台北
台北観光
おいしくて楽しくて癒やされる♪週末ふらり旅もできる人気都市

【台湾・台北】早い・美味い・安い 3拍子揃った小籠包は「杭州小籠湯包」で!

取材・写真・文:

東京在住

2017年12月4日更新

1,399view

お気に入り

写真:Emily

台湾の名物といえば小籠包。台湾ですでに有名になり、日本にも上陸している有名店がありますが、せっかくなら日本で食べることができない「名店」の小籠包を味わいたいもの。今回は「早い・美味い・安い」の3拍子が揃った小籠包の名店「杭州小籠湯包(こうしゅうしょうろんたんばお)」をご紹介します。

この記事の目次表示

台北のおすすめツアー
【WEB限定xホテル指定なしでお得に】■エバー航空*羽田午前発/現地午後発■『2.5つ星エコノミークラスホテル(指定なし)』宿泊*送迎なしのフリープラン*台北2泊3日間
38,200円~106,000円
【WEB予約限定商品】■エバー航空*羽田午前発/現地午後発■リピーター様続出!穴場的な『VIPホテル』宿泊*送迎なしのフリープラン*台北2泊3日間
39,500円~85,600円
【WEB限定xホテル指定なしでお得に】■エバー航空*羽田午前発/現地午後発■『3つ星スタンダードクラスホテル(指定なし)』泊*送迎なしのフリープラン*台北2泊3日間
40,200円~107,800円

杭州小籠湯包とは?

  • 写真:Emily

中国にも「杭州」という地名がありますが、「杭州小籠湯包」のお店の由来はお店のある場所である「杭州南路」という通りの名前です。元々は炭火焼がメインのお店だったのですが、メニューを増やすために、まず麺類を他店で修行。

その後、当時高級料理であった小籠包を人々の身近なメニューにしようとお店のメインメニューに追加。この小籠包がたちまち「おいしく、安い」と有名になったのでした。

「待ち時間」にメニューを決めよう!

大人気のこちらのお店、お昼時となればかなりの人が店外で席が空くのを待っています。このお店では、受付の時にメニューと注文伝票と鉛筆が渡されるので、待っている間に「何を食べるべきか」を決め、自分たちで注文伝票を書きます。

座席に案内されたら、その伝票を店員さんに渡すので、着席してから注文したものが運ばれてくる時間が短いのです。これが「早い」理由。

  • 写真:Emily

メニューは日本語併記。安心して食べるものを決められます。待っている間は、外からでも職人さんたちが丁寧に小籠包を作っている様子を見ることができたり、せいろ蒸しの湯気がいい匂いを放ちながら立ち込めてくるので、退屈しません。

  • 写真:Emily

じつはこの伝票、「座席が空きました、ご案内します!」という「呼び出しをするため」の番号も書かれています。

  • 写真:Emily注文伝票の上を見ると数字が書かれています。これが「呼び出し番号」です。
  • 写真:Emily

入り口の上部にある番号表示に注目しながら、何を食べるか迷ってくださいね。くれぐれもメニューに夢中になって自分たちの番号を見逃さないように!

席に座ったら食べる準備をしよう!

前述の通り、席に案内されたら、記入済みの注文伝票を渡します。そして、このお店では食べ物が来る前にすることが2つあります。

1)飲み物は自分で取りに行こう

飲み物が欲しい場合は、自分たちで冷蔵庫へ取りに行きます。今回はせっかくなので、台湾版コーラと「酸梅汁」と書かれていた「謎の飲み物」(だけど、何のジュースなのか想像できますよね!)を選択。

  • 写真:Emily

台湾版コーラは手に取ると店員さんが心配そうな顔をして「シップシップ!」と言ってきました。「???」と思いながら一口飲んでみると、「シップ」は「湿布」ということが判明。そう、このコーラ、湿布の味がする、ということだったのです。

ちょっとミントと言いますか、もう少し具体的に言うと、「若干甘めの歯磨き粉をコーラに溶かした」ような味。ちょっと好き嫌いが分かれそうな味ですが、飲むとクセになる味です。

