宮城
宮城観光
ご当地グルメの人気が高い東北の玄関口

仙台光ページェントと松島湾初日の出クルーズ!東北おすすめ年越し旅行

取材・写真・文:

神奈川在住
訪問エリア:29都道府県

2017年11月2日更新

2,810view

お気に入り

写真:まきまき

秋が深まると同時に年の終わりへと足早に向かいますが、新年はどこでどのように迎えるのか、すでに予定はお決まりでしょうか。近頃では年越しに旅をする方も増えているようですね。そこで、ご家族、お友達同士、恋人同士、一人旅まで楽しめる、大晦日から元旦にかけての東北おすすめスポットをご紹介します。夜のイルミネーションと初日の出による、光の年越しプランを過ごしてみてはいかがでしょうか。

この記事の目次表示

SENDAI光のページェント

仙台に輝くケヤキ並木のイルミネーション

  • 写真:まきまき

1986年にはじまり、その後30年以上にも渡って12月に開催されている「SENDAI光のページェント」。約160本のケヤキ並木に60万個のLED電球が散りばめられ、仙台の夜の街を美しく輝かせています。

このイベントは、「冬の仙台を明るくしよう」という思いから企画がはじまり、2017年は「みんなで灯す、心の明かり」というテーマがかかげられているそうです。

12月のイルミネーションは日本全国様々な場所で開催され、どこの地域も夜の街を美しく輝かせていますが、このSENDAI光のページェントは華やかなだけとは少し違い、どこか温かくて切ない気持ちにさせられるような、胸がキュッとなる雰囲気を秘めています。

「SENDAI光のページェント」は、クリスマス以降も点灯され大晦日まで見ることができます。特に大晦日は、普段よりも時間を延長して24時まで開催されているので、光に包まれた並木道で、年越し前の時間を楽しんでみてはいかがでしょうか。

光のページェントのジンクスとは

  • 写真:まきまき

この無数に散らばる光の中に、たったひとつだけピンクの電球が隠れているそうです。そのピンクの光を見つけたカップルは、永遠の愛を約束されるジンクスがあるのだとか。

ありがちな話ではありますが、なんせ電球の数は60万個もあるため、この無数の光の中からそのひとつを見つけるのは、意識的に探してみても難しいと思います。

筆者が探している最中にも、「そういえば、あったよ‥」と漏らしている女性がいましたが、もしも偶然に目にすることがあれば、カップルに限らず嬉しいですね。仙台に輝く光とともに、ステキな運が舞い込んで来そうです。

実はピンク電球の場所は決まっていて、地元の方の多くは知っているとのウワサもありますが、できれば情報を聞かずに出会いに任せてみてはいかがでしょうか。たとえ見つからなかったとしても、たくさんの美しい光が心に愛を与えてくれるでしょう。

SENDAI光のページェント情報(2017年)

  • 開催期間:2017年12月8日(金)~31日(日)
  • 開催時間:日~木 17:30~22:00、金・土 17:30~23:00、大晦日 17:30~24:00
SENDAI光のページェント
仙台 / イベント・祭り / 絶景 / 夜景 / 女子旅 / 冬のおすすめ観光スポット
住所:宮城県仙台市青葉区国分町二丁目付近 定禅寺通り(桜ヶ岡公園~駅前通り交差点)地図で見る
電話:022-261-6515(SENDAI光のページェント(一般(財)))
Web:http://www.sendaihikape.jp/

松島湾初日の出クルーズ

船上から見る松島の景色

  • 写真:まきまき

早朝は松島へ移動し、今度は船上から太陽の光を拝む、初日の出クルーズを楽しみましょう。

船は松島港から6:20に出航するので、それまでの時間は新年早々の初詣を楽しむのもいいですし、ホテルの部屋でひと休みすることもできますね。沖へ向かう船からは、松島に浮かぶ小さな島々の様子を、船内アナウンスとともに眺めます。

数年前の大震災により、中には半分削れてしまっている島もありました。当時、東北地方の沿岸部は、広範囲に渡り壊滅的な被害を受ける事態となりましたが、松島ではこのいくつもの島々が、身を削ってブロックしてくれたおかげで、陸の被害は最小限で済んだそうです。

そんな美しく力強い島の景色を楽しむうちに、いよいよ日の出の時間が訪れます。

水平線からひょっこり現れる初日の出

  • 写真:まきまき

やがて水平線から真っ赤な太陽が昇りはじめます。この登場のシーンは美しいというより、まん丸の球体がひょっこりと顔を出したような、可愛らしい感じです。

しばらくするとかがやく光が辺り一面を照らし、空や水面がブルーやピンク、オレンジ色に変化していきます。その光景はキラキラしていて繊細で、移り変わる海の景色を、いつまでもいつまでも見つめていたくなるでしょう。

日の出の様子は天候により大きく左右されますが、これから始まる一年の中で、もっとも新鮮な時間を迎えていることには違いありません。なのでたとえ曇り空でもがっかりせずに、そのときの出会いを楽しんでみてはいかがでしょうか。

松島湾初日の出クルーズ情報

  • 出航時間:6:20 出航 ~ 7:30頃 着
  • 料金:大人 1,500円、小人 750円(小学生)、グリーン席 大人600円増・小人300円増
松島湾初日の出クルーズ
仙台 / 乗り物 / 冬のおすすめ観光スポット
住所:宮城県宮城郡松島町松島町内98−1 松島観光桟橋地図で見る
電話:022-354-2233(松島島巡り観光船予約センター)
Web:http://www.matsushima.or.jp
松島湾
宮城 / 自然・景勝地 / ドライブスポット / 絶景
住所:宮城県宮城郡松島町地図で見る

宮城の旅行予約はこちら

宮城のパッケージツアーを探す

宮城のホテルを探す

宮城の航空券を探す

宮城の現地アクティビティを探す

宮城のレンタカーを探す

宮城の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年10月19日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【2021最新】全国の人気水族館TOP36!旅行好きが行っている水族館ランキング

沖縄美ら海水族館や海遊館をはじめとする全国の人気水族館を、トリップノートの6万8千人の旅行好きトラベラー会員(2021年1月現在)が実際に行っている順にランキン...


朝ドラ『おかえりモネ』のロケ地・宮城の気仙沼&登米を歩こう!

2021年春公開のNHK朝ドラ『おかえりモネ』は、幸せな未来を届ける希望の物語。宮城の気仙沼と登米、東京を舞台に繰り広げられます。自然豊かな宮城の2つの町を、ロ...

【2020年版】全国の人気神社・お寺TOP60!旅行好きが訪れた寺社ランキング

2020年にトリップノートのトラベラー会員が登録した「行ったスポット」のデータを元に、トラベラーのみなさんが実際に訪れた国内の寺社ランキング【2020年版】をご...

夏でも涼しい国内の観光スポット27選!真夏の旅行・お出かけにおすすめ

夏休みやお盆休みなど、旅行・お出かけの機会も増える夏。爽やかな高原やいつでも気温が低い鍾乳洞、高所の雲海スポットなど、暑さから逃れたいときにもぴったりな、夏でも...

冬の国内旅行におすすめの観光地36選!冬ならではの旅行を楽しもう

雪の季節にしか見られない絶景や冬空に映えるライトアップなど、寒い冬だからこそ楽しめる観光スポットが国内にはたくさんあります!冬の国内旅行におすすめの観光地を厳選...

この記事を書いたトラベルライター

トラベルフォトグラファー
カメラを片手に一人旅をしています。行ったことのある場所を再び訪れても、旅にはふたつとして同じ経験はなく、世界はミラクルの連続です。感動からハプニングまで、様々な出会いの中にたくさんの面白さがあり、出発してから帰るまですべての場所が目的地ですね。

それらを旅好きな仲間達と共有していけたらと思っています。みなさんの旅がHappyでありますように。
http://makimomo.com

スーツケースのキャスターゴムの自力でかんたん修理方法

スーツケースのキャスターを保護する表面のゴム部分。ここが取れてしまったら大ピンチです。壊れる前に対処をしなければなりませんが、修理に出したり買いかえるのはちょっ...


スーツケースDIY修理!セルフでキャスターを交換する方法

スーツケースのキャスター部分を修理に出すと、1ヶ所数千円もかかるため買い替えた方が早いです。でも部品そのものは安価であるため、自力で直せたら助かりますね。今回は...


日本三大パワースポット!長野県の分杭峠でゼロ磁場を体感しよう

長野県の分杭峠(ぶんぐいとうげ)は標高1,424mの静かな山の中に位置しています。そこはゼロ磁場と呼ばれる特殊な状態が生み出されていて、世界有数のパワースポット...

のんびり過ごせる冬の沖縄・石垣島の楽しみ方とおすすめ観光

日本を代表する南国の島といえば、沖縄県の石垣島。その素晴らしい光景は、一度訪れたことで虜になる人も多いのではないでしょうか。ただ南国といっても、活動的に過ごすだ...

【2020年】ロシア大使館とビザセンターでのビザ申請方法と注意点

2019年6月3日からロシア大使館でのビザ申請は完全予約制となりました。このような制度は急な変更が付き物ですが、東京の在日ロシア大使館とロシアビザセンターで申請...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります