メキシコ
メキシコ観光
世界遺産の古代遺跡巡りやカリブ海のビーチリゾート

【最新&保存版】メキシコシティおすすめ観光名所9選

取材・写真・文:

アメリカ在住
訪問エリア:24ヶ国

2019年3月14日更新

3,452view

お気に入り

この記事の目次表示

メキシコのおすすめツアー
《安心の空港送迎&朝食付き》世界遺産巡りが楽しい街♪【メキシコシティ5日間】ソナロッサ地区スタンダードクラス「プラザ・フロレンシア」指定/直行便アエロメヒコ利用
129,800円~197,800円
【先着50名様限定価格!】全日空(ANA)直行便で行く★《安心の空港送迎&朝食付き》世界遺産巡りが楽しい街♪【メキシコシティ5日間】ソナロッサ地区スタンダードクラス「プラザ・フロレンシア」指定
149,800円~233,800円
【メヒコスペシャル】《メキシコシティ&ニューヨーク7日間》料金重視のお手頃ホテル「スタンダードクラス(朝食付き)2泊」&マンハッタン内指定!「スタンダードクラス2泊」アエロメヒコ航空
150,000円~215,000円

7. スリル満点の臨場感!「革命記念塔」

  • 写真:KatieM

体験型アトラクションのような雰囲気を楽しめるのが「革命記念塔(Monumento a la Revolución)」。メキシコ革命を記念して作られた建物で、67メートルになる塔の最上階から新市街の街並みを眺めることができる絶景スポットでもあります。

  • 写真:KatieMエントランスの様子

入館してすぐ左側にチケット販売所があり、展望台のみ$70(403円)か、フルアクセス$90(518円)のどちらかを選べます。おすすめは断然フルアクセス!こちらのコースを選ぶと展望台の一番頂上まで登ることができますよ。

  • 写真:KatieM入場すると貰えるリストバンド

チケットを購入すると写真のようなリストバンドを付けてもらい、各セクションを訪れる毎にマーカーで印を付けてもらえます。

  • 写真:KatieM矢印に沿って移動する地下のギャラリー

ここの特徴は、とにかく体感アトラクション要素が満載なこと。まずは白い矢印に沿って、地下部分にある展示室で記念塔の構造や歴史などを順に観覧していきます。

  • 写真:KatieMエレベーターからの眺め

続いて革命記念塔の真ん中にあるガラス張りエレベーターに乗り込み、40秒間で50メートルの高さを一気に移動します。

  • 写真:KatieMドーム内側の様子

到着する先はドームの内側部分。ここは円状のテラスで吹き抜けとなっており、50m下にある広場を見下ろすことができます。とにかく吹き込む風が強く、高所恐怖症でなくても、思わずぞっとしてしまうような臨場感が見どころ。

  • 写真:KatieM

続いて一階下の展望台&カフェまで階段で降り、屋内からの景色を楽しんだら、そのまま外の展望台テラスに移動しましょう。加えてフルアクセスの場合は、テラス内にある細いドアから、鉄筋の階段を螺旋状に登って頂上部分に登るアトラクションが待っています。

  • 写真:KatieM展望台の様子

タワー内部は薄暗く、階段の隙間から階下が丸見えで、とにかくスリル満点!閉所と高所と暗所のトリプルパンチで足がすくんでしまうこと間違いありません。

  • 写真:KatieM屋上に続く階段

やっとの思いで登り切ったドームの頂上には、円状の小さな屋外展望台が待っています。細いテラスから臨む新市街の様子はまさに絶景!

  • 写真:KatieM最上階の様子

再び階段を降りて展望台を満喫したら、地上までは先ほど乗ったエレベーターではなく階段で降りるルートとなります。折り返し状になった鉄筋の階段を降りて行きますが、いつになったら終わりが来るのか検討も付かないためスリル満点ですよ!

