シドニー
シドニー観光
シティもビーチも楽しめる南半球最大の都市

シドニーで中国現代アートと中国茶が楽しめる「ホワイト・ラビット・ギャラリー」

取材・写真・文:

オーストラリア在住
訪問エリア:28ヶ国

2018年5月25日更新

211view

お気に入り

写真:mayumi

シドニーには様々な美術館やギャラリーがあり、それぞれ展示している作品も個性的でギャラリーごとに違った楽しみがあります。その中でも、セントラル駅からほど近いCHIPPENDALE(チッペンデール)地区にあるWHITE RABBIT GALLERY(ホワイト・ラビット・ギャラリー)は、中国系の現代アートという特殊な分野に特化しているにもかかわらず、地元の人達に大人気のギャラリーです。美味しい中国茶がいただける居心地の良い併設カフェもオススメなんですよ。

WHITE RABBIT GALLERY(ホワイト・ラビット・ギャラリー)とは?

ホワイト・ラビット・ギャラリーは、シドニー空港までのエアポートリンクも出ているセントラル駅から歩いて10分程の、チッペンデール地区にある中国現代美術専門のギャラリー。以前ご紹介したCENTRAL PARK MALL(セントラルパーク・モール)SPICE ALLEY(スパイス・アリー)のすぐ裏手にあります。

  • 写真:mayumi

創業者のJUDITH NEILSON夫人が友人の中国人芸術家WANG ZHIYUANの作品を買い集めたことから始まり、日々増え続けるアート作品を収納する場所として2009年にここをオープンしました。個人のコレクションが始まりですが、今では世界で有数の中国現代美術のコレクションだと言われています。

  • 写真:mayumi

1940年代にロールス・ロイスの修理工場だったというレンガ造りの建物を3年の年月をかけてリノベーションして作られ、全部で4フロアに渡って展示スペースが広がっています。

個性的な中国現代アートに特化した展示

他の美術館とは異なり常設展示というものはなく1年に2回(2月と8月)、大々的に展示内容が一新されるそうです。2018年5月現在の展示「The Sleeper Awakes」には9人のアーティストの作品が展示されています。

  • 写真:mayumi

1Fの吹き抜け空間には大規模な展示

1Fはエントランスホールの階段脇が吹き抜けの空間になっているので、大きな空間をふんだんに使用するダイナミックな作品が展示されています。

  • 写真:mayumi

今回はPeng Hung-Chihのという「The Deluge - Noah's Ark(大洪水-ノアの箱舟)」という8mの大きさの客船が展示されていましたが、一体どうやって運んだんだろうと思うくらいスケールの大きな作品です。

  • 写真:mayumi

3Dプリンターによってプリントされた8,000個の細かなパーツで構成されていて、現地にて組み立てられたようです。この奇妙にぐにゃりとねじれた客船の歪みが異様で不思議な感覚に陥ります。

  • 写真:mayumi

開放的な2Fにはメッセージ性の強い作品が

2Fは行灯のようなうっすらと光る回遊式の展示空間で、Sun Xunの「The Republic of Jing Bang」という木炭を使用した中国の伝統的な画風だという荒々しい絵画が飾られていました。

  • 写真:mayumi

作品に書かれているメッセージはほぼ中国語なので細かいところまでは理解できませんが、漢字で「体制批判」や「人権」などの単語が並んでいて、中国人アーティストならではの強いメッセージを感じます。

  • 写真:mayumi

映像作品など面白い試みの3〜4F

  • 写真:mayumi

こちらはシドニーのハーバーブリッジなどが映ったサーキュラーキーのライブ映像をコンピューターが読み取って、その場で自動で絵画を描いているLiu Xiaodongの「Weight of Insomnia」というライブ・ドローイング。見ている間に絵がどんどん表情を変えるので面白いです。

  • 写真:mayumi

マリオを模した昔のアーケード・ゲームのような8bitのビデオゲーム・インスタレーションもありました。実際にコントローラーがあって遊べるんですが、舞台は毛沢東統治下を暗示させていたり、武器が資本主義の象徴であるコカ・コーラの缶だったりして所々皮肉を感じさせます。

ポップな小物が購入できるギフトショップ

1Fのエントランス脇にあるギフト・ショップにはアーティストの写真集はもちろん、カラフルで可愛くてキッチュな小物も売っています。

  • 写真:mayumi

ミュージアムに売っている小物は他ではあまり見かけない珍しいものも多いので、見ているだけで楽しめてお土産にもいいかもしれませんね。


1Fにあるカフェ「ホワイト・ラビット・ティーハウス」がオススメ!

  • 写真:mayumi

1Fには様々な種類の中国茶や、餃子などの飲茶も頂けます。お茶はティーポットで出て来て、オーダーすれば差し湯もしてくれるのでゆっくりできますよ。

  • 写真:mayumiChrysanthemum and Goji Berry Tea($4.50 / ¥370)目の疲れと体のデトックスに効果あり

天井の鳥籠や壁に飾られたアート、シノワズリー・スタイルの家具が何ともオシャレです。

  • 写真:mayumi

アート鑑賞は色々歩き回って疲れていることが多いので、こちらで中国茶を飲みながらホッと一息する時間は最高です。筆者はここがお気に入りなので、温かいお茶を飲みながらのんびりしたい時は使わせてもらっています。夕方になると柔らかい夕日が入ってとても気持ちいいですよ。

ホワイト・ラビット・ティーハウス
シドニー / カフェ・喫茶店
住所:30 Balfour Street, Chippendale, NSW 2008地図で見る
電話:02-8399-2867
Web:http://www.whiterabbitcollection.org/teahouse/

セントラル&チッペンデール地区巡りの一環に

ギャラリーのあるこの辺りは、現在シドニーの至る所で行われている再開発工事の中でも有数の目玉プロジェクトです。セントラルパーク・モールの最先端サスティナブル建築を訪れたり、スパイス・アリーの屋台村でアジアン・フードを食べた後など、こちらのギャラリーも観光リストに加えてみてはいかがでしょうか。

  • 写真:mayumi
ホワイト・ラビット・ギャラリー
シドニー / 博物館・美術館
住所:30 Balfour Street Chippendale NSW 2008地図で見る
電話:02-8399-2867
Web:http://www.whiterabbitcollection.org/

シドニーの旅行予約はこちら

シドニーのホテルを探す

シドニーの航空券を探す

シドニーのパッケージツアーを探す

シドニーの現地アクティビティを探す

シドニーのWi-Fiレンタルを探す

シドニーのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年5月24日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

シドニーの人気No.1ビーチ、憧れのボンダイビーチの楽しみ方!

シドニーといえばオペラハウスやハーバーブリッジが有名ですが、数多くの美しいビーチも存在します。今回は、その中でも観光客が必ずと言っていいほど訪れる人気No.1の...

オシャレ満載!シドニーの大人気カフェ複合施設The Grounds of Alexandria

シドニーにあるアレクサンドリアは工業地帯とカフェ文化が入り交じったエリア。そこに2012年4月にオープンした、カフェを中心とした大人気の複合施設「ザ・グラウンズ...


シドニーに行ったら外せない!オススメの美術館と併設カフェ3選

シドニーには大小さまざまな美術館や博物館がありますが、それぞれコンセプトが異なるので、展示物や展示手法などに違った趣があります。またそれぞれに併設されているカフ...

雨の日でも楽しめるシドニーのオススメ・スポット5選

前々から計画して楽しみにしていた旅行でも、天気ばかりはどうにもなりません。今回は、せっかくのシドニー旅行なのに雨が降ってしまったという場合でもシドニーを満喫でき...


シドニーに来たら絶対行って欲しい!美しすぎるショッピング街QVB

イギリスの植民地だったオーストラリアには、イギリス文化を色濃く残す建物が今なお残っています。現在絶賛開発ラッシュ中で近代的なイメージのあるシドニーにも、歴史を感...

この記事を書いたトラベルライター

シドニー在住。インテリアデザイナー&フォトグラファー、時々ライター。
東京生まれ、メキシコ~イギリス経由、東京育ち、現在はオーストラリア・シドニー在住のMayumiです。 初めてシドニーに訪れた際の街の雰囲気、人、空気感が忘れられず、遂には夫婦で移住してしまいました。
旅行が大好きで、訪れた国は北米やアジア、ヨーロッパなど合わせて28ヶ国。
シティとビーチや自然が隣接し、様々な国籍の人々が暮らすマルチカルチュラルな街・シドニー。在住者だからこそお伝えできる、ライフスタイル、美味しいものや素敵なお店、専門のインテリア・建築・アートなどデザインインスピレーションを刺激するものやフォトジェニックな風景などシドニーの愛すべきものについてご紹介していきます。
http://sydneytales.com/

在住者厳選!スーパーで買うオーストラリア土産10選

オーストラリアNo.1を誇る最大手のスーパーのWoolworth(ウールワース)。今回はアクセス抜群のシドニー・シティの中心にあるタウン・ホール店で購入できる、...

オーストラリア発のオーガニックスーパー「ABOUT LIFE」でショッピング!

オーストラリアはオーガニック意識が高く、普通のスーパーでもオーガニックの野菜やお肉、食材などを比較的簡単に購入することができます。今回はそんなオーガニック先進国...


女性が喜ぶ♪ABOUT LIFEで買うヘルシーなオーストラリア土産

オーガニック先進国のオーストラリアではオーガニックフードはもちろん、生活用品から化粧品まで地球や人にやさしい商品をマーケットやスーパーで簡単に手に入れることがで...

シドニーの週末恒例行事!行っておくべきオススメのマーケット5選

シドニーでの週末恒例行事と言えば、青空の元のんびりとお買い物ができるマーケット。毎週末、公園や広場、学校の校庭などを使って行われており、マーケットによってそれぞ...


オーストラリア初のバブルテントでグランピング「バブルテント・オーストラリア」

みなさんは「バブルテント」ってご存知ですか?フレームの無い透明なツルッとしたバブル(泡)のような丸いテントのことで、元々はヨーロッパを中心に広まっているグランピ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?