鎌倉
鎌倉観光
古都の町並みが美しい日本を代表する観光地のひとつ

鎌倉で脅威の出世運を願うならココ!「佐助稲荷神社」

取材・写真・文:

神奈川在住
訪問エリア:48都道府県

2018年9月5日更新

9,530view

お気に入り

写真:えいぶゆう/TossyPhoto

数々の有名な神社仏閣が密集する武家の古都・鎌倉。そんな鎌倉の中でも最強の出世運を誇る「佐助稲荷神社」。歴史上の超有名人をメキメキと出世させた実力を持つ神社です。そして出世祈願の他に、ぜひカメラを持って訪れて頂きたい場所でもあります。視界に映るもの全てがフォトジェニック!その独特の景色には圧倒されますよ。

この記事の目次表示

どうして出世運の神社なの?

ところで、どうして鎌倉最強の出世運と言われる神社となったのでしょう。それには源頼朝が関係しています。

頼朝は、お父さんを平家に殺されてしまった後、「いつか平家を滅ぼすんだ!」と胸に誓って過ごします。するとある晩、夢枕におじいさんが立ち、「私は鎌倉の稲荷神だ。」と名乗り、平家を滅ぼすタイミングを教えてくれました。

そのお告げに従い、頼朝は出兵し平家を滅ぼします。その後頼朝は、その鎌倉の稲荷神を探し当て、そこに祠を立てました。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto頼朝を助けたと言われる稲荷神社境内のお狐様

当時、頼朝の官位は「右兵衛権佐(うひょうえごんのすけ)」であったので、縮めて佐殿と呼ばれていました(縮めすぎ!)。

つまり「佐」殿を「助」けた「稲荷神」ということから「佐助稲荷神社」となりました。名前に由来がそのまんま現れていて面白いですね。

お父さんを殺された少年という非力な立場から、メキメキと鎌倉幕府を興した頼朝。もうメチャメチャ出世しまくってます。確かに、鎌倉最強の出世運と称されるわけですね!

どんな神様がいるの?

さて、最強の出世運を授けてくれる稲荷神とはどんな神様なのでしょう。

この神社の御祭神は「宇迦之御霊神(うかのみたまのかみ)」です。稲荷信仰でよく祀られるのがこの神様。神徳は五穀豊穣を司り、「お稲荷さん」で有名な伏見稲荷大社や豊川稲荷もこの神様が祀られています。

そもそも稲荷とは、読んで字の如く「稲」関係の神様です。つまりは食関係です。古代の日本では「食」は「うけ」と読み、音の近い「宇迦(うか)」は同じ意味とされていました。食繋がりで、稲荷神社に祀られるようになったと言われています。

この宇迦之御霊神は、食関係の神様ですが、実は神徳はオールマイティ!なんでもどんと来い的な神様でもあるのです。

頼朝に平家討伐のタイミングまで教えてくれちゃうくらいですから、本当に万能なんですね!


さっそく佐助稲荷神社にお参りしましょう

鎌倉幕府を興すレベルの出世は願わないとしても、ちょっとした昇格、お給料UPなんかは望んでもいいのでは?ということで早速、佐助稲荷神社に向かいましょう。

佐助稲荷神社は、山に囲まれた住宅地の奥にあります。閑静な民家の間の小道を進むので、最強の出世運と称される、少しギラギラしたご利益の神社があるとは想像がつかない感じです。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto閑静な住宅地の奥にある佐助稲荷神社

すると道路の左側に、「佐助稲荷神社」と書かれた真っ赤な幟旗が現れます。閑静な住宅地に溶け込むようにひっそりとあるので、ぼやぼやしてると通り過ぎてしまうかも。

こちらは下社で、社務所となっています。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto佐助稲荷神社 下社

出世運だけじゃない!欲張りに縁結びも祈願

下社の横には小さな祠があって、そこには十一面観音菩薩がいらっしゃいます。

この観音様は、美人の尼僧が男女の良縁を願って彫ったとされるため、縁結びのパワースポットとなっています。

おおー。出世運に加えて恋愛運も望めちゃうなんて、万能な神社ないですか!と感心しまくりです。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto十一面観音菩薩の祠

いよいよ神域の入り口へ

そこから山側にさらに進み、いよいよ神域へ入っていきます。なだらかな坂を登っていくと、急に鮮やかな赤い旗と鳥居が現れました。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto佐助稲荷神社入り口

何本も連なっている風景が、伏見稲荷大社のようです。思わず「おおー!」と言ってしまう風景です。連なる鳥居の中に入ると、すっぽり頭の上から囲まれていて、なんとも言えない安心感があります。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto階段に連なる旗と鳥居

鳥居と鳥居の間には、小さなお狐様たちがいらっしゃいます。フォトジェニックな光景に、お気に入りの角度を求めてカメラを構える人も多く見かけます。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto鳥居の隙間にいるお狐様

沢山の鳥居を抜けていくと、それまで聞こえていた住宅地の生活音が聞こえなくなり、急に「しいん」とした感じになりました。空気もなんだか澄み切っていて、「ああ、特別な場所なんだなあ。」と肌で感じること間違いなしです。

沢山のお狐様が出迎えてくれる拝殿

鳥居を抜けた目の前には、拝殿が現れます。今まで通ってきた赤い鳥居と対極のように、極力色を抑えたお社は、まさに神様のお住まいといった雰囲気です。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto鳥居の向こうに見える拝殿

拝殿前の両サイドには、大人の背丈よりも高く、凹凸の大きな岩がドデン!と構えています。驚くのはその岩の凹凸の部分に、小さな陶器のお狐様たちがチョコチョコと並んでいて、思わず「かわいい~」と言ってしまいそう。

神域としての崇高な雰囲気を持ちながら、かわいいお狐様たちのギャップに、なんだかクスッとなってしまいます。さながらお狐様たちの集会場といった感じです。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto岩の隙間に沢山のお狐様たちが。

小さな陶器のお狐様だけではありません。岩に住むボスのように、隠れ動物が顔を出しています。キツネ・・・? 

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto岩のボス的存在

拝殿の前だけではありません。見れば境内の至る所にお狐様たちが並んでいます。境内の端っこに授与所があって、そこでお守りと陶器のお狐様が並べられていました。

どうしてお稲荷様といえば狐なの?

ところで、どうして稲荷といえばお狐様がいらっしゃるのかご存知ですか?諸説ありますが、意外にも狐の鳴き声に関係しているのです。

大昔の日本の人々は、狐のことを「キツ」と呼んでいました。昔の人々は狐の鳴き声が「キツキツ」というふうに聞こえていたようです。

私も狐の鳴き声を聞いたことがありますが、タンチョウヅルの「クワーアッ」と、甘えたときの犬の「きゅう~ん」を混ぜた感じの鳴き声だったので、「キツキツ」と言われてもピンときませんが、きっと今の私たちと違った感性を持った昔の人々にはそう聞こえたのでしょう。それが転じて「キツネ」となりました。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto境内のお狐様

そして、前述したとおり稲荷と言えば、祀られているのは「宇迦之御霊神(うかのみたまのかみ)」です。宇迦之御霊神の別名は「御饌津(みけつ)神」と言われていました。

この「きつ」と「みけつ」の音が近かったことから、狐が宇迦之御霊神のお使いとなったようです。

次のページを読む

鎌倉の旅行予約はこちら

鎌倉のパッケージツアーを探す

鎌倉のホテルを探す

鎌倉の航空券を探す

鎌倉の現地アクティビティを探す

鎌倉のレンタカーを探す

鎌倉の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2016年11月15日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

【2019鎌倉のあじさい名所13選】定番人気のあじさい寺から穴場スポットまで!

あじさいと言えば鎌倉、と言われるほど、あじさいの名所が点在する鎌倉。そんな鎌倉で人気のあじさい寺と呼ばれる名所から、混雑を避けられる穴場スポットまで、鎌倉のあじ...

【2019】6月の国内おすすめ旅行先12選!梅雨でも楽しめる観光地特集

梅雨を迎える6月。雨が似合うアジサイの名所など、梅雨時でも楽しめるスポットが日本全国にあります。6月のお休みにおすすめの国内旅行先をご紹介します。


鎌倉のおすすめ観光スポット・グルメ20選!鎌倉の人気名所・定番観光地ガイド

大仏にお寺や神社、海を望む絶景スポットなど、観光スポットが豊富な鎌倉。趣あるカフェや食べ歩きが楽しい通りなど、グルメにも事欠きません。なかでも特におすすめしたい...

100以上のお寺から厳選!鎌倉で巡りたいおすすめ寺院10選

鎌倉観光の目玉のひとつが、お寺めぐり。鎌倉にある100を超える寺院のなかから、特におすすめのお寺を厳選してご紹介します。それぞれの寺院の特徴などから訪れたいお寺...


【鎌倉】SNS映えにピッタリ!江ノ電・長谷駅周辺のスポット10選

東京からのアクセスに便利な古都・鎌倉。中でも江ノ島電鉄・長谷駅周辺では鎌倉大仏をはじめ、季節の花の名所「長谷寺」など、歴史的なスポットやおしゃれなレストランなど...

この記事を書いたトラベルライター

旅はいつも心のまんなかに
知らない土地、知らない文化、知らない人。知らない何かがいつも自分の心を広げてくれます。広がったその先を見てみたい。その探求心や好奇心はそのまま「旅」として、いつも心のまんなかにあります。

えいぶゆう(文)とTossyPhoto(写真)の2人で、心のまんなかにある「旅」を切り取っていきます。

あなたの心にも旅の灯がともりますように。

本当は教えたくない!鎌倉の隠れ寺「寿福寺」

沢山の寺院が並ぶ鎌倉の中で、鎌倉幕府が定めた鎌倉五山に名を連ねる「寿福寺」。鎌倉幕府の中核を担った北条政子のお墓があるなど、鎌倉を興した人々に多くのゆかりがある...

【ベトナム】半日で巡る!お土産天国ダナン市街の見どころ

ベトナム中部の都市ダナンは、お土産天国と言っても差支えないほど、様々な名品が低価格で購入できるんです。中には女子ウケするカワイイ小物もいっぱい。そんなダナン市街...


【神奈川県・三浦半島】侮れない!プチ本格登山を楽しむ三浦アルプス

神奈川県の三浦半島にある三浦アルプスは、逗子、葉山、横須賀の境界にある山稜地帯です。三浦アルプスの一番の魅力は、200m程度の低い山々にもかかわらず、まるで原生...

絶対後悔させない!湘南【江の島】の超詳しい観光&時間ガイド

湘南を代表する観光スポット「江の島」。どメジャーな観光スポットですが、意外にもガイドブックでは紙面の都合からか、江の島の見どころを収めきれていないんです。実際に...


どメジャーなのに謎だらけ?鎌倉大仏の謎に迫る旅

「鎌倉」と言えば多くの人が連想するのが、青銅色の巨大な大仏様ではないでしょうか?そんな鎌倉のシンボル的な存在でありながら、実はいつ誰が何のために建造したものなの...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

アプリ「Pokke」で鎌倉の音声ガイドを聴く

鎌倉の観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?