ラオス
ラオス観光
首都ヴィエンチャンと世界遺産の町ルアンプラバンはマスト

抱腹絶倒!?ラオス首都・ヴィエンチャン郊外“聖地”ブッダパーク

取材・写真・文:

埼玉在住
訪問エリア:23ヶ国

2018年5月14日更新

222view

お気に入り

写真:ある通訳案内士

人の手があまり入っていない大自然、素朴な人々と街並みが魅力的なラオス。東南アジア通の中でも、お気に入りの国としてあげる人が多いのではないでしょうか? そんなラオスの穴場スポットが、首都ヴィエンチャン郊外にある通称「ブッダパーク」(ラオス語での名称はシエンクワン)。由緒正しい遺跡ではなく、どちらかというとテーマパークのような一風変わったスポットに、あなたもきっと興味が湧くことでしょう!

数々の「ブッダ」がお出迎え!まさに「ブッダパーク」

ブッダパークに入場した瞬間、目に飛び込んでくるのは、数多くのブッダ像です。

  • 写真:ある通訳案内士一触即発

いや、これはブッダ像と呼んでいいのか・・ とにかく、数多くのユニークな像に出迎えられます。

  • 写真:ある通訳案内士ラオスの女学生と比べると大きさが良くわかる涅槃仏

無造作になのか、それとも何か意図があっての配置なのかはわかりませんが、パーク敷地内いたるところに像が置かれています。

  • 写真:ある通訳案内士ご老人と優しい表情を浮かべた方

思わずなんじゃこりゃ、と口にしてしまいそうな、ユニークな石像たちですね!

気になるブッダパークの成り立ち

  • 写真:ある通訳案内士太陽を掲げているのかな?

ここで少し、ブッダパークの成り立ちを紹介しましょう。「数百年、数千年の歴史を持った、新・世界七不思議の一つだろ!」と思ったあなた、残念ながら不正解です。

  • 写真:ある通訳案内士組体操を思い出しますね

意外と歴史は浅く、1958年、あるシャーマンが、仏教とヒンドゥー教の世界を組み合わせて創り上げました。

  • 写真:ある通訳案内士ひっそりとガネーシャも

そのため、ブッダや意味ありげな像たちの他に、ガネーシャ像(ヒンドゥー教の神)もちゃんと存在しています。ちなみに、像は全てコンクリート製です。


地獄、地上、天上界へ

パークの入り口付近に、奇妙な像たちの中でもひときわ異彩を放っている像(というよりは建物)があります。この像は内部が地獄、地上、天上界を表した三層になっており、中へ入ることができます。

  • 写真:ある通訳案内士地獄、地上、天上界を有する建物

この大きく開いた口が入口なので、早速入ってみましょう。 ご想像の通り快適に上まで登ることができる建物ではないですね・・ 階段は狭くて急です。

「地獄」の内部は、その名の通り、若干不気味です・・ とはいえ、明かりはついており、何かに襲われたりとか、一度入ったら出られなくなったりということはないので、ご安心を!

  • 写真:ある通訳案内士地獄内部

「地獄」に続いて「地上」を抜けると、ようやく「天上界」です。「天上界」は、この奇妙な建物の屋上です。 この「天上界」からは、ブッダパークを広く見渡すことができます。ああ、あんなものもあった、こんなものもあった、と余韻に浸ること、間違いないですね。穏やかな東南アジアの風を感じながら・・

  • 写真:ある通訳案内士天上界よりブッダパークを一望

ここで一つ覚えておいていただきたいのは、「球状の建物の屋上は平らではない」ということ。 足元が若干不安定なため、ここで写真を撮る際はお気をつけください! 体幹を鍛えておくとなお良し。そう、「天上界」では、下界での日頃の鍛錬がものを言うのです。

ブッダパークへのアクセス

  • 写真:ある通訳案内士ブッダパーク入り口

ラオスの首都ヴィエンチャン市街からメコン川の下流方向へ、24kmの場所にブッダパークはあります。

  • 写真:ある通訳案内士日本が支援したため日本国旗が

ヴィエンチャン市内のバスターミナルからバス(約100円)が出ている他、トゥクトゥクという東南アジアでよく見る三輪タクシー(数百円、交渉次第)を使っていくことができます。

  • 写真:ある通訳案内士トゥクトゥクは風が気持ち良い

ブッダパークへの入場料も数十円しかかからないので、だいぶコスパの良い旅になります!ラオスへ行く人はもちろん、タイなど周辺諸国を旅する人も、一足伸ばして是非訪れてみていただきたいです!!

  • 写真:ある通訳案内士フランス植民地時代の名残であるヴィエンチャンの凱旋門

終わりに

ブッダパークは楽しいです。なにより、話のネタになりますね。日本人から見ると若干陰が薄い、ラオスという東南アジア唯一の内陸国も、実は面白い国なのです! 

村上春樹さんによる紀行文集のタイトルである『ラオスにいったい何があるというんですか?』という問い。この問いに対するあなたの答えはなんでしょうか?? ぜひ、「ブッダパーク!」と声高に叫んでください。あなたの世界が少し広がった瞬間です。

ブッダパーク
ラオス / 公園・動植物園
住所:Buddha Park地図で見る

ラオスの旅行予約はこちら

ラオスのホテルを探す

ラオスの航空券を探す

ラオスのパッケージツアーを探す

ラオスの現地アクティビティを探す

ラオスのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年5月15日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

ちょっぴりワイルドなバックパッカー旅!秘境の村ラオス・バンビエン

ラオスの首都ビエンチャンからバスで4時間ほどの所にある秘境の村バンビエン。ここでは手つかずの大自然を生かしたアクティビティーが楽しめます。世界中からバックパッカ...

絶景とおしゃれなカフェで癒される!ラオスの古都・ルアンパバーン

ラオス人民民主共和国(通称:ラオス)北部にある古都・ルアンパバーン。かつてラーンサーン王国(1353年-1975年)の王都として栄えた都市で、カーン川とメコン川...


【ラオス】満足度世界一!!世界遺産の街ルアンパバーンのおすすめスポット4選

ラオスの北部に位置する、古都ルアンパバーン。街全体が世界遺産に登録されているという観光地として名高い場所で、世界中のメディアにおいても、満足度の高い旅行先として...

【ラオス】古都ルアンパバーンでちょっと贅沢な大人の旅

旧市街の街ごと世界遺産になっているという、趣のあるラオスの古都ルアンパバーン。母なる川、メコン川のほとりにあるその街は、静かで穏やかな空気が流れている落ち着いた...


【ラオス】のどかさに乾杯!ルアンパバーンでおすすめの過ごし方4選

「最近忙しいな~。」こんな風に思うことありませんか?そこでおすすめの旅先が、日々の忙しなさをすっぱり忘れさせてくれるラオスの都市ルアンパバーン。ここでは緩やかに...

この記事を書いたトラベルライター

インドでIT企業に勤めていたバックパッカー
南インド・チェンナイ駐在してました/通訳案内士(英語)/生まれも育ちも日本/インドのIT企業勤務/合気道弍段/アロマテラピー検定1級/タイ・チュラロンコン大学留学/ASEAN全10カ国制覇/インドで海外に疲れてしまったので、しばらくは平和な日本を謳歌します^^
http://zipanger777.com

観光地ではない【真の中華街】池袋北口を1時間で手軽に散策!

日本の中華街(チャイナタウン)と言えば、日本三大中華街の、①横浜中華街、②神戸南京町、③長崎新地中華街、が有名ですよね? こちら、もちろんれっきとした中華街なの...

行かなきゃ損!上海ディズニーランドをオススメする5つの理由

ディズニー大好きなあなた! もちろん、東京ディズニーリゾートに何度も行くのもアリだけど、外国のディズニーランドにも興味はありませんか?? 興味がある、そんなあな...


【保存版】駐在員が厳選!南インドの玄関口・チェンナイ見どころ7選

タミルナードゥ州の州都・チェンナイを玄関口とする南インド。デリーを代表とする北インドとは、言語面・文化面では外国ほどにも違います。多くの日本人は、インドへ来ると...

最先端多文化共生都市!コリアンタウンなだけではない新大久保の今

JR山手線の駅で、新宿の隣に位置する「新大久保」。2002年の日韓ワールドカップや、ヨン様などの韓流ブームで賑わった、コリアンタウンとして有名な街です。現在でも...


真の理想郷??南インド・オーロヴィルで人生観が変わるかも

「理想郷」と聞いて、あなたは何を思い浮かべるでしょうか? 「理想郷」での暮らしは喜びに満ち溢れ、毎日幸せな日々を送ることができそうですね。そんな「理想郷」と呼ば...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?