鳥取
鳥取観光
砂丘で知られ、漫画家・水木しげる氏の関連スポットが人気

日本の職人の技を知る!民藝器の窯元を巡る山陰・鳥取の旅!

取材・写真・文:

島根在住
訪問エリア:23都道府県

2017年8月4日更新

8,097view

お気に入り

写真:aka-region

1920年ごろの民藝運動で、柳宗悦や吉田璋也などが指導をして回ったことから、山陰地方では現在でも、職人技が光る陶器をつくる窯元が多く点在しています。ただ形が美しいだけではなく、暮らしの中で使ってこそ美しさの出る「用の美」を追求したシンプルで使いやすい器をつくることを目的とする窯元が多いのも特徴的です。今回は、山陰地方・鳥取県が誇るクラフツマンシップ、暮らしの中の器を求めておススメの窯元巡りをご紹介します。

この記事の目次表示

暮らしの器の購入は、窯元直売が一番!

山陰地方(島根県、鳥取県)でつくられる器は、各県の物産館や民藝館で購入が可能です。そうした販売所は幅広い種類の窯元の作品を販売しており、様々な窯元の器を見比べながら購入するのには便利です。

しかし、作品が生み出される環境を知って、幅広い作品の選択肢の中から自分の好きな作品や掘り出し物を見つけるには、やはり窯元へ行き、買い付けるのが一番です!

鳥取の窯元厳選3選

今回は、「用の美」を追求したシンプルで使いやすい器を生み出す窯元3か所を厳選しました。緑と黒のコントラストが美しい牛ノ戸焼、均等な色付けでくっきりとした色が特徴の因州・中井窯、そしてシンプルな模様がアクセントの岩井窯です。

三者三様、窯のある環境も豊かで、窯元巡りに出かけたくなってしまう器探しの旅をご紹介します。

  • 写真:aka-region牛ノ戸焼や中井窯が生まれた地域

1.牛ノ戸焼(うしのとやき)窯元

  • 写真:aka-region販売所の様子。お気に入りの器が見つかること間違いなし!

牛ノ戸焼の起源は江戸末期になります。その後、四代目が活動していた昭和初期に衰退しかけますが、民藝家の吉田璋也の指導と四代目の努力で復活しました。牛ノ戸焼の特徴は、緑と黒の釉薬で半々に色づけし、どんな時代にも受け入れられる伝統と新しさが織り交ざった、バランスのよい器です。

  • 写真:aka-region牛ノ戸焼の窯元

主にお皿やマグカップ、ボウルや豆皿等の日用雑器が焼かれています。芸術性よりも実用性に重きが置かれ、シンプルなデザインはあらゆる料理にも合います。

  • 写真:aka-region職人が一つ一つ心をこめてつくります
  • 写真:aka-region牛ノ戸焼の特徴は、緑と黒の半々釉薬。

窯元は小高い丘の上に位置しており、豊かな田園風景と川を見渡し、澄んだ空気の中で自然に寄り添ったすばらしい環境の中で作られています。家族経営の窯で、先代から受け継いだ技を伝え、1つ1つすべての工程が手作業でつくられています。1つ1つの作品の微妙な違いを見分けながらお気に入りの作品が見つかるでしょう。

  • 写真:aka-region牛ノ戸焼の窯
牛ノ戸焼窯元
鳥取
住所:鳥取市河原町牛戸185地図で見る

2.因州・中井窯(いんしゅうなかいがま)

  • 写真:aka-region中井窯の窯元直売所。

1945年に登り窯を築き、鳥取の民藝家・吉田璋也の指導を受けて以来、日本民芸館展に多数入選したことで有名になりました。「用の美」をテーマに真の民藝品を制作しています。使用する粘土は地元でとれるもので、釉薬は黒釉、緑釉、白釉を主としています。

  • 写真:aka-region中井窯の世界観を体現する直売所。

作風や色使いは牛ノ戸焼によく似ていますが牛ノ戸焼は貫入(細かなひびのような模様)が入り、釉薬には独特の細かな斑点のようなものがあり表情があるのに対し、中井窯の作品は色分け通りに均質な仕上がりになっています。

  • 写真:aka-region中井窯は、緑と黒の釉薬に加え、白と水色の涼しい色の釉薬が加わる。

窯元の場所は牛ノ戸焼から車で5分のところで、同じ集落の中にあります。開窯以来の登り窯も見学ができ、ここで作られた作品は窯の斜向かいにある直売所で購入可能です。

直売所には、壁に備え付けられた棚に数々の作品がかけられています。一段高い畳張りのところにはさりげなく器が置かれ、ここを訪れる人たちはぜひこのような器のある暮らしをつくりたいと思うことでしょう。

  • 写真:aka-region中井窯の窯。
因州 中井窯
鳥取 / 博物館・美術館
住所:鳥取県鳥取市河原町中井243-5地図で見る
電話:0858-85-0239
Web:http://nakaigama.jp/

3.岩井窯

  • 写真:aka-region岩井窯

牛ノ戸焼窯元や中井窯から北東へ車で20分のところに、やはり民藝家・吉田璋也の民藝運動に影響を受けた職人の窯があります。それが1971年に開窯した岩井窯です。以上の3つの窯の中では比較的新しい窯と言えます。

岩井窯は岩井温泉という温泉街のはずれに位置しています。山の方面へ車を走らせたところにある岩井窯は、作品を展示・販売するクラフト館や、岩井窯の作品を使用した料理・飲み物が提供されるカフェの他、作品制作にインスピレーションを与えるものを展示する参考館(入館有料)など、複数の独立した施設が集まっています。

  • 写真:aka-region岩井窯の直売所。

岩井窯は、茶系の釉薬が美しい存在感のある器が特徴的です。どっしりとした両手鍋・片手鍋は直接火にかけられ、長きにわたって使用することができます。コーヒーソーサーはシンプルなデザインと色の広がりが美しく、使っていて飽きることのない器です。

  • 写真:aka-region岩井窯のお手洗いには何気なく岩井窯の作品が使ってあります。
  • 写真:aka-region岩井窯の代表作の一つでもある鍋。

日常の中にあって、気にはならないけれど常に大切に思えるものがないかという信念のもと、作品が制作されています。

  • 写真:aka-region岩井窯の窯。

器のある暮らしを体現することが身近に感じられる窯となっています。

  • 写真:aka-region岩井窯の直売所。
岩井窯
鳥取 / 博物館・美術館
住所:鳥取県岩美郡岩美町宇治134-1地図で見る
電話:0857-73-0339
Web:http://www.iwaigama.com/
岩井温泉
鳥取 / 町・ストリート
住所:鳥取県岩美郡岩美町岩井地図で見る
Web:http://yukamuri.net/

民藝の器を使って地元料理を堪能できる割烹「たくみ割烹店」

窯元を訪れて作品が生まれる環境を見ると、器を生活にとりいれることがより身近になります。鳥取の民藝器を使って地元料理を味わうことのできるお店「たくみ割烹店」がありますので、ぜひ立ち寄ってみましょう。

  • 写真:aka-region鳥取民藝美術館、工芸店、たくみ割烹店

鳥取民藝美術館に隣接する建物が、鳥取中の器を中心とした工芸品を集めたミュージアムショップ「鳥取たくみ工芸店」です。そこに隣接して「たくみ割烹店」はあります。

  • 写真:aka-region民藝美術館に隣接する「たくみ割烹店」

トロトロの牛すじカレーや定食、海鮮の入った丼など、鳥取の地元産にこだわり、旬の素材を使った繊細な味の料理を品々楽しむことができます。

  • 写真:aka-regionたくみ割烹店での牛すじ煮込み定食。

料理が映える器を使い、見ているだけでも食欲をそそります。岩井窯の器にカレイの煮つけ、牛ノ戸焼の器にきゅうりの和え物、中井窯のカップにコーヒー。こうして生活の中で器を生かせばいいのか!というヒントの連続の食事となるでしょう。

  • 写真:aka-region民藝器を使った料理。
たくみ割烹店
鳥取 / 郷土料理
住所:鳥取県鳥取市栄町652地図で見る
電話:0857-26-6355
鳥取民藝美術館
鳥取 / 博物館・美術館 / 観光名所
住所:鳥取県鳥取市栄町651地図で見る
電話:0857-26-2367

おわりに

山陰・鳥取で起きた民藝運動以来、後世へと受け継がれている器の世界。ぜひ1つでも、孫の世代にも使える暮らしの器を生活に取り入れてみませんか?窯元巡りをすれば、そんな器のある丁寧な暮らしを実現するヒントをもらえますよ!

