鳥取
鳥取観光
砂丘で知られ、漫画家・水木しげる氏の関連スポットが人気

因幡地方を代表する名山【那岐山】!鳥取県側から登る西仙コースを徹底紹介!

取材・写真・文:

鳥取在住
訪問エリア:20都道府県

2019年11月11日更新

26view

お気に入り

写真:SaoRi

因幡地方で氷ノ山と並んで人気の山「那岐山(なぎさん)」。標高1,255mの山頂からは360度のパノラマを望め、美しい稜線や神話にまつわるスポットなどもあり、見どころ豊富です。また、頂上までの登山道も渓流や鎖などバラエティに富んでいて、登りごたえもあります。今回は県内外の多くの人から親しまれている「那岐山」についてご紹介します!

この記事の目次表示

「那岐山」って、どんな山?

鳥取県東部を代表する名山の「那岐山」は、鳥取県智頭町と岡山県奈義町の県境に位置しています。

  • 写真:SaoRi

伊邪那岐命(イザナギノミコト)と伊邪那美命(イザナミノミコト)の神が宿る山としても知られていて、そこから「那岐山」という名前となったともいわれています(諸説あり)。

智頭町側からも奈義町側からも登山道があり、どちら側からでも登れるようになっていて、地元民はもちろんのこと、多くの登山者が訪れる人気の山です。

  • 写真:SaoRi

今回は鳥取県側から登るコースについてご紹介していきます。

鳥取県側から登る那岐山の登山コースについて

鳥取県側から登るコースには、おおはた橋の登山口を起点とする「東仙コース」と「西仙コース」の2つがあります。

  • 写真:SaoRi

今回は一般向けのコースと言われている、景色を見ながらバラエティに富んだ道を楽しめる「西仙コース」についてご紹介します。

コースの様子やポイントとなる地点が判りやすいように、今回は下記の流れにそってご紹介していきます。

①おおはた橋(登山口)→②渓流ルート→③馬の背小屋→④鎖と樹林帯→⑤稜線の道→⑥山頂(ゴール地点)

では、さっそく登っていきましょう!

①おおはた橋(登山口)

那岐山を鳥取県側から登る際の登山口は、「おおはた橋」という橋のたもとにあります。

  • 写真:SaoRi

県道295号を那岐山方面へと向かい、JR因美線沿いに走っていくと、那分山登山道を示すマップや道標が適度な間隔で出てきます。

  • 写真:SaoRi

道標に従い進み、しばらく細い杉林の道を走っていくと、おおはた橋のたもとにある登山口に到着します。

  • 写真:SaoRi

橋近くに駐車場として利用できる空き地もあるので、そちらに車を停めて歩きだしましょう!

おおはた橋
鳥取 / 建造物
住所:鳥取県智頭町地図で見る

②渓流

杉林の登山道を登っていくと、ほどなくして「渓流ルート」と「尾根ルート」の分岐点に到着します。

  • 写真:SaoRi

西仙コースでは、渓流を行くコースと尾根を行くコースの2つを楽しむことができ、季節によって選択するのもいいですし、行きと帰りで別々のルートを楽しむのもオススメです。

  • 写真:SaoRi

今回は登りごたえ十分な「渓流ルート」を登っていきます。岩をステップにして、渓流をどんどん上へと進んでいきます。

  • 写真:SaoRi

水量が多いときには水の中を進んでいく必要もあるので、こちらのルートを選ぶ際には防水の靴がオススメです。

  • 写真:SaoRi

約500mほどの渓流ルートを登り終え、再び林道を登っていくと、「馬の背小屋」に到着です。

③馬の背小屋

登山道の中腹にある「馬の背小屋」は、とても綺麗で休憩にピッタリです。

  • 写真:SaoRi
  • 写真:SaoRi

小屋にはこれまでに登ってきた方々のメッセージが書かれた登山ノートも置いてあるので、休みながら読んでみたり、記念に一筆書いていかれてもいいですね。

  • 写真:SaoRi

休憩を終えたら、山頂へと向けて再び歩きだしましょう!

④鎖と樹林帯

馬の背小屋を過ぎると、ナラ類の樹林帯を登り進めていきます。

  • 写真:SaoRi

張り巡らされた木の根をよじ登るように標高をあげていくのですが、登りづらいところには鎖も用意されています。

  • 写真:SaoRi

鎖と木の根をうまく使いながら登っていきましょう。

  • 写真:SaoRi

鎖場を終えると標高1,000m地点に到達し、そこからは丸太の階段の道や岩が無造作に転がった道が続き、しばらくすると視界が開け、「稜線の道」に到着です。

⑤稜線の道

渓谷や樹林帯を登っている間はなかなか視界が開けませんが、「稜線の道」に出ると急に見晴らしが良くなります。

  • 写真:SaoRi

なだらかな稜線の道が続き、登っていき振り返ってみると素晴らしい景色が楽しめます。

  • 写真:SaoRi

さらに山頂付近までいくと、滝山へと続く稜線も見え、より美しい景色を見られます。

  • 写真:SaoRi

ここまで来ると、山頂まではもう残りわずかです。

  • 写真:SaoRi

⑥山頂(ゴール地点)

稜線を登り切ると、標高1,255mの山頂に到着です。

  • 写真:SaoRi

山頂は広く、日本海や瀬戸内海を眺望できる360度の大パノラマが広がります。

  • 写真:SaoRi
  • 写真:SaoRi

天候に恵まれたときには、西に大山、東に扇ノ山や氷ノ山、南には瀬戸内海の島々までも見ることができます。

また、すぐ近くには伊邪那岐命と伊邪那美命が降臨したことに因んだ神仏スポットがあり、刻字がある巨石を見ることもできます。

  • 写真:SaoRi
  • 写真:SaoRi

達成感と絶景を思う存分満喫して休憩を終えたら、気を付けて下山して下さいね!

おわりに

因幡地方を代表する名山「那岐山」のご紹介はいかがだったでしょうか?

  • 写真:SaoRi

道中はあまり見晴らしがよくありませんが、登りごたえのある道のりを越えた先に待つ絶景は最高です!

  • 写真:SaoRi

渓流や鎖、稜線などのバラエティに富んだコースも楽しめるので、ぜひ那岐山登山にチャレンジしてみて下さいね♪

那岐山
鳥取 / 自然・景勝地
住所:鳥取県八頭郡智頭町地図で見る
Web:https://www.tottori-inaba.jp/new-tokusyu/tottoriin...
夏休みの格安航空券をskyticketで検索

鳥取の旅行予約はこちら

鳥取のパッケージツアーを探す

鳥取のホテルを探す

鳥取の航空券を探す

(米子鬼太郎空港)

(鳥取空港)

鳥取の現地アクティビティを探す

鳥取のレンタカーを探す

鳥取の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年11月11日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【鳥取県】国指定史跡・鳥取城跡!久松山山麓から山頂まで見所ガイド

鳥取城跡が残る久松山はJR鳥取駅から車で約10分の距離にあり、市街からもその頂きがよく見えます。山麓付近は久松公園として整備されており、かつての鳥取城を十分に感...


難所と絶景の繰り返し!【鳥取県】帝釈天出現霊場・摩尼山に登ろう

鳥取市にある摩尼山(まにさん)は、喜見山 摩尼寺(きけんざん まにじ)の境内を成す標高357mの山です。山中では帝釈天出現の立岩や奥の院跡地などが見られる他に、...

因州和紙の里に建つ和紙をテーマにしたミュージアム【鳥取】あおや和紙工房

あおや和紙工房は、大昔より因州和紙の一大生産地として栄えてきた鳥取県鳥取市の青谷町に建つ、和紙をテーマとしたミュージアムです。館内では和紙の伝統や歴史、現代や未...

【鳥取】手軽にアクティブ登山を満喫!巨石と絶景を楽しめる三角山へ

鳥取市用瀬(もちがせ)町に連なる用瀬アルプスと呼ばれる山の一つ、三角山(みすみやま)。標高508mと低山であるにも関わらず、体全体を使って岩肌を登っていくアクテ...

【鳥取】中国地方第2の高峰「氷ノ山」!登山初心者でも登れる氷ノ越コースを徹底紹介!

中国地方で第2位の標高を誇る「氷ノ山(ひょうのせん)」。第2位の標高ときくと少し構えてしまうかもしれませんが、氷ノ山には複数の登山コースがあり、今回はそのなかで...

この記事を書いたトラベルライター

転勤族ライター
トリップノートでトラベルライターをさせて頂いている傍ら、鳥取県の地域情報メディア「とっとりずむ」で、観光・グルメ・育児のライターをさせて頂いています!

敏腕編集長と地元民のライターさんに混ぜて頂き、鳥取勤務の間は、メジャーな情報はもちろんのこと、マイナーでコアな鳥取情報も発信していきます。

ハワイ限定!モニ・ホノルルでお土産にも嬉しい【日焼けスヌーピー】グッズを♡

ハワイ限定の「日焼けスヌーピー」グッズが買えるモニ・ホノルル。カップルコーデやおそろコーデで人気のTシャツをはじめ、バッグやマグカップなど、種類豊富なアイテムが...


大行列!完全数量限定・三方六の切れ端!【北海道・音更】柳月スイートピア・ガーデン

柳月(りゅうげつ)は、北海道旅行のお土産にもよく用いられる、北海道を代表する老舗菓子店の1つです。その工場である柳月スイートピア・ガーデンでは「お菓子の里 十勝...

日本未発売!ハワイ州限定の【日焼けドラえもん】グッズが可愛すぎ♡

ハワイでは、これまでに「日焼けスヌーピー」や「日焼けキティちゃん」など、日焼けしたキャラクターシリーズが注目を浴びてきましたが、2018年についに「日焼けドラえ...

鳥取砂丘は冬がオススメ!?地元民だからこそ知っている冬の魅力!

雪がとけて春の息吹が感じられるようになる頃から少しずつ観光客が増し、ゴールデンウィークから夏過ぎまで、その数がピークに達する鳥取砂丘。そんな大人気の鳥取砂丘の冬...

いつ行く?鳥取砂丘!~鳥取砂丘の季節別楽しみ方&見どころガイド~

一生に一度は行っておきたい鳥取砂丘!「今年こそは行くぞ」と意気込んでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか?さて、漠然と「今年こそは」と考えているものの、どの...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

格安航空券を
予約する

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?