埼玉
埼玉観光
経済的に発展しながら、自然も豊か

【氷が織り成す冬の絶景】都内から日帰りで行ける秩父の2つの氷柱【三十槌の氷柱】【あしがくぼの氷柱】

取材・写真・文:

神奈川在住

2019年1月15日更新

583view

お気に入り

写真:絶景@日本

氷柱(つらら)と言うと雪国で見られる景色で、都内から見に行くのは難しいように思いますが、埼玉県の秩父には「秩父路三大氷柱(ちちぶじ さんだいつらら)」と呼ばれる、大滝の「三十槌の氷柱」、尾鹿野の「尾ノ内渓谷百景氷柱」、横瀬の「あしがくぼの氷柱」の3つがあります。今回は、公共交通機関を使って都内から日帰りで行ける「三十槌の氷柱」と「あしがくぼの氷柱」についてご紹介します。

この記事の目次表示

三十槌の氷柱

三十槌(みそつち)の氷柱は秩父路三大氷柱の中で唯一天然の氷柱で、ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場直下の荒川河川敷に氷柱ができます。

三十槌の氷柱は、秩父鉄道の三峰口から三峰神社行きの西武観光バスに乗り、1月1日から2月28日迄の期間限定のバス停・三十場(みそば)バス停(三峰口駅~三十場バス停迄片道400円)で下車し、そこから徒歩15分程の所に有ります。

かなり山間にありますが、三十場バス停から氷柱のあるウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場までの道は平坦なので、歩いて行くのもそれほど大変ではないかと思います。ただ、歩道は狭いので車には注意して下さい。

  • 写真:絶景@日本ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場(三十槌の氷柱) 冬季場内マップ

環境整備協力金200円(中学生以上)を支払い、オートキャンプ場の駐車場脇の道から荒川の河原に下りると、冬の絶景「三十槌の氷柱」が見られます。

河原に降りてすぐに氷柱が見られますが、これは天然に出来た氷柱です。首都圏内にあるにも関わらず、天然でも想像以上に大きな氷柱で、皆さん思わず歓声を上げてしまいます。

  • 写真:絶景@日本天然の氷柱
  • 写真:絶景@日本天然の氷柱

天然の氷柱のすぐ隣には人工に造られた氷柱がありますが、天然の氷柱に比べて大きく、迫力があります。

  • 写真:絶景@日本人工的に造られた氷柱
  • 写真:絶景@日本人工的に造られた氷柱
  • 写真:絶景@日本人工的に造られた氷柱

三十槌の氷柱は河原に下りる事で間近に見る事ができますが、足場がぬかるんでいたり、場所によっては路面が凍結している所があるので、ご年配の方や足腰の悪い方は河原に下りて見るのは少し大変かもしれません。

ただ、ここは河原に下りなくてもキャンプ場の駐車場に氷柱展望台(ウッドデッキ)があるので、そこからも氷柱を見る事ができます。氷柱展望台からは氷柱全体が良く見え、河原から見る氷柱とはまた違った姿が見れます。

  • 写真:絶景@日本

三十槌の氷柱 見学期間・ライトアップ期間(2019年)

  • 見学期間:2019年1月5日(土)~2月17日(日)
  • ライトアップ期間:2019年1月12日(土)~2月11日(月・祝)
  • ライトアップ時間:17時~21時(土日祝)、17時~19時(平日)
  • 入場料:200円(中学生以上)

氷柱の見学期間中は現地駐車場とカフェが営業しており、甘酒(250円)や秩父B級グルメのみそポテト(400円)などを囲炉裏で温まりながら味わう事ができます。なお、甘酒は氷柱見学後に環境整備協力金の領収書(入園券)を見せると200円で飲む事が出来ます。

三十槌の氷柱
埼玉 / 自然・景勝地
住所:埼玉県秩父市大滝4066地図で見る
Web:http://www.woodroof.jp/tsurara/

あしがくぼの氷柱

あしがくぼの氷柱は、西武秩父線「芦ヶ久保駅」から徒歩10分程の所にある氷柱で、秩父にある氷柱の中では最も行き易い場所にあり、芦ヶ久保駅を横瀬方面へ出発してすぐに電車から見る事ができます。

芦ヶ久保駅を出るとすぐに「道の駅果樹公園 あしがくぼ」があり、そこを抜けるとあしがくぼの氷柱への道案内の看板が出てきます。

  • 写真:絶景@日本
  • 写真:絶景@日本

入口で環境整備協力金300円(中学生以上)を支払い、氷柱まで少し舗装されていない道を歩いて行くと、西武鉄道の線路の下を通るトンネルがあり、そのトンネルを抜けると別世界が広がります。

更に富士浅間神社の鳥居をくぐると、本格的に氷柱のすぐ横を歩くようになります。ですが足場は当然雪道で、場所によっては凍結している所もあり、高低差もあるので寒いです。歩きやすい靴、暖かくて動きやすい格好で行くといいと思います。

  • 写真:絶景@日本
  • 写真:絶景@日本

少し進むと山の谷あいに沿って大きな氷柱が見えてきますので、おもてなし広場に向かって坂を上っていきます。

  • 写真:絶景@日本
  • 写真:絶景@日本

おもてなし広場からは、氷柱全体を上から見下ろすことができます。また焚き火スポットが3ヶ所程ある為、日没近くになると多くの方がこの焚き火前で暖を取りながらライトアップされるのを待っています。

ライトアップが始まると、おもてなし広場前の斜面にある氷柱が順番に様々な色に照らされます。

  • 写真:絶景@日本
  • 写真:絶景@日本
  • 写真:絶景@日本

おもてなし広場前の氷柱は淡色のライトアップですが、あしがくぼ氷柱入口付近やおもてなし広場までの氷柱はカラフルにライトアップされ、一層、氷柱が鮮やかに浮かび上がります。

  • 写真:絶景@日本
  • 写真:絶景@日本
  • 写真:絶景@日本

あしがくぼの氷柱 見学期間・ライトアップ期間(2019年)

  • 見学期間:2019年1月5日(土)~2月24日(日) 9時~16時(ライトアップ期間中は20時迄)
  • ライトアップ期間:期間中の毎週金・土日祝
  • ライトアップ時間:日没~20時
  • 入場料:300円(中学生以上)
あしがくぼの氷柱
埼玉 / 自然・景勝地
住所:埼玉県秩父郡横瀬町芦ケ久保地図で見る
電話:0494-25-0450(横瀬町ブコーさん観光案内所)
Web:http://www.yokoze.org/shisetsu/hyoutyuu/

次のページを読む

埼玉の旅行予約はこちら

埼玉のパッケージツアーを探す

埼玉のホテルを探す

埼玉の航空券を探す

埼玉の現地アクティビティを探す

埼玉のレンタカーを探す

埼玉の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年1月3日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


冬の国内旅行におすすめの観光地36選!冬ならではの旅行を楽しもう

雪の季節にしか見られない絶景や冬空に映えるライトアップなど、寒い冬だからこそ楽しめる観光スポットが国内にはたくさんあります!冬の国内旅行におすすめの観光地を厳選...


【関東】春のおすすめ花畑24選!3月・4月・5月に見頃を迎える花の名所ガイド

あちらこちらで花の便りが聞かれる”春”。芝桜、ポピー、チューリップなど、春の花が一面に咲く花畑を見にお出かけしませんか?3月・4月・5月に見頃を迎える、関東の花...

【関東】秋のおすすめ花畑12選!9月・10月・11月に見頃を迎える花の名所ガイド

曼珠沙華やサルビア、コキアといった真っ赤に染まる花や、ピンク・白・黄と可愛い花を咲かせるコスモスの花畑が美しい“秋”。9月・10月・11月に見頃を迎える、関東の...

【関東】夏のおすすめ花畑42選!初夏〜真夏に見頃を迎える花の名所ガイド

初夏〜真夏は、春バラにあじさい、ハナショウブ、ラベンダーにひまわりなどの花々が見頃を迎える季節。しっとりした梅雨空やまぶしい夏空の下に広がる花畑の光景は、まさに...

【関東】6月のおすすめ花畑29選!6月に見頃を迎える花の名所ガイド

6月は、春バラにあじさい、ハナショウブ、ラベンダーに蓮などの花々が見頃を迎える季節。しっとりした梅雨空の下に広がる花畑の光景を見に出かけませんか。6月に見頃を迎...

この記事を書いたトラベルライター

駆け出しのトラベルライター
アラフォー男子
新宿、小田原、川崎を起点に
お得なフリー切符を活用して
都内近郊を中心に大切な人と出掛けています

それぞれの時期に咲く花を見に行き、
それぞれの土地で美味しいものを食べ、
それぞれの季節の風景を楽しむ

そんな気持ちが記事から伝わり、
読んでくれた方の参考になれば幸いです

写真は大切な人です☆
https://www.zekkei-japan.com/

【閲覧注意!】川崎で年に1度、外国人観光客で溢れる男性器を崇める【かなまら祭】

厄除け大師として知られる川崎大師がある京急大師線「川崎大師駅」から徒歩3分の所に金山神社があります。そこで年に1度開催される、外国人観光客で溢れる奇祭「かなまら...


【閲覧注意!】R-18の熱海観光 熱海城と秘宝館

温泉リゾート地として知られている熱海ですが、今回は熱海城を中心とした熱海の大人の観光地をご紹介します。なお、当記事には男性器に関連した露骨な画像があります。その...

お得な【みさきまぐろきっぷ】で巡る三浦海岸の河津桜と三崎のマグロ

例年2月になると、花が咲いている期間が約1ヶ月と比較的長い特徴を持つ、早咲きの河津桜が開花します。河津桜と言うと伊豆の河津町が有名ですが、春に咲く桜と同じように...

【神奈川】河津桜と菜の花、夜景も楽しめる「まつだ桜まつり」と「菜花まつり」

例年2月頃になると開花し、約1ヶ月間楽しませてくれる早咲きの河津桜。河津桜を楽しめるスポットは日本各地にありますが、昼は河津桜と菜の花の競演、夜は河津桜のライト...

【秩父フリーきっぷ】で行く秩父・長瀞花巡り旅【芝桜・藤・八重桜】

日本各地を鮮やかにピンクに染める桜も都内近郊では4月中旬頃には散り、5月のG.W.に向けて新緑の季節を迎えます。そんな時期、都内から2時間ほどで行ける秩父では、...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?