鳥取
鳥取観光
砂丘で知られ、漫画家・水木しげる氏の関連スポットが人気

鳥取県名物!美味しすぎる!山本おたふく堂の「ふろしきまんじゅう」

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:20都道府県

2018年12月17日更新

4,915view

お気に入り

写真:SaoRi

鳥取県東伯郡琴浦町の国道9号線沿いに建つ、大きな看板が目印の「山本おたふく堂(本店)」。店内では、地元民にはもちろんのこと、県外からも大人気の鳥取県代表名物「ふろしきまんじゅう」が販売されています。今回は、ふろしきまんじゅうを中心にお店の歴史や魅力についてご紹介していきます。

この記事の目次表示

「ふろしきまんじゅう」とは?

明治元年創業の山本おたふく堂の「ふろしきまんじゅう」。

  • 写真:SaoRi

その長い歴史のなかでは、昭和41年に皇太子・妃両殿下が鳥取県御巡幸の際にお召し上がりになられたり、平成9年には秋篠宮同妃両殿下がお買い上げになられるなど、大変名誉あるお菓子でもあります。

  • 写真:SaoRi

その後、平成14年には「全国菓子大博覧会」で名誉総裁賞も受賞し、その名をより全国に広めていきました。

今では鳥取県を代表する名物で、旅行にいらした方のお土産にはもちろん、地元でも「おたふくまんじゅう」と呼ばれ親しまれ、子供のおやつや、ちょっとした手土産にもよく用いられます。

鳥取県民にとっては、生活に溶け込んだ昔ながらのお馴染みのおまんじゅうです。

山本おたふく堂の本店に行こう!

ふろしきまんじゅうは、県内の駅や空港でも購入することができますが、オススメはやはり本店です。山本おたふく堂の本店は、鳥取県中部の琴浦町にあります。

  • 写真:SaoRi

店内では、様々な個数で分けられたふろしきまんじゅうが販売されていて、一番少ないものは3個から購入することもできます(限定販売)。

  • 写真:SaoRi

カウンターには試食コーナーもあるので、初めての方でも安心です。

  • 写真:SaoRi

また、お持ち帰りのほかにイートインスペースも設けられているので、店内で蒸したてのあたたかいふろしきまんじゅうを頂くこともできます。

  • 写真:SaoRi

他にも、イメージキャラクターのお多福さんの顔出しパネルや、パワースポットとして注目されつつあるお多福神社など、本店ならではの楽しみがいっぱいあります。

  • 写真:SaoRi
  • 写真:SaoRi

どこでふろしきまんじゅうを買おうか悩まれた際には、ぜひ本店に足を運んでみて下さいね。

ふろしきまんじゅうを食べよう!

では、本店で購入したふろしきまんじゅうをさっそく食べてみましょう!

  • 写真:SaoRiふろしきまんじゅう(3ヶ包)200円

ふろしきまんじゅうには、保存料や着色料、香料などは一切使われておらず、黒砂糖と和三盆糖を使用した創業当時の伝統の製法が現在でも守られています。

  • 写真:SaoRi

賞味期限は製造から3日で、冷凍保存すれば1週間もつとのことです。 サイズは手のひらにちょこんと乗るくらいの大きさで、とても柔らかく、どことなく可愛らしい印象です。

  • 写真:SaoRi

一見、ありきたりのおまんじゅうのように見えますが、1口食べれば鳥取県名物として昔から今日に至るまで長く愛され続けている理由がよく判ります。こしあんの程よい甘さが丁度良く、皮とのバランスも絶妙で大変美味しいです。

  • 写真:SaoRi

飽きのこない甘さなので、本当に次から次へと手が伸び、あればあるだけ食べられるのではないかと思えるほどです。

地元民が自信を持ってオススメする鳥取県自慢の「ふろしきまんじゅう」。ぜひ1度、召し上がってみて下さいね。

その他のオススメ商品!

山本おたふく堂の本店で販売されている、ふろしきまんじゅうと合わせて購入したいオススメの商品を2つご紹介します。

ふろしきチョコちゃん

和のイメージのおまんじゅうとは全く違った新商品「ふろしきチョコちゃん」。

  • 写真:SaoRi

「ふろしき」とついていますが、特にふろしきらしきところはなく、可愛らしいハート型をしています。

  • 写真:SaoRiふろしきチョコちゃん(1個)100円

高級チョコレートを使用しているとのことで、お味にも高級感があり、1つ頂いただけでチョコレートケーキを食べたようなリッチな気分になります。

  • 写真:SaoRi

ふろしきまんじゅうとは違った、洋の美味しさもぜひ味わってみて下さいね。

おたふくCOFFEE

ふろしきまんじゅうが更においしくなるという「おたふくCOFFEE」。

  • 写真:SaoRiおたふくCOFFEE(1パック)150円

おまんじゅうにはお茶というイメージですが、こちらも洋風です。

  • 写真:SaoRi

ただでさえとても美味しいふろしきまんじゅうが更に美味しくなるコーヒーとはどのようなものなのか、ぜひ実際に飲んで試してみて下さいね。

おわりに

鳥取県代表名物の山本おたふく堂の「ふろしきまんじゅう」はいかがだったでしょうか?

鳥取県旅行の記念にお土産として買っていかれる方は、お友達用や会社用にはもちろんのこと、ぜひご自分用にも購入されていって下さいね。

山本おたふく堂(本店)
鳥取 / スイーツ / パワースポット
住所:鳥取県東伯郡琴浦町八橋348地図で見る
電話:0858-53-2345
Web:https://otafukudo.com/index.php?otafuku=do

鳥取の旅行予約はこちら

鳥取のパッケージツアーを探す

鳥取のホテルを探す

鳥取の航空券を探す

(米子鬼太郎空港)

(鳥取空港)

鳥取の現地アクティビティを探す

鳥取のレンタカーを探す

鳥取の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年12月17日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


女子旅にオススメ♡【鳥取】倉吉市のお勧め観光スポット6選

鳥取県の代表的な観光スポットと言えば、鳥取東部の鳥取砂丘と、鳥取西部の水木しげるロードが真っ先に思い浮かぶ方が多いかと思います。今回ご紹介する倉吉市は鳥取中部に...


鳥取砂丘観光で絶対に寄りたいお土産店4選とそこで買いたいお土産紹介

鳥取県を代表する観光地「鳥取砂丘」。広大な砂丘を歩き、絶景を楽しんだあとにはやはりお土産選びは欠かせませんよね!今回は、鳥取砂丘を訪れたら絶対に寄っておきたいお...

日本の職人の技を知る!民藝器の窯元を巡る山陰・鳥取の旅!

1920年ごろの民藝運動で、柳宗悦や吉田璋也などが指導をして回ったことから、山陰地方では現在でも、職人技が光る陶器をつくる窯元が多く点在しています。ただ形が美し...

【鳥取・倉吉】赤瓦・白壁土蔵群観光でオススメの食べ歩きグルメ5選

鳥取県中部、倉吉市の有名観光スポット「赤瓦・白壁土蔵群」。川沿いにレトロな街並みが連なるこのエリアは、実は県内屈指の和スイーツ激戦区でもあります。今回は、赤瓦・...

全国に4つだけの恋の駅!鳥取県・恋山形駅と周辺の立ち寄りスポット

「全国に4つだけ」と聞くと、「何が4つなのかな?」と思われることでしょう。鉄道好きの方は駅名を見ただけでピンとくるかもしれませんが、実は駅名に「恋」がつく駅は全...

この記事を書いたトラベルライター

転勤族ライター
子供の頃から現在に至るまでの生粋の転勤族!転勤の先々でその地ならではの良さを暮らしながら体感し、ディープに発信していきたいと思います!

特に体や足を使ったアクティブな取材が大好きなので、登山や探勝路などで出会った絶景や情報などをお伝えしていければと思います♪

ハワイ限定!モニ・ホノルルでお土産にも嬉しい【日焼けスヌーピー】グッズを♡

ハワイ限定の「日焼けスヌーピー」グッズが買えるモニ・ホノルル。カップルコーデやおそろコーデで人気のTシャツをはじめ、バッグやマグカップなど、種類豊富なアイテムが...


大行列!完全数量限定・三方六の切れ端!【北海道・音更】柳月スイートピア・ガーデン

柳月(りゅうげつ)は、北海道旅行のお土産にもよく用いられる、北海道を代表する老舗菓子店の1つです。その工場である柳月スイートピア・ガーデンでは「お菓子の里 十勝...


【徳島】大秘境を満喫!小歩危・大歩危・祖谷のオススメスポット&楽しみ方8選

「大股で歩いても、小股で歩いても危険」といわれていたことからその地名がついた大歩危(おおぼけ)・小歩危(こぼけ)、そして平家の落人が隠れ住んだと伝えられている祖...

【北海道】本店ならではのレアな商品がいっぱい!六花亭帯広本店の魅力

「マルセイバターサンド」のお土産などで全国的にも有名な、北海道を代表するお菓子メーカー・六花亭。帯広市周辺や札幌市周辺を中心に喫茶室を併設したお店が数多く展開さ...

【鳥取県】すなば珈琲に行ったら食べておきたい定番メニュー8選!

2014年に鳥取市内に2店舗同時オープンしたのをきっかけに、現在では鳥取県全域にわたってお店をかまえる「すなば珈琲」。平成28年に鳥取県が行った「鳥取県の観光地...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?