奈良
奈良観光
世界遺産が日本一多く、鹿のゆるキャラが人気

【奈良】コスモスが埋め尽くす古刹「般若寺」

取材・写真・文:

兵庫在住

2018年11月2日更新

254view

お気に入り

写真:こごみ

奈良公園界隈は、常にたくさんの観光客でにぎわっています。しかし観光客が意外と足を向けないのが、大仏さんの背後にある地域。北の方へ向かっていくと、「般若寺」という小さなお寺があります。今回は秋になると一面のコスモスに埋め尽くされる、通称「コスモス寺」をご紹介します。

この記事の目次表示

コスモス寺「般若寺」とは

  • 写真:こごみ

「般若寺」は、奈良公園から少し外れた場所にポツンとある、知る人ぞ知るお寺です。奈良では古い建物自体珍しくないのかもしれませんが、こちらのお寺もかなりの古刹です。735年の天平時代、平城京の鬼門封じとして聖武天皇の命により創建。「般若寺」と名付けられました。

鬼門封じの役目ということは、京都でいう比叡山延暦寺のようなものでしょうか。そのために、ぽつんと離れた場所に建っているのかもしれません。

現代の本堂は、江戸時代に再建されたもの

  • 写真:こごみ

かつて学僧が千人いたということから、創建当時はかなりの広さがあったと思われます。平安時代に一度戦乱の焼き討ちにあい焼失し、その後少しずつ再建されていったようです。現代の本堂は戦国時代以後の建物で、江戸時代に再建。般若寺の中では一番新しいといえます。ご本尊は「文殊菩薩騎獅像」で、獅子に乗っかっている珍しい仏さまです。

般若寺のシンボル的存在「十三重石宝塔」

  • 写真:こごみ

写真は「十三重石宝塔」と呼ばれている卒塔婆です。鎌倉時代のもので、般若寺を紹介する写真には必ず載っている有名な塔です。ちなみに般若寺にある仏像類や境内の建物は、本堂を除き、すべて鎌倉時代の重要文化財というすごさ。コスモスシーズン以外でも、じゅうぶん見学する価値ありのお寺です。

国宝に指定されている「楼門」

  • 写真:こごみ

こちらの楼門は国宝に指定されています。楼門の遺構としては、日本最古のものだそうです。反り返った屋根のラインが元気そうに見える、独特の形をしています。

境内を埋め尽くすコスモス

  • 写真:こごみ

般若寺の境内はとても小さいのですが、時期になると境内中でコスモスが咲いているので、お寺そのものが本当にコスモスで埋め尽くされているような印象を受けます。敷地に足を踏み入れたとたん、その迫力に圧倒されます。古びた石や木の色と、鮮やかな花の色が絶妙な風情をかもしだしています。

  • 写真:こごみ

例年10月から11月半ばくらいまでが見ごろの季節で、約15万本のコスモスが出迎えてくれます。

  • 写真:こごみ
  • 写真:こごみ

境内に咲くコスモスは、約30種類。ですから、よく見るとなかなか珍しいものも。「これコスモス?」と思うくらい普段見ないような変わったコスモスもあります。

甘いものがおいしい奈良:寺周辺には「植村牧場」と「寛永堂」

  • 写真:こごみ

般若寺のすぐそばにある「植村牧場」

般若寺のまわりは住宅地なので、お店はほぼありませんが、すぐ側に「植村牧場」という小さな牧場があり、牛乳やソフトクリームがいただけます。敷地内にあるレストラン「いちづ」では本格的なランチや牧場の材料を使ったスイーツが食べられます。手作りのアップルパイが評判です。著者が行ったのは水曜日で、なんと残念なことに定休日でした。

近鉄駅近くにある「寛永堂」

  • 写真:こごみ

ということで筆者は、近鉄駅近くにある「寛永堂」で、クリームあんみつをいただきました。黒蜜仕様のアイスクリームが濃厚です。ちなみに寛永堂には楽しい名物があります。奈良の銘菓「三笠」です。

三笠は簡単に言ってしまうと、どら焼きのことです。奈良ではどら焼きのことを三笠と呼びます。奈良にある三笠山の形に由来していると言われています。いろんなお店で売っていますが、「寛永堂奈良店」の巨大三笠は特に有名。

寛永堂といえば京都が本店の全国にお店がある和菓子店ですが、ここ奈良店の三笠は、とにかくその大きさがすごいです。鹿の焼印が押されたもので、両手で持つくらいの大きさです。普通サイズも販売されていますので、ご安心を。

寛永堂奈良店
奈良 / 和菓子
住所:奈良県奈良市東向中町4
Web:http://www.kaneido.com/access_5.html

歴史に翻弄された般若寺

  • 写真:こごみ

かつて3万6千坪あったという般若寺は、明治の廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)の被害を受け、2千坪あまりに縮小されてしまいました。宝塔なども破壊されてしまったようです。今となっては小さなお寺ですが、その静かで美しい佇まいは、現代でも古都平城の鬼門を守り続けています。

般若寺
奈良 / 社寺・教会
住所:奈良県奈良市般若寺町221
電話:0742-22-6287
Web:http://www.hannyaji.com/

奈良の旅行予約はこちら

奈良のホテルを探す

奈良の航空券を探す

(伊丹空港)

(関西空港)

奈良のパッケージツアーを探す

奈良の現地アクティビティを探す

奈良のレンタカーを探す

奈良の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年11月1日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

2018全国のおすすめ紅葉名所46選!46都道府県のイチオシ紅葉スポット一覧

全国各地でさまざまな紅葉景色を楽しめる日本の秋。早いところでは9月から色づき始め、遅いところでは12月初旬まで見頃が続きます。一生に一度は見てみたい、46都道府...

半日で周れる!奈良のいいとこ取り観光スポット・ベスト3

日本の国宝の5分の1は、奈良県にあると言われるほど、見どころの多い奈良ですが、町中から離れている場所もあり、1度に見て周るのは大変です。そこであまり時間はないけ...


走るために旅しよう!関西4大フルマラソンのおすすめポイント!

今や趣味の定番ともなりつつあるマラソン。毎年市民ランナーが参加できるマラソン大会が、日本各地で開催されています。遠方の大会に「走るために旅をする」のもランナーの...

【奈良】長谷寺で、観音様の御足に触れて祈れる特別体験を!

奈良県桜井市にある長谷寺は、全399段もあるトンネル状の登廊(のぼりろう)や、舞台造りの本堂など見どころの多いお寺です。中でも、身の丈約10メートル。木造として...


古代史跡の宝庫!奈良・明日香村で訪れたいスポット9選

7世紀、日本の政治の中心地であった奈良・明日香村。現在はのどかな田園風景が広がるこの場所には、当時の面影を残した史跡が数多く残っています。不思議な形をした巨石や...

この記事を書いたトラベルライター

旅と本と野球があればしあわせな毎日
興味深いものや謎に満ちたものはいろんな所に存在しています。おいしいものも食べたことないものもまだまだいっぱいある!何気ないものが思いがけない歴史を持っていたり、知らなかったことに驚いたりした時、地球って深いなあと実感する、そんな瞬間を味わいたくてあちこちうろつく日々です。
https://kogomitabi.hatenablog.com/

【大阪】お土産にも!関西の老舗ぞろい!梅田大丸デパ地下スイーツ5選

大阪駅前にある「大丸百貨店 梅田店」の地下は「ごちそうパラダイス」と称して、おいしいものがたくさんそろっており、スイーツも充実しています。関西の有名どころの名店...

【兵庫県姫路市】安富町の「かかしの里」は人とかかしがいっしょに暮らす村

四方を山に囲まれた静かな集落に、「奥播磨かかしの里」はあります。村人と見間違ってしまうくらい、かかしが山郷の風景と一体化しており、気持ちよくのんびりとしたとても...


【和歌山県】みなべ町の道の駅は梅好きにはたまらないスポット!おすすめ梅みやげも

和歌山県のみなべといえば、「梅」の産地です。みなべの梅干しは全国で販売されている梅ブランド。でもみなべの梅製品は梅干しだけではないのです。お菓子、ドリンク、ジャ...

【京都】圧巻の「南禅寺」の紅葉と静寂の庭「無鄰菴」

京都で見る紅葉が特別に感じるのは、重厚な寺院や神社などの建築物、または静寂漂う美しい庭など、その場所と設定によるものだと思います。隣り合う「南禅寺」と「無鄰菴」...


【岐阜県】下呂温泉のおいしくて癒されるおみやげ7選

日本三大名泉と言われている温泉の一つ岐阜県「下呂温泉」。お湯を楽しみおいしい食事をいただける温泉街ですが、もう一つの楽しみはおみやげ選びです。温泉の街ならではの...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?