島根
島根観光
全国から信仰を集める出雲大社や、世界遺産・石見銀山が有名

【島根】出雲大社近く!ゴツゴツ岩が楽しい立久恵峡ハイキングの見どころ5選&道の駅キララ多伎

取材・写真・文:

茨城在住
訪問エリア:37都道府県

2018年12月4日更新

198view

お気に入り

写真:菊地早秋

出雲大社から車で約1時間の場所にあるハイキングスポットをご紹介します。珍しい奇岩群を眺めながら、渓谷美を堪能してみませんか?トリップアドバイザー主催「旅好きが選ぶ道の駅ランキング2017」にて全国第5位に選ばれた「道の駅キララ多伎」も合わせてレビューします。

この記事の目次表示

立久恵峡(たちくえきょう)とは

奇岩群がそそり立つワイルドな景勝地

島根県出雲市を流れる川、神戸川(かんどがわ)の上流に位置する峡谷です。特徴は、高さ約100~200メートルの奇岩と岸壁が、約1キロメートル続いているという点です。奇岩沿いには遊歩道が整備されており、気軽に楽しめるハイキングスポットとなっています。

「島根県立自然公園」、「国指定の名勝天然記念物」に指定されています。ゴツゴツした岩肌は近くで見ると迫力があります。通常の山とは少し違った、珍しい風景を堪能することができます。

  • 写真:菊地早秋立久恵峡
  • 写真:菊地早秋奇岩群が約1キロも続く

立久恵峡は、「山陰の耶馬渓(やばけい)」の異名を持ちます。補足としてお伝えすると、耶馬渓(やばけい)とは、大分県最北部の中津市から車で約30分の山国川中流域のエリアを指します。1916年には、実業之日本社主催による全国投票にて「日本新三景」に選ばれました。

余談ですが、筆者はここを訪ねてベトナム世界遺産のハロン湾を彷彿とさせられました。岩肌がゴツゴツした様子が類似していたからです。ちなみに実際のハロン湾クルーズについては、以下の記事でご紹介しています。

  • 写真:菊地早秋ベトナム世界遺産ハロン湾のゴツゴツした岩
  • 写真:菊地早秋岩の形がハロン湾を連想させる

出雲大社から車で約1時間

立久恵峡は、出雲市の代表観光地、出雲大社や稲佐の浜より約1時間でアクセス可能です。山深いところに位置しているため、車での訪問がおすすめです。

  • 写真:菊地早秋島根県といえば出雲大社
  • 写真:菊地早秋出雲観光で有名な「稲佐の浜」から車で1時間

カーナビに目的地を入れる際は「立久恵峡」ではなく、ハイキングコースのスタート地点にあたる「八光園(はっこうえん)」を入れることを推奨します。八光園は「出雲の隠れ宿」と呼ばれ、温泉露天風呂等を楽しめるお宿です。

カーナビによってはクネクネした山道を案内されることがありますが、車の行き違いが困難なルートの可能性があるため、必ず国道184号線を通り、目的地を目指すようにしましょう。八光園(ハイキングのスタート地点)は、国道184号線上にあります。

  • 写真:菊地早秋右側に見えるのが八光園
出雲の隠れ宿 八光園
島根
料金(目安):10,800円〜36,000円
宿泊時間:15:30〜10:00
住所:島根県出雲市乙立町5273-8地図で見る
電話:0853-45-0121(7:30~22:00)
Web:http://www.hakkouen.com/

【見どころ1】岩肌に注目!ゴツゴツの奇岩群

さっそく立久恵峡の見どころをご紹介していきます。ハイキングの所要時間は、1~2時間程度です。筆者は写真をじっくり撮影したり、川を眺めたりして約2時間かかりました。八光園(はっこうえん)というお宿の近くに、ハイキング客用の駐車場とお手洗いがありますので、そちらからスタートしましょう。

  • 写真:菊地早秋八光園前にあるハイキング客用の駐車場

以下の地図がハイキングコースの全体像です。黒い矢印は筆者がたどったコースとなります。黒い星マークがスタート&ゴール地点(八光園)です。奇岩群はコース中ずっと続いていますが、特に綺麗に見えるポイントが二か所ありますので、以下に記載します。

  • 写真:菊地早秋ハイキングコース(黒い矢印と★は筆者加工)

ビューポイント1:不老橋(ふろうきょう)

スタートして早々に、不老橋(ふろうきょう)という橋が見えます。ここから特に綺麗な奇岩群を見ることができます。岸壁との距離も近く、紅葉シーズンには木々が華やかな色合いを見せてくれます。

立久恵峡の名前の由来は、「立杭(たちくい)」から来ています。まるで杭を立てたような岩が並んでいるということから立杭と呼ばれ、のちに立久恵となったそうです。この摩訶不思議な地形は、約100万年前に連続して起きた噴火活動により形成されました。

  • 写真:菊地早秋ゆらゆらの吊り橋はスリリング
  • 写真:菊地早秋不老橋からの眺め

噴火活動について詳しくご紹介します。かつて地下深くに数百度~千度以上の高温状態でたまったマグマがありました。海底火山でマグマが噴出したのち、海水で急激に冷やされ、溶岩の表面だけが固まった状態となります。

すると、表明にたくさんの割れ目が出来て、海水が入り込みます。割れ目に入り込んだ海水は、溶岩内部の高温により水蒸気へと変化します。このような現象があちこちで起きたため、溶岩内で水蒸気爆発が起こり、固まったはずの溶岩の表面が砕けていきました。

これらの石が、まだ固まっていない溶岩に押し上げられて、火口から噴出し、多量に堆積したものが立久恵峡の地質を形成したとされています。

  • 写真:菊地早秋約100万年前の噴火活動によりできた地形
不老橋
島根 / 建造物
住所:島根県出雲市乙立町立久恵地図で見る

ビューポイント2:御所覧場(ごしょらんば)付近

ハイキングコース後半に位置する絶景のお宿「御所覧場(ごしょらんば)」付近も奇岩群のビューポイントとしておすすめです。川を挟んだ向かい側に、岸壁が綺麗に見えます。

  • 写真:菊地早秋お宿「御所覧場」

特に14~15時は太陽光がちょうどいい角度で岸壁に当たる時間帯なので、その頃合いに鑑賞できると理想的です。ビューポイントには椅子が用意されているので、じっくり見たい方は利用してみて下さい。

  • 写真:菊地早秋11月初旬の訪問で、太陽光がよく当たっていた時間帯は14~15時の間
  • 写真:菊地早秋川を挟んだ向かい側はぜんぶ奇岩群です!椅子もあります
絶景の宿御所覧場
島根
4.2 (49件の口コミ)
料金(目安):5,000円〜39,144円
宿泊時間:15:00〜10:00
住所:島根県出雲市乙立町5269地図で見る


【見どころ2】五百羅漢

コース中の道は自然が豊かです。木の遊歩道があったり、道のすぐ隣には川が流れていたりと、お天気がいい日には素敵なお散歩タイムを味わうことができます。

  • 写真:菊地早秋歩きやすい道
  • 写真:菊地早秋川が流れています

時にはゴツゴツした壁面と隣り合わせの道を歩くこともあり、スリリングな体験ができます。そうした道を進んでいると、「五百羅漢(ごひゃくらかん)」が突如現れるポイントがあり、230体余りの石仏が納められています。

大正8年、渓谷の途中にある霊光寺が再建され、地元の今岡氏が文殊と普賢両菩薩像を石仏で奉納したのが、この五百羅漢の始まりとされています。

  • 写真:菊地早秋時には岸壁の真横をとおることも
  • 写真:菊地早秋突如お地蔵さまが現れます

頭巾を被ったお地蔵さまがたくさん置いてあります。背の高い木々が立ち並び、景色も美しいポイントです。筆者は13~14時の間にここを通過しました。日光がちょうどよく五百羅漢に差し込んでくれる時間帯なので、ご訪問の際はぜひ参考にしてみて下さい。

  • 写真:菊地早秋約230体余りの仏様(五百羅漢)
  • 写真:菊地早秋お天気がよい日がおすすめ

【見どころ3】千体仏霊場

さらに進むと「千体仏霊場(せんたいぶつれいじょう)」と呼ばれるポイントへ到着します。これは「島根さむらいの会」が、宗教宗派を越えて千体の石仏を勧請(かんじょう)したものです。立久恵峡が、これらの石仏の里となる条件を満たしたのだとか。今日では約1,400体が並べられています。

  • 写真:菊地早秋千体仏の一部
  • 写真:菊地早秋壁面いっぱいの仏様

壁面いっぱいに並べられた石仏は、まるで古代遺跡のようです。木々や苔とともにある姿は趣きがあります。ハイキングコース沿いにある霊光寺というお寺に行けば、これらの歴史について詳しく説明を聞くことができます。

  • 写真:菊地早秋千体仏の近くにある霊光寺でお話が聞ける

【見どころ4】透明感抜群!神戸川(かんどがわ)

散策路の隣を終始流れている川があります。神戸川(かんどがわ)です。特に浮嵐橋(ふらんきょう)から見る神戸川が大変おすすめです。

  • 写真:菊地早秋浮嵐橋(ふらんきょう)

この川に生息する魚のうち最も有名なのはアユだそうです。アユは10月頃に、立久恵峡あたりから下流にかけて浅瀬の小石のなかに産卵し、ふ化した稚魚は海へと下ります。

春になると川を上流までさかのぼり、水底の石の表面に生える珪藻(けいそう)を食べて、ぐぐっと成長します。秋になると、産卵のため、再度川を下り始め、一生を終えるそうです。神戸川は、アユの暮らしに欠かせない環境なのですね。

