名古屋
名古屋
独特の食文化”なごやめし”に魅了される

新名古屋名物!10種のスパイスがクセになる「台湾カラアゲ」

2017年12月1日更新

368view

お気に入り

ひつまぶし、みそカツ、きしめん、天むす、小倉トースト。名古屋名物は1日では制覇しきれないほどたくさんあります。約300の店が集まり、名古屋で一番活気のある商店街「大須」では食べ歩きが盛んで、これらほとんどの名古屋名物を味わうことができます。この大須で、最近新たにブームになっているものがあります。それは「台湾カラアゲ」です。

台湾カラアゲとは?

  • 大粒のカラアゲが5~6個入って500円

台湾の夜市では定番の台湾カラアゲ。何種類もの香辛料を鶏肉にまぶして揚げるのが特徴です。熱々のカラアゲをほおばると八角やシナモンなどのエスニックな香りが鼻に抜けます。

衣に使う粉は小麦粉ではなく、タピオカ粉を使用しているので、最後の1口までサクサクとした食感が続きます。

そんな台湾カラアゲを初めて日本に紹介したのが「李さんの台湾名物屋台」です。お店の経営者の李さん曰く「うちは全部で10種類くらいの香辛料を使っているけど、何が入っているかは企業秘密」なんだそう。

お肉の質にもこだわって、どうすればジューシーになるか、仕上がりがカリっとするかを考えているそうです。そして李さんのこだわりは、いつも揚げたて提供すること。作り置きはせずに必ず注文が入ってから作っています。

  • 注文後は番号札を渡され、できたてのカラアゲを待ちます

カラアゲ激戦区の大須

今から約10年前のこと、李さんの台湾カラアゲが火付け役になり大須にカラアゲブームがやってきました。大須はカラアゲの激戦区となり、最盛期には約100軒ある飲食店のうち、カラアゲ店が20店舗以上を占めていました。

李さんのお店が人気となった秘訣は他にはない特徴があったからなのです。カラアゲ容器は紙コップではなく「こっちの方が美味しそうに見えるでしょ。」とプラスチックの透明カップを使っていました。

さらに、当時はカラアゲもタピオカドリンクもそれぞれ専門店しかありませんでしたが、李さんは両方提供していたのです。

他の店も李さんの店に倣い、同じスタイルをとるようになりました。当時は休日になると、商店街はどこを見渡してもカラアゲのカップとタピオカドリンクを持って歩く人がいたそうです。

今では一時のブームは落ち着き、カラアゲ店の数も9店舗となっています。それでも行列が一番長いのは、やっぱり李さんのお店なのです。

  • 大須商店街はレトロな店、流行の店、なんでもアリの街

なぜ名古屋から広がったのか

  • 経営者になった今も店頭でカラアゲを売る李さん

もともと、日本に留学生として来日した李さん。滞在先を名古屋に決めたのは、友人から住みやすい街だと聞いていたことがあるからでした。語学学校に通った後は、料理が好きだったので調理師専門学校にも通いました。

「李さんの台湾名物屋台」を出店したのは、専門学校の友人に誘われたことがきっかけでした。冗談半分で大須に行ったら物件が見つかり、2001年に1号店がオープンしました。

全国に広がる支店

そんな「李さんの台湾名物屋台」は現在大須に3店舗、そのほか愛知県内に2店舗、さらには東京、大阪、富山にも1店舗ずつ支店を構えています。

日本のことが大好きになった李さん。2012年についに日本国籍を取得したのです。日本で商売をするからには日本に骨を埋めるつもりでいたいとの決心からでした。

李さんの夢は、日本全国に「李さんの台湾名物屋台」をつくることです。もっともっと多くの人に台湾の味を知ってもらいたいという想いがあるのです。台湾メディアも、日本初出店の台湾カラアゲの店として何度か取材に訪れたことがあります。いつか、李さんの台湾カラアゲが日本中でお客さんの胃袋をつかむ日が来るかもしれません。

  • 休日にはいつも行列のできている李さんのお店
李さんの台湾名物屋台(本店)
名古屋 / 肉料理
住所:愛知県名古屋市中区大須3-35-10
Web:http://www.lees-taiwan-kitchen.com/shop.html

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年11月5日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

最近人気の記事

なごやめしが味わえる「金シャチ横丁」登場!名古屋城5つの見どころ徹底ガイド

尾張徳川家の居城として400年以上にわたって人々に親しまれてきた名古屋のシンボル・名古屋城。2018年6月に完成公開を迎える本丸御殿とあわせて、2018年3月2...

名古屋の定番・観光スポットならココ!19選

特にはじめて名古屋を旅行するなら訪れたいのが定番のスポット!この記事では、名古屋城や名古屋港水族館、サンシャインサカエをはじめとする定番の観光スポットはもちろん...

愛知を遊び尽くす!おすすめの観光スポット17選

日本第2位、第3位の大きさを誇るふたつのテーマパークをはじめ、愛知県には楽しくて思いっきり遊べるレジャースポットがたくさんあります。また金のシャチホコで有名な「...

ワンランク上のスーパー銭湯【名古屋】1日中楽しめる湯~とぴあ宝!

名古屋市のJR笠寺駅から徒歩7分にある24時間営業の「湯~とぴあ宝」は、30種類もあるお風呂や、12,000冊以上の漫画・雑誌が取り揃えられたまんが図書館、本格...

ひつまぶしを食べに名古屋へ!行列の絶えないあつた蓬莱軒の攻略法

名古屋の名物「ひつまぶし」をご存知ですか?お櫃に入ったご飯と鰻を1膳目はそのまま、2膳目は薬味を乗せて、3膳目はお茶漬けにして、4膳目は気に入った食べ方でいただ...



この記事を書いたトラベルライター

路地裏あるき大好きな、自称☆台湾親善大使☆
台湾のゴハン、優しさとテキトーさを合わせもつ人たち、景色に魅了されて、1年に最低1回は台湾を訪れています。定番の観光スポットからディープな楽しみ方など、いろいろ発信したいです。
台湾以外の海外•国内のたび情報もたくさん紹介します。

【台北・お土産】駆け込みでもOK!コンビニで買えるお土産Best10

観光をおもいっきり楽しんだ旅行は、家族・友人・職場へのお土産を忘れてしまいがちだったりしませんか。また、お土産はどこで何を買おうか、ということが気になって観光に...

【モロッコ】SATCのロケ地!雑貨天国マラケシュのお土産best 3

モロッコの中でも人気の高い観光都市、マラケシュ。先住民族の言葉、ベルベル語では「神の国」の意味を持つ美しい街です。世界遺産に登録された、ジャマ・エル・フナ広場は...

【ラオス】ゆるやかわいいお土産はナイトマーケットで!オススメ10選

ラオスはニューヨーク・タイムズ紙で「世界で一番行きたい国」に選ばれています。タイや中国などアジア大国の狭間にあっても、なんともゆるやかな空気が流れる味わい深さが...

台北から日帰り空中さんぽ。【猫空】縁続縁で本格台湾式ティータイム

台湾観光で一息つきたくなったら、猫空(マオコン)に足を伸ばしてみませんか。台北市近郊に位置する猫空は台湾でも有数のお茶の産地なのです。お茶畑に囲まれた風景を眺め...

【静岡】非日常の船旅へいざなう5つの仕掛け「星野リゾート界アンジン」

あちこち観光するだけが旅じゃない。ホテルでのんびりと過ごす時間も贅沢なものだと気付くことができるのが星野リゾート。は、2017年4月にオープンした星野リゾートで...



トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?