アイルランド
アイルランド観光
アイリッシュウイスキーやギネスビールで知られる国

アイルランドで訪れるべき王道スポット厳選10選

2018年4月2日更新

1,350view

お気に入り

2017年に日本との外交関係樹立60周年となるヨーロッパ西端の島国・アイルランド共和国。音楽、デザイン、ビジネス、政治など様々な面で独自の文化を保有し、日本での注目度も年々上がっている旬な国です。エンヤやギネスビール、アイリッシュ・パブ、羊、アフタヌーンティー等のイメージが強い方もいらっしゃるかと思いますが、1年を通じて温暖で動きやすく、訪れるべき絶景スポットも多い国です。今回は、アイルランドの文化と自然に触れられる秘境・絶景スポット10選をご紹介します。

1. トリニティ・カレッジ(Trinity College)

アイルランドの最高学府で400年の歴史がある トリニティ・カレッジは、アイルランドの首都ダブリンの中心地にあります。

  • アイルランド最高学府のトリニティ・カレッジ

石畳のキャンパス内に重厚な建物が並び、キャンパス内の散歩も気持ちがよいです。中でも人気なのが旧図書館にある新約聖書の装飾写本『ケルズの書(Book of Kells)』と、映画『スターウォーズ』の舞台にもなった奥行き約65mの「ロングルーム」です。

  • トリニティ・カレッジ、旧図書館のロングルーム
トリニティ・カレッジ
アイルランド / 建造物
住所:Trinity College Dublin, the University of Dublin College Green Dublin 2, Ireland
電話:+353-1-896-1000
Web:http://www.tcd.ie/

2. モハーの断崖(Cliffs of Moher)

アイルランド西部の海岸に、切り立った断崖が見られる絶景スポットがあります。それがアイルランドと言えばココ!というくらいシンボル的存在のモハーの断崖(Cliffs of Moher)です。

  • モハーの断崖

長さ8kmにもなる断崖は高さが214mあり、スリル満点です。大西洋からくる潮が混じった海風に吹かれながら、断崖沿いにハイキングするのがよいでしょう。柵は設けてありますが、より壮大な絶景を見るために柵を越えて歩くこともできます。ただし、突風にはご注意ください。

モハーの断崖
アイルランド / 自然・景勝地
住所:Cliffs of Moher , Ireland
Web:http://www.cliffsofmoher.ie/

3. アイルランドの庭・ウィックロー(Wicklow) マウンテンズ国立公園 一周ドライブ

  • アイルランドの庭「ウィックロー」の名所サリーギャップ

ウィックローマウンテンズ国立公園は、アイルランドの首都ダブリンから車で1時間弱のところにあり、その美しさから「アイルランドの庭」とも呼ばれている景勝地です。

森に隠された初期キリスト教教会群・グレンダロッホ(Glendalough)の見どころ

ウィックローエリアの中でも欠かせないのが、かつて「7つの教会の街」の聖地として知られたグレンダロッホ(Glendalough)です。現在でも初期キリスト教会群が山と湖に囲まれた場所に点在しており、ダブリンっ子も気軽な散歩や1日がかりのハイキングなどに訪れます。

  • グレンダロッホの初期キリスト教教会群

グレンダロッホは、2つの湖(アッパーレイクとロウアーレイク)、そして初期キリスト教会群、9種類のハイキングルートなど、観光にもアクティビティにも最適な場所です。

墓地には、アイルランドの象徴ともされている、ケルト十字(ハイクロス)と呼ばれる十字架の交差した部分に円環を結合した十字架や、バイキングの襲来に備え、入口が地上3mのところにあるランドタワーなど、アイルランドの歴史を垣間見られるスポットがあります。

  • グレンダロッホのアッパーレイク
グレンダロッホ
アイルランド / 町・ストリート
住所:グレンダロッホ ウィックロー アイルランド

グレンダロッホに寄ったら、ぜひウィックロー山脈をドライブしてみてください。200平方kmにもなるウィックローエリアには、絵葉書のように美しい場所が多くあります。

サリーギャップ(Sally Gap)は、絶景を眺められる展望ポイントです。また、ギネスビールを生んだギネス家の邸宅を谷底の湖畔に見ることもできます。

邸宅敷地内の湖は、晴れの日以外は黒っぽく見え、俗称「ギネス湖」とも言われています。

  • ウィックローマウンテンズにある通称ギネス湖
サリーギャップ
アイルランド / 展望・景観
住所:サリーギャップ ウィックロー アイルランド
ウィックロウ・マウンテンズ国立公園
アイルランド / 自然・景勝地
住所:Laragh, Co. Wicklow, アイルランド
Web:http://www.wicklowmountainsnationalpark.ie/

