Palace Hotel

格式ある外観の美しさは言うまでもなく、クラシカルで上品な空間は、インドを訪問する世界の著名人を魅了しています。

タージマハルホテル
インド / ホテル
住所:the taj mahal hotel mumbai

フォート地区にある建築

チャトラパティ駅からインド門へ至るまでの道のりには、他にも数多くの目を惹く建築物が点在していますので、アーキテクチャに興味のある方は、歩いて散策されることをオススメします。

  • セント・アンドリュー教会

昔からのムンバイの日常

豪華な建築物の狭間にはスラムがあちこちに点在しています。また、日本に住んでいると信じられない光景ですが、一般道路を闊歩している牛の様子などもインドでは日常です。

何しろ人が多いので、ちょっとしたところは長蛇の列。とにかく入り乱れているイメージです。

スラムの生活

ムンバイに限らず、インドを旅しているとどこでも目にするスラム街。豪華な建築物の隙間にはスラムに住む人々の生活を垣間見ることができます。こちらのスラムは家の屋根や壁がブルーシートで覆われている様子が見えます。

ここを歩いていると、目を覆いたくなるような汚い場所もあるのですが、人々は総じて明るく人懐こく親切です。特に子供たちは本当に無邪気で可愛いです。

電車のカオス

日本のテレビに映るインドの列車の光景は、ドアからはみ出した人々、列車の上まで登っている人など、日本人にしてみれば「???」ですよね。市内を走る列車ではあそこまでひどくないですが、例えば電車の走行中、ドアが空きっぱなしだったりは日常です。

クーラーなどない車中。扇風機も壊れているのか回っていません。ドアが開いていると良い風が入って、暑いムンバイにはちょうどいいかも知れませんね。

女性専用車両もあります。

道路のカオス

道幅広く取られているムンバイの幹線道路でも、やはり人口比、車両比に比例はしていないよう。常に混雑しています。特に車線というものもないので、上から見ると入り乱れて様子がよくわかりますね。

インドは、日本と相反する文化が多々あり、新たな発見や考えさせられることが多く、旅の醍醐味を存分に感じることのできる国だと思います。欧米などの観光旅行に飽きた方は、是非行ってみられると違う世界が開けるかも知れないですよ!

ムンバイへの行き方

日本からムンバイへは直行便があります。ムンバイの国際空港は美しいインテリアデザインが施され、特にターミナル2はスタイリッシュで整然としており、ため息の出るような空間です。

  • ムンバイ国際空港
ムンバイ
インド / 町・ストリート
住所:Mumbai,India

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2016年11月15日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

神秘的なブルーシティ!世界の青い街並み5選

心を落ち着かせリラックスさせる効果がある色、ブルー。一方で、とても神秘的で人を惹き付ける色でもあります。世界にはびっくりするような青に染まった町があり、足を踏み...

インド タージ・マハルと併せて周りたい観光スポット3選

世界遺産の中でも特に有名なタージ・マハル。テレビや雑誌で一度は目にしたことのあるその名建築は、インドのアグラにあるのです。今回の記事では、死ぬまでに一度は見てお...

真の理想郷??南インド・オーロヴィルで人生観が変わるかも

「理想郷」と聞いて、あなたは何を思い浮かべるでしょうか? 「理想郷」での暮らしは喜びに満ち溢れ、毎日幸せな日々を送ることができそうですね。そんな「理想郷」と呼ば...

【南インド】チェンナイの2大名所・カーンチープラム&マハーバリプラムのおすすめ観光

インドってカレーしかないんでしょ…そんなイメージをお持ちの皆さん!違います!インドは知れば知るほど魅力を感じられるとってもファンタスティックな国なんです。そして...

【保存版】駐在員が厳選!南インドの玄関口・チェンナイ見どころ7選

タミルナードゥ州の州都・チェンナイを玄関口とする南インド。デリーを代表とする北インドとは、言語面・文化面では外国ほどにも違います。多くの日本人は、インドへ来ると...



この記事を書いたトラベルライター

Curious Jetsetter
これまで訪ねた130ヵ国およそ300都市の街の美しい景色、壮大な自然の風景を皆様とシェアし、ご自身もそこへ行ったかのように感じてもらえると嬉しいです。

原野に現れた壮大な未来都市!想像を遥かに超えたカザフスタンの首都アスタナ

中央アジアを東西に大きくまたがるカザフスタンがロシアから独立したのはたった25年前(西暦1991年)のこと。その後、アルマトイから遷都され首都となったアスタナは...

砂漠の中から浮き上がったような蜂蜜色の国、地中海のマルタ共和国

マルタ島のルア国際空港に到着し、市内へ向けて走るバスの中から目にする光景は、建物が砂に埋もれてしまった砂漠をイメージするものでした。実際は、埋もれているわけでは...

メキシカンドライブ!~レンタカーで気ままに行こう!遺跡とタコスとカンクンビーチ~

メキシコのユカタン半島に点在するマヤ文明の遺跡は、大小合わせて4,400ヵ所以上にも上るそうです。未だに謎に包まれている遺跡の多くは、遠い過去の繁栄と衰退を感じ...

石を投げればカフェに当たる ~ルーマニアの首都ブカレストでお洒落カフェを散策しよう~

ブカレストの街を歩いていると、とにかく目に付く洗練されたカフェの数々。老舗から新店まで、趣向を凝らしたお洒落なカフェは、フロントデザインやインテリアを観ながら散...

沖縄の離島でミクロの世界を垣間見る ~ナガンヌ島に泊まろう!~

今回紹介するナガンヌ島は、沖縄本島からクルーザーでわずか20分。慶良間諸島の入り口、チービシ環礁にある離島で、定住者はいませんが、宿泊施設やレストランがあり、気...



トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?