鎌倉
鎌倉観光
古都の町並みが美しい日本を代表する観光地のひとつ

【神奈川・小動神社】神様が大歓迎してくれる神秘的な神社

取材・写真・文:

神奈川在住
訪問エリア:47都道府県

2020年2月13日更新

3,818view

お気に入り

写真:えいぶゆう/TossyPhoto

その昔、風がないのに美しくゆらぐ松があったことから小動という名が付いた神奈川県鎌倉市にある小動神社。夢で神様に呼ばれて訪れる人も多いという不思議な神社をご紹介します。

この記事の目次表示

なんて読むの?小動神社

小さく動くと書いて小動神社。現代の感覚で読むと「しょうどうじんじゃ」と読んでしまいそうですが、正解は「こゆるぎじんじゃ」です。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto小動神社

その昔、風がないのに美しくゆらぐ松があったことから小動(こゆるぎ)という名が付きました。なかなか風情あるお名前ですよね。でも、風がないのに松が揺らぐ、この現象こそパワースポットの条件であることをご存知でしょうか?ゆっくりご紹介して参りましょう。

どこにあるの?

小動神社は、神奈川県鎌倉市にあります。最寄り駅は江ノ島電鉄(通称江ノ電)の腰越駅。腰越駅はとっても小さく、単線のためホームは片側のみ。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto腰越駅

ここから小動神社までは徒歩数分ですが、腰越駅にきたらぜひ街の風景も楽しんでいただきたいポイント。というのも、腰越駅から江ノ島駅の間は江ノ電が道路の上を走るんです。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto現在地から左上に小動神社がある

江ノ電は鉄道事業法では鉄道として分類されていますが、腰越と江ノ島の間は国交省から特別なお許しを得て、道路に線路を引いているのです。商店街の道路のど真ん中を、鉄道の車両がずんずんと走る光景は、なかなか見ものですよ。このあたりではこの風景をお目当てにカメラを構える人の姿も多く見かけられます。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto街中を走る江ノ電

こんな風に建物のスレスレを通る風景は江ノ電ならでは!

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto建物のスレスレを走る江ノ電

鳥居

徒歩5分程度で、小動神社の鳥居に到着。神社のお社は海に面しているので、鳥居から神社のほうを眺めていると、さわやかな潮風を感じます。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto鳥居

鬼子母神

鳥居をくぐって参道をしばらく歩くと、左手に鬼子母神が祀られています。鬼子母神は安産や育児の神様。しかし鬼子母神は仏教の神様です。なぜ神社に仏教の神様がいらっしゃるのでしょう。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto鬼子母神

かつて日本もともとの信仰(神道)と外国から入ってきた仏教が融合し一つの信仰として合体しました。いわゆる神仏習合(しんぶつしゅうごう)です。その名残で神道の敷地に仏教の神様がいたり、その逆で仏教の敷地に神道のお社があったりします。

そういうわけで、大正時代まで近くのお寺が小動神社を管理していました。小動神社の鳥居から道路を挟んだ反対側にある「浄泉寺」というお寺です。小動神社との関連が深いので、ぜひ訪れてみては。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto浄泉寺
浄泉寺
鎌倉 / 寺
住所:神奈川県鎌倉市腰越2丁目10−7地図で見る

本殿

長い参道を歩くと、赤いほっかむりを被った狛犬を従えた本殿があらわれます。この狛犬は地元の漁師さんの御寄進ということで、小動神社が地元の方々に愛されているのが感じられますね。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto本殿

さて、小動神社の御祭神は健速須佐之男命、建御名方神、日本武尊、歳徳神です。神社を参拝するうえで、祀られている神様がどんなキャラなのか知ることはとっても大事です。簡単にご紹介しましょう。

健速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)

「スサノオ」と略して呼ばれることの多い神様。全国の八坂、津島、氷川といった名前の付く神社で祀られています。超有名なので、あまり神社に興味がなくても聞いたことがある方も多いのでは。神様のなかでも性格はとっても人間的。わがままで乱暴、ときにはいたずらしたりして天界を追放になったことも。しかし大蛇の怪物であるヤマタノオロチを倒して、一躍ヒーロー的神様になった人です。ご神徳は水難・火難・病難の厄除けと五穀豊穣です。

建御名方神(たけみなかたのかみ)

全国の諏訪とつく神社にお祭りされている神様。この方は、人間が千人で動かせる石を、片手で軽々持ち上げるほどの怪力の持ち主。その力を生かして、悪さをする龍神などを退治して、こちらもヒーローになった神様です。ご神徳は、五穀豊穣、盛業繁栄、交通安全、開運、長寿、仕事運など。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto本殿

日本武尊(やまとたけるのみこと)

景光(けいこう)天皇の息子であるヤマトタケルノミコト。天皇の命をうけて、あちこちで戦をし、天皇への反抗勢力や、あらがう地方の神様を服従させた方。ご神徳は、五穀豊穣、商売繁盛(特に商工系)、出世、開運、厄除け、交通安全、合格祈願です。

歳徳神(としがみ)

『古事記』ではスサノオの息子とされています。貧しい家に訪れて、親切にしてくれた人には沢山のお金を与えるという伝承のある神様。お正月様や恵方神といった呼び方など、毎年お迎えするあの神様です。ご神徳は産業、家内安全、開運、厄除け、縁結び、夫婦和合です。

次のページを読む

鎌倉の旅行予約はこちら

鎌倉のパッケージツアーを探す

鎌倉のホテルを探す

鎌倉の航空券を探す

鎌倉の現地アクティビティを探す

鎌倉のレンタカーを探す

鎌倉の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2020年2月12日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


関東のデートスポット35選!カップルのお出かけにおすすめ

展望や食事が楽しめる東京スカイツリーや、ライトアップもロマンチックな横浜赤レンガ倉庫、「天空のペンギン」が人気のサンシャイン水族館など、カップルで行きたいデート...


【関東】6月のおすすめ花畑29選!6月に見頃を迎える花の名所ガイド

6月は、春バラにあじさい、ハナショウブ、ラベンダーに蓮などの花々が見頃を迎える季節。しっとりした梅雨空の下に広がる花畑の光景を見に出かけませんか。6月に見頃を迎...

日帰りで楽しむ!関東近郊の女子旅おすすめスポット30選

イギリスのお城を移築した「ロックハート城」や、『ラピュタ』の世界を思わせる「猿島」、ムーミンバレーパークも人気の「メッツァビレッジ」など、東京から日帰りできる、...

関東のおすすめドライブスポット・コース55選!日帰りでお出かけしよう

景色が楽しめる絶好のドライブルートや、都市部から少し離れた自然豊かな景勝地や観光スポットなど、日帰りで行ける関東のおすすめドライブスポット・コースをご紹介します...

【2020年版】みんなが行った国内の人気観光スポットランキングTOP50!

2020年の1年間にトリップノートアプリでトラベラー会員が登録した「行ったスポット」のデータを元に、トラベラーのみなさんが実際に行った国内の人気観光スポットラン...

この記事を書いたトラベルライター

旅はいつも心のまんなかに
知らない土地、知らない文化、知らない人。知らない何かがいつも自分の心を広げてくれます。広がったその先を見てみたい。その探求心や好奇心はそのまま「旅」として、いつも心のまんなかにあります。

えいぶゆう(文)とTossyPhoto(写真)の2人で、心のまんなかにある「旅」を切り取っていきます。

あなたの心にも旅の灯がともりますように。

本当は教えたくない!鎌倉の隠れ寺「寿福寺」

沢山の寺院が並ぶ鎌倉の中で、鎌倉幕府が定めた鎌倉五山に名を連ねる「寿福寺」。鎌倉幕府の中核を担った北条政子のお墓があるなど、鎌倉を興した人々に多くのゆかりがある...


絶対後悔させない!湘南【江の島】の超詳しい観光&時間ガイド

湘南を代表する観光スポット「江の島」。どメジャーな観光スポットですが、意外にもガイドブックでは紙面の都合からか、江の島の見どころを収めきれていないんです。実際に...


【神奈川県・三浦半島】侮れない!プチ本格登山を楽しむ三浦アルプス

神奈川県の三浦半島にある三浦アルプスは、逗子、葉山、横須賀の境界にある山稜地帯です。三浦アルプスの一番の魅力は、200m程度の低い山々にもかかわらず、まるで原生...

【ベトナム】半日で巡る!お土産天国ダナン市街の見どころ

ベトナム中部の都市ダナンは、お土産天国と言っても差支えないほど、様々な名品が低価格で購入できるんです。中には女子ウケするカワイイ小物もいっぱい。そんなダナン市街...

天下の難所・箱根旧街道をちょっとズルしてハイキング【神奈川・箱根】

箱根といえば日本でも有数の温泉地です。平日・休日問わず、多くの観光客が訪れます。日本の温泉地ランキングでは、常に上位に挙がるほど人気で定番ともいえるエリア。その...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

アプリ「Pokke」で鎌倉の音声ガイドを聴く

鎌倉の観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります