アイルランド
アイルランド観光
アイリッシュウイスキーやギネスビールで知られる国

ハリーポッター&スターウォーズのモデル!?アイルランド最古の大学、トリニティ・カレッジ

取材・写真・文:

島根在住
訪問エリア:35ヶ国

2017年4月5日更新

2,810view

お気に入り

アイルランドの最高学府「トリニティ・カレッジ」。創設400年を越える由緒ある大学でありながら、観光客向けに広く開放されており、威厳のある佇まいが多くの人を魅了しています。今回はトリニティ・カレッジに行ったら見るべき観光スポットと、留学気分を味わえる秘密のスポットを共にご紹介します!

トリニティ・カレッジとは?

アイルランドの最古の大学、1592年にエリザベス1世によって創設されたトリニティ・カレッジ。イギリスのオックスフォード大学やケンブリッジ大学と並んで、英語圏最古の7大学のうちの一つと言われています。ダブリン市街地の心臓部に位置し、キャンパスの大きさはディズニーランドの3分の1程度のコンパクトな総合大学です。

石造りの重厚な建物で囲まれていて、中庭にはテニスコートや芝生の広がるラグビーピッチもあり、「都心」にありながら緑が溢れるオアシスのような場所となっています。

  • 写真:aka-region創設400年を誇るアイルランド国内の最高学府

8世紀のアイルランドを感じられる聖書の装飾本『ケルズの書』

トリニティ・カレッジの旧図書館は、世界で最も美しい大学図書館の一つとも言われ、建物の1階部分には8世紀に描かれた美しい装飾本が展示されています。それは、新約聖書の写本『ケルズの書』(Book of Kells)です。

大きさは縦33cm、横24.13cmで全部で340ページあり、3人の僧侶によって礼拝で使う聖書として美しい装飾が施されたと言われています。トリニティ・カレッジの旧図書館では、4つの新約聖書(マルコ、ルカ、ヨハネ、マタイ伝)のうち、2つをそれぞれ見開き1ページずつ約3か月ごとに展示しています。

写本に出てくる動物や人、ケルト模様や文字は、鉱物を使って、赤、白、青、だいだい色、緑、ライトブルー・・・と色がつけられており、8世紀のものとは思えないほど鮮やかな色を放っています。

ただし、『ケルズの書』が展示されている図書館内のエリアは写真撮影が禁止なので、残念ながら『ケルズの書』を写真ではお見せすることができません。実物を見たい方は、ぜひ現地へ!一見の価値がありますよ。

映画の舞台にもなったロングルーム

『ケルズの書』が展示されている真上、旧図書館の2階にはロングルームと呼ばれる奥行き約65メートル、幅12メートル、高さ14メートルの長部屋があります。トリニティ・カレッジが所蔵する書籍のうち、最も古い20万冊が置かれているため、本の背で埋め尽くされた本棚は趣があります。

映画『スターウォーズ』のシリーズで登場する「ジェダイ・アーカイヴ」はこの旧図書館がモデルになっていると言われているため、見覚えのある方もいるかもしれません。

  • トリニティ・カレッジ、旧図書館のロングルーム

小腹がすいたら学生食堂「Dining Hall」へ

旧図書館を出ると、向かい側にDining Hallという白い石造りの建物があります。
ここはまるで、映画『ハリーポッター』のホグワーツ魔法魔術学校に出てくるダイニングホールにそっくり!トリニティ・カレッジの学生さんたち向けセルフ・サービスのカフェテリアで、嬉しいことに一般訪問者も飲食OKです。ただ、平日のお昼のみの営業なのでご注意ください!

  • 写真:aka-region中世の雰囲気漂う食堂「Dining Hall」

サラダ、スープから始まりメイン、デザートに至るまで種類豊富なメニューの中から、自由に選んでレジで精算し(メインが8ユーロ前後とまずまずの値段)、18世紀のDining Hallで大きな肖像画を背に、古き良き中世のアイルランドを感じながらのランチ!

  • 写真:aka-region日替わりのメニューが楽しめる食堂「Dining Hall」

ちなみに、Dining Hall以外にも一般訪問客でも利用できるカフェ・食堂が、キャンパス内に計6か所あります。たとえば、Dining Hallの地下にある、Buttery Food Courtという名のフードコート・カフェ。ここでは朝7時30分からサンドイッチやコーヒーを、洞窟の中のようなリラックスした雰囲気の中で楽しむことができます。

  • 写真:aka-regionまるで白い洞窟住居のような学内のカフェ「Buttery Food Court」

夏限定!大学寮で暮らしながら旅をする

普段トリニティ生が住むキャンパス内の学生寮は夏季のみ一般に開放され、1泊100ユーロ未満という、ダブリン市内なのに手ごろな価格で滞在することができます(空室状況確認はこちらから(英語のみ))。
異国での学生気分を味わいながら、暮らすように旅をしたい人にはぜひお勧めです。

客室には無料Wifi、バス・トイレもついています。また、共有スペースにはミニキッチンがあり、ホステル感覚で他の旅行者とも交流することができます。

  • 写真:aka-region夏季のみ一般旅行者に開放される学生寮の前は常に花や緑で溢れている
トリニティ・カレッジ
アイルランド / 建造物
住所:Trinity College Dublin, the University of Dublin College Green Dublin 2, Ireland地図で見る
電話:+353-1-896-1000
Web:http://www.tcd.ie/

アイルランドの旅行予約はこちら

アイルランドのホテルを探す

アイルランドの航空券を探す

アイルランドのパッケージツアーを探す

アイルランドの現地アクティビティを探す

アイルランドのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2016年6月3日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

日本にも上陸!アイルランドの毛織物メーカーAVOCA(アヴォカ)

アイルランドの名産品を語るとき、セーターやストール、スロー(ベッドの上にかける布)等の毛織物なしに語ることはできません。中でも毛織物および小物を扱うお店、AVO...

文豪・小泉八雲の足跡を辿るアイルランドと山陰・松江の旅

小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)は、アイルランドとギリシャ人の間に生まれた執筆家であり、日本の民俗学者です。アイルランド神話の口承文学に興味をもち、日本滞在時に...


【アイルランド・ダブリン】ローカル電車DARTで巡る沿線の個性光る街12選

DART(ダート)は、アイルランドの首都ダブリンの南北をダブリン湾に沿って走るローカル電車です。美しい車窓からの風景だけでなく、沿線には個性的で素敵な街が並んで...

アイルランド発祥のギネスビールを知り尽くす体験型施設・ギネスストアハウス

ギネス記録にギネスビール...元々はアイルランドのギネス家が所有する会社です。今や日本全国各地でも楽しめるギネスビールは、アイルランドのパブ文化と共に発展してき...


アイルランドで訪れるべき王道スポット厳選10選

2017年に日本との外交関係樹立60周年となるヨーロッパ西端の島国・アイルランド共和国。音楽、デザイン、ビジネス、政治など様々な面で独自の文化を保有し、日本での...

この記事を書いたトラベルライター

暮らすように旅をする
aka-regionです☘
計4年間、ヨーロッパ(フィンランド、アイルランド)で住んでいる間に見聞きしたこと、経験したことを紹介します。旅のテーマは、「暮らすように旅をする」。旅のある暮らし方、ライフスタイル、文化に関する情報を発信していきます!

♬Countries & Areas: Europe (アイルランド、フィンランド他),日本(島根、山陰地方、東京他)
♬Hobbies: アイリッシュフィドル、水泳
♬Speciality: 島好きです!
http://akaregion.blogspot.jp/

【保存版】フィンランドのお土産厳選10選!

北欧デザインにサンタクロース、森の中でのウォーキングにサウナ。こんなキーワードを聞くだけで、ほのぼのとしたおとぎ話の世界が思い浮かぶフィンランド。日本から直行便...

【保存版】ポルトガルのお土産・厳選10選!

ポルトガルはヨーロッパの西端に位置し、地中海性気候の穏やかな気候で過ごしやすく、食もおいしく古い街並みが美しい国です。カステラやカルタ、天ぷらなどポルトガルと日...


【保存版】デンマークのお土産・厳選10選!

北欧にあるデンマークはデザイン大国として有名で、近年日本でも注目度がアップしている国の一つです。丁寧な暮らしをするデンマークの人たちが生んだ、人が使いやすい機能...

【保存版】アイルランドのお土産・厳選10選

イギリスの西に位置する小さな島国アイルランド。日本よりも北にありますが暖流の影響で1年を通して温暖な気候の過ごしやすい国です。伝統とモダンカルチャーが共存する首...


【保存版】アイスランドのお土産・厳選10選!

北欧アイスランドは、ヨーロッパの北西端に位置する島国です。国名から氷だらけの寒そうなイメージを持ちますが、意外にも暖流の影響で冬でもわりと温暖です。日が暮れない...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?