日本

一度は訪れたい日本の三大名瀑!

取材・写真・文:

愛知在住
訪問エリア:47都道府県

2020年7月3日更新

1,080view

お気に入り

写真:ひさし

日本国内ではいたるところで様々な滝が流れ、自然の風景を演出し、多くの人々を癒しています。その中でも今回は、一般的によく知られている日本三大名瀑「袋田の滝」「華厳の滝」「那智の滝」の魅力をお伝えします。

この記事の目次表示

三大名瀑とは

  • 写真:ひさし華厳の滝

三大名瀑とは、日本国内に数ある滝の中でも日本を代表するとされる3つの滝です。

一般的には茨城県にある「袋田の滝」、栃木県の「華厳の滝」、そして和歌山県にある「那智の滝」を総称して「日本三大名瀑」と呼ぶことが多いです。

袋田の滝(茨木県大子町)

  • 写真:ひさし袋田の滝

久慈川の支流である滝川の上流にある、落差120mの雄大な滝です。4段になっている大岩壁を流れ落ちていく事から、別名「四度の滝」とも言われています。また、四度の滝の名前の別説では、西行法師が「この滝は春夏秋冬に一度ずつ来てみなければ、真の風情は味わえない」と絶賛したからだとも言われています。

  • 写真:ひさし袋田の滝

駅もしくは駐車場から滝川沿いに歩くと、滝への入口「観瀑トンネル(利用料金:300円)」があります。

  • 写真:ひさし袋田の滝

昭和54年に完成した長さ276mのトンネルを抜けると「袋田の滝」を間近で見る事ができる「第一観瀑台」があり、スケールの大きさを肌で感じる事ができます。

  • 写真:ひさし袋田の滝

また、平成20年には「第一観瀑台」から「新観瀑台(第二観瀑台)」へと繋がるエレベーターが整備されました。エレベーターで高台に設置された「第二観瀑台」へと上がると、袋田の滝を見下ろせる絶景スポットとなっています。

  • 写真:ひさし袋田の滝
【滝の規模】落差120m・滝幅73m
【アクセス】JR「袋田駅」より徒歩約40分/常磐自動車道「那珂IC」より国道118号線経由約50分
袋田の滝
茨城 / 自然・景勝地 / 観光名所 / 絶景 / 滝 / 紅葉 / パワースポット / 女子旅 / 一人旅 / 春のおすすめ観光スポット / 夏のおすすめ観光スポット / 秋のおすすめ観光スポット / 冬のおすすめ観光スポット / ハイキング / インスタ映え / ツーリング
住所:茨城県久慈郡大子町袋田地図で見る
電話:0295-72-0285
Web:http://www.town.daigo.ibaraki.jp/page/page001474.h...

華厳の滝(栃木県日光市)

  • 写真:ひさし華厳の滝

関東でも有数の観光地として知られる「日光」にある名瀑です。男体山(標高2,486m)の噴火によって作られた「中禅寺湖」から流れ出た水が「華厳の滝」として流れ落ちています。

  • 写真:ひさし男体山
  • 写真:ひさし中禅寺湖

「華厳」と言う名前は、仏教諸宗派の「華厳経」から名付けられたとされています。

  • 写真:ひさし華厳の滝

滝の北側には滝壺へとつながる「華厳滝エレベーター(利用料金:570円)」が設置されています。エレベーターで降りると観瀑台があり、華厳の滝を正面に見る事ができる他、滝壺を間近で見る事ができます。

また、「華厳の滝」は水量が豊富な滝としても知られており、平均して3トンの水が97m下の滝壺に向かって流れ落ちていると言われています。そのため、観瀑台はマイナスイオンたっぷりのスポットでもあります。

  • 写真:ひさし華厳の滝
  • 写真:ひさし華厳の滝

「華厳の滝」周辺では、「竜頭の滝」や「湯滝」など、日光を代表する観光スポットとなっている滝を始め、大小様々な滝を見る事ができます。

  • 写真:ひさし竜頭の滝
  • 写真:ひさし湯滝
【滝の規模】落差97m・滝幅10m
【アクセス】JR「日光駅」もしくは東武鉄道「東部日光駅」からバスで約50分/日光宇都宮道路「清滝IC」より約20分
華厳の滝
日光 / 自然・景勝地 / 観光名所 / 絶景 / 滝 / パワースポット / 女子旅 / 春のおすすめ観光スポット / 夏のおすすめ観光スポット / 秋のおすすめ観光スポット / ハイキング / 紅葉 / ツーリング
住所:栃木県日光市 中宮祠地図で見る
電話:0288-54-2496
Web:http://www.nikko-kankou.org/spot/5/

那智の滝(和歌山県那智勝浦町)

  • 写真:ひさし那智の滝

前記した2つの滝とは少し違う、こちらの「那智の滝」。最大の特徴は、世界遺産に登録されている「熊野那智大社」にある「飛瀧神社」の御神体であり、多くの人々の信仰の対象となっている点です。

  • 写真:ひさし那智の滝

飛瀧神社の境内にある「御瀧拝所舞台(参入料金:300円)」からは「那智の滝」を間近で見る事ができます。しぶきをあげながら、毎秒1トンの水が流れ落ちる景観は圧巻です。

  • 写真:ひさし飛瀧神社と那智の滝
  • 写真:ひさし那智大社
  • 写真:ひさし那智大社

古くから熊野信仰の中心であった「那智の滝」は、『古事記』や『日本書記』にも登場する滝であり、日本の歴史とともに歩んできた滝とも言えるでしょう!

  • 写真:ひさし那智の滝
  • 写真:ひさし那智大社三重の塔と那智の滝
【滝の規模】落差133m・滝幅13m
【アクセス】JR「紀伊勝浦駅」からバスで約30分/国道42号線より県道に入って約25分
那智の滝
那智勝浦町(東牟婁郡) / 自然・景勝地 / 観光名所 / 絶景 / インスタ映え / 滝 / 紅葉 / 女子旅 / 一人旅 / 秋のおすすめ観光スポット / ツーリング / 世界遺産 / サイクリング
住所:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山地図で見る

次のページを読む

日本の旅行予約はこちら


日本のパッケージツアー(新幹線・飛行機付宿泊プラン)を探す

日本のホテルを探す

日本の航空券を探す

日本の現地アクティビティを探す

日本のレンタカーを探す

日本の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


日本三名瀑【華厳の滝・那智の滝・袋田の滝】&三名瀑に負けないおすすめの滝7選!

日本三名瀑に数えられる華厳の滝・那智の滝・袋田の滝。そして日本にはこの三名瀑にも負けないスケールや美しさを誇る名瀑がまだまだ存在します。この記事では日本三名瀑と...


【2024】日本の人気の滝TOP35!旅行好きが行っている全国の滝ランキング

華厳の滝や袋田の滝、白糸の滝などをはじめとする日本の人気の滝を、トリップノートの9万2千人を超える旅行好きトラベラー会員(2024年1月現在)が実際に行っている...

【奈良】みたらい渓谷ハイキング!遊歩道を歩くハイキングコースで洞川温泉へ

奈良の奥地に位置するみたらい渓谷。清流に沿って遊歩道のハイキングコースが整備されており、渓谷美を堪能しながら気軽にハイキングが楽しめます。天川村からスタートし、...

福井県で滝めぐり!おすすめの滝8選

本記事では福井県で観られるおすすめの滝を紹介いたします。日本の滝100選に選ばれている名瀑や船でしか行く事ができない滝、福井を代表する景勝地「越前海岸」に流れ込...

【奈良】一言で願ったら何でも叶う!葛城一言主神社と御所市おすすめスポット

「願い事を一言で願ったら、何でも叶えてあげよう」そう聞いたら絶対に訪れたくなりますよね。奈良県御所市にある葛城一言主神社(かつらぎ ひとことぬしじんじゃ)は、全...

この記事を書いたトラベルライター

自由きままな国内旅行
みなさまこんにちは!休日の時間を利用して日本国内を旅行しています。ここでは実際に行って感じた魅力を中心にメジャーな観光地から、実際に足を運んで得たローカルな情報などを発信していきますので、ぜひ国内旅行をされる際の参考にしていただければ幸いです。

長野屈指のドライブコース「ビーナスライン」の見どころ9選!

茅野市街から美ヶ原高原に続く「ビーナスライン」は、長野県で人気のドライブルートです。約80kmからなるドライブコースは、見どころも満載です。今回は素敵な自然の風...


日本最大の湖「琵琶湖」に浮かぶ4つの島の魅力!

滋賀県にある日本最大の湖「琵琶湖」の中には4つの島があり、内3つの島には船で渡る事ができます。島にはそれぞれの特徴と魅力があります。今回は琵琶湖に浮かぶ島を紹介...


【北海道】千歳から洞爺湖を目指す絶景ドライブ旅!

北海道の空の玄関「千歳空港」から、2008年サミット(主要国首脳会議)の会場となった洞爺湖までの間は、太平洋に沿うような形で観光名所が点在しています。今回は、千...

福井県で滝めぐり!おすすめの滝8選

本記事では福井県で観られるおすすめの滝を紹介いたします。日本の滝100選に選ばれている名瀑や船でしか行く事ができない滝、福井を代表する景勝地「越前海岸」に流れ込...

岐阜のローカル線・魅力溢れる「長良川鉄道」沿線案内

岐阜県を流れる清流「長良川」に沿って走る長良川鉄道は、魅力いっぱいの観光スポットを持つ鉄道です。今回は魅力溢れる長良川鉄道の歴史や沿線概要とともに、沿線の観光ス...

トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります