【アイルランド・ダブリン】ローカル電車DARTで巡る沿線の個性光る街12選

774

view
   2017年9月25日更新

DART(ダート)は、アイルランドの首都ダブリンの南北をダブリン湾に沿って走るローカル電車です。美しい車窓からの風景だけでなく、沿線には個性的で素敵な街が並んでおり、1日券を買って気になる街を散策する楽しみ方ができ、暮らすように旅をすることができます。今回は、DARTが停まる駅の中でも厳選した12駅周辺の見所とその魅力についてご紹介します。

DARTとは?

DART(ダート)は、アイルランド東部に広がるダブリン湾に沿ってアイルランドの首都ダブリンの南北を走るローカル電車です。

車体は薄緑色で、地元の人にとってはダブリンを走るトレードマークのような存在です。

  • ダブリンの南北を走る近郊電車DART

沿線の街には、カフェやレストラン、そして美しい景色が広がり、それぞれの街で特徴があって街歩きを楽しむことができます。

1日券を購入すれば、北端のHowth(ホウス)駅から南端のGraystones(グレイストーンズ)まで乗り降り自由で便利、そして安く移動ができます。

あまり時間がない人は、今回ご紹介する街の中から1か所、目的地の狙いを定めていくのもいいですね。その場合は、片道/往復切符を各駅の券売機で買うことになります。

DARTで立ち寄りたい!首都ダブリン近郊の個性溢れる12の街をご紹介!

1.シーフードのメッカ、海に丘に半島散策はホウス(Howth)

Howth Headとクリフウォーク

Howthの南西部の中心エリアのパブの横にある道(車は一方通行)を上ると、クリフウォークコースの入口があります。入口には、所要時間と難易度の異なる3種類のコースが書かれた看板があるので、好みのコースを選んで出発しましょう。

道中にはコース別に色分けされた印が置かれていて、わかりやすく道が整備されているので歩きやすいです。

  • Howthで崖に沿ってクリフウォーク

絶景の数々の断崖と海原の眺めは最高です。

  • Howthのクリフウォーク

Howth Headはホウス半島の頂上となります。ゴルフ場を横切った先に、石で囲まれたスペースが現れます。ダブリン湾と市街地、郊外の浜辺など遠くまで見通すことができ、とても気持ちのよい場所です。

  • Howthの丘の上からの眺め

パブでフィッシュ&チップスとギネスと、音楽と。

Howthの西側の港には、沿岸にパブやレストラン、週末に開かれるマーケットや雑貨屋などが立ち並んでいます。Howthのレストランやパブ等で提供される魚料理は新鮮でシンプルに調理してあり、おいしいです。

  • Howthのレストラン「AQUA」でランチ。写真は、白身魚のグリル焼き(€13≒1,700円)

港の埠頭の先端に位置するレストラン‘’「AQUA(アクア)」‘’は、床から天井までガラス張りでおしゃれな雰囲気のレストランです。日々変わる海の様子を見ながらの食事は、光線などが毎日違い、自然の移ろいを感じることのできる絶景レストランとなっています。

  • 海に張り出したHowthのレストラン「AQUA」

クリフウォークの入口に近いパブ「O’Connells(オ・コンネルズ)」は、ギネスビールはもちろんのこと、イカのフリッターやフィッシュ&チップス等の食事も美味です。また、日曜午後には定期的にアイルランド伝統音楽のセッションも開かれています。

下車駅:ホウス(Howth)駅
ホウス岬

アイルランド / 展望・景観

 

住所:Howth Head, Howth, Co. Dublin, アイルランド

クリフウォークコース

アイルランド / 自然・景勝地

 

住所:Cliff Walk, 22 Balscadden Rd, Howth, Dublin, アイルランド

アクアレストラン

アイルランド / 洋食・西洋料理

 

住所:Aqua Restaurant, 1 West Pier, Howth, Dublin 13, アイルランド

Web:http://aqua.ie/

O'Connells

アイルランド / 居酒屋・バー

 

住所:O'Connells, E Pier, Howth, Dublin, アイルランド

Web:http://oconnellsrestaurant.com/

ホウス駅

アイルランド / 駅・空港・ターミナル

 

住所:Howth, Dublin, アイルランド

2.古城やAVOCAカフェでゆったり過ごすマラハイド(Malahide)

マラハイド城をとりまく公園が市民にも人気のスポットです。

  • マラハイド城

マラハイド城は、14世紀に建設され、800年にも渡ってマラハイド城の城主を務めたタルボット家が20世紀初頭まで居住していました。

緑の芝生の大地にモダンな建物ビジターセンターが見えます。それがアイルランドの人気テキスタイル雑貨店AVOCAが展開するカフェとなっています。

  • マラハイドのAVOCAのカフェ&雑貨屋。

お城とまわりの公園散策の後は、ぜひAVOCAのカフェでお茶しませんか。

  • マラハイド城近くにある教会廃墟
下車駅:マラハイド(Malahide)駅
Avoca Malahide

アイルランド / カフェ・喫茶店

 

住所:Avoca Malahide, Malahide Castle Malahide Demense, Dublin Rd, Malahide Demesne, Malahide, Co. Dublin, アイルランド

Web:https://www.avoca.com/explore/stores/?id=14

マラハイド城

アイルランド / 建造物

 

住所:マラハイド城, アイルランド County Dublin, Malahide, Malahide Demesne

Web:https://www.malahidecastleandgardens.ie/

マラハイド駅

アイルランド / 駅・空港・ターミナル

 

住所:Malahide Train Station, Malahide, Co. Dublin, アイルランド

3.ダブリン中心部での街歩きはタラストリート(Tara Street)駅から

ダブリン市街地に行くには、タラストリート駅が便利です。地方都市へ行く時の電車が集結し、ダブリンの中央駅のような役割を担っています。

  • いつも賑やかなTemple Bar地区。

タラストリート駅からほど近いアイルランド最高学府のトリニティ・カレッジは必見です。創設400年を超える歴史ある大学で、旧図書館には8世紀の新約聖書の装飾写本『ケルズの書』があります。

  • アイルランドの最高学府「トリニティ・カレッジ」

また、映画『スターウォーズ』や『ハリーポッター』シリーズのモデルにもなった20万冊に及ぶ蔵書が収められるロングルーム(旧図書館2階部分)も必見です。

  • トリニティ・カレッジのLong Room

その他にもタラストリート駅を起点に、数多くの観光スポットにアクセスできます。アイルランドのウィスキーの製造やブランドに関する展示、テイスティングが楽しめるアイリッシュ・ウィスキー博物館や、質の高い優雅なアフタヌーンティーが楽しめるMerrion Hotel:メリオンホテルもあります。

  • ダブリン中心街をお散歩。
下車駅:タラストリート(Tara Street)駅
トリニティ・カレッジ

アイルランド / 建造物

 

住所:Trinity College Dublin, the University of Dublin College Green Dublin 2, Ireland

電話:+353-1-896-1000

Web:http://www.tcd.ie/

アイリッシュ・ウィスキー・ミュージアム

アイルランド / 博物館・美術館

 

住所:119 Grafton Street, Dublin 2, Ireland

電話:+353 1 525 0970

Web:http://www.irishwhiskeymuseum.ie/

ザ メリオン ホテル ダブリン

アイルランド / ホテル

 

住所:Sráid Mhuirfean Uachtarach, Dublin 2, Ireland

電話:+353 1 603 0600

Web:http://www.merrionhotel.com/

タラストリート駅

アイルランド / 駅・空港・ターミナル

 

住所:Tara Street Station, Dublin, アイルランド

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年9月18日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
暮らすように旅をする

aka-regionです☘
計4年間、ヨーロッパ(フィンランド、アイルランド)で住んでいる間に見聞きしたこと、経験したことを紹介します。旅のテーマは、「暮らすように旅をする」。旅のある暮らし方、ライフスタイル、文化に関する情報を発信していきます!

♬Countries & Areas: Europe (アイルランド、フィンランド他),日本(島根、山陰地方、東京他)
♬Hobbies: アイリッシュフィドル、水泳
♬Speciality: 島好きです!

http://akaregion.blogspot.jp/

同じテーマの記事

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!