下田・南伊豆
下田・南伊豆観光
黒船来航で知られる開国地、そして美しい白砂のビーチ

【伊豆】人気の恋愛パワースポット「龍宮窟」はフォトジェニックな癒し空間

取材・写真・文:

千葉在住

2018年11月16日更新

668view

お気に入り

写真:にじねこMii

南伊豆にある「龍宮窟(りゅうぐうくつ)」は、波の浸食作用によってできた洞窟。最近は恋愛のパワースポットとしてカップルにも人気です。じつはここ、洞窟の中から上を見上げれば青い空が、そして海に向かってぽっかりと開いた穴からは伊豆の美しい水平線を見ることができる、フォトジェニックな癒しスポットなんです。

この記事の目次表示

「龍宮窟」はこんなところ

龍宮窟は南伊豆の下田にある田牛(とうじ)という地区にあります。洞窟といっても山の中ではなく、透明度が高くて、真っ青な海が印象的な田牛海水浴場のすぐそばにあります。

  • 写真:にじねこMii

龍宮窟は長い年月をかけてできた洞窟で、波の浸食作用によって作られました。崖の柔らかい断層や地層が削られてできた洞窟を海食洞と呼ぶのですが、この龍宮窟は、大きな海食洞の天井の一部が崩れて、直径50メートルほどの天窓が開いたものなのです。

「龍宮窟」を上からふたりで見下ろすとご利益大?

龍宮窟は上から見下ろすこともできますし、実際に龍宮窟の中に降り立つこともできます。筆者が訪れたのはまだ暑さが残っている時期だったのですが、車を停めた駐車場の係の方からは、はじめに上から見た後に下に行くといい、と勧められました。

  • 写真:にじねこMii

アドバイスに従ってまずは上の方から行ってみることに!この上にどうやら、ハートビュースポットと呼ばれる場所があるみたいです。長い距離ではありませんが、ちょっと山道を歩くので、暑い日だと汗ばむかもしれません。けっこう小さな石が転がっているので、歩きやすい靴をおすすめします。

  • 写真:にじねこMii

さてハートビュースポットに到着です。なるほど、たしかに少しハートの形をしているような・・??これが恋愛のパワースポットと呼ばれるゆえんなんですね。

上から見えるサンドスキー場にも注目

ハートビュースポットからさらに先へ歩いていくと、木のトンネルをくぐるところもあり、ちょっとした探検のようなワクワク気分になります♪

  • 写真:にじねこMii

途中、下にあるサンドスキー場を見渡せる場所もあります。ちょうどソリで斜面を滑り降りている人たちがいました。下にいる人がとっても小さく見えます!

  • 写真:にじねこMii

このサンドスキー場は、強い風で吹き寄せられた砂が積もって自然にできたもので、傾斜は約30度あるんだとか。70メートルの長さを海に向かって滑り降りるなんてスリル満点ですね。でも大人も子どもも、時間を忘れて思いっきり遊べそう!

ちなみにソリ遊びは、風の強い日などを除けば一年中楽しむことができます。ソリはすぐ近くにある「田牛荘(とうじそう)」をはじめとする周辺の民宿でレンタル(有料)することもできるので、龍宮窟の見学と併せて楽しんでみてくださいね♪

洞窟の窓越しに青い海!

さて、上からの景色を堪能した後は、階段を下りて龍宮窟の中へ。一歩下りると洞窟のひんやりとした空気が伝わってきます。たしかに暑い時期は、上を見てから下の洞窟に来るのがよさそうです。

  • 写真:にじねこMii

洞窟の中のはずなのに、頭上にはぐるりと青空が見渡せる空間が広がっています。ここはついさっきまで上のハートビュースポットから見下ろしていた、まさにその場所です。先ほどとは逆に、下から見上げていることになります。

  • 写真:にじねこMii
  • 写真:にじねこMii

海に面した正面には窓のような穴がぽっかりと開いていて、その窓越しには、明るい南伊豆の穏やかな青い海を望むことができます。

  • 写真:にじねこMii写真撮影:KTA

日常ではなかなか見られないフォトジェニックな風景に、きっと心が癒されますよ!ラブパワーを感じつつ、海と陸の境界のような不思議な空間を体感してみてはいかがでしょうか?

龍宮窟までのアクセス

車で行かれる場合、下田の市街地からは約20分。龍宮窟のすぐ近くに駐車場があるので便利です。ちなみに駐車場は夏の間は有料になります。もし公共機関を利用する場合は、伊豆急下田駅より「田牛」行きバスに乗り「前の浜」で下車してくださいね。

龍宮窟
下田・南伊豆 / 自然・景勝地
住所:静岡県下田市田牛地図で見る
電話:0558-22-1531
夏休みの格安航空券をskyticketで検索

下田・南伊豆の旅行予約はこちら

下田・南伊豆のパッケージツアーを探す

下田・南伊豆のホテルを探す

(下田・白浜)

(南伊豆)

下田・南伊豆の航空券を探す

下田・南伊豆の現地アクティビティを探す

(南伊豆)

(下田・白浜)

下田・南伊豆のレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年11月15日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【静岡】大人も子どもも下田をアクティブに楽しむ7つの方法!

美しい海や山・開国の歴史を感じられる場所などもあり、1年を通して、そして雨の日も晴れの日も楽しめる要素満載の下田!大人も子どもも満足できる、下田でのアクティブな...


本格ネパールカレーを目指し夕日ヶ丘へ行こう!南伊豆「ティハール」

多くのライダーやドライバーが、快適ドライブを楽しむために訪れる道、通称マーガレットライン。晴れていれば、青い太平洋と断崖絶壁の見事なコントラストを楽しめるドライ...

青い海と灯台と水仙のある景勝地!静岡県・下田の【爪木崎】

静岡県・下田市の南東、須崎半島の先端にある爪木崎。青く透明な海や白い灯台、そして冬になると咲きほこるたくさんの水仙で有名です。また、夏には海水浴場としても開放さ...

縁結びから金運まで!西伊豆観光&パワスポめぐり6選

壮大な景色が続く西伊豆の海岸線には、個性的な絶景スポットが点在します。入り組んで変化に富んだ海岸線やどこまでも続く青い海、断崖にぶつかる白波に時折見える富士山な...

【静岡】子どもとショートトレッキング!南伊豆タライ岬遊歩道

南伊豆の中でも最南端のビーチ、''弓ヶ浜''。伊豆半島では海水浴場として有名で、夏にはたくさんの観光客が訪れるビーチです。伊豆半島にはたくさんのトレッキング・ウ...

この記事を書いたトラベルライター

元バックパッカー、今はママライター。たくさんの楽しいを見つけたい!
独身時代はニュージーランドでのワーキングホリデーを経て、ヨーロッパを半年間放浪していました。それでも飽き足らず、その後は住み込みの派遣の仕事をしながら国内を転々としましたが、現在は2児の母。

今はもっぱら子どもたちとの国内旅とスキマ時間にいく日帰り一人旅が多いです。

山やアウトドア、キャンプも好きだけど、最近は近場の街で穴場を発見するおもしろさにも目覚めた私。千葉・東京を中心に、意外と知られていないおすすめのスポットをみなさんにご紹介していきたいと思います♪

夢は子どもたちとのバックパッカー旅。世界はまだまだ出会ったことのないもので溢れてる!


【好きなもの、興味のあるもの】
🌸世界各国の料理
🌸日本各地のご当地グルメ
🌸江戸の庶民文化

ブログも日々更新中♪

記事の執筆依頼お受けします。
https://cmiyumiyu.hateblo.jp

【東京】アンテナショップは美味しいもの天国!ご当地グルメとローカルおすすめの地元愛されお菓子をみつけよう♪

東京都内には、全国各地の個性豊かなアンテナショップがたくさんあります。それぞれのお店には自慢の名産品や特産物が所狭しと並んでいて、どれを選べばいいのかついつい迷...


繁忙期にも使える!JR東日本「えきねっとトクだ値」~早めの予約で新幹線や特急をお得に

旅行を計画する際に悩むことの一つが交通手段。ツアー参加、あるいは宿+新幹線などのお得なセットプランならそんな心配は不要ですが、中には宿泊先と交通機関のきっぷを別...

【埼玉・飯能】3か月限定!おすすめは「チームラボ 森と湖の光の祭」×「メッツァビレッジ」でよくばりに楽しむ一日♪

埼玉にある、北欧をテーマにしたスポット「メッツァビレッジ」では、2018年12月1日から「チームラボ 森と湖の光の祭」が開催されています。実はこちら3か月間だけ...

【東京】相撲以外もおもしろい!いろんな江戸が発見できちゃう両国のおすすめスポット7選

両国といえば皆さんご存知、相撲好きのメッカ!また、すぐそばには「江戸東京博物館」という、東京について丸ごと知ることができる大きな博物館もあります。でも実はこの両...

【茨城】おいも好きの聖地「らぽっぽ なめがたファーマーズヴィレッジ」はお楽しみ満載!

茨城県はおいも好きにはたまらない、全国でも有数のさつまいもの産地。中でもおすすめの場所が「らぽっぽ なめがたファーマーズヴィレッジ」です。ここは子どもから大人ま...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?