  • 写真:菊地早秋橋から見た神戸川(かんどがわ)
  • 写真:菊地早秋神戸川(かんどがわ)はアユの生息地
浮嵐橋
島根 / 建造物
住所:島根県出雲市乙立町立久恵地図で見る

次のページを読む

島根の旅行予約はこちら

島根のホテルを探す

島根の航空券を探す

(萩・石見空港)

(出雲縁結び空港)

島根のパッケージツアーを探す

島根の現地アクティビティを探す

島根のレンタカーを探す

島根の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年12月4日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

【国内】女子ひとり旅におすすめ旅行先6選!迷ったらココ!

1泊2日や2泊3日で一人旅を計画している女子必見!初心者にもおすすめの国内旅行先と各観光スポットをご紹介。京都を始め、一度は行きたい厳島神社や出雲大社、法隆寺な...

【島根】1日で全部回れる!松江市のおすすめ観光スポット15選&ざっくりタイムスケジュール

島根県松江市街地のおすすめ観光スポットをご紹介します。宍道湖(しんじこ)を中心に栄えている町の魅力がたっぷり!朝から夜まで丸一日かけて、充実の松江観光を楽しんで...


【出雲】「沖野上ブルーカカオ」話題のBean to Barで本格チョコを堪能

出雲大社の参道である神門通りには、お土産屋さんや飲食店が軒を連ねています。そんな賑やかな神門通りを一本入ったところに、本格チョコを楽しめるお店がひっそりと誕生し...

【島根】出西窯の陶器&ル・コションドールカフェを堪能!出西くらしのVillage

島根県出雲市にある「出西くらしのVillage」。普段使いの用の美を兼ね備えた、国内外で人気のクラフト「出西窯」の陶器の購入や窯元の見学を行える他、ベーカリーカ...


【島根】あえて観光地に行かない!ぶら~り松江1日モデルプラン

島根には、出雲大社をはじめとする観光スポットがたくさんあります。松江市内にも多くの観光スポットが点在しているのですが、あえてそうした観光スポットには行かずとも十...

この記事を書いたトラベルライター

新しい世界に溶け込んで
こんにちは。ライターの菊地早秋(きくちさき)と申します。旅が大好きでこれまで訪れた場所は、国内37都道府県、海外は東南アジアを中心に12か国です。取材は必ず自らの足で趣き、見たこと聞いたことを大切に、記事に盛り込むようにしています。読者の方に少しでもへえ~と思ってもらえるような、また、紹介される地域やお店の方々のパッションをできるだけ汲んだ作品をお届けしたいと思います。

【よくある執筆ネタ】
・茨城県
・名水/湧水/ネイチャースポット
・郷土料理/食文化/一次産業/地元で頑張る飲食店

【tripnote外の活動】
・足立区発フリペ「銭湯といえば足立」にて連載
・instagram「#さきが届けるセンスオブワンダー」にてエッセイ更新

【Awards】
・H30.10 環境保全茨城県民会議主催「いばらき自然環境フォトコンテスト」部門賞
・H31.01 羽田空港主催「私の旅する日本語2018」企業賞

台南に行ったら絶対ゲットしたい!人気の帆布カバン屋さん3選

皆さんは普段カバンを使いますか?台南では、帆布カバンが人気で、お土産にも購入する人が増えています。 帆布カバンとは、使いやすさ、シンプルなデザイン、丈夫さ、そし...

【静岡】本当は広めたくない!柿田川湧水公園の神聖な見どころ5選

富士山に降った雨や雪が数十年の旅を経て、地上に現れる。それが静岡県清水町にある、柿田川湧水公園内の湧き水の正体です。こんこんと湧き出る、透明度の高い洗練された水...


タオルがいっぱい!今治タオル本店でお気に入りの一枚を見つけよう!

皆さんは今治タオルを使ったことはありますか?「今治タオル」とは、愛媛県今治市に集まっている、様々なタオル会社で作られたタオルの「総称ブランド」のこと。今治市は1...

【茨城】100円でサツマイモ詰め放題!焼き芋「かいつか」本店の魅力に迫る

まるでスイートポテトのような、クリーミー感とジューシー感。こんな焼き芋があったんだ!と一口食べれば、誰もが感じる焼き芋を販売しているお店、それが「かいつか」です...


築地市場と肩を並べる!「足立市場」ってどんな場所?

東京都内には、東京都が設置した11か所の中央卸売市場が存在します。ニュースなどでよく耳にする築地市場はその一つで、全国から様々なお魚が集まってくる、大きな市場で...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?