東京
東京観光
世界から注目が集まるアジアを代表する大都市

雨の東京観光におすすめ!雨の日にも楽しめる観光スポット42選

取材・写真・文:

2024年4月5日更新

395,781view

お気に入り

出典:tripnote.jp

東京には雨の日でも楽しめる観光スポットがたくさん!最新のアートスポットやショッピングスポットに、美術館・博物館・レジャースポットなど、雨を気にせず楽しめるおすすめ観光スポットをご紹介します。

この記事の目次表示

【1】江戸東京たてもの園

園内に30ほどの復元建造物が並び、まるで昭和や大正、明治の時代にタイムスリップしたような町歩きが楽しめる「江戸東京たてもの園」。屋外施設ですが、それぞれの建物の中を見学するようになっているので、雨でも十分楽しめます。大きな傘の貸し出しもありますよ。

園内には、ジブリ映画『千と千尋の神隠し』で、千尋の両親が廃墟となったテーマパークで料理を食べることに夢中になり、豚になってしまうシーンで使われたと言われる下町の居酒屋「鍵屋」や、映画のメインの舞台”油屋”のモデルと言われる銭湯「子宝湯」、そして千尋とカオナシが乗った電車のモデルとなったと言われる電車も展示されており、ジブリファンにもたまらないスポットです。

お腹がすいたら、復元建造物「デ・ラランデ邸」の一階にあるカフェ「武蔵野茶房」や、たべもの処「蔵」などを利用できます。

アソビューで入館チケットを予約する
江戸東京たてもの園
吉祥寺・中野・荻窪 / 博物館 / 歴史博物館
住所:東京都小金井市桜町3-7-1地図で見る
電話:042-388-3300
Web:http://tatemonoen.jp/

【2】国立科学博物館

上野公園の一角にある国立科学博物館。地球館と日本館に分かれての常設展に加えて、時期ごとの企画展が行われています。

地球館は、何億年前からの地球の歴史や成り立ち、恐竜の生態や種類、電気の発明から実用化までの経緯など、地球上のあらゆる物事に焦点をあてています。そのどれもがワクワクするような展示で、単に剥製やテキストを見るのとはわけが違うおもしろさ!

キレイ、カワイイ、といったイメージを持ちにくい菌類やキノコ類、難しくて読む気になれない電気の原理、それらが美しくディスプレイされていて、女性も思わず見入ってしまうほど魅力的です。 

また日本館は、日本古来の生物の分布や人口・文化の変遷が五感で楽しめる演出で展示されています。日本人には馴染み深い事柄が多いので、自分ゴトとしてスッと入ってきます。

じっくり見るなら一日では物足りないくらいの密度があるので、雨の日も1日中楽しめますよ。

アソビューで入館チケットを予約する
国立科学博物館
浅草・上野・谷根千 / 雨の日観光 / 博物館 / 歴史博物館
住所:東京都台東区上野公園7-20地図で見る
電話:03-5777-8600
Web:http://www.kahaku.go.jp/

【3】コニカミノルタプラネタリウム満天

  • 出典:www.flickr.comphoto by Dick Thomas Johnson CC BY-SA 2.0 from flickr

雨の日のお出かけとしておすすめのひとつがプラネタリウム。東京でプラネタリウムといえば名前があがるのが、池袋にある「コニカミノルタプラネタリウム満天」です。2018年6月にリニューアルし、一般シート以外に、3組限定の”芝シート”、5組限定の”雲シート”が登場し、寝転がったりしながらプラネタリウムを楽しめます。

コニカミノルタプラネタリウム満天
池袋 / プラネタリウム / 雨の日観光
住所:東京都豊島区東池袋3−1−3 サンシャインシティワールドインポートマートビル屋上地図で見る
電話:03-3989-3546
Web:http://www.planetarium.konicaminolta.jp/manten/

【4】目黒雅叙園

  • 出典:tripnote.jpそこは現代の花魁通り?

目黒雅叙園は、1931年(昭和6年)目黒に料亭を開業以来、日本国内初の総合結婚式場として多くの人々に愛されてきました。

2017年にミュージアムホテルとしてリニューアルされた後も、当時の芸術家たちによって装飾された壁画、天井画、彫刻の数々が残されています。まさに豪華絢爛、日本美の結晶ともいえる空間です。

館内には、カフェラウンジを含めて7店舗のレストランがありますが、そこへ誘うのは、優雅に弧を描く通路。そこには美人画の彩色木彫板が並んでいます。これは当時の雅叙園で花魁通りと呼ばれた廊下を装飾していたものです。

エスカレーター前を左手に進んでいくと、雅叙園のパワスポとしても名高い、中庭の庭園を楽しむことができます。滝が流れ、緑があふれ、都会の真ん中にいることを忘れてしまいそうなオアシスです。雨の日の沈んだ気持ちも晴れやかになっていく清々しさ!

  • 出典:tripnote.jp化粧室内に橋まであります

また雅叙園で有名な場所の一つに、忘れてならない化粧室があります。1億円をかけたと言われ、金箔がほどこされた豪華な装飾で、橋あり、川あり。贅を尽くすとは、こういうことなのだと感心してしまいます。

ホテル雅叙園東京
品川・目黒・大井町 / ホテル / 一人旅
4.2 (11件の口コミ)
料金(目安):16,200円〜82,590円
宿泊時間:15:00〜12:00
住所:東京都目黒区下目黒1-8-1地図で見る
電話:03-3491-4111
Web:http://www.hotelgajoen-tokyo.com/

次のページを読む

東京の旅行予約はこちら


東京のパッケージツアー(新幹線・飛行機付宿泊プラン)を探す

東京のホテルを探す

東京の航空券を探す

東京の現地アクティビティを探す

東京のレンタカーを探す

東京の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


50代女性におすすめの東京観光スポット14選!

美しい庭園が眺められる「東京都庭園美術館」や、東京を代表するショッピングエリアである「銀座」、優雅な時間が過ごせる「シンフォニー東京湾クルーズ」など、50代女性...


【2024最新】全国の人気水族館TOP37!旅行好きが行っている水族館ランキング

沖縄美ら海水族館や海遊館、八景島シーパラダイスをはじめとする全国の人気水族館を、トリップノートの9万2千人の旅行好きトラベラー会員(2024年1月現在)が実際に...

食べ歩きが楽しい!関東のグルメな観光スポット16選

昔ながらの個人商店が多い「谷中銀座商店街」や、ご当地色豊かな食べ歩きメニューが揃う「長瀞商店街」、開放的な空間も魅力の「渋谷横丁」など、食べ歩きするのが楽しい、...

【2023年版】全国の人気遊園地・テーマパークTOP31!みんなが行った遊園地・テーマパークランキング

2023年にトリップノートのトラベラー会員が登録した「行ったスポット」のデータを元に、トラベラーのみなさんが実際に訪れた全国の遊園地・テーマパークランキング【2...

【関東】6月のおすすめ花畑29選!6月に見頃を迎える花の名所ガイド

6月は、春バラにあじさい、ハナショウブ、ラベンダーに蓮などの花々が見頃を迎える季節。しっとりした梅雨空の下に広がる花畑の光景を見に出かけませんか。6月に見頃を迎...

この記事を書いたトラベルライター

あなたが旅するキッカケと、あなたの旅のコンシェルジュに。
旅行好きなメンバー数名で、この tripnote[トリップノート] を運営しています。日帰りのお出かけから、長期の海外旅行まで、もっとたくさんの人たちに旅をしてほしい!そんな想いから、少しでもみなさんに役に立つ旅情報を発信していきたいと思っています。
https://tripnote.jp

【2024】京都でしか買えないお土産人気ランキングTOP33!

お団子を瓶に詰めた「果朋だんご」や、マスカルポーネチーズを挟んだもなか「あんぽーね」などの京都でしか買えないお土産を、トリップノートでのアクセス数を元に人気ラン...


東京女子旅のおすすめ観光スポット22選!最新の話題スポットやおしゃれスポットまとめ

東京へ女子旅するなら、東京らしいおしゃれなスポットや話題のスポットに行きたい!そんな東京女子旅にぴったりの観光スポットや、最新の人気エリア・ショップをご紹介しま...


仙台で買うべきお土産22選!旅ツウのトラベルライターがおすすめ

牛タン、笹かまなど定番のご当地グルメから大人気のスイーツまで、旅行経験豊富なトリップノートのトラベルライターが選んだ仙台の厳選のお土産をご紹介します。仙台のお土...

北海道で買うべきお土産54選!旅ツウのトラベルライターがおすすめ

大人気スイーツから海鮮、チーズやヨーグルトといった北海道らしいグルメに、旅の記念になる雑貨まで、旅行ツウのトラベルライターが選んだ、北海道でしか買えないおすすめ...

【東京】カップル旅行で行きたいおすすめデートスポット45選!

おしゃれな街・清澄白河や蔵前、渋谷スカイなどの注目スポットから、旧古河庭園にサントリー武蔵野ブルワリーなどの穴場スポットまで、カップル旅行で行きたい東京のおすす...

トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります