宮城
宮城観光
ご当地グルメの人気が高い東北の玄関口

見逃せない!秋の感動!【宮城松島】円通院の紅葉

取材・写真・文:

福島在住
訪問エリア:30都道府県

2019年10月7日更新

3,381view

お気に入り

写真:Olive

松島の瑞巌寺に隣接し、独眼竜で有名な伊達家の子孫を祀る円通院。整えられた白砂に苔の緑、寺院を華やかに彩るモミジやカエデの美しさは、一見の価値があります。またテーマごとに構成されたお庭は、それぞれに趣が違い、見ごたえ十分。松島の観光エリアの中心部に位置することもあり、毎年紅葉の時期には、多くの観光客が訪れ、短い秋の彩に感嘆の声をあげています。縁結びの神様としても名高い円通院に足を運んでみませんか?

この記事の目次表示

円通院とは?

  • 写真:Olive

伊達政宗を祀っている瑞巌寺に隣接した臨済宗妙心寺派の寺院で、伊達政宗公の嫡孫伊達光宗公の菩提寺です。院内には、国指定重要文化財に登録されている三慧殿があります。

  • 写真:Olive

写真の建物は、1646年に建造された光宗公の霊廟で、当時の技術の粋をつくした伊達家屈指の建造物と言われています。

  • 写真:Olive三慧殿の厨子

三慧殿の厨子(両開きの扉付きの仏具)には、水仙や洋バラ、アカンサス、トランプ模様など、当時では珍しい西洋的な模様が描かれています。その中の洋バラは、伊達家の家臣・支倉常長が慶長遣欧使節団を率いて、ヨーロッパまで渡航した際に持ち帰ったバラで、円通院ではこのバラを題材にした庭もあることから、バラ寺としても知られています。

こけしに願いを込めよう!縁結び観音

  • 写真:Olive縁結び観音

参道を入ってすぐ左手に、縁結び観音があります。この観音様は、男性も女性も、今まで異性に縁がなかった人を取り持つ縁結びの観音様。縁結び観音は龍に乗った観音菩薩で、龍は男性を、菩薩は女性を表し、龍が菩薩を背に乗せ、天に上り和合すると伝えられています。

  • 写真:Olive

可愛らしいこけしに良縁の願いをこめて、祈願奉納してみませんか?

名園として知られる庭も見どころ

  • 写真:Olive石庭

名園として名高い円通院の庭は、350年前に造られた庭園が、そのまま大切に受け継がれています。円通院の庭は、いくつかのテーマごとに構成されており、寺院としては珍しいお庭が広がります。その中の見どころをご紹介しましょう。

石庭「雲外天地の庭」

  • 写真:Olive石庭

縁結び観音からすぐの石庭は、天の庭と地の庭ということで構成され、仏教における仏・法・僧と呼ばれる3つの宝物の庭や、仏の庭を表現しているそうです。

  • 写真:Olive

天の庭と地の庭には、二つの庭を結ぶ架け橋、天水橋がかかっています。

遠州の庭

  • 写真:Olive遠州の庭

この庭は、伊達藩江戸屋敷にあった、小堀遠州の庭を移設したと言われています。心字の池には蓮の花、補陀落山にはモミジとつつじが配され、季節の移ろいを感じられる庭となっています。

バラの庭「白華峰西洋の庭」

三慧殿の厨子に描かれているバラ、アカンサス、ガーベラなどをモチーフにして、お寺にしては珍しい洋風の庭が広がります。仏教とキリスト教の出会いによって生まれたバロック的な庭を表現しているそうです。

三慧殿禅林瞑想の庭

  • 写真:Olive禅林瞑想の庭

杉林の中は美しい自然庭園で、紅葉をはじめ、たくさんの山野草や苔で構成された庭園です。禅林の非日常的な空間を作り出しているそうです。

円通院の紅葉の見ごろはいつ?

  • 写真:Olive

紅葉の季節は、毎年10月下旬から11月下旬。シーズン中は、夜間にライトアップされますが、ライトアップの鑑賞は、専用のチケット購入が必要です。

2019年ライトアップ情報
ライトアップ日程:10月26日(土)~11月17日(日)毎日17:30~21:00
円通院夜間拝観料:一般¥500、小中学生¥200
詳しくは、こちらの特設サイトでご確認ください

数珠作り体験も!

  • 写真:Olive
  • 写真:Olive

円通院では、数珠つくり体験(有料)ができます。数珠は、持っているだけで功徳があるとされ、災いを取り除き、平穏や安らぎを得られるといわれています。この機会に体験してみてはいかがでしょうか?

円通院概要

拝観料

  • 大人    300円
  • 高校生   150円
  • 小・中学生 100円

拝観時間: (年中無休)

  • 4月~11月 8:30~17:00
  • 12月~3月 9:00~16:00

アクセス

三陸自動車道松島海岸ICより国道45号線経由で約5分

円通院
宮城 / 寺 / パワースポット / 観光名所 / インスタ映え / 紅葉 / 女子旅 / 一人旅 / 花畑(5月) / 花畑(6月) / 夏のおすすめ観光スポット / 秋のおすすめ観光スポット / 縁結びスポット / 庭園 / 絶景
住所:宮城県宮城郡松島町松島町内67地図で見る
電話:022-354-3206
Web:http://www.entuuin.or.jp/
松島紅葉ライトアップ
宮城 / イベント・祭り / 絶景 / 紅葉 / 秋のおすすめ観光スポット
住所:宮城県宮城郡松島町松島町内67 円通院ほか地図で見る
電話:022-354-2618

宮城の旅行予約はこちら

宮城のパッケージツアーを探す

宮城のホテルを探す

宮城の航空券を探す

宮城の現地アクティビティを探す

宮城のレンタカーを探す

宮城の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年10月11日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【2021】11月の国内おすすめ旅行先28選!秋を満喫できる観光地特集

11月は各地で紅葉が見頃のピークを迎え、夜のライトアップが楽しめるほか、イルミネーションイベントも全国で始まる時期。11月の連休や週末におすすめの国内旅行先をご...


【2021】10月の国内おすすめ旅行先31選!秋の連休に行きたい観光地特集

10月は、北日本や標高の高い場所を中心に紅葉が各地で見頃を迎え、早いところではイルミネーションイベントも始まる時期です。10月の連休や週末におすすめの国内旅行先...

【2020年版】全国の人気神社・お寺TOP60!旅行好きが訪れた寺社ランキング

2020年にトリップノートのトラベラー会員が登録した「行ったスポット」のデータを元に、トラベラーのみなさんが実際に訪れた国内の寺社ランキング【2020年版】をご...

秋の国内旅行におすすめの観光地49選!秋がベストシーズンの旅先ガイド

秋は気候もよく、三連休も多いことから旅行にぴったりなシーズン。秋の花々や紅葉など季節の絶景が楽しめる名所や、晩秋から始まる人気のイルミネーションスポットなど、秋...

2021年11月のイベント・行事38選!一度は足を運びたい全国のおすすめイベント特集

11月は西日本を中心に見頃を迎える紅葉のイベントが各地で開催され、イルミネーションイベントも本格化する時期です。11月に行われる全国のおすすめイベントをご紹介し...

この記事を書いたトラベルライター

お出かけ、食べることが大好き!
日帰りドライブから、国内、海外を問わずお出かけするのが大好きです。ずっとタウン重視でお買い物に夢中の旅でしたが、10年ほど前にアメリカ・サンフランシスコに在住。国立公園めぐりをしたことをきっかけに、自然も大好きになりました。少し歴史を知ってから出かけると楽しいこと、美味しい食べ物や綺麗な風景に出会えると幸せなこと。小さな情報が、誰かの楽しい!や嬉しい!につながったらいいなと思っています。これからも、いろんなところへ出かけて、たくさんの情報を発信してゆきたいと思っています。少しでも参考になれますように!

これで完璧!奄美土産31選はここで買う!

島特有の文化が残る奄美大島では、古くから島に伝わる調味料や、加工品が多くあり、お土産としても喜ばれそうな品が豊富です。特産品を使ったお菓子や、珍しい雑貨などと共...


半日で周れる!奈良のいいとこ取り観光スポット・ベスト3

日本の国宝の5分の1は、奈良県にあると言われるほど、見どころの多い奈良ですが、町中から離れている場所もあり、1度に見て周るのは大変です。そこであまり時間はないけ...


これで完璧!【広島・宮島】の観光スポット10選と名物グルメ5選

海に浮かぶ社殿で有名な嚴島神社は、広島県にある世界遺産の一つ。本州の宮島口から10分ほどのプチ船旅で、神秘の島「宮島」に到着します。古より神の島として崇められ、...

【長野】湯田中温泉周辺の観光スポット10選&お土産

長野でも潤沢な湯量を誇る湯田中温泉周辺はとても魅力的な場所。車で1時間圏内には、人気の観光スポットが目白押しです。素朴な温泉街、美味しいものに溢れた町歩き、地獄...

きっと一番心に残る旅!ベルギー・ブルージュの観光スポット14選

「天井のない美術館」、「北のベネチア」、「ベルギーの水の都」と呼ばれ、ベルギーで最も人気の街ブルージュ。街を流れる運河に羽を休める白鳥、歴史的な建造物と昔ながら...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります