鎌倉
鎌倉観光
古都の町並みが美しい日本を代表する観光地のひとつ

鎌倉の水の寺で大人の静寂を楽しもう「海蔵寺」

取材・写真・文:

神奈川在住
訪問エリア:47都道府県

2018年9月6日更新

2,765view

お気に入り

写真:えいぶゆう/TossyPhoto

鎌倉にある海蔵寺は通称「花の寺」や「水の寺」と呼ばれ、ゆったりと自然を楽しむ人々に人気のお寺です。常に観光客で賑わう鎌倉駅から少し足を延ばすだけで、すがすがしい自然と静寂を楽しむことができます。日々の忙しさや騒々しさから離れて、静かにゆっくり自分と向き合いたい。そんな人にお勧めの海蔵寺をご紹介します。

この記事の目次表示

海蔵寺ってどんなところ?

海蔵寺は四季を通じて花が絶えない「花の寺」として有名です。同時に鎌倉でもいわれのある井戸を有し、「水の寺」としても人気があります。

そして今回海蔵寺で一番にお勧めしたいポイントが、何よりも静かなお寺だということ。

鎌倉といえば、平日でも多くの観光客でにぎわい、常に人の気配が絶えない人気の観光地ですが、ここ海蔵寺は鎌倉駅から少し足を延ばしたところにあるので、静かにのんびりしたいという人にピッタリ!

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto海蔵寺境内

訪れる人も「花の寺」「水の寺」である、自然や風景美を愛でる目的が多いためか、みな穏やかな気配で境内をまわっている感じがします。

そして見どころもたくさん。順番にご紹介してまいりましょう。

底脱の井

山門をくぐる前から、海蔵寺の見どころは始まっています。知らないとそのまま素通りしてしまう人も多い、知る人ぞ知る見どころ。

山門を正面に右側に細い道路が通っています。その脇にひっそりと「底脱の井(そこぬけのい)」があります。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto底脱の井

鎌倉にはいくつか歴史的な水場があり、代表的なものを総称して「鎌倉十井(かまくらじっせい)」と呼んでいます。これは良質な水源であったり、曰くが残っている井戸を選定して名付けられました。

ここ底脱の井は鎌倉十井のひとつなのです。どのような歴史的いわれがあるのかご紹介しましょう。

室町時代に、とある女性が尼僧として修業に励んでいたときのこと、この井戸で桶に水をくんだところ、桶の底がズボッと抜けてしまいました。この底が抜けたことで、この女性は悟ったと言われています。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto底脱の井のいわれの書かれた紹介版

ええー、桶の底が抜けただけで悟っちゃうの!?と思ってしまいますが、私なりにその理由を想像してみました。

今のように蛇口をひねれば水が出るという時代と違って、必要な水量を人の手によってくみ上げるというのは大変な労力を要するものだったことでしょう。せっかく大変な思いをして汲み上げた水が、桶の底が抜けてバシャっと一気に台無しになってしまったのですから、日常のささいな事とはいえ、「ああ~もう!!」とムシャクシャしてしまいそうです。

でも、この女性はその事が「何かにこだわりを持ったとしても、しょうがない時はしょうがない。」というような気持になったのではないでしょうか。物事に対するこだわりがとれ、結果として悟ることができたのではないかと、井戸を見ていたらそんな考えが浮かんできました。

ちなみに、この底脱の井の「底」は、単に桶の底という意味にとどまらず、心の底という意味があるとも言われていますよ。

庫裏

山門を抜けると、右奥に木造2階建ての建物があります。これは「庫裏」と呼ばれているもので、読み方は「くり」です。そのまま読むと「こり」と読んでしまいそうですが、この機会に覚えてしまいましょう。

この庫裏(くり)とは、「裏」という漢字がつくように、お寺のバックヤード的な建物です。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto庫裏

どのように使われるかというと、僧侶の住居、調理場、寺務所という用途が一般的だそう。住居という用途から、一般の民家と似たような外観を持つものも多いのです。

なるほど、ここの庫裏も住居としての用途なのか「古民家」という雰囲気を持っています。雰囲気だけでなく純正の古民家で、なんと建立は江戸時代!

鎌倉にある寺院の庫裏の建築様式を代表するもののようで、歴史的価値が非常に高いと言われています。

薬師堂

庫裏の真正面には、薬師堂と呼ばれる仏殿があり、薬師三尊像と十二神将像を安置しています。

薬師三尊像とは、薬師如来を中央に、向かって右側に日光菩薩、左側に月光菩薩を配置した仏像の総称です。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto薬師堂

自らの場所を伝えた薬師如来

薬師如来はなんとなく「薬」関係のなのかなと漠然としたイメージがありますが、この機会にお勉強してしまいましょう。

薬師如来は病気をいやしてくれる如来で、基本的には「薬壺(やっこ)」と呼ばれる壺を手に持っています。薬壺の中には、どのような病気も治す万能の薬が入っています。

海蔵寺の薬師如来は面白い逸話があります。

その昔、当時の和尚さんが赤子の鳴き声を耳にしました。毎晩のように聞こえるその鳴き声の出所をたどっていくと、その声は地面からしているではありませんか!(状況的にはすごく怖い・・・)

和尚さんが地面を掘ってみると、薬師如来の頭部が出てきたと言われています。

現在の薬師如来像には、胸のところに扉がついていて、なんとその時に出土した頭部が収められているのだそう。胸のあたりにある、扉っぽいもの見えますか?

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto薬師如来

日光・月光菩薩

日光・月光菩薩は、実は何々菩薩と「菩薩」がつく菩薩界の中では、最上の位を持つ菩薩なのです。

名が示す通り、それぞれ太陽の光と月の光を象徴しています。菩薩界で最上ということと、安定したたたずまいが大人然としていますが、もとは薬師如来の子供の「日照・月照」でした。

子供だったんだ・・・!という驚きと、薬師如来に子供がいたんだ・・・!というWの衝撃。深く知ろうとすると、いろいろ面白い発見があるものです。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto薬師如来と両サイドの日光・月光菩薩

日光は煩悩の闇を太陽のように照らし、月光は慈悲の光を照らすと言われています。

十二神将

十二神将は薬師如来の眷属(けんぞく、従者のこと)で、薬師如来とセットで配置されることが多いのです。つまり、薬師如来ファミリーがいらっしゃるときは、けっこうにぎやかな集団になるわけですね。

十二神将は、薬師如来のボディーガードです。十二神将のそれぞれが、7,000の夜叉を従えていて(薬師如来ファミリー規模でかすぎ!)、薬師如来のみならず薬師経を唱えるものも守っています。

ボディーガードですから、それぞれ戦えるように甲冑を身につけ、武器を持ち、顔は憤怒の表情で「いつでもかかってこいや!」的な臨戦態勢をしています。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoずらずらっと両サイドに十二神将が構える

本堂

薬師堂、庫裏のさらに奥に本堂があります。境内でその存在感を十二分に示すどっしり感があります。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto本堂外観

本堂は、ひろびろとした畳敷きの空間で、さっぱりした雰囲気。奥には、開山の心昭空外坐像が安置されています。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto広々とした本堂

4つのやぐら

本堂の左横には、4つのやぐらがあります。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto4つのやぐら

奥のやぐらには長い年月を経たであろう朱色の鳥居が収まっており、ここには宇賀神が祭られています。

宇賀神は日本の古来の神様で、人の頭に蛇の胴体という姿をしています。神徳の一つに水の神様の一面があり、水の寺である海蔵寺に祀られています。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto年月を経た朱色の鳥居のあるやぐら

手前のやぐらはお墓となっています。

非公開だけど必見の裏庭

本堂の真裏にはお庭があります。基本的には非公開ですが、本堂わきから眺めることができちゃいます。

四季によって見せる印象はさまざまですが、訪れた日は陽光を受けた鮮やかな緑と、少し秋の気配を感じさせる色づき始めた木々の配色があいまって、素晴らしい景色でした。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto裏庭

十六の井

ここで少し境内中央に戻ってみましょう。庫裏の正面に真っ赤な日本傘があり、その下にパンフレット類などが置かれた台があります。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto日本傘と拝観料を収めるボックス

その台の上に、十六の井の拝観料100円を収める箱があるので、100円を収めて、薬師堂わきの細い道を通っていきます。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto薬師堂の脇道

道なりに進んでいくと、途中にどーんと洞窟をトンネルにしたみたいな荒々しいアーチが登場。思わず「なんだなんだ!」と声を出してしまうスポットです。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto洞窟トンネル?

ここを訪れる人の定番記念撮影スポットでもあります。珍しい景色なので、ここで撮った写真は自慢できますよ~!

さらに奥に進むと、道路右側に弘法大師によって掘られたという十六の井がお目見え。円形に等間隔で掘られたくぼみが16個あり、そこに浅く水が張られています。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto十六の井外観

薄暗い十六の井の奥には、観音様と弘法大師像が祭られています。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto十六の井内観

いかがでしたか?実際に行ってみると、静かなたたずまいは日々の喧騒を忘れるのにピッタリ!少し鎌倉駅から離れていますが、それがメリットとなった素敵なお寺。ぜひ訪れてみてくださいね!

海蔵寺
鎌倉 / 寺 / 紅葉 / 穴場観光スポット / あじさい名所
住所:鎌倉市扇ガ谷4-18-8地図で見る
電話:0467-22-3175

次のページを読む

鎌倉の旅行予約はこちら


鎌倉のパッケージツアー(新幹線・飛行機付宿泊プラン)を探す

鎌倉のホテルを探す

鎌倉の航空券を探す

鎌倉の現地アクティビティを探す

鎌倉のレンタカーを探す

鎌倉の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


日本のおすすめパワースポット24選!全国の最強パワースポット特集

日本の総氏神のように信仰される天照大御神をお祀りする伊勢神宮や、”願いが叶うパワースポット”として有名な来宮神社、全体が最強パワースポットと言われる皇居など、日...


【2023年版】旅行者が行った日本国内の人気観光スポットランキングTOP48!

2023年にトリップノートのトラベラー会員が登録した「行ったスポット」のデータを元に、トラベラーのみなさんが実際に訪れた国内の人気観光スポットランキング【202...

関東のデートスポット32選!カップルのお出かけにおすすめ

スクランブル交差点を一望できるルーフトップラウンジや、台湾旅行気分を味わえる法水寺、カップルでのドレス体験も人気のロックハート城など、カップルで行きたいデートに...

【関東】夏のおすすめ花畑42選!初夏〜真夏に見頃を迎える花の名所ガイド

初夏〜真夏は、春バラにあじさい、ハナショウブ、ラベンダーにひまわりなどの花々が見頃を迎える季節。しっとりした梅雨空やまぶしい夏空の下に広がる花畑の光景は、まさに...

運気が上がる神社に自然のパワースポットも!関東のおすすめパワースポット30選

パワーをもらえると近年話題の「亀岩の洞窟」や東洋のナイアガラと言われる「吹割の滝」、三猿の彫刻で有名な「日光東照宮」やメディアでの評判も高い「三峯神社」など、関...

この記事を書いたトラベルライター

旅はいつも心のまんなかに
知らない土地、知らない文化、知らない人。知らない何かがいつも自分の心を広げてくれます。広がったその先を見てみたい。その探求心や好奇心はそのまま「旅」として、いつも心のまんなかにあります。

えいぶゆう(文)とTossyPhoto(写真)の2人で、心のまんなかにある「旅」を切り取っていきます。

あなたの心にも旅の灯がともりますように。

本当は教えたくない!鎌倉の隠れ寺「寿福寺」

沢山の寺院が並ぶ鎌倉の中で、鎌倉幕府が定めた鎌倉五山に名を連ねる「寿福寺」。鎌倉幕府の中核を担った北条政子のお墓があるなど、鎌倉を興した人々に多くのゆかりがある...


絶対後悔させない!湘南【江の島】の超詳しい観光&時間ガイド

湘南を代表する観光スポット「江の島」。どメジャーな観光スポットですが、意外にもガイドブックでは紙面の都合からか、江の島の見どころを収めきれていないんです。実際に...


【神奈川県・三浦半島】侮れない!プチ本格登山を楽しむ三浦アルプス

神奈川県の三浦半島にある三浦アルプスは、逗子、葉山、横須賀の境界にある山稜地帯です。三浦アルプスの一番の魅力は、200m程度の低い山々にもかかわらず、まるで原生...

超超超初心者におすすめ!本当に楽な神奈川のハイキング5選

神奈川県には気軽に登山・ハイキングできる自然がたくさんあります。でも、「初心者におすすめ」の情報を見て、行ってみたらキツかった。なんてことはありませんか。超がつ...

【ベトナム】半日で巡る!お土産天国ダナン市街の見どころ

ベトナム中部の都市ダナンは、お土産天国と言っても差支えないほど、様々な名品が低価格で購入できるんです。中には女子ウケするカワイイ小物もいっぱい。そんなダナン市街...

トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります