鳥獣戯画で有名!!【京都】世界遺産・高山寺で悠久の時に思いを馳せる。

506

view
   2017年1月12日更新

国宝・鳥獣戯画の所蔵で知られる京都・高山寺。カエルやウサギをコミカルに擬人化した姿は、歴史の資料集などで誰もが目にしたことがあるのでは?今回は、世界遺産に登録されている境内をはじめ、日本最古の茶園、国宝・石水院など、数多くの国宝、重要文化財を今日に伝える高山寺の見所をご紹介します!

世界遺産 高山寺

  • 「栂尾山 高山寺」の石碑。

高山寺とは

1206年(建永元年)、もとは神護寺の別院だったものを明恵上人が賜り、寺号を高山寺に改めたのがはじまり。山号は栂尾山。所蔵する国宝、重要文化財の数は1万点余りにも及び、1994年(平成6年)、古都京都の文化財として境内が世界文化遺産に登録されました。

明恵上人とは

  • 国宝・明恵上人樹上座禅像レプリカ。

戒律を重んじ、顕密諸宗の復興に努めたことで知られる明恵上人。その時々において「あるべきようは何か」を問いかけ、その答えを生きようとする「阿留辺畿夜宇和(あるべきようは)」を座右の銘とし、人々の貴賎貧富を問わず戒を授け、道を説いたと伝えられています。

高山寺境内のみどころ

金堂道

  • 金堂へと続く参道。

境内の最奥に位置する金堂へ続く道。かつて大門があったと伝わる場所に、今は石灯籠が立っています。やや勾配の急な石段が続くので、歩きやすい靴での参拝がオススメです。

金堂(重要文化財)

  • 室町時代に焼失した本堂跡地。

現在の金堂は、江戸時代(寛永年間)に御室仁和寺の真光院から古御堂を移築したもの。高山寺の本尊である釈迦如来像が安置されています。

仏足石

  • 「佛足石さんけい道」の石碑。
  • 簡素な覆屋に囲われています。

釈迦の足跡を模って礼拝の対象とした仏足石は山奥にありながらも多くの信仰を集めました。簡素な中にも、釈尊に情を寄せた明恵らしさが偲ばれます。

開山堂

  • 明恵上人が晩年を過ごした禅堂院の跡地。

室町時代の焼亡により、現在の開山堂は江戸時代に再建されたもの。堂内には重要文化財である明恵上人坐像が安置され、御影堂信仰の対象となりました。

明恵上人御廟 (重要文化財)

  • 覆屋の中には古い五輪塔が収められています。
  • 「阿留辺幾夜宇和」の石碑。

御廟の入り口には、明恵の遺訓である「阿留辺畿夜宇和」の石碑が。廟内の宝篋印塔、如法経塔も重要文化財に指定されています。

日本最古の茶園

  • 「日本最古之茶園」の碑。
  • 現在も5月中旬に茶摘みが行われています。

鎌倉時代初期、臨済宗の開祖である栄西禅師から贈られた茶種を明恵が境内に植え、ここから全国に茶が普及して行きました。そのため、栂ノ尾は茶の発祥地としても広く知られています。

石水院 (国宝)

  • 石水院西面。欄間にかかる横額は富岡鉄斎の筆。

明恵が仏教経典の『華厳経』にその求法の旅が語られる善財童子を敬愛した経緯から、明恵の住居であった「廂の間」には小さな善財童子像が置かれています。

  • 石水院西面、縁側からの眺め。

後鳥羽上皇より学問所として賜った石水院は、賀茂別院を移築したもの。鎌倉時代初期の寝殿造りの面影を残す貴重な遺構です。

  • 石水院南面。欄間の「日出先照高山之山寺」は後鳥羽上皇の勅願。
  • 石水院南面からの眺め。柱と蔀戸、広縁によって切り取られた景色は、まるで額縁に飾られた絵のよう。
  • 国宝・鳥獣人物戯画レプリカ。
  • 重要文化財・木彫りの狗児レプリカ。

石水院には高山寺所蔵の国宝、重要文化財の一部がレプリカで展示されているので、石水院とセットで当時の雰囲気を楽しむことが出来ます。もちろん、鳥獣戯画の展示もありますよ~!!

国宝・石水院の中庭を眺めながら、ゆったりと

  • 抹茶に高山寺のオリジナル茶菓子“栂の月”が付いて600円。

石水院を拝観した後は、ティーブレイクなどいかがでしょう?国宝・石水院の中庭を眺めながらの休息は、思わず時の流れを忘れてしまうほど。たまには日々の忙しさや騒々しさを離れ、まるで時が止まってしまったかのように静かな高山寺で、悠久の時に想いを馳せてみませんか?

アクセス

高山寺

〒616-8295 京都市右京区梅ヶ畑栂尾町8
☎︎075-861-4204 高山寺オフィシャルHP

拝観時間・拝観料

8:30〜17:00
入山無料(※紅葉の時期のみ、入山料 500円)
石水院拝観料 800円

交通案内

■JRバス高雄・京北線「栂ノ尾」「周山」行。栂ノ尾下車、すぐ。
■市バス8系統。高雄下車、徒歩約15分。

高山寺

京都 / 社寺・教会

 

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2016年12月12日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
雅を貴び、風流を愛でちゃう系女子☆

日本史、世界史を問わず歴史が好きです。
趣味は旅行、音楽・美術・観劇鑑賞、美味しいご飯を食べること。
古美術品の収集と写経奉納がマイブームの御朱印ガールで、行き先はその日の天気や気分で決めるようなユルい旅を好みます。
ここでは、そんな旅の中で見つけたオススメ情報や史跡・神社仏閣を中心に、古き良き日本の魅力をご紹介していきたいと思います。
(※稀に海外記事も執筆します)

同じテーマの記事

【トラベルライターアワード2017上半期 受賞結果発表】2017年上半期の人気記事&活躍したライターさんを発表します!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!