  • 写真:Emily

そして、こちらは「酸梅汁」(40元、約150円)という飲み物。こちらは缶の飲み物ではなく、プラスチックのカップに入った飲み物です。

  • 写真:Emily

冷蔵庫にズラッと並んでいます。一口飲んでみると、想像通り、梅の味。ただ、「梅干し」の味ではなく、「はちみつ南高梅の[はちみつ汁]を濃縮した」ような味です。こちらも独特な味。ソーダで割ると美味しいような気がしますが、冷蔵庫に並んでいた個数を見るととても人気商品なのでしょうか。

もちろん、台湾ビールやウーロン茶もありますので、ご安心を。(缶の飲み物は各20元(約75円)、ビールは70元(約260円))。

2) 生姜、酢、醤油、お箸は自分たちで持ってくる

  • 写真:Emily

杭州小籠湯包では、生姜やお酢、醤油、そしてお箸はお店の中数カ所に設置されており、自分たちで持ってくるシステムになっています。自分たちが必要な量だけ持っていきましょう。写真右下にある「辛味噌」も、味にアクセントをつけるのにとってもいいですよ!つけすぎは注意。

待ちに待った小籠包、登場!

飲み物を堪能したりや生姜一式を取りにいったりしていると、程なく小籠包が到着します。今回はオーソドックスな小籠包と蟹味噌入り小籠包をオーダーしました。

  • 写真:Emily小籠包(150元、(約560円))
  • 写真:Emily蟹味噌入り小籠包(220元(約810円))

どちらの小籠包も皮はモッチモチ、そして肉汁がジュワーッ!と出てきてなんとも幸せな気分になります。

この「肉汁ジュワーッ」を味わうためには、熱々のうちに食べるのが一番。小籠包が冷めないようにちょっと慌てながら、でも火傷しないように落ち着いて、肉汁をゆっくり味わいましょう。

他のメニューももちろん美味しい

今回は小籠包以外のものもオーダーしたので、それらも紹介します。

1) 鮮蝦餃 (エビ餃子) 110元(約410円)

  • 写真:Emily

皮が透けているのが美しい!! そして食べると、プリップリのエビがモッチモチの皮の中からお肉とともに出てきて、とても歯ごたえがいい一品です。

2) 大根巻牛肉(牛肉の巻きダーピン) 150元(約560円)

  • 写真:Emily
  • 写真:Emily断面図

牛肉と牛スジ、キュウリやネギをダーピンという台湾版クレープで巻いたもの。柔らかくマリネされた牛肉と牛スジと、キュウリ・ネギの歯ごたえがとても良く、そして最後に八角のほのかな香りが口の中で広がる一品です。

3) 豆沙鍋餅(トウシャコウピン) 140元(約520円)

  • 写真:Emily

小麦粉で作った皮の中に柔らかいこしあんを入れ両面で焼き上げたもの。表面にはゴマがたくさんまぶされて焼かれるので、口に入れるとゴマの香ばしい香りが広がります。デザートにどうぞ!

とってもリーズナブルに食べられる!

以上、飲み物3点、小籠包2種、その他のお料理3種をオーダーして3人で食べてお腹いっぱいの状態。お会計は750元(約2775円)。一人あたり1,000円以下で、こんなにも美味しいお料理が満喫できました。

最初にも書いたように、このお店は「高級な小籠包を人々に身近に感じてもらおう」というポリシーを持っており、そのポリシーは今でも大切に持たれ続けているのだ、ということがこのお会計で実感できますね。

最後に

  • 出典:www.flickr.com中正紀念堂 by 欣盈 お店はこの「中正紀念堂」の中庭を覗きながら外壁沿いに歩いて行き、横断歩道を渡るだけ!

以上、「早い・美味い・安い」の3拍子が揃った小籠包の名店「杭州小籠湯包」をご紹介しました。MRTの駅からは中正紀念堂の外壁づたいに歩けばお店にたどり着く、という交通の便もいいお店なので、ぜひぜひ台北でしか味わえない杭州小籠湯包で絶品の小籠包を味わってくださいね。

杭州小籠湯包 本店
台北 / 中華料理
住所:台北市杭州南路二段17-19號地図で見る
電話:02-2393-1757
Web:http://www.thebestxiaolongbao.com/

※記事内の台湾元から日本円への換算は2017年11月現在のレートを利用しています。(1台湾元=約3.7円)

台北旅行を自分好みにアレンジしよう!

オンライン旅行会社「旅工房」ならば台北のツアーのアレンジも承ります(相談無料)。

  • 泊数を変えずに価格を抑える
  • 複数のホテルに宿泊する
  • 2ヶ国以上周遊する、など

旅工房で台北のすべてのツアーをみる>>

台北の旅行予約はこちら

台北のパッケージツアーを探す

台北のホテルを探す

台北の航空券を探す

台北の現地アクティビティを探す

(レストラン)

(チケット)

(現地ツアー&体験)

台北のWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年12月1日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


台湾暮らしの筆者が厳選!台湾グルメおすすめランキングTOP10

台湾旅行ではひたすらおいしいものを食べ尽くしたい!という方は多いでしょう。この記事では、台湾で暮らす筆者が日本人の口にも合う絶品台湾グルメを、おすすめ店と一緒に...


台湾朝ごはんや夜食は豆乳店で!台北MRT中山駅近く【四海豆漿大王】

台湾旅行でぜひ楽しみたいのが、台湾ローカル朝ごはん。台湾の街には特色ある朝ごはん屋がたくさんありますが、台湾朝ごはんデビューにおすすめなのが「豆漿店(豆乳店)」...

【台湾・台北】人気スーパーで買うお土産にぴったりな台湾の味

みなさんは台湾に行ったらお土産に何を買いますか? 今回は、帰国してもいつでも台湾の味を楽しみたい!という方々のために、「食材系お土産」をご紹介します。観光客にと...

台湾朝ごはんの定番「豆漿店」を徹底攻略!おすすめメニュー7選

朝早くに台湾の街を散策していると、「豆漿」という文字が含まれている朝ごはん屋が賑わっているのを目にすることでしょう。豆漿(ドウジャン)とは豆乳のことで、豆漿店は...

台北の学生街・公館の台湾グルメ&スイーツ徹底攻略!おすすめ店10選

台北の学生街・公館は、学生も地元民も通っちゃうような安くておいしいお店や屋台がたくさんあり、観光客にも人気のエリアです。有名店からちょっと穴場なお店まで、台湾で...

この記事を書いたトラベルライター

グルメもアートも世界遺産も絶景も!とことん貪欲トラベラー
普段は粛々と、黙々と、真面目に仕事をこなす30代会社員。でも、心の中はいつでも、次の休みはどこに旅行しようかな〜と考えている。友達とワイワイ行く旅行も好き。一人で現地で知り合った方とビールを飲みながらお話しするのも好き。旅先で欠かせないものはその土地ならではの食、世界遺産、美術、そして人との交流!せっかく旅行するのなら貪欲に自分のやりたいこと、見たいもの、食べたいものはぜーんぶ楽しむ♪ アメリカ・フロリダ州オーランドとシンガポールは1年ずつ住んでいたことがあるので、特に好きなところ!

【台湾・台北】人気スーパーで買うお土産にぴったりな台湾の味

みなさんは台湾に行ったらお土産に何を買いますか? 今回は、帰国してもいつでも台湾の味を楽しみたい!という方々のために、「食材系お土産」をご紹介します。観光客にと...


【フランス・トゥールーズ】「バラ色の街」の観光必須スポット11選

フランスというと多くの人はその首都「パリ」を思い浮かべますが、ワインで有名なボルドーやバカンスの地として人気があるニース、食の街リヨンなど、個性豊かな都市がいく...

【ミャンマー】絶景!!落ちそうで落ちない不思議なゴールデンロック

東南アジア最後のフロンティアとして昨今注目を集めているミャンマー。国民の90%以上が仏教徒と言われています。パゴダという仏塔を配した寺院に行くと人々が熱心に信仰...

【オーストリア・ウィーン】宮殿の味!ターフェルシュピッツの名店「プラフッタ」

オーストリア料理の名物と言えば、薄くて大きい「ウィーン風カツレツ」でしょうか。しかし、「ターフェルシュピッツ」という料理も名物中の名物!日本ではなじみのない名前...

【フランス・トゥールーズ】A380が目の前に!エアバス社見学ツアー

世界初の総二階建ての旅客機として2005年に初飛行をして以来、世界中で多くの人を運んでいる、エアバス社のA380。このA380の組み立て工場がフランス・トゥール...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

アプリ「Pokke」で台北の音声ガイドを聴く

台北の観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?