ラオス
ラオス観光
首都ヴィエンチャンと世界遺産の町ルアンプラバンはマスト

【ラオス】ルアンパバーンのナイトマーケットでおさえておきたい屋台グルメ5選!

取材・写真・文:

愛知在住

2018年4月5日更新

1,772view

お気に入り

写真:mayuko

ラオス料理は、アジア料理ならではの素朴さと、植民地時代のフランスのエスプリがうまくミックスされており、日本人の口にも合う料理がたくさんあります。ラオス料理と聞いてピンとこない方にこそ、味わっていただきたいのが屋台料理。今回は、ラオスの中でも特に有名な「ルアンパバーン・ナイトマーケット」で食べることができる屋台料理を紹介します。

この記事の目次表示

ラオスのおすすめツアー
《ひとり旅専用価格》◆◇ゲストハウス滞在プラン◇◆立地抜群!安心&清潔なゲストハウスに泊まる 『ミクセイ・パラダイス』日本語送迎&全朝食付 ヴィエンチャン 2泊4日 
69,800円~186,800円
<ひとり旅専用価格/日本語送迎&全朝食付>メコン川沿い!夕日鑑賞も楽しめるお手頃ホテル 『センタワン・リバーサイド(3つ星)』ヴィエンチャン 2泊4日 
69,800円~188,800円
《ひとり旅専用価格》◆◇ゲストハウス滞在プラン◇◆立地抜群!安心&清潔なゲストハウスに泊まる 『ミクセイ・パラダイス』日本語送迎&全朝食付 ヴィエンチャン 3泊5日 
69,800円~186,800円

日没と共に現れるルアンパバーン・ナイトマーケット

世界遺産にもなっている都市・ルアンパバーンでは、日没後にナイトマーケットが並びだし、様々な食べ物を売る屋台が営業を始めます。

屋台には様々な料理が並んで目移りしてしまうかと思いますが、まずは食べていただきたい、代表的な屋台グルメを5つ紹介します。

【1】カオ・チー

  • 写真:mayuko

フランスパンを使った、ラオス風サンドイッチです。ラオスのパンはフランス植民地時代からの製法を受け継いでいるため、サンドイッチのバゲットも美味しいのです。中身はトマト、キャベツなどの野菜に、鶏肉・豚肉・ツナなどメインとなる具材を自分で選ぶことができます。

注文をすると、その場でバゲットに切りこみを入れて作ってくれます。バゲットの長さは30cmほどあるので、食べごたえも十分にあります。

  • 写真:mayuko約150円

【2】カオソーイ

  • 写真:mayuko約250円

お米のヌードルに、ピリ辛のひき肉を乗せた料理です。あっさり鶏がらだしのスープに、ツルンとした食感の麵がよく合い、スルスルとお腹に入っていきます。青唐辛子やパクチーのトッピングはセルフサービスです。麵の形やスープの味はお店によって違いがあるので、何軒か食べ比べてみるのも楽しいですね。

辛さ具合もほどほどで、私たち日本人でも無理なく食べられる程度になっています。テーブルの上に真っ赤な辛いソース瓶が置かれているので、物足りない方やチャレンジャーの方は、ぜひ試してみてください。

  • 写真:mayuko

【3】フルーツジュース

  • 写真:mayukoジュース1杯約150円

温かい気候のラオスでは、南国フルーツもよく採れます。パイナップル、マンゴーなどの新鮮な果物をその場で絞ったフレッシュジュースは、街を歩き回った体を癒してくれることと思います。

フルーツのディスプレイが店先に何種類も並んでいるので、食べたいものを指さすだけで簡単に注文ができるシステムも旅行者にはありがたいです。

【4】ローティー

  • 写真:mayuko約150円

ラオス風クレープです。味はもちろんですが、お店の方がクレープを手際よく作る様子は必見です!寝かせた生地を板の上でバンバン打ち付けると、あっという間に生地が2倍にも3倍にも広がっていきます。

生地が十分な大きさになったら、ふんだんにマーガリンを敷いた鉄板の上で焼いてくれます。そこに、卵とバナナを入れて包むように生地を畳んだら出来上がりです。

トッピングには、コンデンスミルクとチョコレートソースをたっぷり振り掛けて提供してくれます。もちもちの生地に、ほくほくしたバナナの食感や甘いソースがとても相性よく絡みます。

【5】サイ・ウア

  • 写真:mayuko

屋台街を歩いていると、お肉の焼ける香ばしい匂いにが漂っています。こちらはラオス風ソーセージです。中にはハーブが練りこまれているので、頬張った瞬間にエスニックな香りが鼻に抜けていきます。

極太でボリュームもあるのですが、ペロリと1本完食できます。肉々しくてラオスビールとの相性もバッチリです。

  • 写真:mayuko1本約100円

おわりに

味付けも辛すぎず、濃すぎずで旅行者でも抵抗なく食べることのできるラオス料理。タイ料理ともベトナム料理とも似て非なるものがたくさんあります。価格もお値打ちなので食べ歩きにピッタリです。

今回紹介した屋台グルメは、ルアンパバーンのナイトマーケット以外でも販売されていることが多いので、ラオスで屋台を見つけたら、ぜひ味わってみてください。

ルアンパバーン・ナイトマーケット
ラオス / 市場・朝市
住所:Sisavangvong Road, Luang Prabang, Laos地図で見る

ラオス旅行を自分好みにアレンジしよう!

オンライン旅行会社「旅工房」ならばラオスのツアーのアレンジも承ります(相談無料)。

  • 泊数を変えずに価格を抑える
  • 複数のホテルに宿泊する
  • 2ヶ国以上周遊する、など

旅工房でラオスのすべてのツアーをみる>>

ラオスの旅行予約はこちら

ラオスのパッケージツアーを探す

ラオスのホテルを探す

ラオスの航空券を探す

ラオスの現地アクティビティを探す

ラオスのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年4月5日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【ラオス】 ルアンパバーンに行ったら訪れたい、美味しいお店3選

NYタイムズの「世界で一番行きたい国の一つ」に選ばれたこともあるラオス。今回は、そんなラオスの古都ルアンパバーンで、美味しい食事を探しているあなたに向けて、おす...


激安屋台からお洒落カフェまで。ラオス料理を食べ尽くすvol.2【ルアンパバーン】

日本にラオス料理店はほとんどなく、「ラオス料理」と聞いてもどんなものかピンとこない人も多いのでは? 今回紹介するラオスのルアンパバーンは、道端に素朴な屋台が並ん...

実は日本人の口によく合う!ラオス料理を食べ尽くすvol.1【ルアンパバーン】

アジアの食文化の中でもあまり知られていないラオス料理。あの村上春樹も、その著書『ラオスにいったい何があるというんですか?』の中で言及している通り、実は日本人の口...

【ラオス】古都ルアンパバーンでちょっと贅沢な大人の旅

旧市街の街ごと世界遺産になっているという、趣のあるラオスの古都ルアンパバーン。母なる川、メコン川のほとりにあるその街は、静かで穏やかな空気が流れている落ち着いた...

この記事を書いたトラベルライター

路地裏あるき大好きな、自称☆台湾親善大使☆
台湾のゴハン、優しさとテキトーさを合わせもつ人たち、景色に魅了されて、1年に最低1回は台湾を訪れています。定番の観光スポットからディープな楽しみ方など、いろいろ発信したいです。
台湾以外の海外•国内のたび情報もたくさん紹介します。

【台北・お土産】駆け込みでもOK!コンビニで買えるお土産Best10

観光をおもいっきり楽しんだ旅行は、家族・友人・職場へのお土産を忘れてしまいがちだったりしませんか。また、お土産はどこで何を買おうか、ということが気になって観光に...


【ラオス】ゆるやかわいいお土産はナイトマーケットで!オススメ10選

ラオスはニューヨーク・タイムズ紙で「世界で一番行きたい国」に選ばれています。タイや中国などアジア大国の狭間にあっても、なんともゆるやかな空気が流れる味わい深さが...

【台北】地元民も通う漢方薬局「生元薬行」で体験するオーダーメイド漢方

「誰にでも効く」という薬は、誰にも効かない、という言葉もありますが、ここ「生元薬行」では、自分の体質に合った漢方を処方してもらえます。簡単な問診や診断の後、お医...

【台湾】高級中華が食べ放題!故宮博物院のレストラン「故宮晶華」は夜がお得

台湾の人気観光スポット、故宮博物院。その博物館に併設されているレストラン「故宮晶華」は、展示されている宝物の「肉形石」と「翠玉白菜」そっくりの料理を提供すること...

【モロッコ】SATCのロケ地!雑貨天国マラケシュのお土産best 3

モロッコの中でも人気の高い観光都市、マラケシュ。先住民族の言葉、ベルベル語では「神の国」の意味を持つ美しい街です。世界遺産に登録された、ジャマ・エル・フナ広場は...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?