ソウル
ソウル観光
気軽に行ける海外旅行先として人気

【ソウル】仁寺洞の穴場スポット!朝鮮王朝末期の政治家・興宣大院君の私邸「雲峴宮」

取材・写真・文:

茨城在住
訪問エリア:4ヶ国

2019年11月27日更新

371view

お気に入り

ソウルの古宮(王宮)といえば、景福宮や昌徳宮などを思い浮かべる人も多いかと思いますが、伝統的な街・仁寺洞にある「雲峴宮」をご存知でしょうか。日本人にはさほど有名ではありませんが、韓国近代史を語る上では欠かせないスポットです。本記事では「雲峴宮」の歴史や見どころをご紹介します。

この記事の目次表示

伝統の街・仁寺洞とは

「仁寺洞(インサドン)」は、ソウルの中心部・鍾路(チョンノ)区にある文化の街として知られています。

  • 人で賑わう「仁寺洞」

朝鮮王朝時代には、王宮に勤める両班(ヤンバン/身分階級の最上級)が住んでいた伝統ある地域です。現在では、伝統的な文化に触れることのできる場所として、多くの観光客が訪れるソウルの人気観光スポットになっています。

「雲峴宮」の歴史

仁寺洞にある「雲峴宮(ウニョングン)」は、朝鮮王朝末期の政治家として知られる興宣大院君(フンソンデウォングン)の私邸且つ、その息子である朝鮮王朝第26代国王・高宗(コジョン)が生まれて王位に就く12歳まで過ごした場所です。

  • 「雲峴宮」の入口

ソウルにある他の王宮と比べ質素なイメージですが、史跡第257号に指定されており、韓国近代史を語る上で欠かすことができません。

「雲峴宮」という名称の由来は、その当時「雲峴宮」の北側に大きな峠、その峠の上には雲、また峠の麓に霧がよく出ていたことからこのように呼ばれるようになったと言われています。

12歳という若さで王位に就いた高宗とその父・興宣大院君

1863年12月、朝鮮王朝第25代国王・哲宗(チョルチョン)が直径の世継ぎを残さずに崩御すると、哲宗の母の推薦により、哲宗の従兄弟であった高宗が12歳という若さで王位に就きます。実際は王位継承者から離れた家系にありましたが、父である興宣大院君が様々な布石を打っており、その結果王位に就いたとされています。

高宗は12歳という若さであったため、王室の礼にならい哲宗の母による垂簾聴政(すいれんちょうせい/幼い王に代わり、皇后や皇太后のような女性が摂政政治を行うこと)が行われました。

しかし、実際には政治に協力するという名分で高宗の父・興宣大院君の手に政権が渡ります。それから約10年間(1863年~1873年)にわたる興宣大院君の時代がやってきたのでした。

全盛期とその後、そして現在

権力の全盛期は、現在の「雲峴宮」周辺にある徳成女子大学、在大韓民国日本国大使館広報文化院、校洞小学校などの一帯全てが「雲峴宮」の敷地で、かなりの規模だったと考えられています。しかし、興宣大院君が政治の表舞台から退いた後は、徐々に衰退し、日本による統治時代や朝鮮戦争などにより破壊されていきます。

  • 現在の「雲峴宮」全景

その後、保存状態の良かった建物だけでも残そうと、1993年~1996年にかけて補修を行い、1996年10月26日から一般公開となりました。

「雲峴宮」の見どころ4選

【見どころその1】守直舎

「雲峴宮」の警備と管理を担当していた人々が住んでいた建物が「守直宿(スジッサ)」です。

  • 写真:あやか「守直舎」外観

現在の「雲峴宮」よりも広大な敷地を有しており、敷地を維持するために多くの人手が必要だったとされています。

【見どころその2】老安堂

「老安堂(ノアンタン)」は「舎廊棟(サランチェ/男性の居住空間及び客を接待する場所)」として、政治的な議論を行う執務室のような役割を果たしていた建物です。

  • 写真:あやか「老安堂」外観

「老安堂」は典型的な韓国式の瓦葺で、今日ここにしか残っていない造りとなっています。「老安堂」という名称は『論語』の「老者安之(お年寄りが安心して暮らせる)」を引用したものと伝えられています。興宣大院君は、ここの一室で最期を迎えました。

【見どころその3】老楽堂

1864年9月に完成した「老楽堂(ノラッタン)」は「雲峴宮」で最も大きく、中心となる建物です。

  • 写真:あやか「老楽堂」外観

ここでは、興宣大院君一家に関する様々なお祝い事が行われました。

  • 写真:あやかお誕生日祝賀訪問の様子を再現

高宗と明成皇后(ミョンソンファンフ/閔妃(ミンビ)とも呼ばれる)の結婚式が行われた場所でもあります。

【見どころその4】二老堂

1870年に完成した「二老堂(イロダン)」は「雲峴宮」で最も左に位置する建物です。

  • 写真:あやか「二老堂」外観

「二老堂」は男子禁制の女性だけの空間でした。簡単に侵入できないように、口の字型に建物が形成され、中央に庭園が設けられています。明成皇后が宮中へ入る前に、宮中作法を学んだ場所でもあります。

次のページを読む

ソウルの旅行予約はこちら

ソウルのパッケージツアーを探す

ソウルのホテルを探す

ソウルの航空券を探す

ソウルの現地アクティビティを探す

ソウルのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年11月26日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【ソウル】朝鮮王朝へタイムスリップ!宮廷ドラマの舞台「昌慶宮」の歴史&見どころ11選

韓国・ソウルにある五大古宮の一つ「昌慶宮」。朝鮮王朝500年の歴史の中で、政権を揺るがした様々な事件が起きた場所として知られています。今回、この記事では、世界遺...


【ソウル】歴史を知ってより楽しめる!路上美術館「梨花洞壁画村」でアート散策&見学における注意事項ガイド

日本から約3時間弱で行けるお隣の国、韓国。グルメ、ファッション、ドラマ、K-POPなど今や日本の若者にとっても身近な国ですね。そんな韓国・ソウルで、アートで町お...

【ソウル】五大古宮で唯一の世界遺産!最も美しいと称される「昌徳宮」徹底ガイド

韓国・ソウルにある五大古宮をご存知ですか?古宮は、約500年続いた朝鮮王朝時代の生活を見ることができる歴史的な建物です。今回は、そんな五大古宮で唯一の世界遺産に...

韓国・ソウルの人気観光スポットTOP10!旅行好きが行っている観光地ランキング

韓国・ソウルの数ある観光スポットの中で、トリップノートの3万8千人を超える旅行好きのトラベラー会員(2019年6月現在)が実際に行っている人気の観光地をランキン...

【ソウル】ソウルっ子にも大人気‼漢江の楽しみ方♡

四季折々の楽しみ方ができる漢江(ハンガン)は、ソウルっ子はもちろんのこと、観光客も楽しむことができるスポットになっています。そこで今回は、観光客にもおすすめの漢...

この記事を書いたトラベルライター

旅する歴女
東京生まれ東京育ち。
小さいころから歴史好きで、大学では歴史と博物館について学び、卒業。
社会人になってからは、仕事の休みは大好きな旅ばかりしてきました。
介護職→歴史・文書館関係のお仕事→東京から茨城(県北)へ移住。
2021年4月~地域おこし協力隊として活動中です◎

一度きりの人生、どんなこともチャレンジ!
「好き」を仕事に、自由に生きていく方法を日々模索しています。

1日で満喫できる!尾道・しまなみ海道【生口島】のおすすめ観光プラン

しまなみ海道は、広島県尾道市と愛媛県今治市を繋ぐ全長約60キロメートルに及ぶ西瀬戸自動車道の愛称です。瀬戸内海にある6つの島を9本の橋で結び、美しい景観やグルメ...


【福岡】インスタ映え抜群!糸島のおすすめ観光スポット6選

福岡県の最西部に位置する糸島市。福岡市の中心部から車で約40分という距離にありながら、玄界灘に面した糸島半島は、美しい海岸線と豊かな自然が広がっています。そんな...


【鬼怒川温泉】駅周辺で買える!オススメお土産5選&お土産店のご紹介

「東京の奥座敷」と呼ばれる関東有数の温泉地、鬼怒川。鬼怒川温泉駅周辺にはいくつものお土産屋さんがあります。今回この記事では、実際に筆者が購入して良かったお土産を...

【栃木】鬼怒川温泉エリアをのんびり観光!1泊2日モデルコース

「東京の奥座敷」といわれる鬼怒川温泉。今回この記事では、実際に筆者が体験した、鬼怒川温泉の1泊2日のモデルコースをざっくりの時間と共にご紹介します。時間がなくて...

2020年秋までの期間限定オープン!チームラボプラネッツ【東京・豊洲】

2018年6月にオープンしたお台場のデジタルアートミュージアムに引き続き、2018年7月には新豊洲駅前に「チームラボプラネッツ」がオープンしました。こちらのチー...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります