嵐山・嵯峨野・太秦・桂

嵐山・嵯峨野・太秦・桂観光

風光明媚な景色が広がる京都屈指の景勝地

京都市の西の方に位置するエリアで、とくに嵐山は京都観光ではハズせないスポット。穏やかに流れる桂川にかかる渡月橋と嵐山が織りなす光景は絶景です。その他にも竹林の道などフォトジェニックで風光明媚なスポットが多く、多くの観光客を魅了します。また嵯峨野はトロッコ列車が走り、列車から眺める四季折々の風景も見事。

  • Facebookで共有する
  • Twitterで共有する
  • はてブで共有する
  • Pocketに保存する

嵐山・嵯峨野・太秦・桂の人気・新着記事

嵐山・嵯峨野・太秦・桂の定番スポット

嵐山・嵯峨野・太秦・桂の新着旅フォト

向井 去来の墓(嵯峨野)
墓の文字を見ると「去来
」と見える。

#サント船長の写真 #歴史的人物の墓  #墓地

向井去来の墓

向井 去来の墓(嵯峨野)墓の文字を見ると「去来」と見える。#サント船長の...

サント・船長

向井 去来の墓(嵯峨野)

#サント船長の写真 #歴史的人物の墓  #墓地

向井去来の墓

向井 去来の墓(嵯峨野)#サント船長の写真 #歴史的人物の墓 #墓地

サント・船長

向井 去来の墓(嵯峨野)

向井 去来(むかい きょらい、慶安4年(1651年) - 宝永元年9月10日(1704年10月8日))は、江戸時代前期の俳諧師。蕉門十哲の一人。儒医向井元升の二男として肥前国(今の長崎市興善町)に生まれる。堂上家に仕え武芸に優れていたが、若くして武士の身分をすてた。京都嵯峨野の落柿舎(らくししゃ)に住み、松尾芭蕉はここで『嵯峨日記』を執筆した。野沢凡兆と共に、蕉風の代表句集「猿蓑」を編纂した。「西国三十三ヶ国の俳諧奉行」とあだ名された。

#サント船長の写真 #歴史的人物の墓  #墓地

向井去来の墓

向井 去来の墓(嵯峨野)向井 去来(むかい きょらい、慶安4年(1651年)...

サント・船長

安倍晴明の墓

稀代の陰陽師・安倍晴明の墓は複数ある。その力を利用されるのを恐れたために、本当の墓所がどこか判らないようにさせるのが目的だったとも言われています。

2021・9
#サント船長の写真 #歴史的人物の墓  #墓地

安倍晴明墓所

安倍晴明の墓稀代の陰陽師・安倍晴明の墓は複数ある。その力を利用されるのを恐れ...

サント・船長

安倍晴明の墓
現在は晴明の負の力を利用を考える者もいないのか、“公式”の墓所が定められて、
それが京都の嵐山ですが、住宅街の中で駐車場は無し、案内板も無し、目標は長慶天皇陵です。

#サント船長の写真 #歴史的人物の墓  #墓地

安倍晴明墓所

安倍晴明の墓現在は晴明の負の力を利用を考える者もいないのか、“公式”の墓所が定...

サント・船長

もっと見る

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります