アイルランド
アイルランド観光
アイリッシュウイスキーやギネスビールで知られる国

天空の城をゆく 神秘のアイルランド「ロック・オブ・キャッシェル」

取材・写真・文:

島根在住
訪問エリア:35ヶ国

2017年1月13日更新

467view

お気に入り

写真:aka-region

アイルランド中部は、比較的平らな土地にゴロゴロとした岩がむき出しになった特徴的な地形をもち、遺跡や石で建てられた城も多く存在します。今回ご紹介するのは、そんな平らな土地にありながら丘の上にそびえ立つ、かつての要塞です。数世紀にわたる戦いの時を経て、現在は廃墟となった2つの要塞ですが、その威厳のある雰囲気は訪れる人々を魅了し続けています。アイルランド中世の人々の足音が聞こえてきそうな、哀愁漂う時空を超えた旅へとご案内します。

天空の城「Rock of Cashel」とは?

平坦なティッペラリー州の土地に突如として現れる、高さ90mの丘。その上に建つのが、5世紀に起源をもつ要塞・Rock of Cashel(ロック・オブ・キャッシェル)です。

  • 写真:aka-region威厳のあるRock of Cashelの姿

ロック・オブ・キャッシェルは、1,000年以上にわたって王室と宗教の権力の象徴として存在しました。5世紀時点ではこの地域の王が居住し、1101年になると教会に譲渡されます。その後17世紀初頭の3,000人を擁するクロムウェル軍の侵攻に至るまで、宗教の中心地として栄えました。

  • 写真:aka-region教会跡

現在でも中世の面影を残し、大聖堂やケルト十字のある墓地、居室、礼拝堂の跡などが残されています。

  • 写真:aka-region城内部から見る田園風景

Rock of Cashelの敷地内の、現在は廃墟となった建物群は、古い部分で12世紀、新しいものでも15世紀に遡ります。12世紀のものは、ラウンドタワーやコーマックの礼拝堂です。

建物群の中で最も広い範囲にあるのが大聖堂で、13世紀に建てられたものです。積み上げられた石と石の間から植物が生えたり、崩れた箇所も多く目立ちますが、大聖堂にはかつてステンドグラスがはめられていた窓も残り、当時の面影を遺しています。

  • 写真:aka-region時空を超えた旅

大聖堂の外側にある墓地には、アイルランドを始めとしたケルト文化が根強い地域でのみ見ることのできる珍しい十字架があります。それがケルト十字です。ケルト十字が普通の十字架と異なるのは、キリスト教のシンボルである十字の交わるところに、太陽のシンボルである円環がある点です。

この円環はキリスト教にはないケルト宗教特有の輪廻の思想を表しているとも言われています。Rock of Cashelにある石でできたケルト十字も、他のケルト十字と同様、ケルト独特の渦巻き文様が細やかに描かれています。

  • 写真:aka-region敷地内にはケルト十字の十字架が数多くあります

丘の上から見る田園風景は、アイルランドにしては珍しく川や湖といった水の気配がありません。自然のものを使った垣根によって土地が区画され、どこまでも平らな草原となっています。この風景はおそらく当時からさして変わっておらず、時空を超えた中世アイルランドに想いを馳せる時間となるでしょう。

  • 写真:aka-region城下の田園風景
ロック・オブ・キャッシェル
アイルランド / 建造物
住所:Rock of Cashel, Co. Tipperary, Ireland地図で見る

ロック・オブ・キャッシェルの姉妹版がある?

Rock of Cashelに似た天空の城が、85km離れたLaois(リーシュ)州にあります。それがRock of Dunamase(ロック・オブ・ダナメーズ)です。

  • 写真:aka-regionRock of Dunamase全景

Rock of Cashelから一直線、車で国道M8号線を北上すると、高さ45mの小高い丘に建つRock of Dunamaseが見えてきます。歴史書を紐とくと、その名前が最初に書かれたのは西暦843年のことで、もともと要塞だったRock of Dunamaseがヴァイキングによって侵略されたとのことです。

  • 写真:aka-regionRock of Dunamaseにも立ち寄る価値あり!

その後ノルマン人がアイルランドに到着した12世紀には、Rock of Dunamase内に教会のホールや門が構えられました。17世紀、クロムウェル軍の侵略によって城は崩落しましたが、廃墟となった今でも当時の面影を残し、変わらぬアイルランド中部ののどかな田園風景を望めます。

  • 写真:aka-regionRock of Dunamaseからの眺め

Rock of Cashelと比べると規模は小さく、保存状態も劣りますが、味わいのある雰囲気でアイルランド中部の平原を横切る風を感じる、記憶に残る場所になるはずです。

  • 写真:aka-region廃墟となったRock of Dunamase
ロック・オブ・ダナメーズ
アイルランド / 建造物
住所:Rock of Dunamase, Co. Laois, Ireland地図で見る

アイルランドの旅行予約はこちら

アイルランドのホテルを探す

アイルランドの航空券を探す

アイルランドのパッケージツアーを探す

アイルランドの現地アクティビティを探す

アイルランドのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年1月10日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

ピラミッドより古い!?古代人類のルーツを知るアイルランドのニューグレンジ遺跡

アイルランド共和国には、ストーンヘンジにも似たミステリーサークルのある古代遺跡が各地に点在しています。中でも首都ダブリンから車で約1時間のところにあるブルー・ナ...

【アイルランド・ダブリン】ローカル電車DARTで巡る沿線の個性光る街12選

DART(ダート)は、アイルランドの首都ダブリンの南北をダブリン湾に沿って走るローカル電車です。美しい車窓からの風景だけでなく、沿線には個性的で素敵な街が並んで...


『スター・ウォーズ』最新作他あの有名映画の隠れロケ地を巡る、アイルランド周遊スポット5選!

アイルランドがロケ地となった映画やドラマ...あなたはいくつご存知でしょうか?2017年12月公開の映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』、アメリカの人気ドラ...

ヨーロッパの「窓」のある風景20選!

旅に出ると素敵な街並みの写真を撮ったり、散策してみたくなりますよね。「窓」から覗く風景は、窓枠が額縁のように風景が切り取られてより美しく見えたりします。また、そ...


アイルランドで訪れるべき王道スポット厳選10選

2017年に日本との外交関係樹立60周年となるヨーロッパ西端の島国・アイルランド共和国。音楽、デザイン、ビジネス、政治など様々な面で独自の文化を保有し、日本での...

この記事を書いたトラベルライター

暮らすように旅をする
aka-regionです☘
計4年間、ヨーロッパ(フィンランド、アイルランド)で住んでいる間に見聞きしたこと、経験したことを紹介します。旅のテーマは、「暮らすように旅をする」。旅のある暮らし方、ライフスタイル、文化に関する情報を発信していきます!

♬Countries & Areas: Europe (アイルランド、フィンランド他),日本(島根、山陰地方、東京他)
♬Hobbies: アイリッシュフィドル、水泳
♬Speciality: 島好きです!
http://akaregion.blogspot.jp/

【保存版】フィンランドのお土産厳選10選!

北欧デザインにサンタクロース、森の中でのウォーキングにサウナ。こんなキーワードを聞くだけで、ほのぼのとしたおとぎ話の世界が思い浮かぶフィンランド。日本から直行便...

【保存版】ポルトガルのお土産・厳選10選!

ポルトガルはヨーロッパの西端に位置し、地中海性気候の穏やかな気候で過ごしやすく、食もおいしく古い街並みが美しい国です。カステラやカルタ、天ぷらなどポルトガルと日...


【保存版】デンマークのお土産・厳選10選!

北欧にあるデンマークはデザイン大国として有名で、近年日本でも注目度がアップしている国の一つです。丁寧な暮らしをするデンマークの人たちが生んだ、人が使いやすい機能...

【保存版】アイルランドのお土産・厳選10選

イギリスの西に位置する小さな島国アイルランド。日本よりも北にありますが暖流の影響で1年を通して温暖な気候の過ごしやすい国です。伝統とモダンカルチャーが共存する首...


【保存版】オランダのお土産・厳選10選!

ヨーロッパ北西部にあるオランダ王国は、チューリップ畑に水車といった田園風景や運河沿いの家々の街並みが代名詞的存在の牧歌的な国です。また画家レンブラントやフェルメ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?