  • 写真:KatieMタワー内にある階段の構図

こちらの展望台は、約50メートルの高さとなる鉄筋階段を自力で降りるアトラクション込みのスポットです。足腰の弱いお年寄りや、小さな子どもと一緒の場合は、係員にお願いしてエレベーターを使うようにしてくださいね。

  • 写真:KatieMテラスからの眺め
入場料:展望台のみMXN(403円)フルアクセスMXN(518円)
休業日:無し
時間:月〜木:12PM–8PM 金土:12PM-10PM 日:10AM-8PM
革命記念塔
メキシコ / 展望・景観
住所:Plaza de la República S/N, Tabacalera, Cuauhtémoc, 06030 Ciudad de México, CDMX, Mexico地図で見る
電話:55 5592 2038
Web:http://www.mrm.mx/

8. 青い壁が印象的な「フリーダ美術館」

  • 写真:KatieM美術館の外観

通称「青い家」として知られるのが「フリーダ美術館(Museo Frida Kahlo)」。

  • 写真:KatieMフリーダが生前実際に使用していたアトリエ

メキシコを代表する現代美術アーティスト「フリーダ・カーロ」が生前住んでいた家を改装して作られた美術館で、彼女の作品はもちろん、実際に彼女が住んでいた住居やアトリエなどを観覧することができます。

  • 写真:KatieM美術館前は常に長蛇の列!

ここはとにかく人気の観光スポットなので、チケット売り場までは常に長蛇の列。待ち時間を避けるために、事前に公式サイトからチケットを予約する方法がおすすめですよ!

  • 写真:KatieMフリーダの最後の作品

また館内で写真撮影を行いたい場合は、チケットを購入後、左側にある荷物預かり所で撮影許可証(30ペソ)を購入する必要があります。特に何の案内もないため、非常に解りづらいのですが、事前に知っておくと入館後に戻って買う手間を省くことができます。

  • 写真:KatieM館内の様子

館内はフリーダの作品はもちろん、彼女が生前使っていた家具やコレクションとして集めた食器類などの展示も行われています。中庭を中心とした広い敷地内は窓が多く、風通しの良い心地よい空間です。

  • 写真:KatieM写真撮影を楽しめる中庭

また、美術館巡りの最終地点となる中庭エリアは、緑豊かな空間となっており、インスタ映えで人気のスポット。中庭は許可証が無くても撮影が可能なので、色鮮やかな青い家を背景に写真撮影を楽しめますよ♪

入場料:MXN250(1,440円)
撮影許可証:MXN30(173円)
休業日:無し
時間:木〜火 9AM–5:30PM 水 11AM–5:30PM
フリーダ美術館(メキシコシティ)
メキシコ / 博物館・美術館
住所:Londres 247, Del Carmen, 04100 Ciudad de México, CDMX, Mexico地図で見る
電話:55 5554 5999
Web:http://www.museofridakahlo.org.mx/

9.巨大ピラミッドに登ろう!「テオティワカン遺跡」

  • 写真:KatieM月のピラミッドからの眺め

市内からは外れますが、「テオティワカン遺跡(Teotihuacan Pyramids)」も外せない観光スポット!ここは、テオティワカン文明の中心となった巨大な宗教都市遺跡で、「太陽のピラミッド」「月のピラミッド」5キロに繋がる「死者の道」などが見どころです。

  • 写真:KatieMピラミッドに登る階段

また、他の世界遺産と違って観光客でも実際にピラミッドに登ることができるのも大きな魅力。勾配は急ですが、ピラミッドの上から見渡す遺跡は格別ですよ。

  • 写真:KatieM太陽のピラミッド

遺跡内はとにかく広大で、日中はかなり暑くなります。日差しを遮るものが少ないため、帽子やサングラスなどの日差し対策をお忘れなく!

  • 写真:KatieM

尚、市内からバスを使って行く方法や、詳しい見どころなどは【テオティワカン遺跡への行き方】メキシコシティからバスで行く半日観光モデルコースの記事をご覧ください☆

入場料:MXN75(約406円)
休業日:無し
時間:9AM–5PM
ティオティワカン遺跡
メキシコ / 遺跡・史跡
住所:テオティワカン Ecatepec Pirámides Km. 22 600, 55800 San Juan Teotihuacan de Arista, Méx., メキシコ地図で見る

メキシコシティの治安について感じたこと

  • 写真:KatieM旧市街の様子

筆者は3ヶ月の間に、コロンビアのボゴタ・ブラジルのサンパウロ・メキシコのグアダラハラ・プラヤデルカルメン・コスタリカなど、アメリカ大陸の複数の都市を訪れる機会がありましたが、一番治安が良いと感じたのがここ、メキシコ・シティでした。

  • 写真:KatieM至る所で見かける警察官

とにかく警官や警備員の数が多く、特にメトロバスは各駅にひとりずつ警官が配置されているのも印象的でした。日中はひとりで地下鉄やメトロバスなどを乗り継ぎ、市内をあちこち移動しましたが特に不安に感じることはなく、ニューヨークと同じような感覚で過ごせましたよ。

  • 写真:KatieM新市街の様子

もちろん、観光は日中に行う・人通りの少ない場所には近付かない・深夜の外出は避ける、という基本的事項をしっかり守り、最小限の荷物のみで外出し、いかなる場所であっても細心の注意を払った行動も不可欠であることを忘れないでくださいね。

※記事内のメキシコペソから日本円への換算は1MXN=約5.42円で計算しています。

メキシコ旅行を自分好みにアレンジしよう!

オンライン旅行会社「旅工房」ならばメキシコのツアーのアレンジも承ります(相談無料)。

  • 泊数を変えずに価格を抑える
  • 複数のホテルに宿泊する
  • 2ヶ国以上周遊する、など

旅工房でメキシコのすべてのツアーをみる>>

メキシコの旅行予約はこちら

メキシコのパッケージツアーを探す

メキシコのホテルを探す

メキシコの航空券を探す

メキシコの現地アクティビティを探す

メキシコのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年3月13日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【テオティワカン遺跡への行き方】メキシコシティからバスで行く半日観光モデルコース

メキシコシティから僅か50kmの距離にあり、日帰り観光に最適なのがテオティワカン遺跡。事前にツアーなどを予約しなくても、北バスターミナルから出るバスを利用すれば...


【カンクンより魅力的?!】メキシコのプラヤ・デル・カルメン滞在をおすすめする理由

メキシコのリゾートに旅しようと考えた際、真っ先に思い浮かぶカンクン。でも実は、カンクンよりもおすすめのリゾートが、同じユカタン半島にあるんです。今回は、メキシコ...

【メキシコ】プラヤ・デル・カルメン「5番街」のオススメスポット7選

メキシコのリゾート地プラヤ・デル・カルメンにあるメインストリート「キンタ・アベニーダ」(通称5番街)と周辺のレストランやショップ、ミュージアムなど、オススメのス...

メキシコ第2の都市!グアダラハラで訪れたい観光名所7選

メキシコで2番目に大きく、スペイン植民地時代の建築様式が数多く残るグアダラハラ(Guadalajara) は、その街並みの美しさから「西部の真珠」とも呼ばれてい...

【世界遺産】メキシコのマヤ文明遺跡「チチェン・イッツァ」を巡る

マヤ文明は、「日常的に人を生贄(いけにえ)に捧げていたこと」と「精密な天文学」を併せ持っていた文明として有名です。その中でも古代都市【チチェン・イッツァ】の遺跡...

この記事を書いたトラベルライター

旅好きウェブライター
大学留学をきっかけに渡米してはや20+年。州立大学を卒業後ニューヨークで就職。長年に渡るニューヨーク生活を経て現在はサンフランシスコ市内に在住。とにかく旅行が大好き!旅先では主に、カフェ・絶景スポット・世界遺産巡りを楽しんでいます☆

ハワイ島ならではのお土産が見つかる!こだわりが光るお店8選☆

ハワイ諸島の中でも最も面積が広く、大自然が魅力のハワイ島。ゆったりと何もしない優雅な時間を楽しんだ後は、Made in the Big Islandのこだわりが...


【テオティワカン遺跡への行き方】メキシコシティからバスで行く半日観光モデルコース

メキシコシティから僅か50kmの距離にあり、日帰り観光に最適なのがテオティワカン遺跡。事前にツアーなどを予約しなくても、北バスターミナルから出るバスを利用すれば...

在住者が厳選!サンフランシスコ最新インスタ映えスポット9選☆

観光旅行先としても人気のサンフランシスコ。今、友達と差を付ける写真を撮りたいなら、断然おすすめなのがインスタグラムで人気となるスポット巡りです!今回はサンフラン...

【ハワイ島】コナコースト周辺のおすすめレストラン&カフェ10選

大自然を満喫できるハワイ島旅行。アクティビティーはもちろん、ハワイ島ならではのごはんも楽しみのひとつ。今回はコナコースト付近に滞在する際に役立つ、ローカルにも人...

【ハワイ島】コナコーストをの〜んびり巡る♪おすすめコーヒー園6選

コーヒーが好きな方なら一度は聞いたことのある「コナコーヒー」世界の生産量をみると僅か1%以下という希少価値の高いコーヒーで、少ない酸味と甘い香りが特徴です。ハワ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?