周辺の立ち寄りスポット

ダブリン方面へのドライブやハイキングの途中休憩には、ライブ演奏も行われる趣あるアイリッシュ・パブ「ジョニー・フォックス」で、注ぎたてのギネスビールとアイルランド伝統料理はいかがですか。

  • ウィックロー山にあるパブ「ジョニー・フォックス」
  • パブ「ジョニー・フォックス」は料理もおいしく、数々の賞を受賞するほど。
ジョニーフォックス
アイルランド / 居酒屋・バー
住所:Glencullen, Co. Dublin, D18 X635
電話:+353 1 295 5647
Web:https://www.jfp.ie/

小腹がすいたら、馬小屋を改築したおしゃれなカントリーマーケットを毎週開催するキルラダリー・ハウス&ガーデンにある、オーガニックな暮らしを支えるファーム・マーケットのカフェで一休みするのもいいですね。

  • 馬小屋を改築してできたファーマーズ・マーケット@キルラダリーハウス&ガーデン

次のページを読む

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年6月25日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

ヨーロッパの「窓」のある風景20選!

旅に出ると素敵な街並みの写真を撮ったり、散策してみたくなりますよね。「窓」から覗く風景は、窓枠が額縁のように風景が切り取られてより美しく見えたりします。また、そ...

日本にも上陸!アイルランドの毛織物メーカーAVOCA(アヴォカ)

アイルランドの名産品を語るとき、セーターやストール、スロー(ベッドの上にかける布)等の毛織物なしに語ることはできません。中でも毛織物および小物を扱うお店、AVO...


【アイルランド・ダブリン】ローカル電車DARTで巡る沿線の個性光る街12選

DART(ダート)は、アイルランドの首都ダブリンの南北をダブリン湾に沿って走るローカル電車です。美しい車窓からの風景だけでなく、沿線には個性的で素敵な街が並んで...

ハリーポッター&スターウォーズのモデル!?アイルランド最古の大学、トリニティ・カレッジ

アイルランドの最高学府「トリニティ・カレッジ」。創設400年を越える由緒ある大学でありながら、観光客向けに広く開放されており、威厳のある佇まいが多くの人を魅了し...


全長2,500km!アイルランドの自然の勢いを感じる海岸ドライブコース「ワイルド・アトランティック・ウェイ」

アイルランドはイギリス本島の西側に浮かぶ島国です。アイルランド西部の海岸沿いの2,500kmにわたる道はWild Atlantic Wayと名付けられ、世界最長...

この記事を書いたトラベルライター

暮らすように旅をする
aka-regionです☘
計4年間、ヨーロッパ(フィンランド、アイルランド)で住んでいる間に見聞きしたこと、経験したことを紹介します。旅のテーマは、「暮らすように旅をする」。旅のある暮らし方、ライフスタイル、文化に関する情報を発信していきます!

♬Countries & Areas: Europe (アイルランド、フィンランド他),日本(島根、山陰地方、東京他)
♬Hobbies: アイリッシュフィドル、水泳
♬Speciality: 島好きです!
http://akaregion.blogspot.jp/

【保存版】フィンランドのお土産厳選10選!

北欧デザインにサンタクロース、森の中でのウォーキングにサウナ。こんなキーワードを聞くだけで、ほのぼのとしたおとぎ話の世界が思い浮かぶフィンランド。日本から直行便...

【保存版】アイルランドのお土産・厳選10選

イギリスの西に位置する小さな島国アイルランド。日本よりも北にありますが暖流の影響で1年を通して温暖な気候の過ごしやすい国です。伝統とモダンカルチャーが共存する首...


【保存版】デンマークのお土産・厳選10選!

北欧にあるデンマークはデザイン大国として有名で、近年日本でも注目度がアップしている国の一つです。丁寧な暮らしをするデンマークの人たちが生んだ、人が使いやすい機能...

【保存版】ポルトガルのお土産・厳選10選!

ポルトガルはヨーロッパの西端に位置し、地中海性気候の穏やかな気候で過ごしやすく、食もおいしく古い街並みが美しい国です。カステラやカルタ、天ぷらなどポルトガルと日...


【フィンランド】独立100周年限定商品を買い集めるヘルシンキ街歩き

2017年はフィンランドがロシア帝国から独立を果たしてちょうど100周年の年。フィンランド国内外では、100周年記念を祝う催し物が数多く開催されています。そんな...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?