鳥取の旅行予約はこちら

鳥取のパッケージツアーを探す

鳥取のホテルを探す

鳥取の航空券を探す

(米子鬼太郎空港)

(鳥取空港)

鳥取の現地アクティビティを探す

鳥取のレンタカーを探す

鳥取の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年8月4日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

【国内】女子ひとり旅におすすめ旅行先6選!迷ったらココ!

1泊2日や2泊3日で一人旅を計画している女子必見!初心者にもおすすめの国内旅行先と各観光スポットをご紹介。京都を始め、一度は行きたい厳島神社や出雲大社、法隆寺な...

【2019】11月の国内おすすめ旅行先28選!秋を満喫できる観光地特集

11月は各地で紅葉が見頃のピークを迎え、夜のライトアップが楽しめるほか、イルミネーションイベントも全国で始まる時期。11月の連休や週末におすすめの国内旅行先をご...


いつ行く?鳥取砂丘!~鳥取砂丘の季節別楽しみ方&見どころガイド~

一生に一度は行っておきたい鳥取砂丘!「今年こそは行くぞ」と意気込んでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか?さて、漠然と「今年こそは」と考えているものの、どの...

2019春の旅行に!3月・4月・5月の国内おすすめ旅行先・観光地45選

春(3月・4月・5月)におすすめの国内旅行先を月ごとにご紹介!春休みの家族旅行や、カップルでのお出かけにぴったりな旅先を全国から厳選しました。週末の1泊旅行でも...


女子旅にオススメ♡【鳥取】倉吉市のお勧め観光スポット6選

鳥取県の代表的な観光スポットと言えば、鳥取東部の鳥取砂丘と、鳥取西部の水木しげるロードが真っ先に思い浮かぶ方が多いかと思います。今回ご紹介する倉吉市は鳥取中部に...

この記事を書いたトラベルライター

暮らすように旅をする
aka-regionです☘
計4年間、ヨーロッパ(フィンランド、アイルランド)で住んでいる間に見聞きしたこと、経験したことを紹介します。旅のテーマは、「暮らすように旅をする」。旅のある暮らし方、ライフスタイル、文化に関する情報を発信していきます!

♬Countries & Areas: Europe (アイルランド、フィンランド他),日本(島根、山陰地方、東京他)
♬Hobbies: アイリッシュフィドル、水泳
♬Speciality: 島好きです!
http://akaregion.blogspot.jp/

【保存版】フィンランドのお土産厳選10選!

北欧デザインにサンタクロース、森の中でのウォーキングにサウナ。こんなキーワードを聞くだけで、ほのぼのとしたおとぎ話の世界が思い浮かぶフィンランド。日本から直行便...

【保存版】ポルトガルのお土産・厳選10選!

ポルトガルはヨーロッパの西端に位置し、地中海性気候の穏やかな気候で過ごしやすく、食もおいしく古い街並みが美しい国です。カステラやカルタ、天ぷらなどポルトガルと日...


【保存版】オランダのお土産・厳選10選!

ヨーロッパ北西部にあるオランダ王国は、チューリップ畑に水車といった田園風景や運河沿いの家々の街並みが代名詞的存在の牧歌的な国です。また画家レンブラントやフェルメ...

【保存版】デンマークのお土産・厳選10選!

北欧にあるデンマークはデザイン大国として有名で、近年日本でも注目度がアップしている国の一つです。丁寧な暮らしをするデンマークの人たちが生んだ、人が使いやすい機能...


【保存版】アイルランドのお土産・厳選10選

イギリスの西に位置する小さな島国アイルランド。日本よりも北にありますが暖流の影響で1年を通して温暖な気候の過ごしやすい国です。伝統とモダンカルチャーが共存する首...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?