メキシコ
メキシコ観光
世界遺産の古代遺跡巡りやカリブ海のビーチリゾート

メキシコシティの安うまカワイイ♡なローカルフード5選

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:30ヶ国

2019年10月10日更新

324view

お気に入り

写真:jihen2

タコスに代表されるメキシコ料理は、実は4,000種類以上あると言われていて、地域や文化により多彩なバリエーションがあります。しかも日本では出会えない珍しいものばかり!首都メキシコシティなら、要チェックの代表的なものを手軽に楽しめます。見た目も楽しくてコスパも◎なおすすめをご紹介。

この記事の目次表示

【1】買い方がポイント!王道のタコス

やっぱりタコスは外せません。トウモロコシでできた生地トルティーヤに、肉や野菜などの具とサルサや玉ねぎなどのトッピングをのせて食べる、メニュー無限大の国民食です。本場メキシコで食べるなら、①店先でつくってもらったもの、②セルフで具をのせるもの の2種の楽しみ方をおすすめします。

①店先でつくってもらう場合

まず道端の屋台は日本人には衛生的におすすめできません。ちゃんと建物に入った店舗になっているところを選んだ方がいいです。メキシコシティ中心部には屋台以外のお店もたくさんあります。

  • 写真:jihen2
  • 写真:jihen2手前がチキンの燻製、奥がビーフとセポジータ。二つで46ペソ(約253円)

おすすめはTaqueria Amandas。観光スポットのソカロ広場の近くにあり、英語メニューもあり、イートインとテイクアウト両方あって、なおかつ店先で肉を切ったり焼いたりしてくれる、いいことづくめのお店です。日本のガイドブックや、地元の宿にある周辺オススメマップにも載っているので、安心度も高いです。

タケリア・アランダス
メキシコ / 洋食・西洋料理
住所:Av. 5 de Mayo 43, Centro Histórico de la Cdad. de México, Centro地図で見る

②セルフで具をのせる場合

セルフスタイルならTaqueria El Caifanがおすすめ。買い物スポットとして有名なシウダデラ市場の近くで、観光客も地元民も多く行き交うフアレス通りにあります。

  • 写真:jihen2

頼み方はとても簡単で、最初にビーフやポークなどのメインの具と、チーズの有無を選ぶだけ。肉は中で焼いてくれて、他の具やトッピングは自分でのせます。ビュッフェのようなオシャレなトッピングコーナーに心踊ります。ピクルス、サボテン、フライドオニオン、各種サルサ、ベイクドポテトなどわりとがっつりめの具が豊富で、しかものせ放題!

  • 写真:jihen2
  • 写真:jihen2ひとつ31ペソ(約170円)。チーズ有りは51ペソ(約280円)

王道のタコス、ぜひ何度かいろいろなところで食べてみてはいかがでしょうか。

Taqueria de Caifan
メキシコ / 洋食・西洋料理
住所:Balderas 34, Colonia Centro, Centro, 06000 Ciudad de México地図で見る

【2】メキシコの朝ごはん、フェボス・ランチェロス

朝食やブランチにぜひトライしたいのがこれ。トルティーヤに卵とサルサソースをからめたもので、半熟卵とピリ辛ソースがとっても合います!これもお店によって少しずつ違っていて、複数試してみるのもアリ。オシャレかつ王道のメキシカンで、女性や海外初心者にぴったりのローカルフードです。

  • 写真:jihen2

メキシコシティでおすすめなのはその名もBreakfast。ここはベーシックなものに具を足したりアレンジができます。写真はサルサで全然見えませんが、本当はチチャロンという、これもメキシコ料理である豚の皮を揚げたものがのっています。お店の雰囲気もとても素敵で、ゆったりくつろげます(写真左下)。

  • 写真:jihen2
  • 写真:jihen2

写真右上は地方のお店ですが、このようにトマトベースの普通のサルサと、サルサ・ヴェルデというグリーントマトと青唐辛子ベースの2色コンボになっているものもあります。

200ペソ(約1,100円)くらいのお店が多いので、日本のカフェごはんくらいの感覚でしょうか。現地民にとっては道端でササっと済ませる朝ごはんがタコス、食卓でちゃんと食べる朝ごはんがフェボス・ランチェロス、という印象です。色鮮やかな見た目がメキシコらしい、オススメのローカル朝ごはんです。

ブレックファスト
メキシコ / 洋食・西洋料理
住所:Av Nuevo León 120, Hipódromo, 06100 Ciudad de México地図で見る

【3】こんなの見たことない!チレス・エン・ノガタ

  • 写真:jihen2

名前を聞いても、画像検索しても全くイメージの湧かないこの料理。説明としては「大きな唐辛子に豚肉やナッツを詰めて煮て、生クリームとザクロの実を添えたもの」。写真映えも料理の中身もインパクト抜群、せっかくメキシコに行くならトライしなきゃもったいない!メキシコの伝統料理です。個人的には、甘じょっぱくて濃厚な、日本人はけっこう好きな味だと思います。

  • 写真:jihen2プエブラはこんなところ

プエブラという、メキシコシティから車で2時間ほどの場所にある、かわいい建物や伝統的な焼き物で有名な街が発祥ですが、メキシコシティでも食べることができます。特にフアレス通りや5 de Mayoという通りには、観光客向けのリーズナブルな食事処がたくさんあります。

店によりますが160ペソ(約880円)くらいで、わりとお腹いっぱいになるのでコスパは良いです。ぜひ試してみてください。

【4】複雑な味わい、ポージョ・エン・モーレ

  • 写真:jihen2

チキンにモーレソースをかけたシンプルなものですが、このモーレソースというのがメキシコ料理の中でも特に素晴らしいとされています。様々なスパイスや木の実やチョコレートが使われているそうで、甘辛くてとても複雑な味です。

  • 写真:jihen2
  • 写真:jihen2

5 de MayoにあるPotzollcaliというレストランは、大衆向けでありつつ伝統的なメキシカンフードが食べられるのでおすすめです。こちらも160ペソ(約880円)でライスもついています。一見地味だけど実は珍しい、安うまなローカルフードです。

ポソルカリ
メキシコ / 洋食・西洋料理
住所:Av. 5 de Mayo 39, Centro Histórico de la Cdad. de México, Centro地図で見る

【5】ワイワイ楽しい、ポゾレ

地元の食堂で食べられる定番料理で、豚肉とトウモロコシとスパイスの入ったスープ。最初にスープがきたあとに、玉ねぎや赤カブやキャベツなどの具のほか、トルティーヤや各種サルサがどんどん運ばれてきて、セルフで足してアレンジしながら楽しむ料理です。ずらりと並ぶ具やサルサ、いろいろあって迷ってしまいます。

  • 写真:jihen2

フアレス通りにあるLa Casa de Tonoは、二人分で飲み物もつけて183ペソ(約1,006円)!しかもスープとトルティーヤはおかわり自由。またランチタイムに割引があるお店も多いので、事前にチェックして行けばかなりお得に食べられます。コスパとワクワク度なら間違いなしのポゾレは必食です。

La Casa de Tono
メキシコ / 洋食・西洋料理
住所:Dolores 7, Colonia Centro, Centro, 54700 Ciudad de México地図で見る

【6】庶民の味、エンチラーダス

  • 写真:jihen2

こちらも地元の食堂メニュー。トルティーヤに鶏肉やチーズなどの具を挟んで、上にカッテージチーズや野菜やソースがのったもの。フォークとナイフで食べるオシャレなタコス…のようでもありますが、同じトルティーヤでも味は全然違います。だいたい100ペソ(約550円)弱で食べることができます。

北部のグアナフアトでは、エンチラーダ・ミネラスという名前で、また少し違う形で食べられているので、地方ごとの違いを楽しめる料理でもあります。

【まとめ】

日本人にはほとんどなじみのない、メキシコの伝統料理。メキシコらしく色鮮やかでスパイスのきいた、見て食べて楽しいワクワクするものばかりです。いろいろなものが集まるメキシコシティで、お手頃価格で安全なローカルフードをエンジョイしてみてはいかがでしょうか。

※値段はすべて記事執筆時点のレート(1ペソ=5.5円)で計算しています

メキシコの旅行予約はこちら

メキシコのパッケージツアーを探す

メキシコのホテルを探す

メキシコの航空券を探す

メキシコの現地アクティビティを探す

メキシコのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年10月11日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


コロナだけじゃない!メキシコはビール天国だった<世界のビール探訪>

マヤ文明やティオティワカン文明のピラミッド、美しい海が広がるカンクンなどで観光客に人気のメキシコ。世界各国を旅するとき、観光地だけではなく、ひとつの軸を持って複...


【メキシコ】タコスの本場でうまい店を探す方法!

メキシコのローカルフードと言えばやはり「タコス」。色んなお肉とシャキシャキの野菜を香り豊かなトルティーヤに包んだもので、このシンプルな食べ物が恐ろしくうまいんで...

【グアダラハラ】メキシコ有数のインスタ映えスポット♡トラケパケの楽しみ方8選

メキシコのグアダラハラにある「トラケパケ」は、街全体がカラフルで、メキシコでも有数のインスタ映えスポット。今回は、国内からも国外からも人気となるこの街をしっかり...

【メキシコシティ】おしゃれベジごはん♪おすすめベジタリアンレストラン&カフェ4選

肉料理の多いイメージがあるメキシコ料理ですが、実はアレンジが豊富でベジタリアンフードとしても人気です。今回はメキシコシティで人気のベジタリアンレストラン&カフェ...

【メキシコ】プラヤ・デル・カルメンエリアのおすすめレストラン7選☆

メキシコ・カンクンから南に位置する人気のリゾート地「プラヤ・デル・カルメン」。目抜き通りとなる5番街を中心に数多くのレストランが立ち並び、どこで食事をしようか迷...

この記事を書いたトラベルライター

プランナー 兼 トラベラー / 旅のきっかけをつくるひと
内装やイベントブース設営の仕事をしながら、世界各地へ旅に出ています。旅のキーワードはアートとデザイン、雑貨、世界遺産。
いろいろな国の文化や芸術が好きすぎて世界遺産検定1級とりました。
カナダ・トロント→なんちゃって世界一周→再び日本。

素敵な旅づくりのきっかけになるような情報と魅力を紹介していきたいと思います。
instagramでの発信に力を入れているのでぜひチェックして下さい。

かわいくて喜ばれる、ハズさない栃木みやげ5選

栃木といえばいちご、宇都宮餃子、日光東照宮、などなど。観光地らしい定番のおみやげももちろん良いですが、ときには「おっ!」「かわいい!」と言われるような、ちょっと...


【アメリカ】大人も女子も必見!ヒューストン・NASAジョンソン宇宙センター

テキサス州・ヒューストンといえばNASAのジョンソン宇宙センターが有名。でも実際なにがあるのか?どんな楽しみ方があるのか?アミューズメント施設とあなどることなか...


かわいくて喜ばれる、ハズさないカナダ土産10選

カナダといえばメープルシロップが有名で、観光地ならどこにでもあります。そんな定番をお土産にするのももちろん良いですが、せっかくなら「おっ!」「かわいい!」と言わ...

東京で感性を磨こう②!気軽に行けるデザインギャラリー5選

流行発信地・東京には、感性を磨けるようなアカデミックで魅力あるスポットがたくさんあります。「東京で感性を磨こう①!アカデミックなお出かけスポット5選」の記事に引...

【カナダ】在住者おすすめモントリオールご当地フード5選

カナダといえばメープルシロップが有名ですが、東部の都市モントリオールでエンジョイすべき食べ物はそれだけではありません!甘いおやつからこってりB級グルメまで、在住...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?