インド
インド観光
活気ある国で数々の遺跡やインド文化を体感

【南インド】旧フランス植民地ポンディシェリでオススメな3つのこと

取材・写真・文:

埼玉在住
訪問エリア:23ヶ国

2018年2月2日更新

1,786view

お気に入り

写真:ある通訳案内士

「インドの中のフランス」と知られる街が、南インドにあります。その街の名は「ポンディシェリ」。イギリスが大部分を統治していたインドにおいて、一風変わった雰囲気を持つ街です。日本人から見て、「ごちゃごちゃ」しているイメージの国代表格のインドと、「洗練」されているイメージの国代表格のフランス。その対極にあるような二つの文化が融合した街で、オススメする3つのことをご紹介します。ごちゃごちゃしたインドに疲れた人、必見です。

この記事の目次表示

インドのおすすめツアー
≪自由に旅する初めてインド≫…━人気3都市を一度に巡る━…デリー・アグラ・ジャイプル周遊[フリープラン/朝食&送迎付]5日間
99,800円~238,800円
≪人気スーペリアクラスホテル利用で快適な旅へ≫ ★*:.。八つの世界遺産探訪。.:*★…━あのタージマハールや象のタクシーとの出逢い━… 3都市周遊の旅 ~ホテルの写真例を見て決める~ [日本語ガイド&食事付]【濃厚印度5日間】
114,800円~262,800円
≪人気スーペリアクラスホテル利用で快適な旅へ≫ ◆◇デリー&アグラ5日間×フリープラン◇◆…━各都市送迎・朝食付━… ■旅のアレンジ自在■ 専用車、列車、国内線、ホテルランクアップ、延長滞在などなどご相談下さい☆彡
115,800円~255,800円

1、夕暮れのプロムナード

ポンディシェリの街には、南北に運河が流れています。かつてはその運河を境に、西側がインド人居住区、東側がフランス人居住区でした。その旧フランス人居住区の海外沿いの遊歩道が、「プロムナード」です。

  • 写真:ある通訳案内士日が沈んできたプロムナード

このプロムナード、昼間も整備された道と青い空、そして砂浜が南国の街という感じを出していて良いのですが、よりオススメなのは涼しい夕暮れ。夜風の中、街灯に照らされた道を歩くのはとても気持ち良く、家族連れなどで賑わいます。

  • 写真:ある通訳案内士夕暮れのプロムナード

プロムナード沿いには、カフェやレストランが並ぶだけでなく、大きなガンジー記念像や、フランスの戦争記念碑があり、夜はライトアップされていて綺麗です。

  • 写真:ある通訳案内士フランスの戦争記念碑

タミル語と一緒にフランス語で店名が書かれているのも、珍しくて面白いです。ぶらりとカフェやレストランに立ち寄ってみるのもいいですね。

シーサイドプロムナード
インド / その他スポット
住所:Goubert Ave, White Town, Puducherry, 605001 インド地図で見る

2、コンティネンタル料理とお酒

食にうるさいフランス人が長く住んでいることもあり、コンティネンタル料理を出す、比較的おしゃれなレストランが多いのも、ポンディシェリの楽しみの一つ。フランス料理を始め、イタリア料理などの文字が、レストランの看板に並んでいます。

  • 写真:ある通訳案内士サツサンガ

こちらは『地球の歩き方』でも紹介されている、「サツサンガ」というレストラン。南インドにいるとは思えない、のんびりした開放的な空間で、これまた南インドではなかなか味わえない、牛ステーキを食べることができます。

ステーキとフレンチフライやライスから一品選んだものがセットで、500ルピーほど(約900円)でした。ラッシーやざくろジュースなど、ソフトドリンクも充実しています。

  • 写真:ある通訳案内士牛ステーキとフレンチフライ

また、ポンディシェリはアルコールに対する税金が安いので、お酒を飲みに来る人も多いです。インドのビールで有名なキングフィッシャーのほか、ワインやカクテルも、バーやレストランで楽しむことができます。

  • 写真:ある通訳案内士フランス統治時代の面影

こういった場所では、インド人をあまり見かけず、フランス人をはじめとした欧米人をたくさん見かけました。他の南インドではなかなか欧米人を見かける機会がないので、驚きましたね。観光客ではなく、お店を経営しているフランス人もいるようです。日本人観光客も何人か見かけました。

サツサンガ
インド / 洋食・西洋料理
住所:No 54 Rue Labourdonnais Street, Pondicherry 605001, India地図で見る
電話:413 222 5867

3、観光地といえばアーユルヴェーダ

ポンディシェリは有名な観光地。そのため観光客向けのスパも多くオススメです。私が行ったのは、「ケーララ・アーユルヴェーダ」。全身のオイルマッサージと、シロダーラという、額に温かいオイルを垂らすものがセットで、2,500ルピー(約4,500円)でした。

私は二人で行ったので試しに値段交渉してみたら、二人で4,500ルピー(約8,100円)にしてくれました。日本で同じようなサービスを受けたら何倍もの値段がするので、インドに行ったら、是非試していただきたいです。

  • 写真:ある通訳案内士アーユルヴェーダ用の台

個室に通され、リラックスするBGMが流れる薄暗い部屋の中、施術を受けます。伝統的な木の台の上で受けるので、文化体験としても面白いです。もちろん、女性には女性のマッサージ師がつくので、女性も安心して施術を受けられます。

様々な効能があるオイルを全身に塗り、丁寧にマッサージしてくれます。シロダーラは目を布で覆い、ひたすら温かいオイルを額に垂らしてくれるので、気持ちよくて眠ってしまうかもしれません。

施術後はオイルだらけになりますが、しっかりシャワーやドライヤーはあるので、そこも嬉しいですね。

ケーララ・アーユルヴェーダ
インド / その他ビューティー
住所:#27, Muthu Mariamman Kovil Street, Heritage Town, Puducherry, 605001地図で見る
電話:99764 53434

ポンディシェリへのアクセス

ポンディシェリは市の約6km北に空港があります。周辺の大都市チェンナイからは、鉄道やバスでのアクセスが可能です。チェンナイからは直通列車がなく、ヴィルプラム駅で乗り換えなくてはいけないので、待ち時間を含めると5時間ほどかかってしまうことがあります。そのため、3時間から4時間ほどで着く、バスの方が早いことも多いです。

ちなみに、ポンディシェリ市内はあまり大きくないので、主要な場所は徒歩で巡ることもできます。

終わりに

インドではあるけれども、フランス統治時代の面影を残すカラフルな建物が立ち並ぶ街。ヒンディー語よりもフランス語が通じると言われる、インドにおいては異色の街。その街を歩いている多くの人は、南インドの人々。こういった、歴史とそれが作り上げた文化の融合を体感できるのがこのポンディシェリなのです。

  • 写真:ある通訳案内士プロムナード沿いのカフェ

インドの喧騒に疲れたら、このインドの中の異国ポンディシェリに立ち寄ってみてはいかがでしょうか??

※記事内のルピーから日本円への換算は1ルピー=1.8円で計算しています。

インド旅行を自分好みにアレンジしよう!

オンライン旅行会社「旅工房」ならばインドのツアーのアレンジも承ります(相談無料)。

  • 泊数を変えずに価格を抑える
  • 複数のホテルに宿泊する
  • 2ヶ国以上周遊する、など

旅工房でインドのすべてのツアーをみる>>

インドの旅行予約はこちら

インドのパッケージツアーを探す

インドのホテルを探す

インドの航空券を探す

(ムンバイ(ボンベイ))

(デリー)

インドの現地アクティビティを探す

インドのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年2月2日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


聖地バラナシを通に楽しむ超ディープスポット7選【インド】

ヒンドゥー教の一大聖地であり街全体が世界遺産でもあるバラナシ。この街のメインストリートであるベンガリートラには、ガイドブックにも載っていない知る人ぞ知るお店がた...


真の理想郷??南インド・オーロヴィルで人生観が変わるかも

「理想郷」と聞いて、あなたは何を思い浮かべるでしょうか? 「理想郷」での暮らしは喜びに満ち溢れ、毎日幸せな日々を送ることができそうですね。そんな「理想郷」と呼ば...

【南インド】インドの桃源郷コーチ、旧市街の楽しみ方

インドと言うと、混沌とか喧騒という言葉を思い浮かべる人も多いかと思いますが、この南インド、ケーララ州はちょっと違います。今回は「インドの桃源郷」として知られる、...

【インド南部】ナンは登場しない!バラエティ豊かな主食たち

日本でインドカレー屋さんに行くと、カレーにナン、タンドリーチキンというのが定番のスタイル。でもナンは発酵させる必要があるので、インド人にとってもレストランで食べ...

【インド】紅茶の名産地・ダージリン観光4つの魅力

インドの紅茶の一大産地として知られているダージリン。実は紅茶だけでなく、食事、景色など、さまざまな楽しみ方ができる街でもあるのです!そんなダージリンの街の魅力に...

この記事を書いたトラベルライター

インドでIT企業に勤めていたバックパッカー
南インド・チェンナイ駐在してました/通訳案内士(英語)/生まれも育ちも日本/インドのIT企業勤務/合気道弍段/アロマテラピー検定1級/タイ・チュラロンコン大学留学/ASEAN全10カ国制覇/インドで海外に疲れてしまったので、しばらくは平和な日本を謳歌します^^
http://zipanger777.com

観光地ではない【真の中華街】池袋北口を1時間で手軽に散策!

日本の中華街(チャイナタウン)と言えば、日本三大中華街の、①横浜中華街、②神戸南京町、③長崎新地中華街、が有名ですよね? こちら、もちろんれっきとした中華街なの...


【保存版】駐在員が厳選!南インドの玄関口・チェンナイ見どころ7選

タミルナードゥ州の州都・チェンナイを玄関口とする南インド。デリーを代表とする北インドとは、言語面・文化面では外国ほどにも違います。多くの日本人は、インドへ来ると...

【保存版】魅惑のイスラム教国 ブルネイ・ダルサラームの見どころ&グルメ

ブルネイ・ダルサラームという国をご存知でしょうか? マレーシアに囲まれたボルネオ半島の一部を国土としており、面積は5,765 km²で、三重県とほぼ同じ大きさの...

行かなきゃ損!上海ディズニーランドをオススメする5つの理由

ディズニー大好きなあなた! もちろん、東京ディズニーリゾートに何度も行くのもアリだけど、外国のディズニーランドにも興味はありませんか?? 興味がある、そんなあな...

【スリランカ】本格アーユルヴェーダを体験できる宿泊施設「ヘリタンス・アーユルヴェーダ・マハ・ゲダラ」

スリランカやインドで観光客にも人気のアーユルヴェーダ。泊まり込みでアーユルヴェーダにみっちり取り組む施設「ヘリタンス・アーユルヴェーダ・マハ・ゲダラ」が、スリラ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?