佐賀
佐賀観光
吉野ケ里遺跡が所在する、陶器の名産地

【佐賀】タイ人の聖地、日本三大稲荷の祐徳稲荷神社

取材・写真・文:

佐賀在住
訪問エリア:33都道府県

2020年3月3日更新

1,496view

お気に入り

写真:hithit

佐賀県南部・鹿島市にある祐徳稲荷神社は、伏見稲荷大社、笠間稲荷神社とともに日本三大稲荷の一つとされています(諸説あり)。九州では太宰府天満宮に次いで第2位の参拝客数を誇る神社ですが、数年前からタイ人の聖地として話題になっています。

この記事の目次表示

映画やドラマロケの誘致で一躍佐賀が人気スポットに

タイ人の聖地となったきっかけは、佐賀県庁のフィルムコミッションによる、タイの映画やドラマロケの誘致です。2014年のノンスィー・ニミブット監督の映画『タイムライン』を皮切りに、2015年にはドラマ『きもの秘伝』、『STAY Saga~わたしが恋した佐賀~』などが撮影されました。

いずれも人気俳優が出演し、タイ国内で大ヒットしたことで、佐賀県内のロケ地を周る「聖地巡り」に訪れるタイ人が急増。その後も数作品が制作され、タイ人観光客がこの3年間で約15倍にまで増えたというのですから驚きです。

中でも、特に祐徳稲荷神社は大人気で、いつ行ってもタイ人観光客が絶えることがないほど。インスタ映えスポットということもありますが、実はこの神社、かなり奥が深い場所でもあるのです。今回は、そんな祐徳稲荷神社の全貌をお伝えします。

豪華絢爛な装飾は必見

  • 写真:hithit

敷地に踏み入れてすぐにまず視界に入ってくるのが、何本もの朱塗りの柱に支えられ、まるで清水の舞台のような圧巻の御本殿です。

  • 写真:hithit

御本殿に向かう前に、まずは太鼓橋を渡った所にある楼門を見学しましょう。

こちらには、何ともリアルな2体の像が置かれています。この像はなんと有田焼でできているもので、色彩が実に美しく必見です。

  • 写真:hithit
  • 写真:hithit

楼門内部の壁面には、佐賀の三右衛門と称される、柿右衛門と今右衛門の陶板も飾られています。

  • 写真:hithit
  • 写真:hithit

この門をくぐり、中庭に入ると正面に見えるのが御神楽殿です。ここでは一般参拝者の祈願などが行われます。

  • 写真:hithit

この御神楽殿を正面に見て、右手にある大きな階段を登っていくと御本殿があります。ここには倉稲魂大神(ウガノミタマノオオカミ)、大宮売大神(オオミヤノメノオオカミ)、猿田彦大神(サルタヒコノオオカミ)の三神が祀られています。一般に稲荷大神と言われる衣食住、生活全般の守護神とされている神様たちです。

  • 写真:hithit

そもそも祐徳稲荷神社は、1687年にこの地を治めていた肥前鹿島藩主鍋島直朝公の夫人で、後陽成天皇の孫である花山院萬子媛が朝廷の勅願所から分霊を請願したことに始まるのだとか。絢爛豪華な御本殿ですが、昭和初期に建て直されたものが1949年に焼失し、現在は1957年に再建された3代目の建物となります。

  • 写真:hithit
  • 写真:hithit
  • 写真:hithit今や神社もグローバルスタンダード

フォトジェニックだけじゃない!全部巡るには体力も必要

中庭を囲むように、若宮社岩崎社といくつかの社が点在していますが、御本殿の後方の山全体にもいくつもの社があり、さらに山頂には奥の院があります。ずらっと鳥居が並ぶなか、標高約300mの山頂まではひたすら坂道を登っていきます。

  • 写真:hithit岩崎社は縁結びのご利益があるのだとか
  • 写真:hithit

たくさんの鳥居をどんどんくぐって最初に見えてくるのは、狐に守られた岩本社。ここは技芸上達の神様、岩本大神が祀られています。

  • 写真:hithit
  • 写真:hithit

さらに鳥居をどんどんくぐって登っていくと、突然かなりの急斜面があらわれます。たくさんの小さな祠があちこちに建っています。

  • 写真:hithit
  • 写真:hithit

階段状になっていますが、かなり勾配がキツいので息があがってきます。

  • 写真:hithit
  • 写真:hithit

奥の院まで50mという看板に励まされること約10分、視界がパッと開けた所に奥の院があります。

  • 写真:hithit
  • 写真:hithit
  • 写真:hithit

眼下には鹿島市内から有明海までが一望できて、それだけでも来たかいがあると感じられます。

  • 写真:hithit
  • 写真:hithit

自力で登る自信がない方は300円でエレベーターに乗ることができます。

  • 写真:hithit

お土産は定番中の定番!「糸切ようかん」

見た目がちょっとレトロな稲荷ようかんは、祐徳稲荷神社のお土産の定番中の定番で、その食べ方もかなりユニーク。

万華鏡みたいな筒状で、蓋を取ると凧糸が出てきます。中の羊羹をお尻から押し出し、出した分だけを糸でカットして食べます。楽しめるのでお土産としてウケること間違いなし。1本250円〜。

  • 写真:hithit
  • 写真:hithit

今後も注目される「ロケツーリズム」

ブランド総合研究所が発表した「地域ブランド調査2019」で、国内では魅力度ランキングでワースト2位の佐賀県ですが、ここ数年タイ人観光客の伸び率は九州では第1位を誇っています。他県でも佐賀県の現象に注目していて、地域活性化に繋がる「ロケツーリズム」の取り組みに注目しています。

今後、新たな聖地巡りやインバウンドを呼び込む施策に、さらに期待していきたいですね。

祐徳稲荷神社
佐賀 / 紅葉 / 観光名所 / インスタ映え / 神社 / ドライブスポット / パワースポット
住所:佐賀県鹿島市古枝乙1855地図で見る
電話:0954-62-2151
Web:https://www.yutokusan.jp/

佐賀の旅行予約はこちら

佐賀のパッケージツアーを探す

佐賀のホテルを探す

佐賀の航空券を探す

佐賀の現地アクティビティを探す

佐賀のレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2020年3月3日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


諸説あり!「日本三大稲荷」に数えられる有名稲荷を一挙紹介

日本三大稲荷といえば総本宮の伏見稲荷大社は必ずその1つに挙げられますが、残り2社は諸説あり、比較的知られた説の中だけでもなんと計13もの神社が候補に挙がっていま...


海や湖の中に浮かぶ鳥居が美しい日本の神社10選!

海に浮かぶ鳥居といえば広島県の「厳島神社」の鳥居が有名ですが、日本には他にも水の中に浮かぶ鳥居がたくさんあるんです。海や湖の中に鳥居が浮かぶ、神秘的な光景を見る...

2021年初詣におすすめ!【全国47都道府県別】初詣の人出トップ寺社一覧

全国47都道府県ごとに、もっとも初詣客の多い寺社を一挙にご紹介!2021年の初詣は、たくさんの人が新年の開運祈願に訪れる、人気の寺社へ初詣に出かけてみませんか?

鳥居が連なる光景が美しい全国の絶景神社6選!

「千本鳥居」で有名な京都の伏見稲荷大社や、CNNによって「日本の最も美しい場所31選」のひとつに選ばれた山口の元乃隅神社など、鳥居が連なる絶景を楽しめる神社を全...

九州の人気観光スポットTOP50!旅行好きが行っている観光地ランキング

福岡県の太宰府天満宮や長崎県のハウステンボスなどをはじめとする、九州の有名観光スポットの中で、トリップノートの4万2千人の旅行好きトラベラー会員(2019年8月...

この記事を書いたトラベルライター

東京育ちの帰国子女>田舎暮らし満喫中のデザイナー
東京育ちの帰国子女。紆余曲折あってなぜか今は佐賀県在住。小さい頃からどこへでもひとりで出かける冒険家の一面を持つ。海外でも事前に収集した情報をもとに積極的に自力で目的地に向かっていく傾向がある。モットーは「旅先の予定外は想定内、トラブルは学びの種」。絶景はもちろん、面白いこと、文化、グルメまで幅広く欲張りな旅をします。
http://hithit26.blog.fc2.com/

【広島】人気の街「尾道」でオススメのお土産10選

昔から坂の町、映画の町として有名な尾道ですが、最近はすっかり猫の町として、またレトロかわいい物に出会えるリノベーションの町として、たくさんの観光客が訪れる人気の...


【佐賀】あの「鍋島」が飲み放題!鹿島の「酒蔵ツーリズム」

佐賀は九州の中でもお米の産地として知られています。収穫量は全国的にはそれほど多くはありませんが、日本穀物検定協会が行っている「米の食味ランキング」で最高ランクの...


【佐賀】陶器市じゃなくても焼き物三昧できちゃう有田の秘密スポット

日本最古の歴史を誇る陶磁器のメッカ有田では、毎年ゴールデンウィークの頃に町全体で陶器市が開催されます。この時期は、日本国内のみならず海外からも大勢の焼物ファンが...

一生行かないなんてもったいない!知られざる佐賀の魅力16選

福岡と長崎に挟まれ「一生行くことがない県」と言われる佐賀。「佐賀県」と聞いて頭に浮かぶのは、大多数の方が「がばいばぁちゃん」や、佐賀県をテーマにした芸人はなわの...

日本のお菓子文化はシュガーロード「長崎街道」から始まった

シルクロードではなく「シュガーロード」って聞いたことがありますか?江戸時代に九州に整備された脇街道で、外国との唯一の貿易港であった長崎から佐賀を通って福岡県の小...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?