長崎
長崎
ハウステンボスやグラバー園など、有名観光スポットが多数

日本最古の国立公園!長崎県・雲仙で地獄をめぐる

2017年5月23日更新

365view

お気に入り

長崎県の島原半島にある雲仙温泉。明治時代、長崎に多く住んでいた外国人の避暑地として開かれ、日本で初めて国立公園にもなりました。温泉街の中には、白い温泉余土が積もり硫黄臭のする湯けむりをふき出す雲仙地獄があります。今回は地獄をのんびり散歩してみましょう。

雲仙地獄の基本情報

橘湾(雲仙温泉の西側にある湾)の海底のマグマだまりが源といわれている雲仙地獄。この地獄には散策路が整備されており、無料で立ち入ることができます。温泉の温度は最高98度、湯けむりの温度は最高120度にも達します。

長崎駅から雲仙地獄へバスでアクセスする場合、1時間40分ほどかかります。雲仙温泉観光協会のHPには、バスだけでなく乗用車やJR、飛行機や船のルートも記載されているので参考になります。なお、今回の記事ではバスで訪れました。

停留所から少し歩くとすぐに、通る車が減速してしまうほどの湯気がただよう雲仙地獄が見えてきます。さっそく入ってみましょう。

30ほどもある地獄をめぐる

雲仙地獄内には、様々な大きさの地獄が30か所ほどあります。主なものをいくつか紹介します。

1.清七地獄

1587年には豊臣秀吉がバテレン追放令を、1612年には江戸幕府が禁教令を発令し、キリシタンを取り締まりました。長崎に住む清七という男もキリシタンだったため、捕らえられて処刑されたといいます。そのころにわき出したと伝えられる地獄です。

2.雀地獄

わき出したガスが、温泉の中ではじけて雀の鳴き声のような音がする地獄です。

3.お糸地獄

裕福な暮らしをしていたにも関わらず密通し夫を殺した女性、お糸が処刑されたころにわき出したと伝えられる地獄です。

4.邪見地獄

ここの湯を飲むと、邪見(嫉妬心)が消え去るとされます。実際は強酸性のため、飲めるものではないそうです。

5.八万地獄

八万地獄とは、人が持つ八万四千の煩悩によってなされた悪行により落ちるとされる地獄のことです。展望台から一望できます。

6.大叫喚地獄

雲仙地獄で最も活発であり、最も高いところにあります。噴気音が地獄に落ちる亡者の絶叫のように聞こえることから名づけられました。

7.旧八万地獄

その風景から、月面地獄の別名をもちます。現在は地熱活動を休止していますが、散策路の石畳にふれると熱を感じます。

8.婆石と鏡石

地獄ではなく、閻魔大王が座る婆石と、彼が亡者の善悪を判断できない時に使用する鏡石です。

雲仙地獄
長崎 / 自然・景勝地 / 観光名所
住所:長崎県雲仙市小浜町雲仙320
電話:0957-73-3434

日帰りでも雲仙温泉に入っていこう

  • 湯の里温泉共同浴場(だんきゅう風呂)
  • よか湯

湯けむりのわき出す雲仙地獄を見たあとは、ぜひ温泉にも入っていきましょう。雲仙温泉は強い酸性の湯であり、硫黄臭がします。色は透明あるいは白みがかっており、皮膚病やリュウマチなどに効能があるとされます。

共同浴場の「湯の里温泉共同浴場(だんきゅう風呂)」や立ち寄り湯の雲仙よか湯なら、日帰りでも温泉にゆっくりつかれますよ。

湯の里 共同浴場
長崎 / 温泉
住所:長崎県雲仙市小浜町雲仙303
電話:0957-73-2576
雲仙 よか湯
長崎 / 温泉
住所:長崎県雲仙市小浜町雲仙380
電話:0957-73-3482
Web:http://www.unzen-yokayu.co.jp/
雲仙温泉
長崎 / 町・ストリート
住所:長崎県雲仙市小浜町雲仙
Web:http://www.unzen.org/
  • 関連リンク

雲仙温泉観光協会

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年5月15日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

【長崎観光】遊べる湯けむり地獄!雲仙&小浜温泉の魅力

長崎の雲仙&小浜温泉エリアは、地熱で自然の湯けむりがもくもく湧き上がる観光スポット。自然の湯気で蒸した温泉卵の露店や、足湯、セルフサービスで食材蒸し放題の場所な...

九州女子旅のおすすめ観光スポット14選!旅ツウのトラベルライターが厳選!

温泉にパワースポット、自然に癒されるスポットやインスタ映えする夜景スポットなど、旅ツウのトラベルライターが、九州の女子旅におすすめの観光スポットをご紹介!九州で...

廃墟なのに世界遺産?長崎県端島(軍艦島)ってどんな島?

長崎県長崎市にある「端島(はしま)」。現在では廃墟の無人島ですが、明治から昭和にかけては炭鉱業で栄えた島で、2015年に近代化産業の遺産群の一つとして世界文化遺...

【長崎県小値賀島】160年を経てよみがえった古民家レストラン・藤松

1857年に建てられた藤松邸は、捕鯨や酒造りで財を成した藤松家のお屋敷です。時とともに誰も住まなくなったこの古民家は、約160年の時を経て、2011年に小値賀町...

【長崎】青に映える壮麗なお城「島原城」

島原城は、長崎県島原市にある安土桃山期の築城様式を取り入れた五層天守閣のお城です。海沿いにあり、背景に見えるのは空と海のみ!白亜のお城は青い背景に良く映え、浮か...



この記事を書いたトラベルライター

一人旅好きのブロガー
国内で一人旅ばかりしているブロガーです。メジャーではないけどマニアックすぎない、「もっと評価されるべき」スポットを中心に紹介します。個人ブログやツイッターで今までに訪れた場所について書いたり、ここではない某所でもトラベルライターとして活動したりしているので、ぜひ参考にして頂ければと思います。
http://85irimusume.doorblog.jp/

鯉が泳ぐ城下町。「山陰の小京都」島根県・津和野を歩く

「山陰の小京都」の異名を誇る島根県・津和野。津和野藩亀井氏の治めていた城下町であり、鯉の群れが泳ぐ水路、1,000の鳥居を持つ稲荷神社、畳敷きの教会、西周や森鴎...

3億年かけて作られた神秘の洞窟、山口県・秋芳洞

山口県美称市に広がる日本最大級のカルスト台地、秋吉台。元はサンゴ礁だった石灰岩が、3億年以上もの時をかけて堆積してできた奇跡の風景です。さらに秋吉台の下には、大...

祖谷渓のかずら橋と大歩危の遊覧船。徳島の秘境渓谷満喫プラン!

吉野川の支流である祖谷川によって作られた祖谷渓(いやけい)。そして吉野川の上流に位置する大歩危(おおぼけ)・小歩危(こぼけ)。いずれも激流によって長い年月をかけ...

個性も様々な8つの地獄。大分県・別府地獄めぐり

「おんせん県おおいた」を自称する大分県。湧出量・源泉数ともに日本一を誇り、別府や湯布院を始めとした数多くの温泉地を有します。量だけでなく、泥湯、炭酸温泉など泉質...

9つの共同浴場をめぐって満願成就!長野県・渋温泉

約1,300年前に行基(ぎょうき)により開かれた、長野県の渋温泉。その長い歴史、豊富な湯量と泉質、情緒ある町並み、そして渋温泉の宿泊客と地元住民だけが利用できる...



トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?