ラオス
ラオス観光
首都ヴィエンチャンと世界遺産の町ルアンプラバンはマスト

絶景とおしゃれなカフェで癒される!ラオスの古都・ルアンパバーン

取材・写真・文:

トラベルライター

2020年3月19日更新

4,333view

お気に入り

写真:トラベルライター

ラオス人民民主共和国(通称:ラオス)北部にある古都・ルアンパバーン。かつてラーンサーン王国(1353年-1975年)の王都として栄えた都市で、カーン川とメコン川の合流地点に位置しています。ラオスを象徴するその町並みは、歴史的・文化的な点から評価され、1995年にユネスコの世界遺産として指定されました。のんびりと過ごすラオスの人々と大自然に出会えるルアンパバーン。疲れた心を癒し「明日からまたがんばろう」と元気をもらえる場所です。

この記事の目次表示

世界遺産の街「ルアンパバーン」とは

ラオスは、東南アジアのインドシナ半島に位置しており、周辺にはベトナムやタイ、ミャンマー、中国があります。国全体の約70%は高原や山岳地帯で、自然豊かな国の一つです。

公用語はラオ語、通貨はキープ(Kip:1円=約74Kip、2017年3月時点)。日本との時差は、日本時間マイナス2時間です。

そのラオス北部にある古都・ルアンパバーン。前述の通り、かつてラオスの前身であるラーンサーン王国の首都だったこともあり、伝統文化の中心となっています。

現在も、歴史建造物が多く残され、寺院は外観を楽しむだけでなく、中に入って見学することも可能(一部有料)。代表的な寺院として、典型的なルアンパパーン様式の「ワット・シェントーン」や「ワット・マイ」などがあります。

  • 写真:トラベルライター典型的なルアンパバーン様式の寺院「ワット・シェーン」
  • 写真:トラベルライター標準的なルアンパバーン様式の寺院「ワット・マイ」

日本からルアンパバーンへは、タイのバンコクやベトナムのハノイ、ラオスの首都ヴィエンチャンなどを経由して行くのが一般的です。

  • 写真:トラベルライター人通りも少ないルアンパバーン中心地
  • 写真:トラベルライター早朝の托鉢。少し早起きすれば、見に行けます

ルアンパバーンの町並みが一望できるプーシーの丘

ルアンパバーンに来たらぜひ訪れてほしいプーシーの丘。ルアンパバーンの中心部近くに位置する150mほどの小高い丘で、328段の階段を登りきると、頂上にたどり着きます。

頂上まで登ると、ルアンパバーンの町並みを一望することができます。夕方に訪れると、山並みに沈んでいく夕日とメコン川がコラボレーションした絶景に出会えます。

  • 写真:トラベルライター奥の山間に夕日が沈んでいく様子。手前のメコン川にも夕日の光が当たってきれいです

夕日を見に来る観光客も多いので、「絶対にベストスポットで夕日を拝みたい!」という方は、夕方より少し前に丘に登って、場所を確保しておくのがおすすめです。明るいうちにカメラで撮影する位置などを決めておけば、メコン川とのツーショットがきれいにとれます。

プーシーの丘
ラオス / 自然・景勝地
住所:Luang Prabang, Laos地図で見る

お土産を買うならナイトマーケットで

毎日17時過ぎになると、メインストリートのシーサワンウォン通りにテントが張られ、ナイトマーケットが開催されます。カラフルな刺繍製品などが売られているモン族のマーケットで、雑貨や衣類などを安く手に入れたい方におすすめです。

  • 写真:トラベルライターナイトマーケット入口

各店舗テントを張ってくれているので、雨の日でも安心。マーケットは王宮博物館の前あたりまで続いてます。

  • 写真:トラベルライターお店のやさしい光も、町並みにあっています

観光客相手ということもあって、価格は少し高めに設定されているものもありますが、日本で買うよりは断然安いです。マーケットのいいところは、欲しいものがあったら値段交渉ができるところ。店舗によっては、交渉次第でおまけをつけてくれたり、安くしてくれたりします。

  • 写真:トラベルライター小道もイルミネーションで飾り付けしているので、とてもかわいらしい

ラオス通貨のKipはもちろん、米ドルも使えますので、お買い物しすぎてラオス通貨がなくなっても安心。現地の空気を味わいながら、ビール片手にナイトマーケットをお散歩するのもおすすめです。

  • 写真:トラベルライターナイトマーケットで購入。まとめて購入して、1つ150~200円くらい
ルアンパバーン・ナイトマーケット
ラオス / 市場・朝市
住所:Sisavangvong Road, Luang Prabang, Laos地図で見る

ブランチに最適!サクサクのクロワッサンが食べられるカフェ

ナイトマーケットが開かれる通りを、寺院・ワットマイを左手に見ながら15分ほどまっすぐ行くと、右手側にカフェ・レストラン「Le Banneton Cafe(ル・バントン カフェ)」が見えてきます。

店内にパン屋さんがあるので、食べたいパンをショーケース越しに見ながらオーダーすることができます。英語やラオス語が話せなくても、目で見て、食べたいものが選べるのはいいですよね。

  • 写真:トラベルライタープレーンのクロワッサン。9000キープ

ラオスはもともとフランスの統治下にあったため、本格的なパンを食べることができるます。

ここでのおすすめは、バターをたっぷり感じられるサクサクのクロワッサン。チョコレート入りもありますが、まずはシンプルにプレーンのクロワッサンをオーダーしてみてはいかがでしょうか?

通りに面したテラス席も数席あるので、店内で食べるものよし、テイクアウトして外で食べるもよし。ツクツク(人力車)を見ながら、ゆったりとした時間を過ごせます。

朝は少し遅めに起きて、ブランチを食べに赴いてみるのもいいかも。

ル・バントン カフェ
ラオス / カフェ・喫茶店
住所:46 Sakkhaline Road, Luang Prabang, Laos地図で見る
ルアンパバーン
ラオス / 町・ストリート
住所:Luang Prabang, Laos地図で見る

\紹介されたスポットに立ち寄るなら/
ラオスの旅行予約はこちら

ラオスのパッケージツアー(新幹線・飛行機付宿泊プラン)を探す

ラオスのホテルを探す

ラオスの航空券を探す

ラオスの現地アクティビティを探す

ラオスのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【ラオス】 ルアンパバーンに行ったら訪れたい、美味しいお店3選

NYタイムズの「世界で一番行きたい国の一つ」に選ばれたこともあるラオス。今回は、そんなラオスの古都ルアンパバーンで、美味しい食事を探しているあなたに向けて、おす...


【ラオス】ゆるやかわいいお土産はナイトマーケットで!オススメ10選

ラオスはニューヨーク・タイムズ紙で「世界で一番行きたい国」に選ばれています。タイや中国などアジア大国の狭間にあっても、なんともゆるやかな空気が流れる味わい深さが...

ちょっぴりワイルドなバックパッカー旅!秘境の村ラオス・バンビエン

ラオスの首都ビエンチャンからバスで4時間ほどの所にある秘境の村バンビエン。ここでは手つかずの大自然を生かしたアクティビティーが楽しめます。世界中からバックパッカ...

世界が注目!美しき古都「ラオス」に行くならここ!

まだまだ発展途上国のラオスは、自然豊かでとっても田舎な国です!首都ですら、日本で言う地方の県庁所在地くらいの雰囲気ではないでしょうか。そんなラオスに、なぜ世界が...

【ラオス】満足度世界一!!世界遺産の街ルアンパバーンのおすすめスポット4選

ラオスの北部に位置する、古都ルアンパバーン。街全体が世界遺産に登録されているという観光地として名高い場所で、世界中のメディアにおいても、満足度の高い旅行先として...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります