マレーシア
マレーシア観光
歴史的な町並みと近代的な建物にビーチリゾートも満喫

【マレーシア】公共バスで行く!バコ国立公園でジャングル体験

取材・写真・文:

オーストラリア在住
訪問エリア:36ヶ国

2018年8月22日更新

2,330view

お気に入り

この記事の目次表示

バコ国立公園への行き方

クチン市内~国立公園ターミナルまで

クチン市内から赤の1番の公共バスに乗って、バコ村に向かいます。料金は一人RM3.5(95円)。バスは朝7時から1時間に一本の割合で出発(7am、8am〜)。

  • 写真:Booboo56

バスの乗り場はJalan PowerのElectra House横のマーケットにある「Chin Lian Longバスステーション」にあります。また、ウオーターフロントの「Riverside Majestic Hotel」の向かいのバス停からも乗ることができます。このバス停は白い円形の「The White Barouk」というレストランの左隣にあって、わかりやすいですが、バスステーションから乗ってくるお客さんが多いため、ここから乗ると座っていけないこともあります。

Chin Lian Long バスステーション
マレーシア / 駅・空港・ターミナル
住所:Chin Lian Long Bus Station 93000 Kuching Sarawak Malaysia地図で見る
White Barouk横のバス停
マレーシア / 駅・空港・ターミナル
住所:The White Barouk Lot 294 & 295, Section 48, Kuching Town Land District, Tebingan Kuching Jalan Tunku Abdul Rahman 93100 Kuching Sarawak, Malaysia地図で見る

終点に着いたら国立公園ターミナルで国立公園への入場料を払います。外国人は一人RM20(540円)。

  • 写真:Booboo56

国立公園ターミナル~国立公園本部まで

  • 写真:Booboo56

その後、公園までのボートのチケットを買います。チケットの売り場は二つあります。一つは公営、もう一つは私営のものだそうですが、どちらで買っても同じ料金、乗るボートも同じです。このあたり、実にマレーシアっぽいですね。チケット料金は往復で一人RM40(1,080円)です。バコ村からクチン市内への最終バスが17:30なので、それまでには戻ってくるように言われます。

  • 写真:Booboo56こちらは公園事務所のチケット売り場
  • 写真:Booboo56私営のチケット売り場

最初にボートに乗り、ビーチで降ろしてもらって山を越え、出発点に歩いて戻ってくるルートでトレッキングをする予定の人は、公園本部からビーチまでの船のチケットを買うこともできます。まだ予定を立てていない人は公園本部でも手配できるのではないかと思います(要確認)。

  • 写真:Booboo56

チケットにボートの番号を書いてもらえますので、それを見せてボートに乗り込みます。英語がわからなくても、係員の人も慣れていますから、流れに従っていけば全く問題なくボートに乗れます。

ボートは干潮の時は国立公園本部前のビーチに停泊し、そこから歩いて公園本部に行きますが、満潮時は国立公園本部から離れた桟橋に停泊します。これも人の流れにくっついて行けば問題ありません。

  • 写真:Booboo56

公園本部に着いたら、レストランの右横の事務所の受付に行って、自分の名前やパスポートの番号などをチェックインリストに記入します。この時に簡単な地図がもらえます。これをしないで勝手にトレッキングに行ってしまう人が多いと事務所の人が愚痴っていました。トレッキングが終わったら、このリストにサインをしてチェックアウトします。

ついでにレストランの左奥の建物で帰りのボートの予約をしましょう。例えば3時に予約して、疲れたから3時前に帰ることにしても、ボートに空きがあれば3時前のボートに乗ることができるので、時間には余裕を持って予約することをオススメします。

これで準備完了です。水を持ってくるのを忘れた人は、レストランで購入してからトレッキングを始めましょう。

帰りのバスもボートの発着に合わせて出ているので、ボートを降りたら、駐車場に行って帰りのバスに乗り込みましょう。

おわりに

赤の1番バスに乗っている外国人の目的地はほぼ間違いなく「バコ国立公園」ですので、その人たちの流れについて行けば、簡単にジャングル体験をすることができます。でも、動植物に興味があり、いろいろな説明を聞きながらトレッキングをしたい人や、公共交通機関を使っていくのが心配な人は日本語のガイドがつくツアーで行くのもオススメです。自分の旅のスタイルにあったジャングル体験を楽しみましょう。

バコ国立公園
マレーシア / 公園・動植物園
住所:bako national park, Sarawak, Malaysia地図で見る

マレーシアの旅行予約はこちら

マレーシアのパッケージツアーを探す

マレーシアのホテルを探す

マレーシアの航空券を探す

マレーシアの現地アクティビティを探す

(チケット)

(現地ツアー&体験)

マレーシアのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【海外】女子ひとり旅におすすめ旅行先6か国と過ごし方!迷ったらココ!第一弾

女子一人でも安心・満喫できるおすすめの国(都市)をご紹介!気になる治安面を考慮し、街の可愛さはもちろんのこと、周りやすさや物価の安さ、食事のおいしさなどを総合し...


クアラルンプールで子連れにおすすめの観光スポット17選

大人はじっくり観光したいけど、こどもが飽きてしまう・・・子連れ旅行は、どこに行ったらよいか迷いますよね。ここでは、クアラルンプール近郊のこどもが楽しめるスポット...

摩訶不思議!一度は見たい「世界の秘境・絶景スポット」11選

世界には想像を絶する景色がたくさんあります。秘境から有名な観光スポットまで、一生に一度は見てみたい摩訶不思議な絶景をご紹介。ちょっと人とは違う所に行きたい!地球...

4泊5日♪これが王道?!シンガポール女子旅モデルスケジュール!

人気の海外旅行先であるシンガポール。初めてシンガポールへ行かれる女性の方へ、平日仕事終わりに出発する4泊5日のシンガポール女子旅モデルコースをご紹介します!穴場...

【マレーシア】3連休で楽しむ!「クアラルンプール&世界遺産マラッカ」欲張りモデルプラン

女子旅にぴったりの可愛いスポットがたくさんある「マレーシア」。仕事終わりに深夜便を利用すれば、3連休を使って現地でたっぷり2日半楽しめます。ピンクのモスクや世界...

この記事を書いたトラベルライター

頭の中は食べることばかり、元バックパッカー 
観光というより、暮らすように旅できるオーストラリア・クイーンズランド州にあるサンシャインコーストの魅力をお伝えしたくて、トラベルライターになりましたが、なかなか思うような記事ができず奮闘中。
旅行の目的は「食べること!」、旅行先で出会った美味しいものもご紹介していきたいと思っています。

スペイン行ったら、これ食べよ! バルのおすすめタパス8選

スペインのグルメ体験といえば「タパス」。タパスと言ってもいろいろあって、何を食べるか迷ってしまうという人も多いのではないでしょうか?そんなあなたのために、スペイ...


【シンガポール】チャンギ空港の新施設「ジュエル」

施設・サービスの充実ぶりで「世界一の空港」の名をほしいままにしてきたチャンギ国際空港ですが、2019年4月17日に新施設「ジュエル」がオープンして更にパワーアッ...


【オーストラリア】「これが地球?」の景色が広がる地下都市、クーバーペディ

荒涼とした景色が好きな人なら絶対気に入る「クーバーペディ」。オーストラリア内陸部にある人口3千人あまりの街です。ここの魅力は風景だけではありません。この記事を読...

1日で立山黒部アルペンルートを通り抜けるモデルコース!紅葉シーズンにもおすすめ

世界でも有数の山岳観光ルート、立山黒部アルペンルート。季節によって、いろいろな楽しみ方がありますが、今回は紅葉を楽しみながら、長野県側で前泊し、富山県側に通り抜...

【オーストラリア】定番から、2020年流行中まで!スーパーで買えるお菓子20選

今回のテーマは「オーストラリアのスーパーで買えるお菓子」。お土産として日本人に人気のお菓子に加え、地元民にとっての「これぞオーストラリア」な定番お菓子、そして2...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります