沖縄本島
沖縄本島観光
世界遺産や日本一の水族館がある日本屈指の観光県

「わぁ!お魚だ!」透明感いっぱいなビーチに美味しい海の幸【沖縄 読谷村】

取材・写真・文:

兵庫在住
訪問エリア:44都道府県

2018年5月4日更新

1,653view

お気に入り

写真:まき子

沖縄本島にはたくさんの観光名所がありますが、さすが沖縄!どこに行ってもビーチが綺麗で食べ物も美味しくて、遊びどころがいっぱい!なので「どこに行こうかな〜」と迷ってしまいますよね。そんな方に、今回は【読谷村】をご紹介いたします。温水シャワーなどの施設が整っているビーチ、美味しい魚介類がリーズナブルに食べられる漁港、ビーチサイドでBBQができるホテルなど、楽しめる場所がたくさんあります。

遊びどころいっぱいな【読谷村】はどこにある?

  • 写真:まき子

「読谷村」と書いて「よみたんそん」と呼ぶこのエリアは、南北に長い沖縄本島の真ん中より少し南、東シナ海に面している西海岸にあり、アメリカ基地でも有名な 嘉手納基地 のある 中頭郡 に属しています。海岸沿いなので、漁港があり新鮮な魚介類が食べられたり、ビーチも色々。

自然も豊かで、壮大な断崖が柵もなく約2kmも続く「残波岬」は有名な景勝地です。

那覇市内からは車で北上して約1時間、また大人気の美ら海水族館へも車で北上して約1時間で、その他にも “The 沖縄” が楽しめる施設やホテルがたくさんあります。

残波岬
沖縄本島 / 自然・景勝地 / 観光名所
住所:沖縄県中頭郡読谷村宇座地図で見る

安心して過ごせる設備が完備!海の透明度もすごい【残波ビーチ】

沖縄では3月が海開き!きちんと管理されているビーチであれば、ライフセーバーによる見守り、海の家の営業も始まります。読谷村にもそのようなビーチがたくさんありますが、今回は【残波(ざんぱ)ビーチ】をご紹介します。

  • 写真:まき子

ここは先ほどご紹介した 残波岬 のすぐ近くにあるビーチです。見渡す限りの綺麗な海、ただ青いだけではなく、色の透明度がわかるエメラルドグリーンのグラデーションがとてもステキです。白い砂浜には珊瑚のかけらがいっぱい。

  • 写真:まき子

沖縄残波岬ロイヤルホテル の目の前にあるので、そのホテルの利用客も多いようですが、もちろんホテル宿泊客以外も自由に入ることができ、ホテルとビーチの間には 無料駐車場 もあります。

  • 写真:まき子

遊泳区間は横50mほどで遠浅なビーチ、そして波も穏やかなので小さなお子様がいる家族も安心です。

  • 写真:まき子

水の透明度はさすが!大人が太ももまで入っても足の指先まで水面から見えるほど。

  • 写真:まき子

魚が泳いでいる姿も時々見えます!ただ、ここは シュノーケル禁止 です。

綺麗な施設の【海の家】で安心♪

  • 写真:まき子

海の家もあるので安心です。更衣室、トイレ、温水シャワー(3分200円)、足や遊泳具を洗う水道などが整っており、建物も綺麗です。更衣室にはロッカーもありますし、温水シャワーも6つほどあります。

  • 写真:まき子

パラソルなどのレンタルやアクティビティもここで申し込みでき、受付カウンターの隣には浮き輪などのグッズ売店もあります。

  • 写真:まき子
  • 写真:まき子

軽食を出しているカフェはメニューも豊富。お店に用意してあるinstagram用ボードを持って撮った写真を投稿すると、沖縄名物のブルーシールアイスクリームが1スクープ分の料金でダブルにして貰えるそうですヨ♪

残波ビーチ
沖縄本島 / ビーチ
住所:沖縄県中頭郡読谷村宇座1933地図で見る
電話:098-958-3833
Web:http://www.yomitan-kankou.jp/detail.jsp?id=74757&m...

沖縄ならではの新鮮な海の幸が楽しめる!【読谷村漁協直売店と海人食堂】

  • 写真:まき子

残波ビーチから車で15分ほど南下すると、読谷村漁協直売店 があります。

  • 写真:まき子

早い時間であれば、活気ある仕入れた魚の仕分け作業なども見られるかもしれません。

漁港にある魚屋さん

  • 写真:まき子
  • 写真:まき子

売店では、この漁港にあがった新鮮な魚が売られていて値段も安い!お願いすれば内臓などを取り除いてすぐに食べられるようにさばいてくれるようです。

  • 写真:まき子

地元の方も多くお買い物に来るようで、すぐに食べられるお刺身もたくさん♪ 沖縄ならではの ミジュン(青魚) や ティラジャー(巻貝)、その他にも、マグロ、タコ、ホタテ、イカなど色々あります。

