大原・鞍馬・貴船・八瀬
大原・鞍馬・貴船・八瀬観光
山里の雰囲気やパワーを感じる京都市の最北エリア

京都・大原のおすすめ観光スポット!癒しのお寺「宝泉院」の額縁庭園が素晴らしい!!紅葉も必見◎

2018年9月14日更新

650view

お気に入り

京都大原の三千院に次ぐ観光名所である「宝泉院」。宝泉院の客殿では、お抹茶を楽しみながらまるで日本画のような額縁庭園を眺めることができます。和の趣にあふれた空間で、静かに心穏やかなひとときを過ごしてみませんか。庭園以外にも見どころが詰まっており、もちろん紅葉もおすすめです。今回は、そんな癒しのお寺である宝泉院についてご紹介します。

この記事の目次表示

宝泉院とは

京都駅から北に約1時間、のどかな山里の大原には、天台宗が栄えた大原の中心的道場である勝林院があります。宝泉院はその中の僧が住居とする僧坊として、平安時代末期に建立されました。三千院に次ぐ大原の観光名所です。

人々を魅了する3つの庭園

宝泉院には3つの庭園があります。それぞれ盤桓園鶴亀庭園宝楽園です。

額縁庭園が素晴らしい盤桓園

なんといっても宝泉院の一番の見所は盤桓園(ばんかんえん)です。客殿から柱を額縁に見立てて眺めるため、額縁庭園とも呼ばれています。客殿に一歩足を踏み入れると、視界にいっぱいに広がる迫力満点の景色に驚かされます。

まるで自然の美術館に来ているような気分になります。窓枠を額縁としてお庭を鑑賞するとは、日本人の感性は素晴らしいですね。

ちなみに盤桓は「立ち去がりがたい」という意味をもちます。大原の静かな自然に囲まれ、その名の通りいつまでも眺めていたいお庭です。

和を感じる鶴亀庭園

玄関の左側にある鶴亀庭園。池の形が鶴、築山が亀、さざんかの古木が蓬莱山(ほうらいさん)を表しています。江戸時代中期に造られたもので、部屋から格子越しに鑑賞するんだそうです。

静かな自然に囲まれた宝楽園

宝楽園は平成17年に新しく誕生した庭園で、宝泉院境内南側の低地に広がっています。

心の内にある仏様や神の世界を岩組・樹花・白砂等で表わしているそうです。こちらは自由に散策することができます。

まだまだある宝泉院の見どころ

宝泉院は小さいながらも見どころがたくさんあります。

樹齢700年の五葉松

盤桓園でひときわ存在感を放っている樹齢700年の五葉松。京都市の天然記念物に指定されています。

額縁(窓枠)に収まりきらないほどの幹は圧巻です。近江富士をかたどって整えられているそうですよ。

血天井も必見

客殿の廊下では天井を見上げてみて下さい。関ヶ原合戦前に徳川の家臣たちが伏見城で自刃した時の床板が、供養のために天井に用いられています。

その時についた血などの跡が残っており、壮絶な時代だったことを思います。わからないことや気になることがあったら、住職さんに質問をすると丁寧に答えてくれますよ。

囲炉裏の部屋

お寺には珍しい囲炉裏の部屋もあります。お庭を眺めながらほっこりできる空間です。

お抹茶を頂き至福の時を

宝泉院の拝観料は800円で、なんとお抹茶と和菓子が含まれています。

お抹茶と一緒に頂くのが左京区一乗寺「若狭屋末則(わかさやすえのり)」の手作り和菓子ひととき

宝泉院のために特別に作られたもので、ニッキ風味に餡が入った求肥の和菓子です。上品なお味で、お抹茶によく合います。

おいしいお抹茶と和菓子を、こんな素敵なお庭を眺めながらいただくなんて贅沢なひとときですね。拝観時間に制限はないので、時間を気にせずゆっくりと味わうことができます。


宝泉院の心に響く言葉

何気なく入ったお手洗いに、こんなものが貼ってありました。

とても心に響く言葉を持って帰ることができました。

紅葉の時期

新緑も美しいですが、紅葉に染まる庭園も必見です。例年の見ごろは11月中旬~下旬。京都市街より北に位置しているので少し早めに始まります。

宝泉院情報

  • 拝観時間:午前9時~午後5時(受付終了は午後4時30分)
  • 拝観料(茶菓付):大人800円 中・高700円 小600円

アクセス

京都中心地からバスで約1時間

  • 京都駅前から京都バス17・18系統で「大原」下車 約65分 550円
  • 四条河原町から京都バス16・17系統で「大原」下車 約50分 520円
  • 三条京阪前から京都バス16・17系統「大原」下車 約40分 500円

大原バス停から徒歩15分

大原のバス停からは徒歩10分でまずは三千院まで。看板も出ていて迷わず進めます。途中からはお土産店が立ち並び、楽しみながら歩くことができます。三千院を過ぎたら奥まで少し歩くと宝泉院に辿り着きます。両隣には勝林院、実光院があります。

バス停からの途中、脇道に寄り道するとこんなにのどかな眺めが広がりますよ。

終わりに

いかがでしたか?

額縁庭園を眺められる寺院は京都中心にもありますが、宝泉院は大原ならではの静かさやゆったりした時間の流れを味わうことができます。立ち去がりたいお庭を、お抹茶とお菓子を楽しみながら鑑賞できるのは本当に癒しの時間です。季節によってお庭の世界はがらりと変わりますので、一年を通して楽しむことができます。ぜひ一足のばして大原に訪れてみてくださいね。

宝泉院
大原・鞍馬・貴船・八瀬 / 社寺・教会
住所:京都市左京区大原勝林院町187番地
電話:075-744-2409
Web:http://www.hosenin.net/

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年9月6日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

京都女子旅の最新おすすめスポット23選!おしゃれにかわいく京都を楽しもう

京都には女子が楽しめるスポットがたくさん!かわいい最新スイーツからおしゃれカフェ、縁結びスポットまで、今行きたい京都のスポットを厳選してご紹介します。定番スポッ...

【2018】京都紅葉の名所&穴場20選!10月・11月・12月の月別おすすめ紅葉スポット

東福寺や嵐山、永観堂など人気の紅葉名所から、混雑を避けて紅葉を満喫できる穴場まで紅葉スポット20カ所を厳選!例年の見頃時期を元に、10月・11月・12月の月別で...


京都で恋愛成就を祈願する!縁結び神社&寺院ガイド13選

いろいろなお願い事があるけれど、やっぱり女性が叶えたい願い事のナンバー1は良縁!たくさんの神社やお寺がある京都で、とくに縁結びや夫婦円満にご利益があるとされる神...

うっとり眺めていたい!京都の絶景スポット15選

日本の風情を感じる絶景スポットが目白押しの京都。お寺や神社の絶景はもちろん、京都にこんなところがあるの!?と驚いてしまいそうな絶景まで、うっとり眺めていたくなる...


京都を感じるパワースポット、貴船神社へ行こう!

京都市左京区に美しいパワースポット「貴船神社」があります。アクセスが優れていないこともあって、京都旅行の際に足を運ばれる方は少ないかもしれませんが、京都を訪れる...

この記事を書いたトラベルライター

✿ かわいいと不思議と古いものが好き ✿
旅が人生のモチベーション。年々好奇心だけが向上していく30代。

ひとり旅の魅力を知ってから、画像やテレビを見て「ここ行きたい!」と胸打たれた場所へ。念入りな下調べ、計画は欠かせない慎重派。宿を決めない自由旅は憧れ。

メジャーな場所より、あまり人が行かないスポットに惹かれます。

可愛い街並みはもちろんのこと、
摩訶不思議な光景、大自然、秘境、
古い建築物、遺跡、お城やお寺 etc…

訪れた国は現在27ヶ国。日本も大好き♡残り9県で全国制覇です。

主にひとり旅やフリーの旅人を意識して、詳しい記事を心掛けています。
ガイドブックに載っていないようなスポットの魅力や、マイナー情報をお伝えできたらと思います!

【イギリス】『ハリーポッター』ロケ地巡り!ファン必見のロンドン近郊完全版!

本場イギリスの『ハリーポッター』のロケ地。フォトジェニックなファン必見の名所を、ロンドン、そしてロンドンからアクセス可能なオックスフォード、コッツウォルズからお...

まるで絵本の世界!!街全体が世界遺産ラトビアの首都「リガ」に行くべき7つの理由

リガってどこ?ラトビアってどこだっけ?とイメージがわかない人も多いはず。ラトビアはバルト海に面し、ロシアに隣接するバルト三国のひとつです。首都のリガは新市街と旧...


ここはテーマパーク!?エストニア・タリン旧市街が楽しすぎると話題!!

バルト三国のひとつであるエストニア共和国。城壁でぐるりと囲まれたタリン旧市街には、14~15世紀の街並みが色褪せることなく息づいています。城壁の門をくぐると、そ...

【ポルトガル】女子旅にぴったり!ポルト観光おすすめ1日コース〜あの『魔女の宅急便』のモデルになった街〜

リスボンに次ぐ第二の都市ポルト。実はここポルトも『魔女の宅急便』のモデルとなったと言われているんです。それも納得、ドロウ川沿いの丘に立ち並ぶカラフルな家々は映画...


ポルトガル人気観光スポット!王妃に愛された美しい村オビドス

リスボンから日帰り可能な人気観光地のオビドス。中世の城壁で囲まれた小さな村は、その美しさから「谷間の真珠」と呼ばれ、歴代のポルトガル王妃をも魅了してきました。真...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?