埼玉
埼玉観光
経済的に発展しながら、自然も豊か

【埼玉】みんな大好き!中華まんの秘密を見つける工場見学【中華まんミュージアム】

取材・写真・文:

神奈川在住

2019年8月1日更新

392view

お気に入り

写真:絶景@日本

近年では、冬期だけでなく通年で手軽なテイクアウト商品、もしくはチルドや冷凍食品として販売されている中華まんですが、今回は2019年1月25日にオープンした中村屋の中華まんミュージアムについてご紹介します。

この記事の目次表示

エントランスを楽しむ

中華まんの製造工程を見る事ができる中華まんミュージアムが、2019年1月25日、埼玉県入間市にオープンしました。

  • 写真:絶景@日本
  • 写真:絶景@日本

中華まんミュージアムでは入館すると、中村屋がこれまでに手掛けてきた100種類以上の中華まんの一部を紹介した写真が飾られた壁と、巨大な中華まんが出迎えてくれます。この中華まんは座る事ができるので、写真の前や中華まんに座って記念撮影を楽しめます(小さな中華まんも全て椅子になっています)。

  • 写真:絶景@日本
  • 写真:絶景@日本

この他にも中華まんの歴史や中村屋を紹介するパネル、中華まんのキャラクターであるニックとアンのギャラリーがあります。

  • 写真:絶景@日本
  • 写真:絶景@日本

また、エントランスには下の写真のような小さなニックが全部で6ヶ所に隠れています。全てを見つけるのは大人でも難しいので是非挑戦してみて下さい。筆者は5ヶ所は発見できましたが、6ヶ所目は見つけられなかった為、スタッフの方に教えて頂きました。工場見学は10時と14時スタートですが、30分前から入館できますので、早めに行って記念撮影をしたり、ニックを探してみて楽しむ事をお勧めします。

  • 写真:絶景@日本

工場見学はおいしさのヒミツを探す探検隊

工場見学は、中村屋と中華まんについてシアターでニックとアンが解説する映像を見て学ぶ所からスタートします。その後、中華まんが作られている工場へ向かいます。工場内は撮影NGですが、材料から中華まんの形にする工程や、蒸して仕上げる工程など随所にあるおいしさのヒミツを探す探検隊として進んで行きます。途中、クイズがあったり、お子様でも楽しめる内容になっています。

最後のおいしさのヒミツが隠れているおいしさゾーンでは、中華まんのおいしさのポイントを展示やゲームでおさらいできます。トイレ休憩も含めて少し時間を取ってくれるのでゲームで楽しむ事ができます。また、ここでは各自が描いた中華まんがスクリーンに映し出されるサービスがあり、各自が思い思いに描いていました(このスポットだけは撮影OKです)。

  • 写真:絶景@日本
  • 写真:絶景@日本描いた絵がスクリーンに映し出されます。

お待ちかねの試食

工場見学が終わるとキッチンへ移動し、試食になります。試食では蒸したての中華まんを食べる事ができますので、是非、工場見学で見つけたおいしさのヒミツを思い出しながら食べてみて下さい。

  • 写真:絶景@日本
  • 写真:絶景@日本試食は1人1個です。

工場見学の概要と予約方法

工場見学は完全予約制ですが、個人では2名より下記概要で申込みできます。

見学時間:10:00~11:30 / 14:00~15:30
定員:各回20名
参加費:無料
休館日:水曜日、木曜日、年末年始、夏期工場休業期間

・予約は公式ホームページより行います。
・2019年は夏期工場休業期間が終わり、7月16日より工場見学の予約ができるようになっています。

アクセス方法

公式HPでは公共交通機関を使ったアクセス方法として西武池袋線「入間市駅」よりタクシー20分、もしくはJR八高線「箱根ヶ崎駅」よりタクシー15分となっていますが、入間市駅よりバスで行く方法もあります。

バスで行く場合、西武池袋線「入間市駅」から西武バス「二本木地蔵前行」で「JA二本木支店」で下車します。下車後、工場までは15分程徒歩で行く必要がありますが、バスの乗車料は270円(IC268円)となりますので、タクシーに比べてかなり安く済ませる事ができます。

おいしさのヒミツを探しに行ってみよう!

中村屋の中華まんミュージアムでは普段何気なく目にしたり、口にしている中華まんの製造工程を見るだけでなく、そのおいしさのヒミツを知る事ができます。工場見学では、そのおいしさのヒミツを探す探検隊として秘密を探したり、クイズがあったりと楽しみながら見学する事ができます。

公共の交通機関を使用する場合は少し歩きますが、是非そのヒミツを探しに行ってみませんか?見学の終わりには蒸したての中華まんの試食や、そのほかに中華まんと認定証(マグネット)のお土産ももらえます。

  • 写真:絶景@日本

なお、本記事に掲載した写真の中に1個だけニックが隠れています。もし良かったら探してみて下さい。

中華まんミュージアム
埼玉 / 工場・施設見学 / 博物館・美術館
住所:埼玉県入間市狭山台234地図で見る
電話:04-2935-1592
Web:https://www.nakamuraya.co.jp/factory/
夏休みの格安航空券をskyticketで検索

埼玉の旅行予約はこちら

埼玉のパッケージツアーを探す

埼玉のホテルを探す

埼玉の航空券を探す

埼玉の現地アクティビティを探す

埼玉のレンタカーを探す

埼玉の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年6月6日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

最近人気の記事


2019秋の旅行に!9月・10月・11月の国内おすすめ旅行先・観光地49選

秋(9月・10月・11月)におすすめの国内旅行先を月ごとにご紹介!3連休や週末旅行にぴったりな旅先を全国から厳選しました。紅葉名所や人気のイルミネーションスポッ...


【2019】11月の国内おすすめ旅行先28選!秋を満喫できる観光地特集

11月は各地で紅葉が見頃のピークを迎え、夜のライトアップが楽しめるほか、イルミネーションイベントも全国で始まる時期。11月の連休や週末におすすめの国内旅行先をご...

【2019】10月の国内おすすめ旅行先31選!秋の連休に行きたい観光地特集

10月は、北日本や標高の高い場所を中心に紅葉が各地で見頃を迎え、早いところではイルミネーションイベントも始まる時期です。10月の連休や週末におすすめの国内旅行先...

冬の国内旅行におすすめの観光地36選!冬ならではの旅行を楽しもう

雪の季節にしか見られない絶景や冬空に映えるライトアップなど、寒い冬だからこそ楽しめる観光スポットが国内にはたくさんあります!冬の国内旅行におすすめの観光地を厳選...

【関東】秋のおすすめ花畑12選!9月・10月・11月に見頃を迎える花の名所ガイド

曼珠沙華やサルビア、コキアといった真っ赤に染まる花や、ピンク・白・黄と可愛い花を咲かせるコスモスの花畑が美しい“秋”。9月・10月・11月に見頃を迎える、関東の...

この記事を書いたトラベルライター

駆け出しのトラベルライター
アラフォー男子
新宿、小田原、川崎を起点に
お得なフリー切符を活用して
都内近郊を中心に大切な人と出掛けています

それぞれの時期に咲く花を見に行き、
それぞれの土地で美味しいものを食べ、
それぞれの季節の風景を楽しむ

そんな気持ちが記事から伝わり、
読んでくれた方の参考になれば幸いです

写真は大切な人です☆
https://www.zekkei-japan.com/

【閲覧注意!】川崎で年に1度、外国人観光客で溢れる男性器を崇める【かなまら祭】

厄除け大師として知られる川崎大師がある京急大師線「川崎大師駅」から徒歩3分の所に金山神社があります。そこで年に1度開催される、外国人観光客で溢れる奇祭「かなまら...


【閲覧注意!】R-18の熱海観光 熱海城と秘宝館

温泉リゾート地として知られている熱海ですが、今回は熱海城を中心とした熱海の大人の観光地をご紹介します。なお、当記事には男性器に関連した露骨な画像があります。その...

お得な【みさきまぐろきっぷ】で巡る三浦海岸の河津桜と三崎のマグロ

例年2月になると、花が咲いている期間が約1ヶ月と比較的長い特徴を持つ、早咲きの河津桜が開花します。河津桜と言うと伊豆の河津町が有名ですが、春に咲く桜と同じように...

【神奈川】河津桜と菜の花、夜景も楽しめる「まつだ桜まつり」と「菜花まつり」

例年2月頃になると開花し、約1ヶ月間楽しませてくれる早咲きの河津桜。河津桜を楽しめるスポットは日本各地にありますが、昼は河津桜と菜の花の競演、夜は河津桜のライト...

【ゆばすくい体験】日光で変わった体験はいかがですか?

日光には、社寺の1つとして世界遺産にも登録された日光東照宮を始め、三大名瀑の1つである華厳の滝、日本三大奇橋の1つとも言われている神橋など数多くの観光スポットが...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?