美味しい日本酒を飲もうよ!酒もつまみも美味しくて女子におすすめ東京中野「日本酒処845」・刺盛りは店名と同じ845円なり!

112

view
   2016年11月29日更新

東京の中野は、秋葉原と並ぶサブカルチャーの発信地。マニアックな人々が集うことで有名です。そんな中野には、小さな飲み屋がいっぱい!中野駅は北口のほうが店が多くて賑やかですが、実は最近、南口のほうにも店が増え始めているんですよ。

サブカルチャーの発信地「中野」

東京の中野は、秋葉原と並ぶサブカルチャーの発信地。新宿からJR中央線に乗って電車で5分。都心に近いのにオシャレというわけでもなく、どちらかというと庶民派な街です。

オタク文化の聖地「中野ブロードウェイ」は、JR中野駅の北口にあります。中野というと北口のほうが賑やかですが、実は最近、南口のほうにも少しずつ店が増えはじめているんです。

今回ご紹介する「日本酒処845」もそのひとつ。JR中野駅の南口から徒歩3分。雑居ビルの2階に2016年9月にオープンしたお店です。(※845=ハシゴと読みます。)

  • 雑居ビルの1室

日本酒処845(ハシゴ)

日本酒処845は、元気な奥さまが接客担当、ご主人が調理担当と、ご夫婦2人で切り盛りしているお店です。店内は白い壁と白木の家具で女子好みの造りになっていて、CAFEとしても使えそう。

名前が「日本酒処」なので、日本酒ばかりの居酒屋のような印象を受けるかもしれませんが、それはまったくの間違い。1人飲みにもデートにも、もちろん女子会にも使えるお店なんですよ!

店内は狭いですが、テーブル間隔がゆったりとられているので、居心地がいいんです。大きなテーブルだけでなく、四角い2~4人用のテーブルもありますよ。もちろんカウンター席もね!

  • 女子好みの店内
  • カウンターもあります

日本酒で乾杯!

店名は「日本酒処845」ですが、日本酒だけでなく、ビール、焼酎、カクテルもあります。ご心配なく!このお店は、店主のご夫婦が日本酒の奥深さにはまってしまい、女性にも日本酒をたくさん飲んでほしいということで、女性好みの店作りをしているんです。お店に入るなり「飲み屋っぽくなくてステキだな」と思ったんですよね!なるほど、納得です。

日本国内には、数えきれないほどの日本酒銘柄があるものです。「銘柄だけ見ても、わからないんだよね!」という私のような者にもわかるように、日本酒リストには、1銘柄ずつ説明が加えられています。

どれにするか迷ったら、リストの説明を読んだり、瓶のラベルデザインからフィーリングで選んでもいいかも!

  • 日本酒リスト
  • 日本酒「緑川」

お通しは自家製「汲みあげ豆腐」

まず出てくるのは、自家製の汲みあげ豆腐。ほんのり温かくて甘みがあるので、ちょっと塩をつけて食べると美味しいですよ!

  • お通し

セロリの浅漬け

子供のころ苦手だったセロリも、大人になったらその苦みや香りに慣れて、食べられるようになったという方も多いのでは。お酒のおつまみとしていただくセロリの浅漬けは、シャリシャリした食感とさっぱり味でお酒にあうんです。

  • セロリの浅漬け

店名と同じ「845」の刺盛り

日本酒処845で必ず頼んでほしいのは、刺盛り。店名に入っているのと同じ数字を使って、お値段は845円です!ちょっとつまむのにピッタリの値段と量がうれしい!お酒がすすみますね!

  • 845円の刺身盛り

カキフライ

カキフライのタルタルソースは自家製。適度に水分があって、たっぷりかかっていて、とっても美味しいんですよ。(※カキフライは季節のおすすめメニューです。)

  • カキフライ

おわりに

東京中野の日本酒処845、いかがでしたか?雑居ビルの1室なので、入るまではビクビクですが、店内は女子好みで食事はどれも美味しいんです。ちょい飲みデートにおすすめです。

日本酒処845

東京 / 居酒屋 / 和食

※この記事は2016年11月23日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
旅行会社勤務の旅好きOL

旅行会社勤務の旅好きOLです。
時間があれば「次はどこに行こうかな」と夢をふくらます日々を送っています。

同じテーマの記事

関連するキーワード

この記事で紹介されたスポットの地図

【トラベルライターアワード2016 受賞結果発表】今年特に人気を集めた記事&活躍したライターさんを発表します!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!