根強い人気!【海の幸の天ぷら】

  • 写真:まき子

魚屋さんのすぐ隣にはお惣菜屋さんがあります。煮付けなど美味しそうなのがたくさんあるのですが、ここでのおススメは 揚げたて天ぷら! 魚、もずく、イカなどの海の幸を注文してから揚げるので、すこ~しだけ待つかもしれませんが、それでも観光客だけではなく地元のお客さんにも大人気だとか。 1個60円なのでおやつ代わりにサクサク食べられちゃう感じです。

ちなみに、ここには2Fに食堂もありますので、1Fで購入したものを2Fに上がって食べることも可能です。

読谷村漁協直売店
沖縄本島 / 市場・朝市
住所:沖縄県中頭郡読谷村字都屋33地図で見る
電話:098-956-1640
Web:http://www.yomitangyokyou.com/

次のページを読む

沖縄本島の旅行予約はこちら

沖縄本島のホテルを探す

(沖縄本島南部)

(沖縄本島中部)

(沖縄本島北部)

(中部・北部)

(那覇・南部)

沖縄本島の航空券を探す

沖縄本島のパッケージツアーを探す

沖縄本島の現地アクティビティを探す

沖縄本島のレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年5月2日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

【沖縄】雨&冬でもOK♪北部の観光スポット&アクティビティ5選

沖縄と言えば、青い海!空!温暖な気候!というイメージですが、夏は台風のリスク、冬は雨の日も少なくないので、もしもの時のために雨の日プランも考えておくと良いかもし...

沖縄にきたなら満喫すべきおすすめレストラン&カフェ5選!

沖縄にきたなら沖縄のローカルフードを食べたり、沖縄でしか食べられないものを食べてみたい!そんな皆さんに私が実際に訪れて美味しかった、ぜひ訪れて欲しいお店をご紹介...


沖縄本島の穴場!?南部のおすすめスポット5選!

みなさんは沖縄へ旅行したことはありますか?沖縄の観光地といえば、「美ら海水族館」やリゾートホテル、ビーチがある北部が賑わっています。しかし、沖縄本島南部(那覇か...

【沖縄本島】冬に沖縄を楽しむ5つの方法

沖縄旅行といえば海でシュノーケルや海水浴を楽しむイメージですが、オフシーズンの冬場にも楽しめることがいっぱいあります。本記事では、毎冬沖縄に通っている経験を基に...


新鮮!漁港直売!「名護漁港 水産物直売所」で沖縄グルメを堪能しよう!

沖縄グルメといえば?美しい海に囲まれている沖縄を訪れたら、やはり外せないのが「海鮮」ですね。新鮮で美味しい海鮮が集まる場所=漁港でしょ!ということで、今回は名護...

この記事を書いたトラベルライター

じっとしているのは耐えられない旅行好き&飲兵衛です
日本在住ですがアメリカで生活したこともあり、その時にすっかりアメリカ大陸の自然に魅了されました。それ以来、帰国しても日本の自然の素晴らしい場所をあちこち旅行するのが好きです。1児の母でもありますので、“子連れで行くとどんな旅になる?!”という視点も織り交ぜていろんな場所をご紹介できればと思っています。
http://blog.goo.ne.jp/makiko0213ha

シカゴに行ったらコレを食べよう!歴史と共にある4つの個性派グルメ

アメリカ本場でステーキといったらニューヨーク?いえいえ実は、アメリカ人の間では「肉といったらシカゴ!」と言われているそうです。その他にもシカゴには、シカゴピザや...

【アメリカ】野生の動物を観るのも醍醐味!「イエローストーン国立公園」

“世界で一番最初にできた国立公園”としても有名で、日本でもよく耳にする「イエローストーン国立公園」は間欠泉やプールといった大自然も素晴らしいですが、そこで生きる...


車で行こう!子連れで楽しもう!【ユニバーサル・スタジオ・ジャパン】

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下 USJ)に子連れで車で楽しく行きませんか?!子供用のたくさんの荷物も車ならラクラク♪ 駐車場情報や入場時の混雑具合、また...

グランドサークルを効率よく巡る!一生に一度は見たい6ヶ所の大自然

日本にはない地球規模の大自然を一度にたくさん楽しめるのが、アメリカ合衆国のユタ州、アリゾナ州、コロラド州、ニューメキシコ州の4州にまたがる【グランドサークル】と...


見どころ満載!カラフルで独特な岩がステキ!アメリカ・ザイオン国立公園

アメリカの国立公園「Zion ザイオン」は、そびえ立つ岩の色合いがとっても独特!白やオレンジ、ココア色だったり。日本ではあまり馴染みない国立公園かもしれませんが...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?