アイルランド
アイルランド観光
アイリッシュウイスキーやギネスビールで知られる国

アイルランド発祥のギネスビールを知り尽くす体験型施設・ギネスストアハウス

取材・写真・文:

島根在住
訪問エリア:35ヶ国

2016年12月7日更新

390view

お気に入り

写真:aka-region

ギネス記録にギネスビール...元々はアイルランドのギネス家が所有する会社です。今や日本全国各地でも楽しめるギネスビールは、アイルランドのパブ文化と共に発展してきたといっても過言ではありません。首都ダブリンには、アイルランド人にとってソウルドリンクであるギネスビールについて学べる体験型アトラクション施設があり、製造工程やギネスビールを取り巻くアイルランド文化について知ることができます。ツアーの最後には最上階でできたてのギネスビールを飲むことも。ギネスビールに浸る1日を過ごしてみませんか?!

ギネス記録/ギネスビールを生んだギネスの発祥

ギネスビールは、アイルランド発祥の濃厚黒ビール(スタウト)です。1756年、アイルランドにギネス醸造所が設立されました。ダブリンの今でこそ中心地にセント・ジェームズ・ゲート醸造所が建てられており、その土地は年45ポンドの対価で9,000年間の契約で借り受けています。

アイルランド産の水や原料となる大麦などを用い、今や日本のみならず全世界各地で販売・生産しています。

  • 写真:aka-region

また様々な世界記録を認定した、独自の本『ギネス・ワールド・レコーズ』は、ギネス醸造所の社長のアイディアで1955年に初めて出版されました。出版元であるギネス・ワールド・レコーズ社は2000年以降、ギネス醸造所から独立した会社となっています(後にイギリスの会社によって買収)。

世界を牽引する大企業となったギネス。ギネスビールはアイルランドの人々と生き、世の中の移り変わりを経ながら人々の生活に寄り添ってきました。

ギネスストアハウスでの4つの楽しみ

ギネスビール今昔が詰まった展示

受付を済ませるとツアーはまず1階で、製造の初期工程の物語の紹介からスタートします。主原料の大麦のルーツから始まり、ダブリン県の隣ウィックロー山からの水でビールが作られていることなどを学びます。また初代創設者たちの「喋る肖像画」もあります。

  • 写真:aka-region製造工程、要はアイルランドのウィックロー山を流れる水!

上の階には、ギネス社の昔の広告の展示があります。広告史の変遷とともに、男性の飲み物の象徴だったギネスビールに女性が広告に登場するようになり、ギネスビールを取り巻くアイルランド社会・文化史の変遷も垣間見ることができます。

  • 写真:aka-regionアイルランド語のギネスの看板

体験型アトラクションその1:香る

展示フロアよりさらに上にいくと、ホップの香りを楽しむための小部屋があります。甘い香りの煙で満たされたアロマ部屋では五感を使ってギネスビールの深みを感じます。

  • 写真:aka-region

体験型アトラクションその2:注ぐ

入場券についている半券は2つの使い方があり、1つの選択肢はギネスの注ぎ体験(修了証書つき)、もう1つは後述の施設内バーでの試飲か、どちらかを選ぶことができます。

  • 写真:aka-regionヘッド(白い泡)がクリーミーで濃厚なギネスビール

こちらで半券を使えばギネスビールをサーバーから注ぐ体験ができ、修了者にはその場で証明書が貰えます。ギネスビールはクリーミーな白い泡(ヘッド)が命。おいしいギネスを注ぐにはルールとコツがあります。グラスの傾け方、傾けるタイミング、注ぐのにかける時間などが味の良し悪しを決めるのです。

ダブリン市内を見渡す最上階のバーで、できたてのギネスビールで乾杯!

  • 写真:aka-region最上階にあるバーからの夕焼け時に光が浮かび上がるダブリン市内の眺め。

最上階にあるグラビティー・バーでは、ガラス張りの窓からダブリン市内の風景を360度楽しめます。ダブリンは住環境を守るため高層ビルの建設を制限しており、他に視野を妨げる建て物がないため遠くまで見渡せます。

  • 写真:aka-region360度ガラス張りの最上階にあるバー

注ぎ体験で使わなかった半券はこちらで無料のパイントと交換可能です。さきほど使ってしまった人は5ユーロ程度でパイントも購入可能です。ギネスビール独特のコクとクリーミーな泡をお楽しみください。

  • 写真:aka-regionギネスビールにシャムロックを描く

ギネスビールの家庭での楽しみ方

ギネスビールをそのまま飲むのも、もちろん素材のうまみを感じられておいしいです。また、日本では本場にはないオリジナルドリンクもあります。それはエビスビールやサッポロビールとギネスビールを混ぜる飲み方です。完全には混ざらず同じグラスの中で2層にくっきりとわかれ、見た目も楽しい1杯です。

  • 写真:aka-regionおいしいギネスビールを注ぐには一度で注がず、ゆっくり入れる。

一方でアイルランドの家庭では、ギネスは飲むだけでなく「食べる」ために様々な家庭料理で使われています。

例えば羊の肉を使うアイリッシュシチューでは、肉をギネスビールで煮込むと臭みが消え、柔らかくなります。また、ブラウンブレッドを焼くときに入れたり、フィッシュ&チップス用に白身魚のフライを作るときの衣にギネスビールを入れたりします。

最近ではチーズケーキやムースなどデザートにも使われており、ギネスビールを使ったレシピは増え続けています。

日本のスーパーマーケットやパブ、居酒屋などでもギネスビールは手に入りますので、ぜひお試しください。

  • 写真:aka-region地方にあるギネスビールを提供するパブの看板
ギネスストアハウス
アイルランド / 博物館・美術館
住所:St James's Gate, Ushers, Dublin 8地図で見る
電話:+353 1 408 4800
Web:https://www.guinness-storehouse.com/en

アイルランドの旅行予約はこちら

アイルランドのホテルを探す

アイルランドの航空券を探す

アイルランドのパッケージツアーを探す

アイルランドの現地アクティビティを探す

アイルランドのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2016年12月7日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

【ビルド・ア・ベア ワークショップ】で世界に1つだけのぬいぐるみ作り〜世界各地で体験できる!〜

世界に1つだけのぬいぐるみ作りができる「ビルド・ア・ベア ワークショップ」は、ユーモア&可愛いがあふれるお店。残念ながら日本店舗は撤退してしまったため、アメリカ...

ピラミッドより古い!?古代人類のルーツを知るアイルランドのニューグレンジ遺跡

アイルランド共和国には、ストーンヘンジにも似たミステリーサークルのある古代遺跡が各地に点在しています。中でも首都ダブリンから車で約1時間のところにあるブルー・ナ...


【アイルランド・ダブリン】ローカル電車DARTで巡る沿線の個性光る街12選

DART(ダート)は、アイルランドの首都ダブリンの南北をダブリン湾に沿って走るローカル電車です。美しい車窓からの風景だけでなく、沿線には個性的で素敵な街が並んで...

『スター・ウォーズ』最新作他あの有名映画の隠れロケ地を巡る、アイルランド周遊スポット5選!

アイルランドがロケ地となった映画やドラマ...あなたはいくつご存知でしょうか?2017年12月公開の映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』、アメリカの人気ドラ...


ヨーロッパの「窓」のある風景20選!

旅に出ると素敵な街並みの写真を撮ったり、散策してみたくなりますよね。「窓」から覗く風景は、窓枠が額縁のように風景が切り取られてより美しく見えたりします。また、そ...

この記事を書いたトラベルライター

暮らすように旅をする
aka-regionです☘
計4年間、ヨーロッパ(フィンランド、アイルランド)で住んでいる間に見聞きしたこと、経験したことを紹介します。旅のテーマは、「暮らすように旅をする」。旅のある暮らし方、ライフスタイル、文化に関する情報を発信していきます!

♬Countries & Areas: Europe (アイルランド、フィンランド他),日本(島根、山陰地方、東京他)
♬Hobbies: アイリッシュフィドル、水泳
♬Speciality: 島好きです!
http://akaregion.blogspot.jp/

【保存版】フィンランドのお土産厳選10選!

北欧デザインにサンタクロース、森の中でのウォーキングにサウナ。こんなキーワードを聞くだけで、ほのぼのとしたおとぎ話の世界が思い浮かぶフィンランド。日本から直行便...

【保存版】ポルトガルのお土産・厳選10選!

ポルトガルはヨーロッパの西端に位置し、地中海性気候の穏やかな気候で過ごしやすく、食もおいしく古い街並みが美しい国です。カステラやカルタ、天ぷらなどポルトガルと日...


【保存版】デンマークのお土産・厳選10選!

北欧にあるデンマークはデザイン大国として有名で、近年日本でも注目度がアップしている国の一つです。丁寧な暮らしをするデンマークの人たちが生んだ、人が使いやすい機能...

【保存版】アイルランドのお土産・厳選10選

イギリスの西に位置する小さな島国アイルランド。日本よりも北にありますが暖流の影響で1年を通して温暖な気候の過ごしやすい国です。伝統とモダンカルチャーが共存する首...


【保存版】オランダのお土産・厳選10選!

ヨーロッパ北西部にあるオランダ王国は、チューリップ畑に水車といった田園風景や運河沿いの家々の街並みが代名詞的存在の牧歌的な国です。また画家レンブラントやフェルメ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?